外壁塗装 税控除。 外壁塗装も確定申告・年末調整で住宅ローン減税が適用される!

外壁塗装も確定申告で住宅ローン控除の対象に!

外壁塗装 税控除

外壁塗装で税控除を受ける条件と控除額 それぞれの制度で税控除を受けるための条件と、控除額を紹介します。 住宅借入金等特別控除(住宅ローン減税) 個人が外壁塗装でローンを組んだ際に、特定の条件を満たせば税控除を受けられる制度です。 「住宅借入金等特別控除」は、 2021年の3月31日までに申し込みをしなければ適用できません。 税控除が適用できる主な条件は以下です。 工事完了から6 ヶ月以内に住み始め、年末まで継続して住んでいること• 税控除の対象となる年の所得金額が3,000 万円以下であること• 登記簿に記されている床面積が50 ㎡以上であること• 床面積の半分以上は自分が住むための住居であること• 工事によって10 年以上のローンを組んでいること 他にも細かい条件が付く場合があります。 税控除が可能な期間と金額は以下のとおりです。 年末に残ったローン額の1 %を最長で10 年控除• 上限額は毎年40 万円まで 仮に150万円の外壁塗装故事をして年末に140万円のローンが残っていたとしたら、 最大で1. 4万円が控除される計算となります。 翌年に130万円が残っていたら1. 3万円といったように毎年、控除されていくでしょう。 住宅ローン減税では、10年間で最大400万円の税控除が受けられます。 特定増改築等住宅借入金等特別控除(一般ローン減税) 個人が省エネ改修工事を行った際に、特定の条件を満たせば税控除を受けられる制度です。 外壁塗装では 遮熱・断熱塗料が該当します。 「特定増改築等住宅借入金等特別控除」は、 2021年の12月31日までに申し込みをしなければ適用できません。 税控除が適用できる主な条件は以下です。 所有する家屋において一定の条件を満たした省エネ改修工事であること• 工事費用が50 万円を超えること• 工事完了から6 ヶ月以内に住み始め、年末まで継続して住んでいること• 税控除の対象となる年の所得金額が3,000 万円以下であること• 登記簿に記されている床面積が50 ㎡以上であること• 床面積の半分以上は自分が住むための住居であること• 工事によって5 年以上のローンを組んでいること 他にも細かい条件が付く場合があります。 省エネ改修工事の基準は明確に定められていますが、知識がない人が判断することは困難です。 あなたが行う塗装工事が該当するかどうかは、業者や国税庁に確認する必要があります。 外壁塗装の場合は、「一般ローン減税」よりも「住宅ローン減税」のほうが適用されやすいです。 「一般ローン減税」は条件が厳しいため、 特に理由がなければ「住宅ローン減税」を利用しましょう。 税控除が可能な期間と金額は以下のとおりです。 省エネ改修部分の工事費用の2 % + 省エネ改修とは関係ない工事費用の1 %• 上限額は毎年5 万円まで• 控除期間は最長で5 年 他にも「省エネ改修工事の控除対象額は250万円まで」、「控除対象となる総工事額は1,000万円まで」といった条件がついています。 一般ローン減税では、10年間で最大62. 5万円の税控除が受けられるでしょう。 住宅特定改修特別税額控除(リフォーム減税) 個人が省エネ改修工事を行った際に、特定の条件を満たせば税控除を受けられる制度です。 外壁塗装では遮熱・断熱塗料が該当します。 リフォーム減税は、他の制度と違ってローンを組む必要がありません。 税控除が適用できる主な条件は以下です。 所有する家屋において特定の一定の条件を満たした省エネ改修工事であること• 工事完了から6 ヶ月以内に住み始めていること• 税控除の対象となる年の所得金額が3,000 万円以下であること• 登記簿に記されている床面積が50 ㎡以上であること• 床面積の半分以上は自分が住むための住居であること 他にも細かい条件がつく場合があります。 省エネ改修工事の基準は明確に定められており、知識がない人が判断することは困難でしょう。 あなたが行う塗装工事が適用条件に該当するかどうかは、業者や国税庁に確認が必要です。 外壁塗装で10年以上のローンを組む場合は「リフォーム減税」よりも「住宅ローン減税」のほうが適用されやすいです。 「リフォーム減税」は条件が厳しいため、可能なら「住宅ローン減税」を利用しましょう。 税控除が可能な金額は以下のとおりです。 「省エネ改修でかかった工事費用」または「同様の工事にかかる一般的な費用」の安い金額から10 %を控除• 上限額は250 万円 リフォーム減税は一定額を毎年計算するのではなく、一括で控除が受けられます。 このため、省エネ改修工事でローンを組まない人は利用を検討するとよいでしょう。 外壁塗装で税控除をする手順 外壁塗装で税控除を受けるためには 確定申告が必要です。 確定申告とは、1月〜12月の収入額などを翌年の3月15日ごろまでに税務署に申告して税金をおさめる制度です。 