ハンドメイド アプリ。 ハンドメイド通販アプリのおすすめ人気ランキング5選

どこが1番売れる?ハンドメイドアプリ、フリマアプリを比較してみた!

ハンドメイド アプリ

ハンドメイドアプリのおすすめはどこなのか?という点から現在、ハンドメイドマーケット市場で支持を得ているアプリをそれぞれ分析していく。 手先が器用で何かの製品を作れる人はぜひ卸先としてチェックしておいてほしい。 ハンドメイドアプリとは? ハンドメイドアプリとは、ハンドメイド向けの商品をメインに扱うハンドメイドマーケットのアプリだ。 自分で何かしらの製品を作ることができるクリエーターの作品発表の場所もであり、売買できる場所でもある。 購入ユーザーは一般的に流通していない商品や、ハンドメイドならではの商品を探すことができる。 ここからは国内でメジャーなハンドメイドアプリを紹介していく。 出品側の人はぜひ販路拡大の参考に 購入者側の人はぜひ既製品にはないハンドメイドの面白さを体験してほしい。 国内最大級のハンドメイドアプリ「minne ミンネ 」 国内のハンドメイドアプリの大手と言えばミンネが該当するだろう。 500万点以上の商品数を誇り、これは国内最大級の規模を誇る。 運営はGMPペパボという会社で、あまり馴染みがない会社かもしれないがインターネット事業を手広く手がけている実績のある会社だ。 支払い方法はApple Pay、コンビニ払い、クレカ払い、キャリア決済などメルカリのようなフリマアプリと同じ ユーザーが支払いやすい環境を整えている。 もう1つのハンドメイドアプリ牽引役「Creema クリーマ 」 国内のハンドメイドアプリで、もう1つの牽引役を担うのがCreema クリーマ だ。 商品数は350万点以上とミンネに次ぐ勢いだ。 クレカ払い、コンビニ、銀行振込、キャリア決済など広く支払い方法に対応している。 ペパボが運営するもう1つのハンドメイドマーケット「tetote テトテ 」 ミンネを運営する株式会社GMOペパボが運営するもう1つのハンドメイドマーケットがテトテだ。 120万点以上の出品数を誇り、規模もかなり大きな方だ。 しかし、ミンネやクリーマと違いアプリがない。 つまり、モバイルもしくはPCサイト上でのやり取りとなる。 イメージとしてはクリエイターが自分の販売サイトを持てるような感じだ。 博報堂発のハンドメイドマーケット「iichi いいち 」 博報堂発のハンドメイドマーケットがいいちだ。 こちらもテトテと同じようにアプリがないので、サイトでの取引となる。 実は2015年に一度iOSでリリースがされているが、現在では非公開になっている。 おそらく、アプリではなくサイト側に力を入れようというものだろう。 クリエイティブな作品が多く掲載されているのが特徴だ。 ハンドメイドアプリの手数料、振込日などの比較 ここではハンドメイドアプリの販売手数料や振込日、海外販売の可否を分かりやすく表にしてみたので参考にしてほしい。

