イージス ア ショア と は。 イージス・アショア搭載レーダーの選定に専門家が抱いた「違和感」(坂上 芳洋)

イージス・アショア配備、防衛戦略の議論が起きない不思議:朝日新聞GLOBE+

イージス ア ショア と は

安倍政権は2017年末に米軍の陸上配備型ミサイル迎撃システム「イージス・アショア」を導入することを閣議決定した。 防衛省は2018年度(平成30年度)の概算要求の中で、「新規アセットの導入(事項要求)」と題して、「新規アセット(イージス・アショアを中心に検討)の整備に着手」との記述を盛り込んでおり、小野寺五典防衛相はイージス・アショアを秋田と山口の両県に一基ずつ配備する考えも明らかにしている。 緊迫する北朝鮮情勢だけでなく、中国・ロシアに対する防衛力を高める上でも極めて重要なアセットと言える。 ただ、最新鋭のレーダーにイージス・アショアを2基配備すると、総額で5000億円近くの費用がかかる。 そこで、同氏の話を織り交ぜながら、イージス・アショアの実像に迫ってみたい。 イージス戦闘システムはもともと、空母や揚陸艦などを対艦ミサイル攻撃から護る目的で開発された。 そこで重視されたのは、同時多目標交戦能力である。 つまり、多数の対艦ミサイルが飛来したときに能力不足でパニックになってしまうことなく、迎え撃てるようにするシステムを目指していた。 具体的にはどうするか。 まず、飛来する多数のミサイルを同時に捕捉・追尾するとともに、脅威度の高さに応じて優先度をつける。 そして、優先度が高い目標から順番に、SM-2艦対空ミサイルを発射して交戦する。 イージスより前の艦対空ミサイル・システムでは同時に2~4発の艦対空ミサイルしか発射できなかったが、イージス戦闘システムでは同時に12~16発の艦対空ミサイルを発射して交戦できるといわれている。 その監視能力と処理能力が買われて、後から弾道ミサイル防衛(BMD : Ballistic Missile Defense)の機能が付け加えられた。 いわゆるイージスBMDである。 そして、BMDの機能を備えたイージス戦闘システムを陸揚げしたのがイージス・アショアという図式になる。 41ミサイル発射器などの機材一式を、陸上に設置する建屋に収納する。 イージス・アショアが使用するのは、これら4隻の艦が搭載するものと、基本的に同じシステムである。 イージス・アショアは陸上に固定設置するものだから、イージス艦のように自由に動き回ることはできない。 しかし、日米で共同開発を進めている弾道弾迎撃ミサイル・SM-3ブロックIIAは広い覆域を持っており、2カ所に配備すれば日本全土をカバーできるとされる。 だから、SM-3ブロックIIAとイージス・アショアの組み合わせを日本国内の東西2ヶ所に配備すれば、理屈の上では日本全土をカバーできることになる。

次の

イージス・アショア、地元の合意ナシで1399億円「前払い」の異様(半田 滋)

