ポケモン イラスト。 【ダウンロード無料!】“楽しく学べる”ポケモンイラストラボ&3Dで動き出すARぬりえ

子どもたちに!「ポケモンイラストラボ」が無償提供中

ポケモン イラスト

印刷して自由に使えるイラスト素材 「ポケモンイラストラボ」は、株式会社ポケモンが2019年6月4日より解説した、国内の児童向け施設を対象としたイラスト素材提供サービスです。 小学校や幼稚園、小児科の病院など小学生以下の子どもを対象とした施設で、非営利活動目的であれば、提供されるイラストを無償で利用できます。 また、印刷してそのまま使える塗り絵や、「あそんだらおかたづけ」などマナー啓発用ポスター、ひらがなの一覧表もあります。 以下に、ダウンロードの方法と素材の内容を見ていきましょう。 ポケモンイラストラボでイラストをダウンロードする 1ポケモンイラストラボにアクセスする にアクセスし、イラストをダウンロードする場合は[ダウンロード]をクリックします。 [このサイトについて]や[ご使用前に][よくあるご質問]などもひと通り確認しておきましょう。 2ダウンロードページを開く [ダウンロードはこちら]をクリックします。 3利用規約に同意する ダウンロードページで利用規約が表示されるので、すべて読んで[利用規約に同意する]にチェックマークを付けます(バーをスクロールして利用規約を最後まで表示させないと、[利用規約に同意する]にチェックマークを付けられません)。 続けて[次へ]をクリックします。 4アンケートに回答する 利用する施設がある都道府県、施設カテゴリ(小学校、幼稚園など)と施設名、想定用途のアンケートに回答し、[素材をダウンロードする]をクリックします。 5ファイルを展開し、イラストを確認する すべてのイラストをまとめたZIP形式のファイルがダウンロードされます。 Windowsパソコンでは[ダウンロード]フォルダーに保存されたファイルをダブルクリックすると展開でき、このようなフォルダーが表示されます。 「ご利用前にお読みください」は利用についての簡単な案内と収録イラストの一覧のほか、ピカチュウやリザードン、ギャラドスなど、ポケモンたちの大きさ比較表があります。 ポケモンたちの実際の大きさはどれくらいなのか、利用前に見ておくと参考位なります。 イラストを確認する 単品イラスト [(1)単品イラスト素材]には、パネルや文書のカットとして使えるポケモンたちのイラストが収録されています。 [(1)単品イラスト素材]に収録されている素材はGIF形式で、WordやPowerPoint文書に挿入すると周囲が透過されます。 上の画面写真のように、文字や図形の上に重ね合わせが可能です。 塗り絵やポスター [(2)ぬりえ素材]には、印刷してそのまま使える塗り絵(線画)が収録されています。 ピカチュウや現在もアニメで活躍しているモクローたちのほか、微妙に渋いチョイスのポケモンも...。 [(4)ポスター素材:マナーポスター]には、「あいさつしよう」「きちんとうがいをしよう」など、印刷してそのまま使えるマナーポスターが収録。 ひらがなバージョンと漢字まじりのバージョンがあります。 ルールの範囲内で使える施設では非常にありがたいイラスト ポケモンイラストラボのイラストを利用する前に、提供のルールをよく確認しておきましょう。 小学生以下を対象とした施設で、施設内での(屋外掲示はNG)、非営利活動目的であれば利用できます。 児童館のスタッフや幼稚園の先生で、自分でイラストを描いたり有料のイラスト素材を活用したりしている人も多いですが、無料で子どももよく知っている人気キャラクターのイラストが使えるのは、非常にありがたいサービスです。 close 閉じる.

