エクセル 千 円 単位 表示。 Excelのセルの表示形式

【エクセル】「10,000,000」を「1000」と表示させる書式設定はど…

エクセル 千 円 単位 表示

解説 TRUNC関数 書式 TRUNC 数値[,桁数] 概要 指定した桁数になるように数値を切り捨てる 詳細 「数値」には、切り捨ての対象となる数値やセル参照を指定する。 「桁数」には、どの位で切り捨てるかを指定する。 「桁数」を省略した場合は、整数になるように小数点以下を切り捨てる。 桁数 切り捨ての位置 2 少数第3位で切り捨て 1 少数第2位で切り捨て 0または省略 少数第1位で切り捨て -1 1の位で切り捨て -2 10の位で切り捨て 例 「売上高」の値を1,000で割り、TRUNC関数で少数部分を切り捨てることで、「千円」単位の金額にする。 セルの書式設定との比較 「売上高」の値を1,000で割り、セルの書式設定を使用しても千円単位で表示することはできます。 「TRUNC関数」と「セルの書式設定」を使用した場合の比較結果は、以下のようになります。 パッと見、同じ結果のように見えますが、誤差を求めると以下のようになります。 誤差が「1」の行、例えば東北地区を見てみます。 売上高を1,000で割ると「13,548. 954」となります。 セルの書式設定をすると、「13,549」となります。 つまり、セルの書式設定をした場合は、四捨五入となります。 最後まで読んでいただき、ありがとうございました!.

次の

[EXCEL]千円単位で表示する方法|EXCEL屋(エクセルや)

エクセル 千 円 単位 表示

【エクセル時短】は「少しでも早く仕事を終わらせたい!」というビジネスパーソンのみなさんに、Excelの作業効率をアップするワザをお届けする連載です。 毎週木曜日更新。 実際の数値は変えずに表示形式で対応 決算資料などで見かける「 単位:千円」などの表記。 「987,000円」を「987千円」のように、千単位で表したいことがありますよね。 こうした表記を目にすることはあっても、実際に自分が設定するとなると、悩んでしまいませんか? 例えば、千単位にするために「1000」で割ってしまうと、数値そのものが変わってしまい、集計時に都合が悪くなります。 これらはいずれも、セルの表示形式の[ユーザー定義]で対応できます。 【 エクセル時短】第102回では、決算資料でよく使う表示形式のテクニックを紹介しましょう。 数値を千単位で表示する 1[セルの書式設定]ダイアログボックスを表示する ここでは上の画面にある表の数値(金額)を、千単位で表すことにします。 表示形式を変更したいセル範囲を選択して[Ctrl]+[1]キーを押すと、[セルの書式設定]ダイアログボックスの[表示形式]タブが表示されます。 ここでは[通貨]の表示形式が設定されていることがわかります。 2[ユーザー定義]の書式を修正する そのまま[ユーザー定義]をクリックし、[種類]の入力欄に表示されている表示形式を以下のように書き換えます。 変更前 , 0;[赤]- , 0 変更後 , 0,;[赤]- , 0, この表示形式は、「;」を挟んで数値がプラスとマイナスの場合を表しています。 プラスの場合は、変更前が「 , 0」、変更後が「 , 0,」と、最後に「,」(カンマ)を追加しました。 これによって下の桁が「千」であると指定したことになり、千単位で表示されるようになります。 万単位にしたければ「,」を続けて2つ「,,」と追加します。 マイナスの場合も同様に、最後に「,」を追加しました。 「[赤]- , 0」の部分は赤字で「- , 0」と表示するという意味で、最初に設定されていた[通貨]の表示形式のままです。 3金額を千単位に変更できた [OK]をクリックして[セルの書式設定]ダイアログボックスを閉じると、数値が千単位になったことを確認できます。 表の近くに「単位:千円」「(千円)」などと付記するのも忘れずに。 セル範囲を選択して[Ctrl]+[1]キーを押し、[セルの書式設定]ダイアログボックスを表示します。 今度は[種類]の入力欄を以下のように書き換えます。 表示形式によって千単位で表すと、百の位が四捨五入され、表示上の数値のみが変更されます。 実際に入力されている数値は変更されないので、正しい集計が可能です。 資料のルールに従って使い分けてください。

次の

千円単位・百万円単位で表示する:Excel(エクセル)の使い方

エクセル 千 円 単位 表示

解説 TRUNC関数 書式 TRUNC 数値[,桁数] 概要 指定した桁数になるように数値を切り捨てる 詳細 「数値」には、切り捨ての対象となる数値やセル参照を指定する。 「桁数」には、どの位で切り捨てるかを指定する。 「桁数」を省略した場合は、整数になるように小数点以下を切り捨てる。 桁数 切り捨ての位置 2 少数第3位で切り捨て 1 少数第2位で切り捨て 0または省略 少数第1位で切り捨て -1 1の位で切り捨て -2 10の位で切り捨て 例 「売上高」の値を1,000で割り、TRUNC関数で少数部分を切り捨てることで、「千円」単位の金額にする。 セルの書式設定との比較 「売上高」の値を1,000で割り、セルの書式設定を使用しても千円単位で表示することはできます。 「TRUNC関数」と「セルの書式設定」を使用した場合の比較結果は、以下のようになります。 パッと見、同じ結果のように見えますが、誤差を求めると以下のようになります。 誤差が「1」の行、例えば東北地区を見てみます。 売上高を1,000で割ると「13,548. 954」となります。 セルの書式設定をすると、「13,549」となります。 つまり、セルの書式設定をした場合は、四捨五入となります。 最後まで読んでいただき、ありがとうございました!.

次の