白衣 たたみ 方。 Tシャツ、パンツからスーツまで。たたみ方は収納の基本。

長襦袢のたたみ方を写真でわかりやすく解説!半衿のお洗濯もご一緒に|YOURMYSTAR STYLE by ユアマイスター

白衣 たたみ 方

装束の畳み方 >>>装束の畳み方 装束の畳み方 装束は基本的に直線で構成されていますので、畳み方は案外と簡単です。 しかし一度いい加減に畳みますと、妙な癖が付いてしまって始末に困るものです。 縫い目折り目をきちんと守って畳むことが大切です。 折り紙のような折り目と合わせ目の重なりの大切さを認識して下さい。 指貫 紐は前後ろそれぞれを丁寧に たたみ、重ね合わせます 引き上げ紐を伸ばし 下3分の1を折り上げる もう一度同じ形で折る 折り目正しく丁寧に 腰部分を手前に 折り返して完成 狩衣 まず大切なことは「しまうときに、とんぼを掛けない」ことです。 一度着用した装束は本人が亡くなるまでとんぼを掛けてしまうことはないのです。 これは重要な禁忌ですから注意して下さい。 現実問題としては、とんぼを掛けたままにしておくと、力が掛かったときに受緒の輪が広がったり、首上が取れてしまうことがあるからなのでしょう。 とは言え、畳む途中はとんぼを掛けておかないと扱いに困るのも事実です。 ですから、とんぼを掛けて畳、最後にとんぼをはずすというのが現実的でしょう。 これは狩衣・袍、共に同じです。 1.首上を右に広げます 2.袖を半分、前側に折る 3.袖を身の下側に折り込む 4.身を半分に折って下に折り込み完成 袍 (写真は後日) とんぼのあつかいについては狩衣と同じです。 (1)袍の前面を上にして、首上を右側にして、自分の前に横置きにする。 (2)袍の肩の畳み目をもとに、首上を合わせて整えてから裏側へまわす。 (3)袍の背面を整え、「はこえ」のたくれを直して背筋をまっすぐに伸ばして欄まで引き延ばす。 (4)袍の両脇の縫い目なりに下に延ばし、欄の末端を正しく合わせる。 (5)向こう側の蟻先を手前にに手前の蟻先を向こうへ畳む。 つまり両方とも内側に畳む。 (6)欄の付け根を見当にして欄を右側(内側)へ畳む。 (7)蟻先同様に袖も向こうこちらの順に内側に畳む。 (8)袍の裾の線をもとに、欄の巾だけもう一度右側(内側)に畳む。 (9)最後に右側を左側(内側)に畳むと、首上が畳んだ中央に出てくる。 これでかどをきちんと整え、たとう紙でくるんで保管する。 無臭の防虫防カビ剤(雛人形用が最適)を直接装束に触れないようにしながら仕込みます。 装束をしまうときは、着装順に上からとりますので、袍は一番下、その上に上にと着装の逆順に重ねます。 女袴(切袴) ゆったりと伸ばし、左腰 (写真の上側)の折り目を きちんと合わせます 右足部分も折り目で伸ばし、 左足部分に少し重ねます 下3分の1、折り上げます せっかくの左右の筋目を 崩さないように・・・ 紐を丁寧にたたみ、 腰部分を上に折り上げて 重ねて完成。 しわをつけないように気を付けて 袿(単を着せたままの簡便仕舞い) 袖をひろげ、両脇の縫い目に沿って 素直に伸ばします。 襟は縫い目に従うとこのように 自然なラインになります 袖を前に右左とたたみ重ね、 下半分を三つ折りにします。 二つ折りでなくZ型の3つ折りなので 裾の単が下に来ます 上半分を折り重ねます この後、飛び出ている襟部分を 内側に折り込んで完成します >>>.

