川越 うなぎ 名店。 川越 うなぎの隠れ家的名店『川魚料理 笹船』

川越名物うなぎの名店、厳選4店 [川越の観光・旅行] All About

川越 うなぎ 名店

— 2020年 1月月5日午前3時08分PST うな重だけでなく、 うな丼・ひつまぶし・白焼・肝吸いなどが味わえます。 川越で一番と言っていいほどの有名店で、土日は行列ができることが多いです。 特に、喜多院のだるま市などの催事のある日は特に混雑します。 店舗写真ではなく、この 裏手(駐車場側)が入り口になっています。 そちらに名前を記帳する冊子があるので、着いたらそちらに回るようにしましょう! 口コミ詳細(川越本店) 275件 158件 1,443件 人気の うな重は3,200円から。 うな重(菊)が3,950円、特性(大)が5,950円です。 お土産としても利用できます。 広い駐車場があるのが嬉しい「いちのや」本店。 歴史ある建物で食べるうなぎは、格段に美味しく感じます。 アトレ川越でも「いちのや本店」で腕を磨いた職人が焼いたうなぎを食べれます! アトレ店はアクセスがいいのが嬉しいですね^^。 11時開店で、その時点ですでに一時間待ちということも・・・。 しかしさすが小川菊で、受付システムが素晴らしい!受付すると 二次元バーコード月の受付票が発行されて、それを見てある程度の待ち時間がわかるようになりました!(Airwait) 先に受付を済ましてから、観光に回るのがおすすめです! 口コミ詳細 246件 114件 1,117件 口コミ評価も非常に良く、人気があるのも頷けます。 うな重は3,350円から。 他にうな丼・鶏蒲三食・白焼き・きも焼き・骨せんなども楽しめますよ!! 店員さんもテキパキされていて、とっても感じの良いお店です^^。 うな丼(小)は1,100円、うな丼(並)は1,900円というコスパの良さ。 学生さんでも入りやすいうなぎ店です。 口コミ詳細 61件 19件 224件 いちのや・小川菊に比べて、比較的空いていることが多いです。 穴場的うなぎ屋。 それでいて味は抜群!!甘すぎない絶妙なタレと、油がしっかり乗ったうなぎが楽しめますよ^^。 一時間無料のコインをいただける) 公式サイト — 2019年 8月月17日午後10時59分PDT 川越のうなぎの中でも超有名店で、土日は予約でいっぱいなことも・・。 予約をしてからの訪問をおすすめします。 食べている最中に、喜多院の「ゴーン」という聞こえる鐘の音も味を高めてくれます^^。 うな重は3,400円から。 上が4,200円、特うな重は4,700円です。 他に、 蒲焼き・うな丼・白焼き・きも煮があります。 口コミ詳細 68件 14件 101件 小仙波町付近のうなぎ屋は東屋だけです。 喜多院参拝後の食事にぴったりです。 店員さんもとても感じよく、優しく丁寧な接客をしていただき感じがいい。 選んで間違いのない名店です。 観光地とは離れているので、 地元の方に愛されている穴場的お店ですね! うな重は1,800円。 上うな重が3,150円、特上が4,600円。 ひつまぶしもおすすめ! 他に蒲焼き、肝焼き、かぶと焼き、ひれ焼き、レバー焼もあります^^。 口コミ詳細 108件 72件 638件 ぽんぽこ亭はいつも混んでいます。 しかし回転が早いので、思ったより早く座れることが多いです。

次の

川越観光 食べ歩きグルメ15選!川越名物「鰻」も登場

川越 うなぎ 名店

「川越のことなら、このボクにおまかせあれ!」 いつになく力が入っている編集・戎氏。 近くに住む彼にとって、川越はいわばホーム。 この地にあるうなぎ専門店を全制覇したという彼のイチオシが『小川菊』だ。 うな重を見ただけで、「コレ、絶対ウマいやつ」と確信した。 タレを何度も絡めながら丁寧に焼いた、表面を覆うテリとツヤにオーラさえ漂っている。 モチロン味も予想通り、いやそれ以上。 さて、せっかく川越に来たのなら、やはり観光もハズせない。 「時の鐘」を見学し、「菓子屋横丁」を散策。 観光名所が徒歩圏内に集中しているのも、川越の特徴だ。 なかでも蔵造りの街並みでおなじみの「一番街商店街」はその場で食べられるグルメが盛りだくさん。

次の

川越 うなぎの隠れ家的名店『川魚料理 笹船』

川越 うなぎ 名店

『川魚料理 笹船』 『川魚料理 笹船』は、うなぎの激戦区、大正浪漫夢通りから少し離れた住宅街にたたずむ庶民的なお店です。 知る人ぞ知るうなぎの隠れた名店で、予約なしでも極上のうなぎを楽しむことができます。 うなぎ以外にも川魚料理がたくさん。 あゆの塩焼、どじょうの玉子とじ、どじょう天ぷら、なまず天ぷらなどなど。 なんと「鯉のあらい(要予約)」まで。 洗いは、魚の調理法の一種で、糸造りやそぎ造りにした魚の切身を氷水にくぐらせ、冷やして身を引き締めてから供する料理、またはその調理法のこと。 鯉の場合は、一度温水に通してから(湯洗い)、氷水に落として冷やす場合が多い。 (中略)コリコリっとした独特の食感が生まれ、また脂っぽさや臭みが和らぐ効果もある。 参照元: 他にも家庭的な一品料理が豊富に取り揃えられ、夜はお酒がすすみそうです。 スポンサーリンク 『川魚料理 笹船』で「うな重」をいただきました 『川魚料理 笹船』の店内は、とても家庭的な雰囲気。 座敷席とテーブル席があります。 気さくなおかみさんが応対してくれます。 うな重(2,800円)です。 皮目はしっかり焼き目がついて香ばしくパリッとした食感。 身はトロっとやわらかです。 タレは甘さ控えめでどちらかというと少しだけしょっぱめ寄りでご飯がすすみます。 『川魚料理 笹船』の営業時間、アクセスなど 住所 埼玉県川越市六軒町2丁目16-12 電話 049-222-2641 営業時間 ・11:00~14:00(昼) ・17:00~20:00(夜) 定休日 月・火曜日 アクセス 西武新宿線「本川越駅」から徒歩7分.

次の