新型 コロナ ウイルス エイズ。 エボラ発見者「新型コロナウイルスは数ヵ月で収束するはずだったが…」

エボラ発見者「新型コロナウイルスは数ヵ月で収束するはずだったが…」

新型 コロナ ウイルス エイズ

北海道・東北• 東海・甲信越• 近畿・北陸• 中国・四国• 九州・沖縄• 世界保健機関(WHO)の緊急対応責任者マイク・ライアン氏は13日の記者会見で、世界で猛威をふるっている新型コロナウイルスについて「我々の世界に一つの病気のウイルスが加わり、消え去ることはないかもしれない」と述べ、ウイルスと共存する覚悟が必要だとの考えを示した。 根絶に挑戦するための条件としてワクチン開発の成功を挙げた。 ライアン氏は会見で「いつ我々がウイルスに打ち勝つか予測することは非常に難しい」と語り、世界でみると感染者の割合が比較的小さく、多くの人に免疫が備わっていない現状を指摘した。 一方、エイズウイルス(HIV)に言及。 人々は治療法を見いだすなどして付き合い方を学んだ結果「かつてほど怖がっていない」と述べ、共存の例として示した。 そのうえで新型コロナについても「非常に効果的なワクチンが世界で必要な人に行きわたれば、根絶に挑戦できるかもしれない」と期待し、ワクチン開発には国際社会が連携しての支援が必要だとした。 新型コロナウイルスを制御できるまでの時間については、WHOの主任科学者スーミャ・スワミナサン氏が英紙フィナンシャル・タイムズのインタビューで「4、5年の期間」と語り、話題になっていた。