次の

ハンドメイドの販売方法と主要アプリまとめ【副業ハンドメイドアクセサリー】

ハンドメイド アプリ

の3つに分けることができます(このカテゴリは便宜上、私個人が仕分けしたものです)。 ハンドメイド カテゴリ「ハンドメイド」は ハンドメイド専門のアプリで、minneとCreemaの2つが該当します。 ハンドメイド専門アプリは、ハンドメイド作品しか販売できません。 そのため、利用者もハンドメイド作品を買うためにアプリを利用しています。 安心かつ簡単にハンドメイド作品を販売できます。 ネットショップ カテゴリ「ネットショップ」は、ネットショップ作成代行サービスを通して ネットショップを開設できるアプリを指します。 ネットショップを開設できるアプリはいくつかありますが、もっとも人気があるのはBASE。 ネットショップアプリは、ハンドメイドという枠に縛られず、幅広い商品を販売できます。 ショップのページデザインは自分好みにカスタマイズできますが、その作業に時間が掛かるといったデメリットもあります。 フリマ カテゴリ「フリマ」はフリマアプリで、mercariとラクマ(旧フリル)の2つが該当します。 「ハンドメイド」「ネットショップ」との大きな違いは、ハンドメイドに限らず、 不用品なども販売できること。 販売手数料の違い 販売手数料はアプリごとに異なります。 基本的に、ハンドメイド作品(商品)の本体価格に販売手数料が掛かります。 送料は別です。 ラクマ ラクマは、商品価格の3. 5%は、 販売アプリのなかでももっとも安い販売手数料です。 minne・Creema・mercari Creema、mercariは 一律10%です。 キリが良い数字なので、価格設定で販売手数料を加味するときに分かりやすいかと思います。 minneは9. 6%ですが、送料も含めます。 BASE BASEの販売手数料はちょっと複雑です。 各注文ごとに 「BASEかんたん決済手数料(3. 振込手数料の違い 振込手数料も、アプリごとに異なります。 Creemaは、ジャパンネット銀行の場合に一律55円となります。 BASEは2万円未満の売り上げだと振込手数料がかなり高い設定(750円)なので注意してください。 ハンドメイド販売アプリの選び方 人気販売アプリの違いを踏まえたうえで、どのアプリで販売すべきか?選び方のポイントを解説します。 カテゴリで選ぶ ハンドメイド作品を販売するときに重要なのが、販売するアプリのカテゴリです。 前述した通り、販売アプリは「」「」「」の3つのカテゴリに分けることができます。 minneとCreemaの2つのアプリはハンドメイド専用アプリで、利用者もハンドメイド作品を買うために利用しています。 そのため、 ハンドメイド作品に理解のあるお客様が多く、販売しやすいのが特徴です。 BASEはネットショップなので、このお店の商品はハンドメイドなのか?既製品なのか?個人なのか企業なのか?がお客様に伝わりにくい部分があります。 そのため、個人でハンドメイド作品を販売していることを明確にする必要があります。 メルカリとラクマはフリマアプリなので、たまに値引き交渉が入ります。 基本的にハンドメイド作品は値切られる対象ではないはずですが、不用品も売買できるアプリなので、その流れで値切りをお願いしてくるのだと思われれます。 販売手数料で選ぶ ハンドメイド作品の販売価格は、商品代金にを上乗せして販売します。 そのため、少しでも販売手数料の安いアプリを選びたいところ。 販売手数料の安さだけで選ぶなら、ラクマが良いかと思います。 ほかのアプリは10%前後です。 振込手数料で選ぶ 意外と忘れがちなのが。 実際に売上があって、アプリ運営会社から振込をしてもらうときにはじめて「こんなに高かったの?」と驚くこともあります。 振込手数料を節約するなら、 minneは220円と安く、一律なので分かりやすいかと思います。 ラクマは、楽天銀行宛なら1万円以上で無料。 値下げ交渉をされる• たまに感じの悪い人がいる• 一度売れたら、また出品が面倒 です。 値下げ交渉に関しては、プロフィールに「値下げ交渉不可」などと記載すれば回避できますが、それでもたまに交渉はあります。 また、メルカリやラクマは、1回の出品ごとに商品ページを1つ作成する手間がかかります。 「在庫」という概念はないため、 出品して売れたら、同じ作品を売るためにまた同じページを複製しなければなりません(実際にやってみると分かります)。 minneやCreemaでしたら、売れても「在庫切れ」となり、また売りたくなったら在庫数を増やすだけですぐに販売ができます。 こういった手間を考えると、フリマアプリで積極的に販売すべきではないと考えます。 まとめ さいごにもう一度、ハンドメイド作品を販売できる人気アプリの比較表をご紹介します。 アプリ名 税別 minne ハンドメイド 9. 6% 一律220円 Creema ハンドメイド 10% 3万円未満:176円 3万円以上:275円 BASE ネットショップ 3. すでにminneなどで販売慣れしている作家さんは、次のステップとして「」で自分専用のネットショップを立ち上げてみてください。 あと、今回の比較には出しませんでしたが「ヤフオク!」もありますね。 ヤフオク!はメルカリやラクマ以上に中古市場のイメージが強いため、ハンドメイド販売にはあまり向かないアプリです。

