山梨 キャンプ 場 殺人 事件。 山梨県キャンプ場女児行方不明事件|誘拐事件と見立てるなら、リスクの高いキャンプ場を犯行現場とした理由はこうだ

山梨のキャンプ場で女児が行方不明!何のオフ会の集まり?捜査は打ち切り|SollaStudio

山梨 キャンプ 場 殺人 事件

2019年9月21日に山梨県道志村のキャンプ場で発生した小倉美咲ちゃん行方不明事件に関する新たな証言がネット掲示板に書き込まれました。 その書き込みによると、事件が発生した日、行方不明になった美咲ちゃんをキャンプ場では家族以外は誰も見ていない、つまり「美咲ちゃんはもともといなかった」というのです。 美咲ちゃんがキャンプ場に来ていなかったとなると、「キャンプ場で行方不明になった」という事件の大前提が崩れることになると同時に、美咲ちゃんの母親である小倉とも子さんが嘘をついていることになります。 そこで、この記事では事情通の書き込みとそれに対するネットユーザーの反応をまとめてみました。 ただし、この証言はあくまでネットの書き込みにすぎず、信ぴょう性には疑問があります。 さらに、警察も捜査している案件ですので、そのような不審点があればすぐさま事件化しているはずです。 よって、この事情通の書き込みは「美咲ちゃんはいなかったという未確認情報があるが、あくまでネットの書き込みである」という前提で、真偽を疑いつつ読んでください。 うちにも美咲ちゃんと同い年の子がいるので、なんとなく思うのは、お母さん、最後に子供を見た時間を全く覚えてなかったんじゃないかなと。 ここまでおおごとになるとも思わず、「子供をみてなかったの?!」と、言われるのが怖くて、「さっきまでそこにいた」「子供を見送った」みたいに言ったら、子供帰ってこず。 「子供をみてなかったの?」とか、言われるのが怖くて、しかも迷子とかですぐ見つかると思ったから写真とかもださずにいたけど、実は曖昧な目撃証言で、いまさら「実は見てない」とか「覚えてない」なんて言えないから必死なのかなと。 このお母さんは、計画殺人を思いつくほどの頭もなさそうだし、知人に偽証させる口の固さを、何人も維持できるほどの人脈を築いたり、できなそう。 一度ついた嘘(子供をいつどこまでみていたか)自分に非はない感じに言おうとしたら、実はとんでもない流れになっちゃった、感じ 例えば、ずっとスマホゲームしてて、みてなかったとか何時だったか、覚えてなかったのかなと。 まさかこんな事態になっていると思わず、最初についた「子供をちゃんと行く先まで見届けてた」的な言葉が、もう「実は覚えてない」「いつどこへ行ったか覚えてない」なんでいまさら言えない。 なんかそんな感じする。 完全犯罪を企画、実行、アリバイ工作、口封じまでできるほどの頭も無さそう。 事情通の書き込みが正しかった場合の推理 事情通による「小倉美咲ちゃんはキャンプ場に来ていなかった」という書き込みが正しい場合、この行方不明事件は狂言であり、偽装された行方不明ということになり、事件が計画的なものであった可能性が高まります。 ネット掲示板では事件当初からなぜか「美咲ちゃんはキャンプ場に来ていなかった」という噂が絶えなかったため、今回の書き込みに反響が会ったようです。 一緒にキャンプをしていた他の家族の証言が公開されればこうした疑問は消えるはずですが、それが明らかになっていないため、このような憶測や噂が飛び交うのだと思います。 警察もバカではないので、もともと美咲ちゃんがいなかったという疑いを考慮していると思いたいですが、そのあたりの情報はいっさいないのが現状です。 ではもともと美咲ちゃんがいないのなら、いま美咲ちゃんはどこにいるのかが問題になります。 ・すでに死亡している ・何者かに誘拐された ・人身売買 可能性としてはこの3つが考えられ、今回の場合は家族を巻き込んで行方不明を装っていたとしたら、「すでに死亡している」「人身売買」の線が濃厚となります。 単なる行方不明を超えた大掛かりな事件となるわけです。 しかし、小倉美咲ちゃんの家族、そして他の家族を巻き込んでの大掛かりな事件として考えるのは無理があります。 さらに犯罪集団でもない素人家族たちがこうした事件を仕切れるとも思いません。 事情通の書き込みの信ぴょう性も疑問があるので、現状ではあくまで未確認情報として留意するにとどめたほうがいいでしょう。

