ご検収ください。 日本語の単語である、「検収」の意味を教えてください。

「ご査収ください」の意味と使い方、返事の仕方、「お納めください」との違い、類語

ご検収ください

検収報告書(検収書)とは、発注先の企業から納品された品物の品名や種類、数量、内容などに問題が無かったと発注者が点検したことを証明する文書のことです。 一度検収通知を出してしまうと、例外を除いて、それ以降の品物に関するクレームはつけられません。 検収報告書とは基準を明記したトラブルを防ぐための書類 納品書をもらって一安心していたら、後から数量不足でクレームが来た……納品書だけだとそんなトラブルもあります。 納品書は納品が済んだという意味ですから、その内容を相手が確認したということではないのです。 納品通知書の後に検収書をもらえば、数量や内容についてのクレームはほぼ考えなくて良くなります。 契約の段階から検収の期間や内容を定め、トラブルなく検収してもらえるようにしましょう。 検収にまつわるトラブルを回避するためにも、契約書に検収基準を明記しておくことが重要です。 プロジェクトに関わる際は、この検収基準について注意を払いましょう。 期間を過ぎても検収報告書(検収書)が来ないなら督促メールを 契約で定められた検収期間または、納品からある程度の日数を置いても検収報告書が来ない場合は、検収報告書を出してくれるようにメールで督促します。 ここでは検収通知書送付を催促するメールの文例を集めてみました。 参考にしてみてください。 何か行き違いがあったのではないかと案じております。 問題がないようでしたら、検収報告書をご送付いただきますよう併せてお願い致します。 検収報告書は強い言葉で督促しないよう注意 検収報告書が送られてこないからと、強い言葉で督促しては信頼関係が台無しです。 「送付のお願い」や「どうなっていますか」という問い合わせの形を取ったり、「検収期間を短縮して下さい」などの文を手紙やメールで出しましょう。 「検収報告書ご送付のお願い」メールの例文 さて、貴社注文書番号(No. ご確認いただけましたら、検収報告書に記名・押印の上ご返送ください。 「検収期間短縮のお願い」メールの例文 さて、一方的なお願いで大変恐縮ではございますが、当社納品に対する貴社の検収期間を何としてもご短縮いただきたく、ご配慮いただけないでしょうか。 宜しくお願い致します。 例文を参考に!検収報告書を督促するメールはあくまでお願いする姿勢で送ろう 検収報告書(検収書)を督促するメールを送る際の注意点を、例文を参考に見てきました。 納品書を受け取っても検収報告書がなければ、納品物の品質について後でクレームになる場合もあります。 できるだけ納品書と併せて、検収通知ももらうようにしましょう。 検収通知を督促するメールを送る際は、あくまでも「お願い」する謙虚な姿勢が大切です。 取引先との関係が悪化しないようにおさえておきたいビジネススキルですね。

次の

ビジネスで使う「ご査収」の意味と正しい使い方(例文付き)

ご検収ください

ご査収の正しい使い方、どのようなビジネスシーンで使われる? 「ご査収ください」は、メールに書類やデータを添付して送付する際に添える言葉です。 メールだけでなく郵便で送る場合も「ご査収ください」という言葉を使います。 メールへの添付や郵便物への同封書類がない場合は「ご査収ください」は使用しません。 請求書や契約書など、相手に確認してもらわなければ不都合やトラブルが生じる恐れがあるときに「内容を確認してください」という意味の「ご査収ください」という言葉を添えます。 「ご査収ください」という言葉は相手に添付資料があることを知らせる役割もはたしてくれます。 「ご査収ください」には、コンテンツの作成などで修正の必要が生じる場合にも使います。 「間違ったところがないか確認してください」という意味で「ご査収ください」という言葉 を添えて送ります。 「ご査収いただき、修正点がございましたらお知らせください」といった使い方になります。 「ご査収」の例文 ・さきほど、今月分の請求書を送付いたしました。 「ご査収」のほどお願い申し上げます。 ・メールにて資料を添付してお送りしました。 「ご査収」のほどよろしくお願いいたします。 ・先日いただいた資料へ必要事項を記入してお返しします。 「ご査収」のほどお願い申し上げます。 ・エントリーシートを同封しています。 お忙しいこととは存じますが「ご査収」のほどよろしくお願いいたします。 ・お問い合わせの件につきまして、資料を添付して送付しました。 「ご査収」くださいませ。 ・スケジュールを送付いたします。 「ご査収」のほどよろしくお願いいたします。 まとめ 「ご査収」の正しい意味と正しい使い方について解説してきました。 「ご査収」はメールに資料やデータを添付して送付する場合に添える言葉です。 郵便に資料を同封しているときにも添えます。 資料やデータを添付していないときには使いません。 文語体である「ご査収」はテキストのみで使用します。 直接会って話すときに使用するのは不自然ですので気をつけましょう。 ・執筆:ヤマダ ユキマル 国公立の美術大学を卒業後、広告代理店やデザイン事務所のクリエイターを務める。 現在はライターとして活動中。 ビジネス関連や健康分野、デザイン関係、茶道、アウトドア、DIYなど幅広い分野のオウンドメディアに連載中。

次の

「ご査収ください」の正しい意味と使い方は? 例文つきで解説

ご検収ください

ご査収の正しい使い方、どのようなビジネスシーンで使われる? 「ご査収ください」は、メールに書類やデータを添付して送付する際に添える言葉です。 メールだけでなく郵便で送る場合も「ご査収ください」という言葉を使います。 メールへの添付や郵便物への同封書類がない場合は「ご査収ください」は使用しません。 請求書や契約書など、相手に確認してもらわなければ不都合やトラブルが生じる恐れがあるときに「内容を確認してください」という意味の「ご査収ください」という言葉を添えます。 「ご査収ください」という言葉は相手に添付資料があることを知らせる役割もはたしてくれます。 「ご査収ください」には、コンテンツの作成などで修正の必要が生じる場合にも使います。 「間違ったところがないか確認してください」という意味で「ご査収ください」という言葉 を添えて送ります。 「ご査収いただき、修正点がございましたらお知らせください」といった使い方になります。 「ご査収」の例文 ・さきほど、今月分の請求書を送付いたしました。 「ご査収」のほどお願い申し上げます。 ・メールにて資料を添付してお送りしました。 「ご査収」のほどよろしくお願いいたします。 ・先日いただいた資料へ必要事項を記入してお返しします。 「ご査収」のほどお願い申し上げます。 ・エントリーシートを同封しています。 お忙しいこととは存じますが「ご査収」のほどよろしくお願いいたします。 ・お問い合わせの件につきまして、資料を添付して送付しました。 「ご査収」くださいませ。 ・スケジュールを送付いたします。 「ご査収」のほどよろしくお願いいたします。 まとめ 「ご査収」の正しい意味と正しい使い方について解説してきました。 「ご査収」はメールに資料やデータを添付して送付する場合に添える言葉です。 郵便に資料を同封しているときにも添えます。 資料やデータを添付していないときには使いません。 文語体である「ご査収」はテキストのみで使用します。 直接会って話すときに使用するのは不自然ですので気をつけましょう。 ・執筆:ヤマダ ユキマル 国公立の美術大学を卒業後、広告代理店やデザイン事務所のクリエイターを務める。 現在はライターとして活動中。 ビジネス関連や健康分野、デザイン関係、茶道、アウトドア、DIYなど幅広い分野のオウンドメディアに連載中。

次の