会社員であれば会社が行う「年末調整」によって自動的に処理されています。 外壁塗装で 税控除を受ける場合は会社員であっても確定申告をしなければいけないため注意してください。 会社員で確定申告が必要なのは制度を利用する初年度のみです。 2年目から年末調整の際に会社に必要資料を渡すことで確定申告をする必要がなくなります。 会社員が外壁塗装で税控除をする手順 翌年の3月15日ごろまでに税務署に確定申告を行います。 税控除を受けるためには以下の書類が必要なため、外壁塗装をした翌年の1月末までには揃えておきましょう。 住宅ローン減税の確定申告で必要な書類 住宅ローン減税で必要な書類は以下となります。 確定申告書• (特定増改築等)住宅借入金等特別控除額の計算明細書• ローンの年末残高などの証明書• 給与所得の源泉徴収票 工事内容によっては以下の書類も必要です。 対象となる工事の「建築確認済証」の写し、「検査済証」の写し、「増改築等工事証明書」のうち1 つ• 家屋の登記事項証明書、請負契約書の写しなどで「工事をした年月日」「工事の費用」「床面積」などを確認できる書類 条件によっては特別な書類が必要となるケースもあります。 詳しくは税務署に確認しましょう。 各書類は以下の手段で入手が可能です。 ……国税庁のサイト• (特定増改築等)……国税庁のサイト• ローンの年末残高などの証明書……金融機関• 給与所得の源泉徴収票……勤務先 金融機関や勤務先から書類を発行してもらうには時間がかかるため、1ヶ月前までに書類の発行を申請しておきましょう。 一般ローン減税の確定申告で必要な書類 一般ローン減税で必要な書類は以下となります。 確定申告書• (特定増改築等)住宅借入金等特別控除額の計算明細書• ローンの年末残高などの証明書• 家屋の登記事項証明書、請負契約書の写しなど「工事をした年月日」「工事の費用」「床面積が50 ㎡以上である証明」を確認できる書類• 増改築等工事証明書• 給与所得の源泉徴収票 条件によっては特別な書類が必要となるケースもあります。 詳しくは税務署に確認してください。 各書類は以下の手段で入手が可能です。 ……国税庁のサイト• ローンの年末残高などの証明書……金融機関• (特定増改築等)……国税庁のサイト• ……法務局のサイト• 増改築等工事証明書……工事業者• 給与所得の源泉徴収票……勤務先 金融機関や勤務先から書類を発行してもらうには時間がかかるため、1ヶ月前までに書類の発行を申請しておきましょう。 リフォーム減税の確定申告で必要な書類 リフォーム減税で必要な書類は以下となります。 確定申告書• 住宅特定改修特別税額控除額の計算明細書• 家屋の登記事項証明書など「床面積が50 ㎡以上である証明」を確認できる書類• 増改築等工事証明書• 給与所得の源泉徴収票 条件によっては特別な書類が必要となるケースもあります。 詳しくは税務署に確認しましょう。 各書類は以下の手段で入手が可能です。 ……国税庁のサイト• ……国税庁のサイト• ……法務局のサイト• 増改築等工事証明書……工事業者• 給与所得の源泉徴収票……勤務先 基本的に他の制度と似たような書類ですが、「住宅特定改修特別税額控除額の計算明細書」だけはリフォーム減税のみ異なりますので注意してください。 会社員以外が外壁塗装で税控除をする手順 基本的に会社員と同じ手順、書類が必要です。 会社員と違うのは、 給与所得者ではないため源泉徴収書が不要という点だけです。 会社員ではない人は収入の確定申告をするでしょうから、外壁塗装の控除申請の作業も一緒に行うとよいでしょう。 外壁塗装で税控除をする際の注意点 外壁塗装で税控除をする場合は注意しなくてはいけない点があります。 知らずに工事をしてしまうと税控除を受けられなくなるため事前に把握しておきましょう。 制度に詳しい業者を選ぶ 外壁塗装の 工事すべてが税控除の対象となるわけではありません。 このため、工事後に「税控除ができない」と判明する危険性があります。 税控除の対象となるかどうかを事前に知るためには、制度に詳しい塗装業者に依頼しなくてはいけません。 税控除の制度に詳しい業者であれば、あなたが行う工事が減税の対象となるかを教えてくれるでしょう。 制度に詳しい業者の見分けかたは、見積もり時に税控除について尋ねてみたり、実績を確認したりすることです。 「税控除を希望するお客様を何件も受けています」と語る業者ほど信用性が高まるでしょう。 住宅の火災保険の利用や、自治体による補助金や助成金の活用です。 台風や地震で家屋が破損して工事が必要となった場合は、火災保険が適用できる可能性が高いです。 外壁や屋根を遮熱塗料で塗装する場合は、自治体の補助金や助成金を受け取りやすくなるでしょう。 火災保険や補助金などを利用する場合、工事を業者に依頼する前に申請を行わなくてはいけません。 火災保険や補助金に詳しい業者でなければ失敗するため、他の制度を利用する際には工事を依頼する会社をしっかりと見極めましょう。 まとめ 外壁塗装で利用できる税控除には3種類があります。 多くは遮熱や断熱塗料を利用した省エネ改修が条件となりますが、住宅ローン減税であれば一般的な塗料でも利用が可能です。 外壁塗装で税控除を利用するには、会社員であっても確定申告が必要です。 工事で税控除を活用したい場合は制度に詳しい業者を探しましょう。