次の

「埋められた」ビラ出回る 都留の事件(山梨日日新聞) − 「うわさは本当だったのか」

山梨 キャンプ 場 殺人 事件

山梨県都留市のキャンプ場で2人を殺害、1人を死亡させたとして、殺人や傷害致死などの罪に問われている元建設会社社長・阿佐吉広被告 63。 一、二審ともに死刑となり、最高裁での上告審も昨年12月に結審。 死刑確定か…と思いきや、驚くべき番狂わせが起こった。 一度行われた弁論を、最高裁が10月に再開する決定を下したのである。 「昨年12月の上告審弁論直前、被告の共犯とされる男性受刑者が仰天の新証言をしたのが、その理由です」 司法記者 そもそも、山梨キャンプ場殺人事件とはどんなものだったのか。 「これまでの判決によれば、阿佐被告は都内や大阪などから浮浪者を集めて寮に住まわせ、工事現場等に派遣する仕事を行っていました。 そして'00年、建設会社に派遣されていた男性3人が当て逃げ事件を起こしたことが阿佐被告の知るところとなり、元従業員らとともに事務所で暴力をふるい制裁を加え、キャンプ場に監禁して絞殺。 また'97年には、寮でナイフを持ち暴れるなどの騒ぎを起こした労働者を、木刀で殴り死亡させたとされています」 社会部記者 一審の甲府地裁で阿佐被告は、'00年のキャンプ場での殺人について「殺害したのは知人の元暴力団組長だった」と無罪を主張。 阿佐被告の長女も「母の日の贈り物を買いに行くために一緒にいた」と事件当日のアリバイを証言したが、死刑判決が下された。 二審の東京高裁でも、阿佐被告は殺人について無罪を主張。 また事件時、「殺害直前、阿佐被告をキャンプ場で見た」と述べていた当時のキャンプ場管理人が、これについて「ウソだった。 検事から言わされた」と供述を一転。 しかし一審同様、死刑となっていた。 「二審の判決時には阿佐被告が『ウソばっかりじゃないか!』などと怒鳴ったため退廷させられ、被告不在のまま判決が言い渡されていました。 そして最高裁では、共犯の男性受刑者が『被告は現場にいなかった』と、新証言を出してきたのです」 前出・司法記者 二審が死刑の場合、最高裁は弁論を一度開き、次は判決、という流れが一般的で、二度も弁論を開くのは異例のこと。 果たして殺人罪が無罪へと転じる事になるか? あわせて読みたい•

次の

【令和の未解決事件】おもな事件一覧・行方不明・殺人・襲撃・強盗・死体遺棄 ~令和の犯罪史~

山梨 キャンプ 場 殺人 事件

asyura2. 従って、行方不明者数を把握することは困難だろう。 何人殺されているか分からない。 都留市朝日曽雌の朝日川キャンプ場の駐車場から身元不明の二死体が発見されたとのニュースに、市民の間には衝撃が走った。 このキャンプ場をめぐっては以前から「死体が埋められているらしい」とのうわさが出回り、九月ごろには「キャンプ場に死体が埋められている」「経営する会社をめぐってもトラブルがあった」などと記されたチラシが同市内に出回っていた。 同キャンプ場を経営する建設会社では、宿舎を逃げ出した従業員が付近の民家に「助けてくれ」などと駆け込む騒ぎも相次ぎ、住民とのトラブルを抱えていたという。 チラシが出回ったのは今年九月。 実際に死体が発見されたとのニュースに市民らは「あのキャンプ場については以前から変なうわさがあった」「あり得る話だとも思ったが、本当だったなんて信じられない」などと口々に話した。 キャンプ場は同市の山あいにあり、夏場には首都圏から行楽客が訪れ、キャンプや釣りを楽しむ光景がみられるが、地元住民らの利用はほとんどなかったという。 キャンプ場を経営していた都留市大幡の朝日建設をめぐって都留署は先月二十六日、元社員の保険金約百万円を着服したとして、横領容疑で元社長(54)ら三人を逮捕している。 同社では、県内や近県で行われる道路工事や建築物解体の作業現場に労働者を派遣。 多いときは百から百五十人の労働者を抱えていたというが、一方で労働者が夜間に宿舎を抜け出し「給料をもらえないので大阪に帰れない。 助けてくれ」「警察を呼んでくれ」などと言いながら民家に駆け込むなど付近住民とのトラブルも絶えなかった。 関係者によると、同社の労働者の多くは都内や関西地区などから集められ、ほとんどの労働者が会社近くの寮に住み込み、作業に出掛けていた。 数年前には、大阪府西成区の通称「釜が崎」で労働関係の相談事業を行う西成労働福祉センターが、同社について「賃金が支払われない」などの内容の注意書きを張り出して、日雇い労働者に注意を呼び掛けたこともあった。 同センターは、日雇い労働者の求人の際に、保険などの手続きを必要とする「登録」を義務付けているが、同社は当時、センター窓口を通さずに鉄道のガード下などで日雇い労働者に声を掛ける方法で募り、不定期に数人から十数人の労働者をマイクロバスに乗せて山梨まで運んでいた。 元社長は同市内で飲食店も経営していて、飲食店でも県外から集めた日雇い労働者らを雇っていたという。

次の