オードリー タン。 台湾「オードリー・タン大臣」のデジタル行政はなぜ世界中で注目されるのか

台湾コロナ対応「超天才官僚オードリータン」が行った神対応って?

オードリー タン

このような、テクノロジーを使用した危機管理に、米国をはじめ世界から注目が集まっているようです。 彼女は、HaskellコミュニティーとPerlコミュニティーによるRaku処理系の実装のための共同プロジェクトである Pugsの創始者兼主要開発者としても知られています。 さらに台湾内外のIT企業の顧問として活動し、 米アップル社のコンサルタントとしても働いているとのことです。 また 元々性別は男性ですが、2005年に外見と自己意識を一致させるために、名前を変更するなどの女性への性転換を始め、 トランスジェンダーとしても認知されているようですね。 これだけ見ると、現在38歳までの間にかなりの実績を上げていて、素晴らしい経歴の持ち主であることが分かります。 特に台湾のコンピューター界においては、10本の指に入るほどですので、IT分野に非常に長けた人物なのでしょう。 「世界の頭脳100」にも選出されていますし、世界でも特に必要とされている方ではないでしょうか。 さらには、 政府の情報を透明化させる「g0v零時政府」のハッカーだった経歴もお持ちです。 経験豊富すぎますね…。 Ruby開発者のまつもとひろゆきさんも称賛 プログラミング言語「Ruby」の開発者である、 まつもとひろゆきさんも彼女を称賛しています。 「オードリーは、18歳のときに独学でHaskellでPerl6コンパイラを書いた人なので、周囲の人が「天才プログラマー」と呼びたくなる気持ちもわかりますし、むしろこの人を「天才プログラマー」としなかったら誰を、という感じの人です。 」 Ruby開発者のまつもとさんが「天才プログラマー」と呼ぶほどですので、相当な腕の持ち主であることが感じ取れますね。 まとめ 今回は、台湾のオードリータンという人物についてまとめてみました。 彼女の新型コロナウイルスで起こるマスク問題への対策は素晴らしいですね。 これらの対応が日本でも行われるとなると状況は改善されると思われますが、如何せん日本政府の対応の遅さは今回特に批難されていますし、期待はできないですね…。 このようにオードリータン氏のような、問題にいち早く対応でき、国を救える人物が1人でもいたら、日本での感染者数を抑えられたと思われます。 日本政府も見習って欲しいですね。 それでは最後までご覧いただきありがとうございます。

次の

オードリータンの性別や経歴は?両親や収入についてまとめてみた!

オードリー タン

新型コロナ対策でいち早く動き感染者を最小限に抑えている台湾で オードリータンさんが注目されています。 まさに神対応の裏にはオードリータンさんの活躍があったからだと言われているんですよね。 なんとオードリータンさんは台湾でデジタル担当政務委員 日本では大臣に相当 に最年少で抜擢されている天才なんです。 もくじ• オードリータンの性別や結婚は? 台湾のコロナ対策 — 肉居酒屋たいはーら Hana-Hana HanaHan46158529 名前:唐鳳 とう・ほう、タン・フォン 英語名:Audrey Tang オードリー・タン) 生年月日:1981年4月18日 出身地:中華民国台北市 オードリータンさんの性別は私的には見た感じは男だと思っています。 オードリータンさん自身としては 性別は「無」です。 ところが、幼いころから、オードリータンさんは 女性であることを自覚していたといいます。 20歳の頃に男性ホルモンの検査を受け、「男女の中間」くらいであると科学的に明らかになりました。 24歳になって性別適合手術を受けて、その旨をブログでカミングアウトしました。 名前も「唐宗漢」から「唐鳳」に変更しているんですよね。 しかし、外見は変えずにするのは、 「性別は流動的なもの」という考えからなんです。 台湾の政治の中心メンバーとしては最年少なんですね。 オードリータンさんのような政治家が日本に少ないのが残念で仕方ないです。 わずか16歳で起業しているのは驚きました。 オードリータンさんの学歴は 中学卒業なので、卒業してまもなく起業したことになります。 行動力はすざましいですよね。 それが新型ウイルスの感染を拡大させなかった対策をいち早くおこなった行動力につながっているんですね。 もともと政府の情報を透明化させる「g0v零時政府」の ハッカーでもあった経歴が今の新型コロナ対策に役立っているんです。 Sponsord Links オードリータンの両親は? オードリータンさんの父親や母親ともにジャーナリストなんです。 父親は唐光華さん、母親は李雅卿さんという方です。 社会に広く情報を提供する職業なので、 好奇心と 行動力は両親譲りでしょうね。 しかもオードリータンさんは幼少期からコンピューターに興味示していました。 オードリータンの年収は? オードリータンさんがこれだけ活躍しているので閣僚としては上位にいるでしょう。 年収が気になるところですが、一般的な台湾の年収が212万円なので個人的にはオードリータンさんの年収は 700万円ほどだと思います。 台湾では「素養」 教養 を大事にする教育をしているので、祖父母と同居している家庭が多い、台湾では収入にはあまりこだわりがないのでしょうね。

次の

台湾の「ITの神」オードリー・タン 若き天才デジタル大臣の歩みと“すごさ”をわかりやすく解説!

