ブラジル コロナ 感染 者 数。 【ブラジルが危機的な状況】現在の新型コロナの感染の中心は南米であり、潮目が変わりつつある

ブラジル、累計死者数など公表取りやめ 感染拡大隠しか [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

ブラジル コロナ 感染 者 数

サンパウロのセントロ(中心部)で2月下旬に行われたルア・デ・カーニバル(路上カーニバル)には今年も驚くほど多くの人々が参加した。 少なくとも数千人はいるだろう。 参加者の多くは、男は上半身裸、女は水着にうすいTシャツ姿である。 雨に濡れて風邪をひく人も多いだろう。 この中には、新型コロナウイルスに感染した、海外からの観光客や海外から帰ってきた人が交じってのではないか。 ウイルスが拡散されなければいいが……。 22階のアパートの窓から行進を見ながら不安がよぎった。 ガスマスクをつけている人も出てきた 2月末、中国の武漢で未知ウイルス感染者が爆発的に増加していた。 ブラジルでは、イタリア帰りの中年男性が感染していたことが確認されたものの、まだ、誰もこのウイルスの恐ろしさを知らなかった。 北半球の中国で発生した病気が南半球のブラジルまで拡散されるとは誰も思いもしなかったはずだ。 大多数のブラジル人にとって、それはもっとも遠い、地球の裏側のできごとであり、対岸の火事そのものであった。 3月に入ると、コロナウイルスに関する世界のニュースがテレビで毎日のように報道されはじめたが、サンパウロでは、リベルダージ(東洋人街)で黒いマスクをファッション感覚でつける若者がいるくらいで、マスク姿の人はほとんど見かけることがなかった。 しかし、薬局ではマスクの売り切れが続出していた。 日系ブラジル人の友人は、「テレビを見て心配になって購入する人が多いようだね。 ブラジル人のことだから、きっと使わずに棚の奥でホコリにまみれたままになるよ」と言って笑ったものである。 それが、今や通行人の半分ほどがマスクをしているし、中にはガスマスクをつけている人も見かけるほどになった。 スーパーのレジやロッテリア(宝くじ屋)の列も、みな1. 5mほどの間隔をあけている。 薬局などでは入店人数が制限され、入店する前には消毒用のジェルを手にシュッとひと吹きしてくれる。

次の

ブラジル大統領コロナ対策に「超消極的」なワケ

ブラジル コロナ 感染 者 数

ブラジルの新型コロナウイルス感染者は、11日に政府発表で2万人を超えた。 しかしながら、二つの独立系調査団体の調べによると、本当の感染者数はその12~15倍に上る。 本当の感染者数が判明しない理由は検査体制がぜい弱だからで、既にエンリケ・マンデッタ保健相も認めていると、14日付現地各サイトが報じた。 保健省が14日午後4時45分に発表した新型コロナウイルス感染者数は2万5262人、死者数は1532人だ。 「本当の感染者数は10倍以上」との調査をまとめたのは、国内の複数の大学に所属する科学者や学生で構成されるCOVID-19ブラジルと、リオ州カトリック総合大(PUC-RJ)、オズワルド・クルス財団(Fiocruz)、ドール研究所の所属研究者らで構成されるNOISだ。 COVID-19ブラジルは、11日時点での感染者数は31万3千人と試算している。 これは同じ日の保健省発表2万727人の15倍だ。 NOISは、10日時点での本当の感染者数を23万5千人と試算。 同じ日の保健省発表1万9638人の12倍だ。 COVID-19ブラジルは、世界の国々で、人口比で最も多く感染検査を行った韓国の感染者数推移グラフを参考にした上、数学モデルも使用して、韓国で記録された死亡率をブラジルの年齢ピラミッドに適用し、ブラジルの推定感染者数を概算した。 調査責任者ロドリゴ・ガエテ博士は、「死者数から逆算すれば最も正確にコロナ感染者の近似値を割り出せるが、ブラジルでは正確な死者数のデータが出ておらず、そこから割り出された31万3千人の値も、実際より低く出ている可能性がある」としている。 ガエテ博士は、一時は3~4日毎に倍増していたイタリアやスペインなどと比べると、ブラジルの感染者増加ペースは緩やかだとしている。 伯国での推定感染者数は4月1日で10万4千人、11日で31万人だから、10日間で3倍だ。 同博士はまた、「社会的隔離政策を緩めれば、感染者推移グラフも全く異なった曲線を描く可能性がある。 保健省の公式発表では、感染者数はたったの2万3千人。 これでは人々に『隔離なんてすることない』との印象を与えかねない」とも警告している。 これに対し、マンデッタ保健相は13日、「感染者も死者も実態よりも少なく出ていることで、政府によるコロナ抑制政策への判断が鈍ることはない」と語った。 このように、迅速な感染検査を行い、実態を正確に把握することが急務だが、ブラジルでは検査数と研究所の解析能力の不足が足かせになっている。 8日には中国から輸入された簡易感染検査キットが盗まれる事件が起きたが、サンパウロ州市警は13日に、同州グアルーリョス市で盗品キットを販売していた容疑者2人を逮捕した。 警察は買い手のふりをしたおとり捜査で容疑者を摘発。 キット875個と現金6800レアルを押収した。 検査キット盗難事件の逮捕者はこれで16人になった。