次の

外壁塗装工事でも住宅ローン控除を受けられる

外壁塗装 税控除

住宅ローンで外壁塗装をすると控除で税金が安くなる! 10年に1度の大切な住宅メンテナンス、外壁塗装。 施工費用には数十万円が必要になり、家の大きさや選ぶ塗料のグレードによっては百万円を超えてしまうケースもあります。 「正直高いなぁ…」と感じてしまう外壁塗装ですが、住宅ローンを組んで工事を行えば控除により税金が安くなる場合があることをご存知でしょうか? 外壁塗装の見積もりには必要な工程が詰まっていて、なかなか値切るのは難しいものです。 施工費用が安くなりにくいのであれば、国の制度を最大限に活用してお得に外壁塗装を行いましょう。 外壁塗装で税金が安くなる仕組み なぜローンで外壁塗装をすれば税金が安くなるのか。 その秘密は住宅ローン控除(減税)という国の減税制度にあります。 家を新築した際に、住宅ローン控除(減税)を利用した経験のある方もいらっしゃるのではないでしょうか? まさにその住宅ローン控除(減税)こそ、外壁塗装で税金が安くなる仕組みです。 住宅ローン控除(減税)とは? そもそも住宅ローン控除(減税)とは、自分が住むための家を住宅ローンを組んで購入したりリフォームしたりする際に適用される制度。 さらに、住宅ローン控除(減税)のすごいところは、所得税から控除しきれない分は住民税からも控除してもらえる点にあります。 外壁塗装でもこの制度が適用されるのであれば、利用しない手はありません。 控除の限度額は最大400万円 住宅ローン控除(減税)は、1度適用されるとその後10年間は控除を受け続けることが可能です。 限度額は10年間で最大400万円に設定されており、1年間の限度額だと40万円です。 そのため、高額な住宅ローンを組めば組むほど控除される税額は大きくなります。 もちろん、外壁塗装の施工費用は高くても百数十万円程度ですから、新築時のローンが残っていないとすると毎年の控除額は数万円〜十数万円ほど。 住宅購入の時ほど莫大な控除を受けられるわけではないものの、これだけのお金があれば毎年ちょっとした旅行には行けるほどです。 申請期限は2021年12月31日 ただし注意したいのは、現在のところ住宅ローン控除(減税)には申請期限が設定されている点です。 その期限は、2021年12月31日。 期限までに工事を終えている必要がありますので、ギリギリすぎると間に合わない可能性もあるので注意。 過去に制度を利用した人でも大丈夫? 外壁塗装で税金の控除を考えた時に気になるのは、「過去に住宅ローン控除(減税)を利用したことがあっても適用されるのか?」という点です。 結論を言うと、全く問題ありません。 新築時に住宅ローン控除(減税)を利用した方であっても、外壁塗装の施工で新たに申請すればもう一度控除を受けられます。 さらに、まだ住宅購入時のローンが残っている方や、住宅ローン控除(減税)を受けている途中の方でも大丈夫。 外壁塗装で申請した住宅ローン控除(減税)と併用して控除を受けられます。 住宅ローン控除(減税)が適用される条件 外壁塗装で住宅ローン控除(減税)が適用になれば、毎年小さな旅行へ行けるくらいのお金が戻ってくるとお伝えしました。 しかし、外壁塗装の場合は住宅購入時よりも住宅ローン控除(減税)が適用されにくくなっているのです。 こちらの項目では、外壁塗装で住宅ローン控除(減税)を受けるための条件について詳しく見ていきましょう。 ローンを組む本人が住む家でなければならない 住宅購入時に「本人が住む家であること」という条件がありましたが、それと同じく外壁塗装をする家が自分の居住用でなければなりません。 適用外の例を挙げると、セカンドハウスなどの別荘や、家族・親族の家の外壁塗装を出資してあげる場合などは住宅ローン控除(減税)の適用外となります。 住宅ローンの借入期間が10年以上 住宅ローン控除(減税)を受けるための条件として、借入期間が10年以上に設定されている必要があります。 もしそれよりも短い期間で返済できる計画なら、住宅ローン控除(減税)を利用するよりも早々にローンを返済するほうがおすすめ。 借入期間が短くなればなるほど、利子の支払額は少なくなるからです。 住宅ローン控除(減税)を受けたいがためにわざわざ借入期間を引き延ばすのは、あまりメリットがありません。 外壁塗装の施工費用が100万円以上 リフォームや増改築で住宅ローン控除(減税)を利用する場合は、施工費用が100万円以上でなければなりません。 さらに、施工費用にカウントされるのは主要構造部のみであり、ガレージや門扉、倉庫などの塗装費用は含まれません。 