コロナ ゲーセン。 コロナショックに苦しむゲームセンターを支援し、ゲーセン文化を守りたい!ゲーセン版さきめし「さきクレ」がサービス開始!|Gigi株式会社のプレスリリース

新型コロナで騒いでいるのに、普通にゲーセンやカラオケ、ボウリング等

コロナ ゲーセン

「ゲーセンがになってた」 そんな投稿がツイッターで注目を集めている。 一蘭とは、とんこつラーメンの専門店。 その味のみならず、周りを気にせずにラーメンを楽しめるように、1席ごとに仕切りがつけられた「味集中カウンター」でも有名だ。 がその一蘭になっていた、とはどういうことだろう? 早速ツイートをご覧いただこう。 ゲーセンが一蘭になってた — Y 店外固定自粛中 exvs2yuyuyu こちらは、ツイッターユーザーのY(@exvs2yuyuyu)さんが2020年4月4日に投稿したもの。 写真は、神奈川県横浜市のゲームセンター「イミグランデ日吉店」の店内を撮影したものだ。 壁際に並ぶ、何台ものアーケードゲーム。 筐体のサイドには、白いパネルがつけられている。 実はこの仕切り、これまでは付けられていなかったものだそう。 多少とってつけた感が否めないパネルには 「ゲーム集中カウンター」 「選挙の投票みたいになっとる」 「ハローワークの相談席みたいだな」 といった声が寄せられている。 新型コロナ対策のために設置 Jタウンネット編集部が10日、イミグランデ日吉店の責任者に取材したところ、このパネルは新型コロナ対策のために4月3日ごろに設置されたものだという。 「効果があるかわからないんですけど、お店側としては店開ける以上できる限りのことをやろうかな、と」 仕切りを設置したのは、「機動戦士ガンダム エクストリームバーサス2」の筐体のみ。 理由は、ゲーム機同士が密接しているからだという。 Yさんのツイートより 手前の2人は1席ずつ開けて座っているので分かりにくいが、確かに詰めて座ればかなり近そうだ。 「他のゲーム機は結構(間を)開けたりしたり、間に遮音板を置いたりしたりしてるんですけど、エクストリームバーサスは間隔が狭いので、それに配慮して、ですね」 友人同士で隣同士に座り、会話をする利用者もいるそうなので、確かに衝立があれば多少は飛沫が飛ぶのを防止できるのかもしれない。 エクストリームバーサスの近くには除菌スプレーとペーパータオルも用意し、利用者がプレイ時に使用できるようにしているという。 また、スタッフもセンター内を巡回し、適宜スプレーで全機種の筐体を拭いているそうだ。 責任者によると、パネルについて利用者から直接何かコメントがあった、ということはないが、ネット上で「集中できる」というような投稿がされているのを見たという。 それに関しては、 「集中してもらうために設置したものではないので... 」 と、なんとも言えない様子だった。 外部サイト.

次の

ゲーセンミカド

コロナ ゲーセン

移行に先立って、都は11日夜、感染拡大への警戒を呼びかける東京アラートを解除した。 第3段階では、遊園地やゲームセンター、ネットカフェ、漫画喫茶、接待を伴わないバーなどへの休業要請が解除された。 飲食店の営業時間はこれまでの午後10時までから、午前0時までに延長される。 さらに、19日からは適切な感染防止対策が講じられる前提で、キャバレーなどの接待を伴う飲食店や、ライブハウスへの休業要請も解除する。 飲食店への短縮営業の要請も18日までで終了させるという。 このまま感染者数を一定程度に抑え、休業要請の全面解除につなげられるかが焦点となる。 イベントについては19日以降、屋内は1千人以下かつ定員の半分以下、屋外は1千人以下で開催できるようになる。 感染状況を見つつ、7月以降、さらに参加人数を緩和する。 国の緊急事態宣言を受けて、都は4月11日から一部の商業施設や遊技施設に休業を要請し、飲食店には午前5時~午後8時の短縮営業を求めた。 その後、都は業種ごとに3段階に分けて休業要請を解除してきた。 小池百合子知事は11日夜、報道陣に「いわゆる休業要請などは終了し、経済社会活動が全面的に営まれる新たな局面に入っていく。 これまでは自粛ばかりお願いしてきたが、これからは自らを守る自衛の時代。 自粛から自衛への局面ではないか」と話した。 (長野佑介) ゲーセンに仕切り板、遊園地も再開へ動き 東京都新宿区のJR高田馬場駅近くのゲームセンター「高田馬場ゲーセン ミカド」は12日午前10時、約2カ月ぶりに営業を再開した。 開店前から並んでいた神奈川県横須賀市の男性(35)は「今日の予算は2万円。 思いっきり楽しみたい」と笑顔をみせた。 「第3段階」に移行し、ゲーム….