次の

【最新情報】新型コロナウイルス(COVID

ブラジル コロナ 感染 者 数

2月9日から20日にイタリアのロンバルディア(Lombardy)地方を仕事で訪れていました。 イタリアは ヨーロッパの新型ウイルス感染拡大の中心地になっており、その中でもロンバルディアはすでに死者もでるなど感染被害の大きい地域。 また、この132名のうち半数近くの55名が 人口が最も多いサンパウロ在住であることが分かっています。 ブラジルでの初めての新型コロナウイルスの感染者が見つかったと発表があった26日の時点では感染の疑いがある人数は 20名でした。 そして、翌27日にはこの人数が 一気に 6. 5倍以上の132名となりました。 これは報道で不安になった市民が医療機関に押し寄せたと考えられ、ブラジル保健省の発表でも初期の60名の疑わしい症状のうち、41名(68%)は新型コロナウイルスと症状が良く似たインフルエンザなどの他のウイルス性疾患だったと発表しています。 この記事末に「」の地図を掲載していますので、ご参考ください。 ブラジルメディアの報道 新型コロナウイルスについてそれほど多くの報道をしてこなかったブラジルメディアも、国内で感染者が確認された2月26日にはこぞって予防に関する関連記事などを掲載しています。 ただ、各紙のインターネット版を見ても、現時点では「それほど パニックになる必要がない」との専門家の話がほどんど。 マスクの着用についても感染者と感染が疑われる患者や濃厚接触者、および医療関係者にのみ推奨するとのでした。 普段からマスクをする習慣がブラジルには無いので、 予防よりも 感染拡大を阻止するための着用を伝える記事が多く見られました。 心配される南米特有の感染経路 ブラジル全土や南米大陸への感染拡大が心配される新型コロナウイルスですが、今後は 南米特有の習慣による感染経路を考えなくてはなりません。 挨拶代わりのハグやキス、握手の習慣 ブラジルでは挨拶として、 ハグやキス、握手をする習慣があります。 個人的にはこの習慣が日本や中国などの アジア圏とは 違った感染経路になるのではないかと思います。 メディアでも、ハグやキスを自粛するようにと注意を促してはいますが、習慣として身についたものを急に止めるのは人間関係においても難しいのではないでしょうか。 手で食べたり食事をシェアしたりする習慣 ブラジルでは骨付きの鶏肉やサウガジーニョと呼ばれる軽食など、 手で食べる料理も多くあります。 また、友人や家族で 料理をシェアしたり、 飲み物を回し飲んだりすることも日本以上に一般的です。 残念ながら手洗いやうがいのような基礎的な 予防医療に対する知識や意識は低いということも合わせると、感染経路を増やす一因になります。 カーニバルなど人が密集するイベント 2月29日にはリオのカーニバルでチャンピオンパレードが開催され、 多くの人が密集した場所で長い時間を過ごすことになります。 この時期に合わせて観光で訪れる人も多く、ここで感染した人がブラジル全土、もしくは南米大陸全土へと帰り、感染を拡大させる可能性も否定できません。 無保険者は病院にも行けない(行かない) ブラジルは日本のような国民皆保険の制度はなく、 無保険の人も多くいます。 例え保険に加入していても 医療費が 高額であることが多いので、そもそも感染の可能性があっても病院に行けない(行かない)人が多いのも問題です。 糖尿病、高血圧の多いブラジル 高齢者や 糖尿病、 高血圧などの持病がある人は、新型コロナウイルスで 重篤患者や亡くなる確率が高いそうです。 実はブラジルも 高齢化社会。 すでに人口増加率の4. 5倍のスピードで高齢者が増えています。 また、ブラジルの 糖尿病患者数は1500万人とされ、世界のワースト4位、日本の5倍近くの人数になります。 ブラジル国内の感染者と感染の疑いがある人がいる地域 下の地図はブラジル国内の感染者と感染の疑いがある人がいる地域の地図です。 地図の上にカーソルを置くとその週の「感染者数(Caso Confirmado)」と「感染の疑いがある人数(Caso Suspeito)」が分かります。 人数は自動更新されますので、この記事と情報が異なる場合があります。

次の