プロポリス うがい。 抗ウイルス作用|うがいにはブラジル産グリーンプロポリスのデンタルリンス

冬の猛威対策に、うがい・手洗い・プロポリス 「プロポリススプレーEXTRA」スペシャルサイトオープン!|森川健康堂株式会社のプレスリリース

プロポリス うがい

もくじ• プロポリスの概要 プロポリス(propolis はポプラやユーカリ、針葉樹等の起原植物に由来する樹脂にミツバチが分泌液を混ぜてできた素材で、セイヨウミツバチの巣から分離します。 薬として用いられた歴史は古く、紀元前350年にギリシャ人は膿瘍に、アッシリア人は傷や腫瘍の治癒にプロポリスを用いていたとの記録があります。 現在でも外用では消毒や抗菌を主な目的に、経口では、結核など各種感染症、十二指腸潰瘍などの消化器疾患に対して用いられ、免疫賦活効果も期待されています。 しかし外用以外の効果については、科学的な実証が十分でないという声もあります。 プロポリスは、食品衛生上、既存添加物として扱われます。 その名称はプロポリス抽出物であり、ミツバチの巣から得られたフラボノイドを主成分とするものとされています。 食品添加物としての主な用途は酸化防止剤です。 プロポリスは滋養強壮、体力増強などを目的として、サプリメントとして用いられます。 化粧品に配合されていることもあります。 プロポリスの成分 ポプラやユーカリ、針葉樹等の芽に含まれる樹脂で、セイヨウミツバチの巣材として使われます。 ハチの巣から分離するので純物質を得ることは難しく、ハチの巣の副産物が含まれることが多いです。 植物樹脂は、咀嚼されて 唾液酵素を取り込む)ミツロウと混ぜられます。 この混合物は、穴を修理したり内壁をなめらかにするのに使われます。 ミツロウに対する樹脂の割合はさまざまで、プロポリスがどのように使われているかによって、また地域によっても左右されます。 プロポリスはヒドロキノン(0. 1〜0. プロポリスはミツロウやハチミツにも含まれています。 「消化性潰瘍、ピロリ菌、ヘルペス、抗炎症、結核、細菌感染、真菌感染、駆虫、かぜ、外傷の洗浄、うがい」 ピロリ菌による消化性潰瘍にプロポリスが経口で効果があるとの報告があります。 プロポリスが傷の洗浄に用いられる、抗炎症薬として効果がある等の報告があります。 プロポリスに含有するキナ酸のカフェ酸エステルにマクロファージを活性化する効果が報告されています。 経口で、結核、細菌および真菌感染症、原虫感染にプロポリスが用いられる、一般のかぜに経口でプロポリスが有効である可能性があるという説もある等の報告があります。 口腔内手術後の治癒促進、痛みや炎症の軽減に、プロポリスでのうがいの有効性、効果を示唆する報告があります。 プロポリスに含まれるフラボノイドやキナ酸には抗酸化効果があります。 プロポリスに含まれるクマール酸誘導体は抗がん効果が報告されています。 プロポリスの副作用・毒性 プロポリスの副作用・毒性などの危険性は以下の通りです。 副作用としては、経口摂取でアレルギー反応が、プロポリスを含むトローチで口内炎が起きることがあります。 これらはハチやハチの生産物に過敏な人に多いです。 外用で用いた場合、接触性皮膚湿疹等のアレルギーの副作用が起きることがあります。 プロポリス中のアレルゲンが症状を悪化させるという報告がありますので、喘息患者には禁忌です。 ハチの生産物(ハチミツなど)や針葉樹、ポプラ、サリチル酸にアレルギーのある人は使用を避けることとされています。 プロポリスや紫雲膏などを外用で使用していたアトピー性皮膚炎の男性で、接触皮膚炎を起こしたとの報告があります。 (アトピー性皮膚炎の自家療法で生じた接触皮膚炎) プロポリスはミツバチの巣の樹脂から得られ、比較的安全で、抗菌活性をもち、主に外用薬として使用されますが、とくに外用で消毒と皮膚保護に用いられるペルーバルサムからつくられた樹脂に敏感な人は、接触皮膚炎を生じる可能性があります。 安全性に関するデータは十分でないので、妊娠中・授乳中は使用を避けた方が良いでしょう。 他のハーブやサプリメント、医薬品、食物とプロポリスの相互作用については十分なデータがありません。 研究・エビデンス.