次の

簡単にできる白衣の畳み方!シワ予防や長く着続けるお手入れの知識

白衣 たたみ 方

この記事を読まれている皆さんの中には、「来年から実験作業を行うのが楽しみ」「白衣を着てビシッと決めてやるぞ!」と意気込まれている方もいらっしゃるのではないでしょうか。 医学部生や農学性といった理系の学生さんたちから、研究機関でお勤めの方々、医療関係の皆様などはもちろんのこと、調理や衛生関係のお仕事をされる方々もいらっしゃることでしょう。 ばっちり決めて、素敵な毎日をぜひ過ごしてください。 ところで、着用されている方々の間で、必ずと言っていいほど出る悩みがあるかと思います。 それは「たたみ方が分からない」という点です。 白衣は長くてヒラヒラしているので、床に置いて丁寧にたたもうとしても、ずれてしまいがちです。 かといって大まかにたたんでしまうと、変なしわができてしまいます。 せっかく洗濯やアイロンを頑張っても、しわだらけになってしまっては元も子もありませんよね。 特に、保健衛生や医療、調理関係者ですと、服装がだらしなくなると、どんなに清潔にしていても、お客様や患者様たちの信用が損なわれますし、いいことはありません。 ヒトは視力に頼っている部分が大きく、どんなに「人を見かけで判断してはいけない」と言われていても、やはり見た目の第一印象が悪いと、それだけでかなりのマイナスイメージとなってしまうのです。 お仕事をしていく際にそれでは困ってしまいますよね。 そこで本記事では、たたみ方のコツ、さらにはインターネット通販を活用した、たたみやすい白衣の探し方をご紹介します。 白衣の上手なたたみ方のコツ 先ずは上手なたたみ方を調べてみると、実はある服とよく似た方法を使っていることが分かります。 よく似た服、それは「着物」です。 着物の特徴を思い出してみてください。 全体的に長くてヒラヒラとしていますよね。 また、たたむのを失敗してしまうと、おかしなしわが寄り、みっともなくなってしまうところまでそっくりです。 それではさっそく方法を確認してみましょう。 先ずは縦半分に折り、肩と袖の縫い目を合わせて伸ばします(この時袖は、「前ならえ」をしたような恰好になりますよ)。 その際、作業は立って行うとより綺麗に仕上がりやすいです。 次に袖を胸~お腹に当たる位置まで折りたたみます。 この時、袖の付け根は真っ直ぐに伸ばしてください。 はみ出してしまった袖の先を折りたたんだら、あとは全体を2~3度丸め込むような恰好でたたんでしまえば完成です。 最後の丸め込むように折っていく過程は、片付けるカバンのサイズに合わせ、回数や幅を調整していくとより良いでしょう。 慣れてくると素早く折りたたむことができるようになりますし、日頃忙しい方でも手軽にしわ対策することが可能になります。 また、この方法は他の服にも活用することができ、冬場に羽織る袢纏やパジャマなどのルームウェアから、薄手のコートのしわ対策に使えます。 「朝は寒かったのに急に気温が上がってきて暑い」「出張時はコートをカバンにしまっておきたい」という方にも良いですね。 まさに働く人にとっては便利なたたみ方なのです。 保管の仕方も注意 また、たたみ方以外にも、保管の際はハンガーにかけてしっかりしわを伸ばしておくことや、アイロンを定期的に使用することも、きれいに保つコツです。 特に袖口と襟元を重点的に整えておくと、すっきりとまとまって見えてきますので、その点を重視してみましょう。 ですが、忙しい方ですと、そういった細かい対策も「できるだけ省略したい!」と感じてしまうでしょう。 特に疲れている時は、アイロンがけやしわ伸ばし等の単純な作業も億劫になり、早く休みたい、直ぐに寝てしまいたいと思うはずです。 インターネット通販でたたみやすい白衣を購入する そこでお勧めしたいのが、ネット通販を活用することです。 病院や大学の関係者なら一度はご覧になったことがあると思いますが、施設内の売店や生協にて白衣が販売されていますよね。 皆様がイメージされるのは、布団のシーツのような、まさにしわが寄りやすいカサカサとした布地でできている物が多いのではないかと思います。 しかし、試しにインターネット上で「白衣&しわなし」等キーワードを入力し、検索してみてください。 なんとアイロン要らず、つまりそもそもしわが寄らないような工夫が施されている生地で作られた物も沢山あるのです。 しかも最近は「白い色だとどうしても緊張してしまう」「怖く、威圧感があるように感じる」といった方々の声に応え、カラーバリエーションも充実していますよ。 実店舗で購入しようとすると、白衣の場合はどうしても数が少ないので、特徴もワンパターンになってしまうことが良くあるはずです。 その点、インターネット通販で探せば、短時間で何種類も確認することができます。 ついつい目移りしてしまうこともあるでしょう。 「ワンパターンになりがちでつまらない」「他の人に自慢できる物が欲しい!」という方にもおすすめです。 忙しい日々のアクセントにもなりますよね。 さて、今回の記事はいかがでしたでしょうか。 楽しく手軽に時短と管理をして、今日も1日頑張りましょう。

次の

Tシャツ、パンツからスーツまで。たたみ方は収納の基本。

白衣 たたみ 方

宗派を選択してください• 無料記事 こんにちは、すずきです。 これまで多くの記事を配信してまいりましたが、おかげさまで多くの皆様にご覧いただいております。 そしてこの度、新たに「 3分でわかる!お衣の畳み方解説シリーズ」が始まります! その記念すべき第1回目は 改良服。 ・畳み方がわからず困っている ・畳み方が我流なのでちゃんとした畳み方が知りたい ・プロの畳み方を教えて欲しい そんなあなたにはきっと役立つ情報です! 改良服の畳み方 1 まずは改良服を床に広げましょう One Point!! このとき右利きの方は左手側に肩山、右手側に裾が来るように置くと畳みやすくなります。 左利きの方は反対の配置となります。 2 背縫いをまっすぐ伸ばしましょう。 One Point! ここで背縫いをしっかり伸ばすことでこの後が畳みやすくなります。 3 右袖と身頃(下前)を綺麗に揃えましょう。 4 左袖と身頃を揃えましょう。 これでひとまず全体を綺麗に広げることができました。 5 右袖と身頃を折り畳んでいきましょう。 One Point!! 肩山の衿の付け根から5cmくらいのところから折り畳むと、たとう紙に入れる際に綺麗に入れることができます。 6 右袖を折り返します One Point!! 袖の折り返し入りも同様に肩山の衿の付け根から5cmくらいのところです。 7 左袖と身頃も、右側と同様に折り畳んでください One Point!! この時左袖の折り返しと同じところで折り畳みましょう。 左袖が巻き込まれてシワがついてしまうことがあります。 8 右袖を折り返しましょう 9 裾を持ち、半分くらいのところまで折り畳みます。 10 さらに半分に折りましょう 11 ひっくり返して完成です! いかがでしたでしょうか。 こちらを見ながら畳むことで、複雑な法衣の畳み方をすぐにマスターすることができると思います。 お衣を綺麗に、また末長く使っていくためにも毎日の正しい畳み方が大切です。 ぜひご活用ください。 すずきの改良服 様々な生地の改良服を取り揃えております。

次の