外壁塗装で住宅ローン控除(減税)を受けるためには、この条件をクリアするのが最も難しいでしょう。 なぜなら、一般的な30〜40坪の2階建住宅なら、外壁塗装の費用相場は70〜90万円ほどだからです。 施工費用が100万円を越えるケースとしては、「平均よりも広くて大きい住宅である」「ハイグレードな塗料を使用する」「外壁と屋根を同時に塗装する」などが考えられます。 住宅ローン控除(減税)のことを考慮せずに施工費用が100万円を超えるようであれば、何も気にせず控除を受けましょう。 しかし、住宅ローン控除(減税)を受けたいがために無理をして施工費用を吊り上げるのはおすすめできません。 吊り上げる方が損なケースの方が多いからです。 フッ素塗料などを使用して外壁塗装をすれば長持ちするので、高額な施工費用を支払っても無駄になることはありません。 とはいえ、無理なローンを組んで家計が苦しくなっては元も子もないので、住宅ローン控除(減税)を狙うためだけに施工費用を高額にするのはやめておいた方が賢明です。 外壁塗装の費用がどれぐらいかかるのかわからない、という方は以下の記事を確認してみてください。 外壁塗装をする建物の床面積が50㎡以上 あなたがお住まいの住宅の床面積は、50㎡を超えていますか? もし超えていなければ、残念ですが住宅ローン控除(減税)の適用外になってしまいます。 先述したように、住宅ローン控除(減税)の条件にカウントされるのは建物の主要構造部のみ。 そのため、倉庫やガレージを塗装したとしてもカウントされる床面積が増えるわけではありません。 これについては満たしていなければなんともなりませんので、諦めるしかないでしょう。 もちろん、住宅の増築をした結果床面積が50㎡以上になっていれば、OKです。 年間の総所得が3,000万円以下 よほど高収入な方でない限り、こちらの条件を満たすのはそう難しくないでしょう。 住宅ローン控除(減税)はあくまで低収入な方を支援するための制度なので、年間所得が3,000万円以上という高収入な方は制度の適用外となってしまいます。 注意したいのは、総所得には給与所得だけではなく山林所得や不動産所得も含まれる点です。 ちなみに、住宅ローン控除(減税)が適用になった10年のうち1年だけ総所得が3,000万円を超えた場合は、その年だけ控除を受けられなくなります。 外壁塗装で住宅ローン控除(減税)を受けるための流れ サラリーマンの方であれば、住宅ローン控除(減税)が適用されるのは年末調整のタイミングです。 しかし、住宅ローン控除(減税)が適用されるためには自分で申請をしなければなりません。 放っておいても自動で控除されるものではないので注意。 条件を満たしていればまず確定申告を 住宅ローン控除(減税)を受けたい場合、控除を受ける最初の年に関しては確定申告の手続きが必要になります。 サラリーマンにとって確定申告は「ちょっとよくわからないもの」かもしれませんが、手続きをしなければ控除にはならないので面倒でも申請するようにしましょう。 「じゃあ住宅ローン控除(減税)を受けるためには毎年面倒な手続きをしなきゃならないのか…」と思った方、安心してください。 サラリーマンの場合、確定申告をするのは最初の1年目だけでOK。 2年目以降は年末調整の際に自動で控除を適用してくれます。 確定申告は毎年2月中旬から3月中旬に実施します。 この期間より早くても遅くてもダメなので、忘れずに手続きをすることが大切です。 なお、確定申告に不慣れな方は書類に不備があり受理されないケースも。 確実に住宅ローン控除(減税)を受けられるよう、余裕を持って申告するようにしましょう。 必要書類の例 外壁塗装で住宅ローン控除(減税)を受けるために、必要となる書類の例を紹介します。 あくまでここで紹介しているのは一例であり、これ以外の書類が必要になるケースがあります。 詳しくは塗装業者に相談していただくのが一番なので、お気軽にご相談ください。 ・住民票の写し ・給与所得の源泉徴収票(サラリーマンのみ) ・住宅借入金等特別控除の計算明細書 ・住宅取得資金に関わる借入金の年末残高証明書 ・増改築工事証明書 災害の補修なら雑損控除が適用 経年劣化によるメンテナンスとして外壁塗装をする場合、控除として適用されるのは住宅ローン控除(減税)です。 一方、台風などの災害が原因で外壁や屋根が破損し、やむを得ず補修工事をする場合には雑損控除が適用されます。 雑損控除とは 雑損控除とは、自然災害や盗難・横領などにより資産について損害を受けた場合に控除を受けられる制度のことです。 被害額に応じて翌年の所得税が安くなり、損失額が大きすぎてその年の所得税で控除しきれない場合には翌年以後3年まで控除を繰り越すことが可能です。 雑損控除の対象となる資産 雑損控除の対象となるにはいくつかの条件があり、損害を受けた資産が納税者本人の所有物であったり、生計を一にする配偶者など(年間の総所得金額が38万円以下)が所有している資産であったりする必要があります。 