次の

ハンドメイド販売アプリ・初心者向けサイト比較<2020年最新版>

ハンドメイド アプリ

Contents• ハンドメイド販売アプリとは? ハンドメイド販売アプリとは、アクセサリーやキャンドル、小物などの様々なジャンルのハンドメイダーがオリジナルの商品を販売するアプリです。 オリジナル作品を持っているクリエイターの作品発表の場所もであり、売買できる場所でもあります。 購入する側のユーザーは一般的には流通していない商品や、ハンドメイドならではの商品を探すことができるのが特徴です。 今回の記事では、国内でメジャーなハンドメイド販売アプリを紹介していきます。 大手ハンドメイド販売アプリ4つの特徴比較 minne(ミンネ) 女優である佐々木希さんのCMでもおなじみのminneは、ハンドメイド通販では 国内最大級のマーケットです。 クリエイターの数は43万人、累計作品数は700万点以上。 日本の代表格ハンドメイド販売アプリで、現在850万ダウンロードを超えています。 購入したことがなくてもアプリはダウンロードしているという方や、minneでクリエイターデビューされた方もいらっしゃるのではないでしょうか。 様々なカテゴリがありますが、特に充実しているのはファッションアイテムのカテゴリー。 minneの中でも一番人気のカテゴリーです。 そのため、20~30代の女性をターゲットにしているハンドメイドクリエイターさんにおすすめです。 Creema(クリーマ) Creemaは、minneと並ぶ国内最大級のハンドメイドマーケット。 利用者も多く、 500万点以上の出品・月間100万人のユーザーが集まっています。 minneのクリエイター登録者数が約40万人であるのに対してCreemaは約12万人と半分以下ですが、それだけCreemaでは、より独自のこだわりを持ったクリエイターに出会える可能性があります。 全体的な価格帯も少し高めので、使用ユーザーも30代がメインです。 販売手数料は変動制。 「3ヶ月間にいくら売り上げたか」で、販売手数料が変わってきます。 売り上げが多い方販売手数料は8%になりますが、3ヶ月間の売り上げが9万円未満の場合は12%と、やや高め。 また、オンライン上だけでなく新宿伊勢丹・銀座三越・うめだ阪急などとのコラボイベントもあり、多くの出展機会があります。 ココナラハンドメイド ココナラは、2012年7月にスタートした、国内最大級の知識・スキルの販売マーケットです。 ハンドメイド作品のほか、「オンライン上で、あなたの得意な技術を売る」というサービスも提供しています。 ココナラハンドメイドは登録料や月額の料金はもちろん、 販売手数料が一定期間無料になっています。 iichi iichiは職人レベルの作品が多く並ぶハンドメイドマーケットです。 スタイリッシュな作品がメインで、 男性のユーザーも多めなのが特徴。 購入者は30代~50代の都心に住む方で、「モノにこだわる人」が中心です。 「出品者を多く集めて様々な作品を販売している」という他の販売サイトとは異なり、「1点1点の質が高い」ようです。 もちろんどなたでも登録できますが、レベルの高いクリエイターが多く出品しているので、初心者さんはリサーチから始めてみましょう。 アプリ選びのポイントは? 各販売アプリの登録ページを見てみると、どのサイトも「出品が簡単」「安心の取引」とアピールしています。 それでは、異なるポイントは? 比較のポイントになるのは、 「販売手数料」と「利用ユーザー」の2つです。 販売手数料は? 基本的にどのアプリも、登録料や月額の利用料金は無料ですが、販売手数料は必ず発生します。 作品が購入されると、売上金に応じて手数料が引かれるシステムです。 手数料が安いのは? 販売手数料を比較してみると、もっとも安いのがと「minne」と「ココナラハンドメイド」の2つ。 「ココナラハンドメイド」は手数料が無料となっていますが、期限付きです。 「Creema」は変動制で、3ヶ月の売り上げが9万円未満の場合は、販売手数料が12%となっています。 また、「iichi」は20%とやや高めの設定です。 ターゲット層の違い ハンドメイドの販売アプリにも、それぞれ個性があります。 作風や価格帯、ジャンルなども様々で、これらが利用ユーザーの傾向にも繋がっています。 例えば、「minne」と「iichi」を比較してみると、 「minne」はカジュアルな作風が多く、20代~30代女性が多く利用しています。 反対に、「iichi」は30〜50代をターゲットとしている上、男性の利用者も多いでsy。 自分の作品に合ったターゲットや、アプリの雰囲気を見極めて販売するのが成功への近道と言えます。 初めての方にもおすすめの販売サイトは? 上記の中で最も初心者の方におすすめなのは、最も手数料の低いminneです。 プロモーションに力を入れている他、利用者も多く、初心者が最初に始める場としてはおすすめです。 ハンドメイド作品の販売に慣れてきたら、作風やターゲット層に合わせてCreemaやiichiなどで販売してみるのも良いかもしれません。 どんなものを売ればいいの? ハンドメイド作品の販売を始めたいけど何から始めたらいいのかわからない、という方はこちらの記事を参考にしてみてください。

次の