次の

プロポリス

プロポリス うがい

Contents• ケアポリスは歯ぐきを健康にするハミガキ剤 毎日、お口に入れる物だから 安全でこだわりの天然力をお勧めしています。 ケアポリス 高濃度プロポリス配合・薬用歯磨剤 「ケアポリス」は高濃度プロポリスを配合した薬用歯磨剤です。 歯肉炎・歯周炎でお悩みの患者さんのために歯科医師が開発しました。 ケアポリスではじめよう!お口の健康ライフ 毎日お口に使うものだから、安全で安心できる天然力を選ぼう! 歯周病予防・口内炎予防に必要なプロポリスという天然力 歯周病(歯周炎、歯肉炎)は歯そのものの病気ではなく、歯を支えている周りの組織(歯ぐき、歯槽骨)が侵される病気です。 サイレントデジースと呼ばれるように痛みなどの自覚症状はありません。 口の中の粘り、歯ぐきがはれる、出血する、口臭が気になるなどの症状が現れたら注意が必要です。 プロポリスエキス配合の【ケアポリス】には有効成分としてイソプロピルメチルフェノールと酢酸トコフェロールが配合されています。 これらの成分の働きで歯周炎を予防し、口臭を防ぐ薬用歯磨きです。 さらに抗菌作用のあるプロポリスエキスおよび抗炎症作用のあるカンゾウエキスを加えています。 プロポリスとは、ミツバチが巣箱(生態系)を守るために樹木の新芽や樹液とミツバチ自身の分泌液とを混ぜ合わせて出来る粘着性物質で、巣箱の入り口や隙間に塗り、ウィルスやバクテリアなどの侵入を防ぐことから、ミツバチの防御物質と言われています。 またプロポリスは火傷や切り傷、潰瘍や感染症の治療などに「天然の抗生物質」として、古くから民間治療に応用されてきました。 現在、一兆円市場といわれる健康食品業界の中で、医療分野に応用できる物質として、今最も期待されている医療物質がプロポリスです。 プロポリスは産地によって品質が異なります。 現在、ヨーロッパ、アメリカ、中国、オーストラリア、南米などあらゆる地域で採取されています。 その品質や薬理作用は地域によって大きな違いがあります。 現在良質なプロポリスが採れる産地はブラジル地域です。 なぜならプロポリスの品質は樹木の種類、蜂の種類、生態環境などによって左右されます。 そしてブラジル地域に生息するアフリカバチ科ミツバチとアレクリン、ユーカリ系などの薬理効果の高い樹木からとれるウルトラグリーンプロポリスが他の地域のプロポリスと比較して薬理作用がもっともの高いと評価されているからです。 ケアポリスを歯科医院にお勧めする7つの理由 1 最高品質プロポリスを配合 ブラジルの養蜂場で、徹底した品質管理のもと採取したプロポリスを日本に空輸。 日本独自の方法で天然プロポリスの有効成分を最大限抽出します。 その高濃度プロポリスが配合されています。 2 天然力・フラボノイドの力 特殊な方法により抽出されたプロポリスの薬理成分「フラボノイド」の作用が、 歯肉の炎症を抑えます。 3 抗菌力 高い抗菌力を持つプロポリスを配合、細菌の増殖を防ぎます。 防腐剤も必要ありません。 4 菌の働きを抑える力 有効成分であるイソプロピルメチルフェノールが、プラーク(細菌のかたまり)の除去を助け、歯周炎・口臭を防ぎます。 5 研磨剤、発泡剤無配合 歯面や歯肉を研磨剤で傷つけることなく、また泡が立たないから口の中の隅々まできっちりとブラッシングができます。 6 天然の甘味料キシリトール配合 虫歯の原因をつくらない甘味料キシリトール配合。 【カンゾウエキス配合】 生薬の一種であるカンゾウから抽出したエキス。 【銅クロロフィリンナトリウム配合】天然の葉緑素。 口臭予防の効果も。 7 販売本数 120万本 ケアポリスは発売から10年 派手なコマーシャルをしていません。 それが、お陰様で販売累積数 120万本を突破! これも、ケアポリスの効果を実感いただいた医院様からの温かい応援のおかげです。 ウルトラグリーンプロポリスは、きわめて品質の高い最高ランクのプロポリスです。 2-高濃度 ケアポリスは高濃度プロポリスをたっぷり配合した薬用歯みがき剤です。 一般的な市販品の5倍以上のプロポリスを配合しています。 3-天然由来成分 ケアポリスは天然由来成分を5種類以上配合しています。 歯肉のマッサージにも最適です。 主な天然由来成分-プロポリス、甘草エキス、葉緑素、ハッカオイル、キシリトール 4-安心・安全 ケアポリスは発泡剤、防腐剤、研磨剤、界面活性剤を一切使用していませんから、安心・安全な歯みがき剤です。 以上の結果により、プロポリスの口腔内細菌に対する抗菌作用が確認された。 さらに、指にペーストを付けて歯肉のマッサージをすれば、より効果的です。 「病気にならない人は知っている」 ケヴィン・トルドー著 書籍の中で、ケアポリスの安全性と品質が高く評価され、推奨歯みがき剤に選ばれました。 ケアポリスの詳細 医薬部外品・薬用歯磨• 効果・効能:歯肉炎・歯周炎の予防。 う蝕の発生及び進行の予防。 口中を浄化・爽快にする。 口臭の防止。 歯を白くする。 用法:適量を歯ブラシにとり、ていねいに歯および歯ぐきをブラッシングする。 成分: (湿潤剤)ソルビット液、濃グリセリン(溶剤)精製水、エタノール(基剤)無水ケイ酸(矯味剤)プロポリスエキス、カンゾウエキス(可溶剤)ポリオキシエチレン硬 化ヒマシ油(甘味剤)キシリトール(粘結剤)カルボキシメチルセルロースナトリウム、ポリアク リル酸ナトリウム(清涼剤)ハッカ油(薬用成分)酢酸トコフェロール、イソプロピルメチルフェノール(着色剤)銅クロロフィリンナトリウム ケアポリス ツール.