さらに、生活に通常必要となる住宅や家具などの資産であることが条件で、事業用資産や別荘などについては雑損控除の対象にはなりません。 雑損控除が適用になる損害の原因 雑損控除が適用になる損害の原因としては、台風や地震、落雷や雪害などの自然災害が挙げられます。 さらに、火災や火薬の爆発による損害のほか、害虫による災害もあります。 また、盗難や横領による損害も雑損控除の範囲となりますが、詐欺や恐喝については適用外です。 盗難や横領は外壁塗装とは関係しにくいので、主に台風や地震、雪害や火災などによる損害が雑損控除の対象となってきます。 損害による外壁塗装は火災保険の対象になることも 雑損控除とは別ですが、自然災害や火災などにより住宅が損傷して外壁塗装をする必要が出てきた場合、住宅にかけた火災保険が適用される場合があります。 外壁塗装にかかる費用の一部または全部を保険でまかなえる可能性もあるので、万が一の際には覚えておきましょう。 ただし、保険金が支払われた場合、その金額は雑損控除の計算から引かれてしまう点は注意です。 まとめ いかがでしたか。 ローンを組んで外壁塗装をする際に受けられる控除について解説しました。 外壁塗装で税金が控除される制度として一般的なのは住宅ローン控除(減税)。 住宅購入の際にこの控除を受けた方であっても、外壁塗装による条件を満たしていれば改めて控除してもらうことが可能です。 ローンを組んだ外壁塗装で住宅ローン控除(減税)を受けるためには、「施工費用100万円以上」「ローンの借入期間が10年以上」などいくつかの条件がありました。 住宅ローン控除(減税)を受けるために無理に条件を満たそうとするのはおすすめできませんが、「気づいたら条件を満たしていた」という場合には必ず利用するようにしましょう。 また、台風や地震、火災などの災害により住宅が損傷した場合、補修のための外壁塗装には雑損控除という制度が適用される可能性があります。 外壁塗装に関連する各種控除制度は複雑なので、専門業者に相談するのが1番簡単です。 控除を受けられるかどうかについてもアドバイスさせていただきますので、外壁塗装をご検討でしたらお気軽に外壁塗装パートナーズへご相談ください。 メリット 2 プロが選び抜いた業者 だから「安心」 外壁塗装パートナーズでは厳しい加盟審査基準で紹介する業者を厳選しています。 加盟後もアンケート調査を徹底し、不適切な提案、工事を行う業者は排除していますので、手抜き工事などの心配がいりません。 料金は一切かかりません。 無料で優良業者を最大3社ご紹介いたします。 はい、もちろんです。 外壁塗装も屋根塗装も対応できます。 はい、もちろんです。 各自治体によって助成金の基準はバラバラで、同じ自治体の塗装店の場合があったり、ただ同じ自治体の塗装店だけではなく事前登録済みでなければならなかったり、塗料が限定されていることがあります。 お住まいの自治体で助成金がもらえる場合、条件にあう企業を選定してご紹介致します。 紹介するのは外壁塗装パートナーズが定めた認定基準を満たした業者に限定しております。 また、その中でも、お客様へのアンケートで評価の高い業者を優先的に紹介しています。 価格を含めた契約内容の全件チェックや、本部スタッフの現場立ち合いによる工事品質のチェックもしておりますので、「安くて安心」の業者の提案を聞くことができます。 会社名をお伝えいただければ認定企業かどうか回答いたします。 今、提案を聞いている業者が優良企業かどうか気になる、という場合はお気軽にご相談ください。 お急ぎの方は遠慮なくお電話ください。 電話番号は(10:00~18:00 土日祝OK)です。 スマートフォンで電話番号を複数回タップすると、「このWebサイトから自動的に電話をかけることは禁止されています。 」という表記がでますが、問題ございません。 代表取締役 中嶋 明洋 神戸大学卒業後、大手メーカー、ITベンチャーを経て、2010年に株式会社ソーラーパートナーズを設立。 二級建築士、2級建築施工管理技士、既存住宅状況調査技術者など、建築関連の国家資格およびMBA 経営学修士 を取得。 これまでに培った知識と経験をもとに、専門工事店と消費者が直接出会えるプラットフォーム構築に日夜力を注いでいる。 solar-partners. solar-partners. 2019. 24 どんなビジネスにも「原価」という考え方があります。 いくらの初期投資に対してどれくらいの売り上げが発生するのか…• 2018. 19 外壁塗料の人気ランキング 堂々の1位となったのは、日本ペイントが発売する「パーフェクトトップ」。 いま一番人気…• 2019. 07 賃貸オーナーであっても分譲購入者であっても「マンションが美しく、価値あるものであって欲しい」と願うのは当然です…• 2018. 02 外壁塗装の設計価格ってなに? 大手の塗料メーカー3社 日本ペイント・SK化研・関西ペイント は、各塗料の設計価….