次の

ポケモン映画公式サイト「劇場版ポケットモンスター ココ」│イラストコンテスト

ポケモン イラスト

子どもたちにとっても、悲喜交々の複雑な想いがあるでしょう。 でも、マイナスにとらえすぎないように! こんなときだからこそ、たくさんできた時間を活用して、普段できないことをするなど有意義に過ごしたいですよね。 そんな子どもたちのことを第一に考え、期間限定でサービスの無償提供などの取り組みを行なっている企業が増えてきています。 その中から、今回は楽しんで学べるツールをご紹介しましょう! 期間限定で無料公開中のポケモンコンテンツ! ポケモンは、今や世代や国を超えた人気者。 誕生から20年以上、多くの人に愛され続けています。 そのポケモンのコンテンツが今、 期間限定で無料公開中です。 活用しない手はないですね! 人気動画シリーズと合わせてぜひご覧ください。 通常は、保育園や教育、医療施設向けの 素材無償提供サービスですが、5月31日(日)まで、小学生以下のお子さんをお持ちのご家庭でご利用いただけます。 100種類以上の素材が揃っているので、ピカチュウをはじめとしたたくさんのポケモンたちと触れ合えますよ。 【ぬりえ素材】 さまざまなポケモンのぬりえを楽しめる素材です。 印刷して、そのまま使用できます。 ポケモンは大きく、背景は少し細かめにデザインしてあるので、未就園児~小学生まで楽しめるはず。 【お絵かき素材】 ポケモンといっしょにお絵かきを楽しめる素材です。 そのままお絵かきをして楽しむことはもちろん、文字を書き加えても〇。 大切な人へのお手紙を書いてもいいですね。 【ポスター素材】 みんなで守るマナーやきまりが、ポケモンたちからお子さまへのメッセージとしてデザインされています。 洗面所や本棚横に貼ったら、子どもたちの行動に変化が見られるかも!? ひらがなの勉強にぴったりな「あいうえお表」もあります。 絵本作家さん、アイドルの衣装デザイナーさん、警察署などなど。 絵本や洋服がどうやって作られるのか楽しく見学したり、警察署で指紋のこと・交番の豆知識・交通ルールなどを学んだり。 工作や遊びのヒントもいっぱいなので、興味を持ったら、ぜひまねしてやってみましょう! お子さまの自発性と積極性も育める、 おうちアクティビティの強い味方です。 【こどものうた】 昔懐かしい童謡に合わせてピカチュウの世界が広がります。 可愛いアニメに夢中になるのも、一緒に歌を歌うのも楽しいですね。 このシリーズで特に人気なのが、 「ロンドン橋」。 とがあり、英語のお勉強にもなります。 AR(拡張現実)もそのひとつ。 デジタル技術を駆使した遊びを提供して 人気のテーマパーク『リトルプラネット』が、 家庭でも楽しめるツール全27種を無料公開中です。 通常はパーク訪問者限定のサービスですが、「テーマパーク体験にかかわらず、全国の子どもたちに、自宅でデジタル体験してほしい!」という気持ちからの無料公開。 スマートフォンにアプリをダウンロードすれば誰でも簡単に遊べます。 AR体験をしてみたい! という方はぜひチェックしてみてくださいね。 提供されているぬりえをダウンロードして印刷• 好きな色でぬりえを楽しみます• スマホにアプリ「AR PLAYGROUND」をダウンロード(無料)して、ぬりえを読み取ります これで遊びの準備はOK。 読み取りが完了すると、ぬりえが 3Dアニメーションで飛び出します! スマホの角度を変えたり、指で動かしたりすると、ぬりえの裏側まで見ることができます。 大きくしたり、小さくしたりも自由自在。 また、ぬりえを一度読み込むと、画面を切り替えるまでアニメーションは消えないので、いろいろな背景でぬりえと一緒に写真を撮って楽しむことも可能。 不思議なAR体験を自宅で手軽に楽しめるので、AR初体験にはもってこいです。 ダウンロードできるぬりえは、飛行機、船、カメなど 「空や海の生き物・乗り物」や、スポーツカーやクレーン車などの 「車のぬりえ」、紙相撲をモチーフにした 「力士のぬりえ」など全27種類から選べます。 6つのエクスペリエンス、「体感」「探究」「思考」「創造」「交流」「協力」を理念に、アトラクションが開発されています。 アトラクションは、テクノロジーと遊びを学びに落とし込む新しい発想のものばかり。 キッズデザイン賞を受賞した砂を掘れば発見満載の「SAND PARTY」 AR砂遊び をはじめ、跳べば飛ぶほど空高く舞い上がれる「FLAPPY」(デジタルトランポリン)、自分だけのスーパーカーで競い合う「SKETCH RACING」(お絵かき3Dレーシング)など、 子どもの想像力と行動力の両方を育み、好奇心を刺激する、リピーター続出の大人気施設です。 新しいアトラクションも随時追加予定とのこと。 子どもたちの可能性を広げるためのきっかけとして、多様なツールを活用してみてはいかがでしょうか。 (参考).

