ちかさとナビ。 ちかのナビ紹介!|巣鴨店|ゴルフのことなら東京大阪など全国に店舗のあるGolf Partner

「中華ナビの考察③ 中華ナビの構造とROM焼き手順」ちかりん☆のブログ | ちかりん☆のページ

ちかさとナビ

アプリ情報 Appストアより引用 うめちかナビは大阪駅、梅田駅周辺の地下街でバリアフリーナビを提供することを目的にしたアプリです。 ・うめちかナビの特徴 (1)バリアフリー 段差回避 ナビを提供します スタート地点 もしくは現在位置 とゴール地点を選ぶと通常の最短経路を表示するだけでなく、段差を回避したバリアフリー経路も表示できます。 段差回避はエレベータ もしくはスロープ を用い、階段やエレベータは経路上にはでてこないように実現します。 (2)鉄道乗り換えをお助けします このエリアはJRの駅が2つ、私鉄が2つ、地下鉄が3つある乗り換え需要の高いところですので、自分の乗りたい路線を選択するメニューを用意しました。 希望の駅の改札口までちゃんと経路を表示します。 (3)お近くのトイレもお探しします トイレ探しのためのメニューも用意しました。 男性用、女性用、多機能トイレの種別を選んで現在位置から近いトイレまでの経路を表示します。 (4)施設名称で検索できます 施設名称 もしくはその一部 を検索窓に入力して検索することができます。 ピンが立ちますのでそれをタップして経路を表示できます。 リリース情報 開発者 Osaka Chikagai Co. ,Ltd. リリース 2016年6月22日 金額 無料 ダウンロード ユーザーレビュー• 2019年12月20日 全く動かないので話にならない。 早急に対策して下さい。 2019年7月21日 起動すらしないのでレビューしようが。。 2019年3月27日 使い物にならなさすぎて• 2018年5月11日 地下なのに地上しか示さない。 2017年10月12日 ここ数年でダウンロードした中でも傑出した使えないアプリでした。 開発者はアルファ試験とかベータ試験とか普通にするものでしょ。 まったく何もしていないのが丸わかりのアプリでした。 多分、大阪市あたりの補助もたんまり入ってるかと思うと悲しいです。 2017年8月16日 GPS機能も無し ルートも表示されず ゴミアプリ ダウンロード.

次の

札幌周辺公共交通案内 さっぽろえきバスナビ

ちかさとナビ

7月1日、複雑な大阪駅・梅田駅周辺の地下街において現在地の情報を取得し、目的地までの最短ルートを提示してくれるアプリ「うめちかナビ」がリリースされた。 このアプリはその他にも、階段やエスカレーターなどの段差を回避するバリアフリーのルートを提示する機能、乗換駅の検索や現在地から近くのトイレを検索する機能も兼ね備えている。 このアプリのAndroid版の開発を手がけたのが、ユビキタス環境研究室の坂本さんだ。 これまでの研究成果を生かすアプリ開発 「大阪駅・梅田駅周辺の地下街は複雑で、多くの人が行きかう場所を研究の題材にできるのは、面白いと思った」と研究室の西尾教授からアプリの開発の話を聞いた当時のことを振り返る坂本さん。 これまでに自分で使うためのツールとしてさまざまなプログラムをつくることはあったが、人に使ってもらうことを前提としたアプリを開発したのは初めてだったという。 「うめちかナビ」は、もともとはブラウザで提供されており、地下街ではGPSの電波が届かないため、現在地の確認は壁に貼られたタグを使用していた。 それが、ユビキタス環境研究室で研究されている測位技術により、スマートフォンのアプリで自分の現在地を取得することができるようになったのだ。 自分の開発したアプリが世界へ配信される瞬間 今年の2月、アプリ開発を始め、機能や画面構成などの検討や試作品を作り、修正を繰り返した。 研究室のメンバーと連携をとり、研究室で測位をシミュレーションしたり、梅田の地下街で測位が正確に行われているか検証も行ったという。 坂本さんが一番苦労したのが、初めて使う人が簡単に操作できるものにすることだったという。 さらに、利用者が混乱しないようプログラムが停止することだけは避けたいと、試行錯誤を重ねたそうだ。 5カ月かけてついに完成したアプリが世界に配信された瞬間、やっとできたという達成感より、プログラムが停止したりしないだろうか、と不安な気持ちが大きかったという。 実際に1つのアプリを開発したことを振り返り、「利用者の気持ちを考えながら開発することを学ぶことができた。 しかし、まだまだこれで終わりではない」という坂本さん。 「初めて梅田を訪れる人にも『このアプリをとっておくといいよ』と胸を張って言えるように『うめちかナビ』の精度をあげ、より完璧なものにしたい。 そして、多くの人に使ってもらえる、便利なアプリやサービスをつくっていけるよう、これからも努力していきたい」と意気込みを語ってくれた。 これから、坂本さんがどんなアプリやサービスを開発してくれるのか、期待したい。

次の

ちか(20歳)|オレンジハウス

ちかさとナビ

7月1日、複雑な大阪駅・梅田駅周辺の地下街において現在地の情報を取得し、目的地までの最短ルートを提示してくれるアプリ「うめちかナビ」がリリースされた。 このアプリはその他にも、階段やエスカレーターなどの段差を回避するバリアフリーのルートを提示する機能、乗換駅の検索や現在地から近くのトイレを検索する機能も兼ね備えている。 このアプリのAndroid版の開発を手がけたのが、ユビキタス環境研究室の坂本さんだ。 これまでの研究成果を生かすアプリ開発 「大阪駅・梅田駅周辺の地下街は複雑で、多くの人が行きかう場所を研究の題材にできるのは、面白いと思った」と研究室の西尾教授からアプリの開発の話を聞いた当時のことを振り返る坂本さん。 これまでに自分で使うためのツールとしてさまざまなプログラムをつくることはあったが、人に使ってもらうことを前提としたアプリを開発したのは初めてだったという。 「うめちかナビ」は、もともとはブラウザで提供されており、地下街ではGPSの電波が届かないため、現在地の確認は壁に貼られたタグを使用していた。 それが、ユビキタス環境研究室で研究されている測位技術により、スマートフォンのアプリで自分の現在地を取得することができるようになったのだ。 自分の開発したアプリが世界へ配信される瞬間 今年の2月、アプリ開発を始め、機能や画面構成などの検討や試作品を作り、修正を繰り返した。 研究室のメンバーと連携をとり、研究室で測位をシミュレーションしたり、梅田の地下街で測位が正確に行われているか検証も行ったという。 坂本さんが一番苦労したのが、初めて使う人が簡単に操作できるものにすることだったという。 さらに、利用者が混乱しないようプログラムが停止することだけは避けたいと、試行錯誤を重ねたそうだ。 5カ月かけてついに完成したアプリが世界に配信された瞬間、やっとできたという達成感より、プログラムが停止したりしないだろうか、と不安な気持ちが大きかったという。 実際に1つのアプリを開発したことを振り返り、「利用者の気持ちを考えながら開発することを学ぶことができた。 しかし、まだまだこれで終わりではない」という坂本さん。 「初めて梅田を訪れる人にも『このアプリをとっておくといいよ』と胸を張って言えるように『うめちかナビ』の精度をあげ、より完璧なものにしたい。 そして、多くの人に使ってもらえる、便利なアプリやサービスをつくっていけるよう、これからも努力していきたい」と意気込みを語ってくれた。 これから、坂本さんがどんなアプリやサービスを開発してくれるのか、期待したい。

次の