次の

外壁工事で減税が受けられる条件や金額・手続きを解説!

外壁塗装 税控除

不動産としてアパートやマンション、あるいは店舗などを持っていると、その建物を維持していくために修理やメンテナンス作業を行うことが必要です。 建物のメンテナンスには、目的によってさまざまな種類がありますが、その中でも特に外壁塗装は、建物の美観を保つだけでなく、建物そのものの劣化を防ぐ目的もありますので、定期的に行っていかなければなりません。 基本的に、建物の修理やメンテナンスにかかった費用は、修繕費という名目で経費として計上できますので、外壁塗装にかかった費用は修繕費として計上できますが、 塗装の目的によっては、修繕費として認められないケースもあります。 外壁塗装の費用は、その目的や内容によっては高額になってしまうこともあり、どのような形で費用処理をするかによって、支払う税金の額なども変わってきますので、いつ、どのような内容で工事をするかを慎重に検討していく必要があります。 ここでは、 外壁塗装にかかった費用をどのようにして費用として計上していくのかを、実際の例なども交えながら、注意点やメリットなどについて考えていきたいと思います。 ちなみに外壁塗装は、使用可能期限が1年未満ではなく、所得価額が10万円未満でもないので、にはなり得ないと考えられます。 外壁塗装の必要性 オフィスビルやマンション、アパートなどの建物を不動産として所有していると、建物自体に発生するさまざまな劣化に対して、修理やメンテナンスを行っていく必要があります。 発生する劣化は、建物のいろいろな場所で発生していきますので、内容の大小にかかわらず対応していかなければなりません。 例えば、年月が経つにつれて、外壁にひび割れや剥がれなども発生しますし、床や畳などの傷みや屋根のき損なども出てきますし、設備の交換をしなければならない場合もあります。 このように、建物を維持していくためには、このような外壁の補修や塗装、き損してしまった床の取り換えや畳の表替え、屋根(屋上)の防水工事、設備の点検交換などの修理やメンテナンスを行わなければならないわけです。 特に、建物の外壁に関する劣化は、建てたばかりならば、多少の汚れなどを無視しても大きなトラブルにはつながりませんが、年月が経つにつれて、ひび割れや剥がれなどの劣化が発生してくるようになります。 もし、このような劣化を何もせずにそのまま放置しておくと、 塗装面に発生したクラックから水が内部に浸透し、漏水へとつながってしまうことにもなりかねません。 こうなってしまうと、単に外壁塗装だけの問題ではなく、建物内部の劣化へとつながってしまいます。 劣化に対して、適切な修理・メンテナンスを行わなかったことが、結果として、 建物の大きなトラブルの原因となり、所有する資産の価値を下げることになってしまう原因にもなります。 つまり、不動産として建物を持っている以上は、 劣化したところを修理・メンテナンスして、建物を維持していかなければならないわけです。 外壁塗装は修繕費として経費計上が可能 資産として所有しているマンションやアパート、店舗などの建物を修理・メンテナンスする場合、その内容にもよりますが、多額の費用がかかることがあります。 このような場合に、 かかった費用をどのような方法で経費として計上するかは、税金の面などで大きな問題となります。 建物の修理やメンテナンスを行った場合の費用計上の方法は以下の二つに分けることができます。 修繕費:建物の維持、管理、あるいは原状回復を目的とするもの• 資本的支出:建物の価値や性能、耐久性を向上させることを目的とするもの 事業用の建物の場合、外壁塗装にかかった費用は、確定申告をする必要があり、 どのような目的で外壁塗装を行ったかによって、修繕費、資本的支出のいずれかで申告しなければなりません。 どちらかの項目で計上するかによって、控除の方法が変わり、納める税金額が変わってくることがあります。 普通、外壁塗装は建物の維持を目的として行われるため、経費処理上は修繕費として認められる場合が多くなりますが、 外壁塗装を行った目的によっては修繕費として認められないこともありますので、注意する必要があります。 修繕費と資本的支出の違い ここで、修繕費と資本的支出という二つの計上方法の違いについて考えてみたいと思います。 修繕費と資本的支出の違いをまとめると以下のようになります。 