次の

東京アラート解除“突然”ステップ3…ゲーセン、ドタバタ再開 間仕切り設置間に合わず― スポニチ Sponichi Annex 社会

コロナ ゲーセン

新型コロナウイルスによる外出自粛要請などの影響を受けているゲームセンターやゲームカフェ等について、現在の営業情報や来店以外での支援方法などについて掲載しています。 このサイトの趣旨・目的についてもう少し詳しく知りたい方はをご覧ください。 各お店の記事はメニューの「地域で探す」「業態で探す」で探すか、サイト内検索をご利用ください。 (メニューが見当たらない方は下記のリンクもご利用ください)• また、クラウドファンディングでの支援をお願いされている店舗については「」のタグで検索が可能です。 もしまだ掲載されていない店舗等の情報があればにコメントいただければ随時追加していきます。 また、掲載済みの店舗で情報に更新があった場合には当該店舗の記事のコメント欄に書いていただけると助かります。 ただし、いわゆる 第二波の警戒は続いています。 ほとんどの店舗では コロナウイルス感染拡大防止のための来店者へのお願いが出されています。 細かい内容は店舗により異なりますが、概ね以下の内容は共通しているようです。 発熱や味覚異常など体調不良がある方は入店しない• 店内では常にマスクを着用する(鼻と口を覆った状態をキープする)• 入店時や移動時など、こまめに手洗いや消毒を行う• お客さん同士の距離を取る、密集しない(混雑を避けるために入店制限を実施する場合もあるようです)• 飛沫拡散を防ぐため、大声を出さない(小声で会話できるようにゲーム筐体の音量を小さくしているところも多いです) これ以外でも、 入店時のお客様情報記入や 非接触体温計での検温の実施、 遠方からの来店(特に首都圏/北海道との往来)の自粛願い、(ゲームカフェでの) アルコール類の提供自粛に利用形態の 原則予約制などなど、お店の方々は様々な感染拡大防止策を講じられています。 しかし、一部では店舗スタッフの指示に従ってもらえない人がいるのも事実のようです。 営業が再開した以上、ぜひ来店してゲームを楽しんで従来の形でのお店の支援をしていただきたいとは思いますが、もしその店舗で感染の拡大(クラスターの発生)があれば 一時休業となったり、より悪化すれば その地域もしくは全国で再び休業となる可能性もあります。 当サイトをご覧いただいてるゲーマーの皆様におかれましては、お店へ来店する際には行政や自治体、当該店舗の最新情報を確認した上で、 必ず 店舗からのお願いを守り、 感染拡大防止に協力した行動をお願いいたします。 しかしながら、半自粛状態での営業では利益が出ない店舗も多いとのことです。 そのため、これまで行ってきた 来店以外の支援を引き続きお願いされている店舗さんも多いです。 当サイトでは引き続き支援方法の掲載を続けていきます。 クラウドファンディングは期限があるため、知らないまま終了となることを避けられればと考えて新設しました。 終了した後はタグを外す予定です。 もしクラウドファンディングを現在実施中の店舗の情報がありましたらにてコメントいただけると助かります。 店長さんの企画によるゲームセンター支援のためのチャリティーキーホルダーの販売が内で開始されました。 各ゲームセンターのロゴをモチーフとしたキーホルダーで、販売価格は1個3300円(送料別)。 売上げの9割が店舗の支援金となるそうです。 販売期間は 5月31日までの予定6月21日までで、参加店舗は随時更新されていくようです。 ぜひ下記リンクより支援したい店舗のキーホルダーの購入をご検討ください。 参加店舗や企画についての詳細はをご覧ください。 新たに参加したい店舗の方も募集していますので、店舗の方もぜひ記事をご覧ください。 キャパシティが限界のため、新規の問い合わせは終了したそうです。 ご了承ください。 Gigi株式会社が運営する先払いによる飲食店支援サービス「」のシステムの一部をゲーセン向けに利用できるようにしたもののようです。 詳細についてはをご覧ください。 当サイトで掲載している店舗がどのような方法で支援をお願いしているかをまとめたページです。 この厳しい状況下で経営を少しでも維持する方法を見つける一助となれば幸いです。 ぜひ参考にしてください。

次の