オードリー タン

あれは春節休みがそろそろ終わる1月末のこと・・・。 中国からの情報が早い台湾では、新型コロナウイルスを恐れて、薬局やスーパーからマスクが一瞬で消えました。 その後、政府の対策により、マスクをコンビニやドラッグストアのレジで、1人2枚まで購入できるようになりましたが、店員による買い占めや、別の店舗での重複購入により、1人2枚買えるはずのマスクが公平に行き渡りませんでした。 「1人2枚まで」という曖昧な規則では不正購入が絶えず、ついに2月6日からICチップ内臓の保険証による実名購入という方法が実施され、それによってみんなが公平に購入できるようになりました。 実名制が始まった直後は、薬局に長蛇の列ができ、店舗によってはマスクが売り切れるところもありました。 (2月7日撮影) しかし実名制にしたことで国民たちに心の余裕ができたのか、健康な若者たちはSNSで「私は大丈夫です。 お先にどうぞ」というタグを使い、マスクをいますぐに必要とする人に先に並んでもらおうとする動きも広がりました。 3月5日からは7日間で大人3枚、子供5枚のマスクを購入できるようになっています。 オードリー・タンさんが台湾で注目を浴び出したのは2016年から 私が台湾で初めてオードリー・タン氏をテレビで見たのは2016年。 民進党の蔡英文氏が総統に当選した時でした。 当時、強い勢力を持った国民党の総統候補人を民進党の蔡英文氏が破り、台湾での初の女性総統として世界中のメディアで取り上げられました。 当時タン氏は35歳。 台湾史上最少年の閣僚就任として話題を呼び、テレビにも多く出演しています。 そのタン氏、 実はなんとIQ180の持ち主。 さぞかし高学歴のエリートなのかと思いきや、 最終学歴はなんと中学中退! オードリー・タン氏の幼少時代 オードリー・タン氏の幼少期の名前は「唐宗漢」。 (2005年に「唐鳳」に改名) 新聞社の副編集長である父と、同じ新聞社のジャーナリストである母の影響もあってか、5歳の時には各国の名作を漢字で読めたといいます。 ちなみに台湾では拼音(アルファベット)ではなく、注音(記号)を用いて漢字の読み方を覚えます。 普通は幼稚園で注音、小学1年から漢字を学びます。 天才であるがための苦悩 小学生の頃のオードリー・タン氏は物忘れがひどく、よくハンカチやティッシュを忘れ、先生に体罰を受けていました。 (当時の台湾では教師による体罰は日常茶飯事でした) 学習面では、天才によくある「もっと知りたい」という欲求が抑えられず、算数の授業中には先生に質問攻め。 小学1年生で連立方程式を理解していたタン氏は、算数の授業の時は図書室で本を読むことを特別に許されました。 しかし図書館の本を全て読み尽くした後はやることがなくなり、学校に行くのがつまらなくなってしまいました。 先生のアドバイスのもと、「資優班(成績の良い生徒だけを集めたクラス)」を併設する小学校に転校。 転校後もやはり天才ぶりを発揮し、優秀な生徒を集めたクラスでも成績は1位。 そんな彼女に悲劇が襲います。 小学2年生の時、事件は起こりました。 タン氏の天才ぶりを妬んだクラスメイトが椅子でお腹を攻撃。 それがトラウマになり、彼女は学校を休学。 その後も学校には行ったり休んだりで、6年間で6つの小学校を転々とします。 最終的に通った小学校では、国立台北師範学院の講師の助言により、週に3回学校に行ってお友達と人間関係を構築、そして残りの3回はその講師のところで「知りたい欲求」を満たすというスタイルになりました。 中学校でも学校になかなか馴染めなかった彼女は14歳の時に学校を中退、その後は家族でドイツ留学に渡りました。 コンピューターとの出会い オードリー・タン氏が初めてパソコンに興味を持ったのは8歳の時。 数学が好きなタン氏は「Applesoft Basic」という本を手に取ります。 英語は分かりませんでしたが、本に書かれた数理に興味を持ち、母親にパソコンを買ってくれるように頼みます。 しかしパソコンをゲームの道具だと思っていた母親は頼みを拒絶しました。 またこんなエピソードも。 8歳の時、家族で街をぶらぶらしていたら、教学用のパソコンを発見。 タン氏の両親はそれをタン氏の弟に購入したいと考えます。 しかしタン氏は、その教学用パソコンの数学の教え方に納得できず、自分でパソコンを書き換えたいと考えます。 それがタン氏のプログラミング勉強の始まりでした。 本を手にしたのが先か、プログラミングへの興味が先かは分かりませんが、これらのエピソードが天才プログラマー誕生のきっかけになったことは確かです。 その後タン氏は独学でプログラミングを学び、9歳の頃にはプログラムを書いていたと言われています。 14歳で中学中退した後、16歳で企業を立ち上げ、その後も天才プログラマーとして様々な場で活躍し、今は台湾のIT大臣として世界中に名を轟かしています。 最後に 最後に、日本で報道されたタン氏の紹介動画をご紹介します。

次の