修繕費 建物の維持や管理、あるいは原状回復を目的とした、建物の外壁塗装や畳の表替え、床の張り替えなど、工事の内容が建物の維持管理、あるいは原状回復として通常必要とされる修理・メンテナンスであれば、それにかかる費用を 修繕費として工事を行った年度内に一括で経費として処理できます。 修繕費とみなされる工事例• 建物の維持を目的とした外壁塗装• き損してしまった床の取り換え• 傷んでしまった畳の表替え• き損してしまったガラスの交換、障子、ふすまの張り替え• き損してしまった屋根の防水工事 このように、 建物の損傷した部分を修繕し、原状回復を目的として行われたものや災害などの影響により損傷した部分の修繕として行われたものが、修繕費としてみなされるものとなります。 資本的支出 また、次のような場合は、資本的支出としてみなされます。 資本的支出としてみなされる工事例• 外壁の耐久性を増すことを目的として、モルタル塗りの壁をタイルに貼り替える工事• 非常階段を建物に後から取り付ける工事• 事務所用であった部屋を居住用に用途変更する工事 このような工事は、建物の維持管理、あるいは原状回復を目的として行われたものではなく、あくまでも 建物の価値や性能、耐久性をよりよくすることを目的として行われたものであるため、修繕費ではなく、資本的支出としてみなされることとなります。 工事の目的で処理方法が異なる つまり、 行われた工事の目的によって、経費の計上方法が修繕費と資本的支出の二つに分けられ、処理の方法が異なるわけです。 例えば、外壁塗装で100万円の修繕費用がかかったとすると、塗装にかかった費用全額が修繕費として認められた場合は、100万円を経費として年度内に一括で処理することができます。 しかし、かかった費用全額が資本的支出に該当するとみなされた場合は工事費用の100万円を固定資産として計上し、その後一定の期間で減価償却費として経費処理されます。 つまり、耐用年数が10年であるとすれば、塗装にかかった費用の100万円は、10年かけて償却されますので、減価償却費として毎年10万円ずつ費用処理するということになるわけです。 修繕費として認められる外壁塗装と認められない外壁塗装の例 外壁塗装の場合、建物の維持を目的として行われることがほとんどなので、 基本的には修繕費となり、年度内での一括経費処理が可能ですが、 塗装の目的によっては修繕費としては認められない場合もあります。 まず、具体的に修繕費として認められる外壁塗装の例を挙げてみましょう。 修繕費として認められる外壁塗装の例• 雨水が浸入しないように、外壁のひび割れや剥がれなどを補修することを目的として行われた外壁塗装• 建物の美観を保つために、色があせてきた部分や傷がついてしまった部分を補修することを目的として行われた外壁塗装• 災害によりき損してしまった外壁のひび割れや剥がれなどを補修することが目的の外壁塗装 このような場合、外壁塗装を行った目的が、 建物の維持や管理、原状回復、あるいは災害によるき損部分の修繕ですので、問題なく修繕費として認められます。 一方、次のような工事は、建物の維持や管理、原状回復、あるいは災害によるき損を目的としていないので、修繕費としては認められず、資本的支出としてみなされてしまいます。 資本的支出とみなされる外壁塗装の例• より美しい色や魅力的な色に塗り替えることが目的の外壁塗装• より耐久性の良い塗料に塗り替えることが目的の外壁塗装• より豪華で魅力的な外観にすることが目的の外壁塗装 これらの工事の場合は、その目的が、 建物の維持ではなく、建物自体の価値や性能、耐久性を高めるものとなるため、修繕費ではなく資本的支出として経費処理されます。 例えば、新築の時は外壁塗装をアクリル塗装で行っていたものを、建物の耐用年数を長くするために、より耐久性の高いフッ素塗装に変えて外壁塗装を行った場合は、その目的が建物の資産価値を高めるものとしてみなされてしまうため、修繕費ではなく資本的支出になる場合もあります。 この場合は、塗装の材質がアクリルからより高耐久性をもつフッ素塗料に変更して塗装を行ったということが、建物の維持に必要な修繕なのか、建物の価値を高めるために行うものなのかが、ポイントとなってくるわけです。 このように、判断しにくい場合もありますので、 事前に塗装業者や税理士などの専門家に相談しておくことも必要です。 特に、マンションやビルなどの大きな建物で塗装作業を行う場合は、塗料や作業費用だけでなく、足場費用もかかり、多額の費用がかかることが考えられます。 