次の

WHO「コロナ、消えないかも」 共存例でエイズ言及 [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

新型 コロナ ウイルス エイズ

新型コロナは武漢の研究所から出現? パリで連日、CNEWSやBFMTV、パリジャン、ルモンド紙など、フランスのほぼすべてのメディアが取り上げているのが 「新型コロナは本当に武漢の市場から出現したのか?」という話題。 この件について、マクロン大統領までもが、中国は何かを隠している、と匂わせる発言をし、今、テレビはどこを付けても、このニュースばかり。 もともとあった話しだが、ここに来て再度、コロナウイルスの出どころが実は市場ではなく、武漢のウイルス研究所だったという流れに戻って来た。 ノーベル賞を受賞したエイズウイルスの権威が登場し、 新型コロナは人工的に作られたものだ、と言い切ったものだから、騒ぎに火がついた。 博士は発表の中で、新型コロナウイルスSARS-CoV-2の中にエイズウイルス HIV が含まれている、と語った。 モンタニエ博士とタッグを組んでいる数学者ジャン・クロード・ペレズ氏によると、 「これは時計職人が行うような精密なもので、自然に存在することはあり得ない」としている。 武漢のウイルスセンターはもともとダニ媒介ウイルスの研究から始まり、長くコロナウイルスの一種であるSRASやエボラウイルスの研究をしている。 実はこの研究所はフランス政府と中国政府の共同事業として誕生した施設でもあった 1月末、中国で感染が広がり始めた頃、フランスでもこの「ウイルスセンターからの漏洩の可能性」説が噂として流れたことがあったが、これはまもなく、フェイクニュース扱いされ沈静化した。 モンタニエ博士によると、自分たちより先にインドの科学者が同様の研究発表をした、とのことだった。 しかし、それらは どういう理由かわからないけれど 強い圧力によって却下されてしまったのだという。 研究論文は削除され、URLには論文のタイトルしか残ってない モンタニエ博士は「自分はもう高齢 87歳 だし、圧力など怖くない。 科学的な真実というものは必ず明らかになるものだ」と語った。 調べてみると、 確かにインドのデリー大学とインド理工学院に所属する研究者たちが新型コロナウイルスとSARSウイルスの棘突起タンパク質の配列を比較したという記事が出てくる。 BFMTVのワシントン特派員の報告によると、アメリカの政府関係者が、武漢ウイルス研究所にいた研究生が誤って感染し広めた可能性がある、と語った。 この研究生が世界中の人々をこれほどまでに苦しめている新型コロナの感染者0号なのだろうか? 新型ウイルスが人工的であると信じる科学者はまだ少ないが、人工的ではないにしても、武漢ウイルス研究所となんらかの関わりがあってもおかしくないと考える人が増えつつある。 そこへ来ての、今回のモンタニエ博士の発言、この問題の解明が進むかもしれない。 モンタニエ博士は「新型コロナは武漢の市場からはじまったとなっているが、それは美しい伝説でしかない web site pourquoi docteur? より 」と付け加えている。 引用元:Posted by Design Stories スポンサーリンク 百田尚樹氏が指摘する人工的説について・・・ 作家の氏(64)が19日、自身のツイッターを更新し、現在、フランスで大きな話題になっている、が人工的に作られたものだとする説に触れた。 百田尚樹さんについて 1956(昭和31)年大阪市生まれ。 同志社大学中退。 放送作家として「探偵!ナイトスクープ」等の番組構成を手掛ける。 2006年『永遠の0』で作家デビュー。 『海賊とよばれた男』(第十回本屋大賞受賞)『モンスター』『大放言』『夏の騎士』『偽善者たちへ』など著書多数。 ツイートについて 百田氏は作家・氏の「エイズウイルスを発見し、2008年にノーベル生理学医学賞を受賞した博士が、新型コロナウイルスは人工的に作られたものだ、と発言し、今、フランスメディアは騒然となっています」というツイートを引用し「 これ、本当だとしたら、どこの国が作ったのだ。 それが明らかになれば、世界は許さないだろうね。 あくまで、事実ならね」と投稿した。 その後、再びこの件に触れて「ノーベル賞(医学生理学賞)を受賞した医学博士が数学者と共に分析した結果、 『新型コロナウイルスは人工ウイルスである』と断言したことは重い。 もしこのウイルスが中国で作られたとしたら、世界は中国に対して怒りを表明するどころではなくなるだろう」とコメント。 さらに 「新型コロナウイルスは中国が人工的に作ったものだとわかれば、世界は中国に対して厳しい経済制裁を開始するだろう。 その時、私が心配するのは、日本が中国を助けないかということだ。 日本にいる親中派の議員たちが猛烈に頑張ると思うが、果たしてそれを止められるか!」と私見を述べた。 フランス国内の報道では、ウイルス学者のリュック・モンタニエ博士(87)が新型コロナウイルスは中国が作ったものであり、武漢のウイルス研究所から事故で漏洩したものである可能性が高いと発表したという。 もともと中国が作ったという説はあったが、都市伝説のようなものと受け取られていた。 しかし、今回は HIVの発見者で2008年にノーベル生理学・医学賞を授与されたモンタニエ博士の発言だけに、その重さが違うといえるが、果たして…。 アメリカのトランプ大統領の調査・・・ 新型コロナウイルスの発生源について、トランプ米政権が中国湖北省武漢市にあるウイルス研究所の可能性を調査しているとする米メディアの報道が相次いでいる。 トランプ大統領は15日にホワイトハウスであった記者会見で、こうした報道について「我々はこの恐ろしい状況の徹底的な調査をしている」と述べるにとどめている。 米CNNテレビは、複数の情報当局者の話として、米政府は当初に発生源だと指摘された武漢市の海鮮市場よりも研究所の可能性を調査していると報じた。 が同時に、土日モードが作動する程度の余裕はまだある、という見方も不可能ではない。 最期まで世話できないなら動物園なんか経営するんじゃない。 あとは、感染の原因となる他人との接触を可能な限り避けること。 今はこれしかないかぁ。 対人接触を極力減らすべく、週末の外出は生活物資の買物のみ。 総理の会見にもあったとおり、緊急事態宣言の後も、こうした生活を支えてくれている皆様方に心から感謝申し上げます。

次の

【新型コロナ】武漢の研究所で作られた!?エイズウイルス発見者の博士が爆弾発言てマジ?