次の

プロポリス摂取、妊婦、授乳中への影響、効果

プロポリス うがい

風邪を引くとプッシュ式の原液を数倍の水で薄め、うがいすると殺菌効果があるとかで半ば強制的に使わされていました。 今思えばありがたいものですが、当時はどうにもこうにも苦手でした。 濃密で独特な風味があり色は黄色というより茶褐色に近い色合いだったと記憶しています。 空気に触れ暫くすると白っぽく固まるのが特徴。 プロポリンスは、そのプロポリスがエキスとして配合されています。 お口の汚れを洗浄。 口臭を防ぐ口内洗浄液です。 マイルドな爽快感。 プロポリスエキス(香味剤)配合 歯にやさしい天然甘味料のキシリトール(香味剤)配合 吐き出すと褐色の固まりが!目で見てチェックする新感覚のマウスウォッシュ。 従来のマウスウォッシュとは違い、汚れが目に見える新しい形のマウスウォッシュです。 プロポリンスの配合成分 配合成分 水 エタノール(溶剤) グリセリン(湿潤剤) クエン酸 クエン酸Na リンゴ酸(ph調整剤) PEG-60水添ヒマシ油(可溶化剤) チャ葉エキス プロポリスエキス キシリトール メントール サッカリンNa(香味剤) カラメル(着色剤) メチルパラベン(保存剤) 香料 アルコール含有のカンコク製です。 配合成分の大まかな役割 エタノール アルコールの一種。 揮発性があり主に殺菌・消毒などに用いられる成分です。 グリセリン アルコールの一種。 医薬品や化粧品に保湿剤や潤滑剤としての用いられています。 クエン酸 レモンやみかんといった柑橘類以外に梅干にも多く含まれています。 サプリメントの成分として多用されています。 クエン酸ナトリウム 匂いはなく塩味と香味があり、用途はさまざま。 食品添加物としても多用されています。 リンゴ酸 爽やかな酸味が特徴。 飲料や食品の酸味料として用いられています。 PEG-60水添ヒマシ油 PEG-60に水素添加しているトウゴマの種子から抽出されたヒマシ油を混ぜ合わせた成分。 乳化作用があり保湿剤として化粧品の調合にも使用されています。 チャ葉エキス チャノキの葉のエキス。 サッカリン 人工甘味料の一種。 カラメル 水と砂糖のみを熱して生じた液体。 メチルパラベン 防腐剤の役目を果たす成分。 プロポリス 巣作りする際、巣の隙間を埋めるために使われている蜂ヤニという成分です。 ミツバチが植物や樹木から集めてきた天然樹脂を、働き蜂が口で噛み砕き唾液に混ぜて作り出す蜂ヤニという成分「蜂ヤニ」は、巣の隙間を埋める役目に使われている成分でプロポリスの元となります。 キシリトール 天然の代用甘味料。 冷涼感が特徴。 メントール ハッカ臭を持つ成分。 歯磨き粉やガムなど口中清涼剤などに多用されるほか、医薬品にも用いられています。 プロポリンスの使用感.

次の