このような時に、費用をどこに計上するかという問題は、所有者が法人であれば、決算にも大きく響いてきますので、慎重に計画しておかなければなりません。 そもそも外壁塗装をどこで行うべきか、税務に強い実績ある外壁塗装業者などに依頼したい場合は、にご相談ください。 「確実に」修繕費として認められる場合 修繕費として認められる工事は、これまで述べてきたように、建物の維持や管理、原状回復、あるいは災害によるき損を目的とする工事となりますが、もし、どちらかに迷った場合は次のような項目に当てはまっているかどうかをまず確認してみましょう。 通常の建物の維持管理費やき損した部分の現状を目的として行われたものである。 繰り返しになりますが、これが最も重要なことです。 おおむね3年以内の周期で行われる修繕費である。 3年以内に同じような修繕を行う必要があれば、その費用がいくらであるかにかかわらず、修繕費として経費計上を行うことができます。 このような内容にはてはまる工事費用であれば、かかった費用は修繕費として認められます。 また、修理費用が60万円未満である、あるいは、修繕を行う建物の前期末取得価額の大体10%以下であれば、修繕費として認められる可能性があります。 もちろん、 工事の金額や目的だけではどちらにあてはまるかを決めることが難しい場合もありますので、その場合は事前に税理士などの専門家に相談しておくことをお勧めいたします。 そもそも外壁塗装をどこで行うべきか、税務に強い実績ある外壁塗装業者などに依頼したい場合は、にご相談ください。 修繕費と資本的支出のメリット、デメリット 修繕費と資本的支出との費用計上の違いは、年度内に一括で処理できるか、あるいは複数年に分けて処理をしていくかの違いになります。 つまり、修繕費として処理する場合は、会計年度内の経費として一括計上できますが、資本的支出の場合は、工事にかかった費用を資産として計上し、減価償却の手続きとして複数の年度にわたって処理することになるわけです。 このように 修繕費では、一括で経費として計上できるので、支払う税金の額を減らすことにつながる可能性があり、このことが外壁塗装として修繕費として扱うことのメリットの一つです。 銀行等から融資を受けたい場合は注意 修繕費として一括して費用計上をした年度に収入が少なかった場合は、銀行などから融資を受けようとしても、 決算上、営業不振であるととらえられてしまい、融資を断られてしまう可能性が高くなってしまいます。 事業への融資は、会社の業績が良い時に審査が通ることが多いため、塗装にかかった費用を資本的支出として資産に計上し、減価償却費として調整していったほうが、このような場合には有利になることも考えられます。 このように、一時的には節税ができると考えて修繕費として経費を計上する方法もありますが、 近い将来に融資を申込む予定がある場合や、収入の変動が激しい会社の場合には、後から柔軟に対応できる方法である資本的支出による費用計上を選ぶことによってメリットが出てくることもあるわけです。 まとめ 所有する建物を維持していくために、建物を修理・メンテナンスすることは大変に重要なことです。 特に外壁塗装は、建物の外観を維持するだけでなく、建物の劣化を防止するためにも重要なものになりますが、建物の大きさや内容によっては、大きな費用がかかる場合があります。 この場合に、かかった費用をどのように処理するかは、資産としてマンションやアパート、店舗などの所有者にとっては大きな問題となり、 その処理方法によっては、節税にもつながります。 また、法人であれば、決算の状況によっても、どのように費用を計上するかは大きな問題となってきますので、売り上げの変動が大きい会社の場合などは、いつ外壁塗装を行うかを判断することも重要なこととなってきます。 一般的には、外壁塗装は建物の維持を目的に行われるので、修繕費として費用計上できますが、修繕費として計上することで、決算上不利になることもあります。 これから外壁塗装を行おうと考えている場合、どのような外壁塗装を、どのような目的で、いつ行うのかを十分考えて行うことが大切になるというわけです。 もし、どのようにすればいいか悩んでしまうようでしたら、塗装業者や税理士などのスペシャリストにあらかじめ相談し、適切なアドバイスをもらうようにすると安心です。 そもそも外壁塗装をどこで行うべきか、税務に強い実績ある外壁塗装業者などに依頼したい場合は、にご相談ください。

次の