新型 コロナ ウイルス エイズ

「新型コロナウイルスは再感染する!」 だから何ですか? 安易にHIVエイズウイルスと関連付けないように• 新型コロナウイルスは治癒後に再感染することがある 「新型コロナウイルスは再感染することがある」 この情報は時事通信の1月31日の記事でもたらされました。 しかし、1月31日の中国国家衛生健康委員会の記者会見の中身はこうです : 香港经济导报记者 治愈的人有哪些注意事项? 治癒した人にはどのような予防措置がありますか? 詹庆元 这个问题问的非常好,我们从 一般的病毒感染规律来看,病毒感染之后都会产生一定的抗体,对人体产生保护作用。 但是有的抗体可能持续时间没有那么长,所以这些已经痊愈的患者还是有再感染的风险,因此治愈的患者应该加强防护。 詹庆元 この質問はよく聞かれます。 一般的なウイルス感染のパターンからは、ウイルス感染後に特定の抗体を産生し、人体を保護します。 ただし、一部の抗体はそれほど長く続かないものがあるかもしれないため、回復したこれらの患者は依然として再感染のリスクがあるため、治癒した患者は保護を強化する必要があります。 新型コロナウイルス対策に関する記者会見の場ではありましたが、当該発言はウイルス全般に関するものに過ぎませんでした。 新型肺炎コロナウイルスに特徴的な再感染の頻度や再感染時の劇症化がある、などというデータが示されたわけではないのです。 一般的なウイルス感染後に再感染・反復感染のリスクがある 要するに新型コロナウイルスに限らず、 およそ世の中に存在しているウイルスというものは再感染することもあり得ると言っているに過ぎません。 「感染すると抗体ができて大丈夫になる」というのは絶対的なものではないということです。 そもそも 治癒後というのは「病後」ですから、体力が落ちていて免疫力が衰えているのですから再感染のリスクがあるのは当たり前です。 RSウイルス・インフルエンザウイルス・普通のコロナウイルスも治療後の再感染の可能性 RSウイルス・インフルエンザウイルス・普通のコロナウイルスも治療後の再感染の可能性が指摘されています。 コロナウイルスの治癒後の再感染・反復感染 Coronavirus(コロナウイルス)はコロナウイルス科に属するRNA型ウイルスの総称で、エンベロープを有します。 ライノウイルスと共にいわゆる鼻かぜ、つまり軽度のかぜ症候群、上気道感染の主な原因ウイルスですが、幼児において下気道感染をもたらす場合もあります。 年間を通じてみられますが、冬季に多く発生します。 ヒトの糞便からも検出され、 ヒトは再感染を繰り返します MERSやSARSもコロナウイルスですが、それ以外に通常のコロナウイルスは我々が単に「風邪」と呼んでるものの中に4種類あるのです。 新型肺炎コロナウイルスは5つ目になるかもしれませんし、SARSよりは致死率が低いものの少し危険なウイルスとして扱われるかもしれません。 RSウイルスの再感染・反復感染 麻疹やムンプスとは異なり、感染しても十分な免疫が成立しないため、再感染を繰り返しますが、再感染のたびに症状は軽くなっていき、風邪症状だけで治まるようになります。 しかし、RSウイルスに感染した小児を看護する保護者や医療スタッフでは、一度に大量のウイルスに曝露して感染することによって、症状が重くなる場合があり、高齢者においても急性のしばしば重症の下気道炎を起こす原因となることが知られています。 RSウイルスは生涯にわたって感染を繰り返し、幼児期における再感染での発症はよくみられ、その多くは軽い症状です。 RSウイルス感染症の感染経路は飛沫感染と接触感染で、発症の中心は0歳児と1歳児です。 一方、再感染以降では感冒様症状又は気管支炎症状のみである場合が多いことから、RSウイルス感染症であるとは気付かれてない年長児や成人が存在しています。 「RSウイルス」と聞くとなんだか大層なもののように聞こえますが、要するに我々が生涯にわたって「風邪」と呼んでいるものの原因である可能性の一つです。 インフルエンザウイルスの再感染・反復感染 以上のように、インフルエンザは、乳児から年を経るごとに罹患率は高くなり、4 歳から 10 歳までは比較的高い罹患率を保ちますが、その間、反復感染も年齢が増すごとに増加し、10 歳では罹患者の半数に反復感染がみられています。 その後、11 歳、12 歳と罹患率は減少傾向を示します。 このことは、 インフルエンザの抗原性が変化することによって再感染は起きるものの、感染を繰り返すことにより徐々にインフルエンザに対する免疫を確保していくことを示し、インフルエンザの罹患は、ウイルスの抗原性と自己の免疫が影響しあって成立すると思われます。 インフルエンザの場合は「抗原性が変化することで再感染が起きる」という書きぶりになっています。 その他の感染症 そのほか、マイコプラズマ感染症、手足口病、ヘルパンギーナなど、再感染すると明示されている病気はいくらでも見つかります。 参考: まとめ:再感染するというだけでHIVエイズウイルスと関連付けないように• 「新型コロナウイルスは治癒後も再感染する」という情報はウイルス全般について述べられたものに過ぎなかった• 世の中のウイルスには再感染するものは多い• つい先日もインド工科大学の論文予稿で「新型コロナウイルスにHIV類似のタンパク質があるのを発見した」というものがありましたが、ゴシップサイトに『HIVウイルスが人為的に挿入されていた』という話に変換されて拡散された挙句、論文著者が撤回を表明しました。 以上 Nathannate.

次の