次の

ポケモンカード「公認イラストレーター」まとめ2

ポケモン イラスト

完成度の高いピカチュウ/イラスト:大沖( daioki)• 味わいのあるニャース/イラスト:大沖( daioki) 『ポケモン』は1996年2月27日に発売されたゲームボーイ用ソフト『ポケットモンスター 赤・緑』以降多くの関連作品を展開。 「ピカチュウ」などお気に入りのかわいいポケモンを育成し、しかも進化するというシステムが画期的で、関連ゲームの累計出荷数は全世界で3億4600万本以上(2019年9月末時点)となっている。 アニメ版は97年4月1日よりテレビ東京系列にて放送。 数日前にもポケモン映画23作目となる『劇場版ポケットモンスター ココ』(7月10日公開)が発表され話題になったばかり。 また、数々の映画やグッズ展開ほか、スマホ向け位置情報ゲーム『ポケモンGO』なども世界的人気を誇っている。 新作では890種のポケモンのうち半分が未登場、「推しポケモンリストラ」への批判も• リストラされたミュウツー/イラスト:大沖( daioki) 昨年11月15日には、3年ぶりとなるシリーズ完全新作『ポケットモンスター ソード・シールド(以降、剣盾)』が発売。 Nintendo Switchソフト史上最速・最多となる初週世界販売本数600万本を突破するなど、その人気ぶりを改めて証明した。 一方で、世界的な人気作ゆえの批判も発生した。 それは、『剣盾』に登場するポケモンの数がおよそ400匹であり、これまで同シリーズに登場した890種類の約半数のポケモンが本作に登場しないことが原因だった。 また、16年に公式で行われた『ポケモン総選挙』1位のゲッコウガ、2位のアルセウスも登場しないことがファンの間で話題となった。 思い入れが強いがゆえの「推しポケモンリストラ」への批判がSNSでは見られた。 その点について『剣盾』プロデューサーの増田順一氏は、『ファミ通. com』のインタビューにて「グラフィックをハードの変化に適応したクオリティにすることのほか、バトルの面でも、新たな個性を持ったポケモンを活躍させることや相性のバランス調整をすることが非常に困難になりました。 今回の決断の理由にはそうした事情があり、これから先の作品ではすべてのポケモンを登場させるのは難しいという決断に至ったのです」と明かした。 制作サイドとしても800匹以上ともなればその作業は膨大。 そして、推しポケモンへの愛情を持つファンがいる一方で、新作ならばと新ポケモンの登場を望むファンもいる。 まさに、注目されている長期タイトルならではの宿命が浮き彫りになった。 この『ポケモンリストラ問題』がSNSを賑わせた昨年末、漫画家の大沖氏が「初代なら完璧に描けるよ」とポケモン『赤・緑』に登場した151匹を描いたイラストをTwitterに掲載。 ポケモンファンの心を癒し話題となった。 記憶だけを頼りに151匹を描いた力作/イラスト:大沖( daioki) そんな大沖氏は、『はるみねーしょん』(まんがタイムきららキャラット)、『たのしいたのししま』(別冊少年マガジン)、『ひらめきはつめちゃん』(月刊コミックブレイド)、『わくわくろっこモーション』(コミック電撃だいおうじ)といった代表作を手掛けた人気漫画家。 そこで、ORICON NEWSでは「初代ポケモン再現イラスト(?)」を書いた意図について聞いた。 ネットでバズったことについては、「『ここが違ってて面白い』『ゆるくて可愛い』など嬉しい反応も多い中、『この並び順はもしかして!? 』と『ポケモンいえるかな?』の順番であることに反応している方もいました」と、ポケモン愛に満ちた反響が多かったと明かした。 大沖氏のポケモンへの思い出を聞くと、「おばあちゃんにもらった1万円で親に内緒でゲームボーイとポケモンを買い、学習机の鍵付き引き出しに忍ばせてこっそり遊んでいた覚えがあります」と振り返った。 ただ「地元では周りにポケモンを遊んでいた友人がおらず、交換や対戦はやったことがありませんでした…」と残念がった。 初代ポケモンについては、「僕は交換や対戦相手がいなかったのであまりやりこんだとは言えません。 では、151匹の中でTOP3を選ぶなら?と聞くと、大沖氏はまずはリザードンをチョイス。 「最初に選んだポケモンです。 彼と共に旅をしました」と笑顔でコメント。 次はラッキー。 「『もしかしてこいつ、育てればめちゃくちゃ強いんじゃないか』と可能性を感じて育てていましたが、肝心の対戦相手がいませんでした」と残念な告白。 最後はメタモンで「変身にロマンを感じました。 唯一無二の能力っていいですよね」と、思い入れタップリに当時の話を聞かせてくれた。 『リストラ問題』で炎上していたポケモンファンの心を和らげた大沖氏のイラスト。

次の