イージス ア ショア と は

2018-08-15 平成30年 松尾芳郎 図1: Lockheed Martin ロッキード・マーチンがニュージャーシイ州モーレスタウン Moorestown, New Jersey で試験中の「LRDR」。 試験完了次第2020年にアラスカ州クリア Clear に設置、運用が始まる。 同じレーダーが我国配備のイージス・アショアに使われる。 図1A: Lockheed Martin 「LRDR」レーダーの完成予想図。 イージス Aegis ・システム用レーダーを独占供給してきたロッキード・マーチン Lockheed Martin は、米海軍が次世代イージス艦用のレーダーにレイセオン Raytheon を選んだ 2013年 ことで、敗北を喫した。 しかし日本が陸上配備のミサイル防衛システム、「イージス・アショア」のレーダーにロッキード・マーチン製「LRDR」を選んだため再び展望が開けた。 これは米海軍が次世代イージス艦用に選んだレイセオン製SPY-6よりも、探索、複数目標の追跡能力、連続運用の諸点で勝り、併用する新型迎撃ミサイル「SM-3 Block 2A」の性能を充分に引き出せる、と判定された。 個々の送受信ユニットは、富士通が供給するGa-N 窒化ガリウム 半導体で作られている。 「LRDR」は、2017年に最終設計審査 critical design review を通り、組み立ても終わり、2020年にアラスカに配備される。 イージス・ソフトのベースライン9に対応しており、模擬ミサイルの捕捉追跡試験に2回成功している。 米紙によると「LRDR」レーダーの開発、設置に関わる費用は、総額6億9,500万ドル 約770億円 とされている。 既報したが、欧州に配備するイージス・アショアは、米軍の手でルーマニアに配備すみ、またポーランドにも配備中で近く 2018年末 完成する。 これらにはSPY-1レーダーが使われる。 搭載する迎撃ミサイルは当面SM-3 Block 1Aだが、性能向上型のSM-3 Block 2Aが入手可能になり次第こちらに換装される。 これらはNATO諸国をロシアおよびイランの弾道ミサイル攻撃から守るために配備された。 図2: Lockheed Martin 図の内側のドームはSPY-1レーダー、外側ドームは「LRDR」レーダーを表す。 従って探索できる容積は5倍に広がる。 「LRDR」は「SSR」とも呼ばれている。 「LRDR」が在来のSPY-1レーダーに勝る点をまとめると;—• 長距離目標の探知能力が優れている• 同時に対処できる目標数が多い• 目標を捕捉し続ける能力が高い• 複雑な地形・地点に配備しても高性能を発揮できる• 民間用および軍用に使う通信への妨害が少ない• 「GMD」は完成後も絶えず改良が行われていて、その一つに地上配備レーダーをロッキード・マーチン製「LRDR」に更新する件があり、目下開発が進んでいる。 アラスカ Fort Greely とカリフォルニア Vandenberg AFB に、合計44発の迎撃ミサイルを配備し、センサーには陸上、海上、偵察衛星に展開する各種レーダーを使う。 米国は、2017年までにこのプログラムに400億ドル(約4兆4,000億円)を投入し実用化に漕ぎ付け、今なお改良を続けている。 TPY-2が使うXバンドは、8. 55-10 GHz、波長3 cmで、1,000 kmの距離で敵弾道ミサイルを探知、識別する。 元々イージス・システムはロッキード・マーチン製で、従来は同社製のSPY-1レーダーが使われて来た。 しかし前述のように、2023年以降就役の新造艦からはレイセオン製SPY-6に変わる。 小野寺五典防衛相は次のように語っている;— 『北朝鮮、中国、ロシアが配備する中長距離弾道ミサイルは、ロフテッド軌道、つまり本来の飛行高度よりも高く打上げ、短距離目標を超高速で攻撃する方法で、日本を攻撃できる。 これに対処するには、発射の早期発見、多目標の同時追跡、目標とデコイの識別能力、が求められる。 この点で「LRDR」は他のレーダーより勝れている。 ロフテッド軌道 Lofted Trajectory は次のように説明される Union of Concerned Scientistsの解説。 北朝鮮は2017-05-13に長距離弾道ミサイル Hwasong-12/火星12 を日本海に向けて発射した。 防衛省によると発射から30分後に発射地点から700 kmの日本海に着弾した。 これは高度2,000 kmまで上昇してから落下したことを意味する。 ロフテッド軌道の場合弾頭の落下速度は超高速となり、迎撃の難度が高まる。 現在配備中の迎撃ミサイル「SM-3 Block 1A」は射程1,200 km、射高600 kmである。 これに対し近く配備が始まる「SM-3 Block 2A」は射程2,000 km、射高1,000 km以上になり、遥かに高性能である。 図4: Union of Concerned Scientists ロフテッド軌道の説明図。 北朝鮮長距離弾道ミサイル[Hwasong-12] 火星12 の飛行軌道を示す。 黒線のように高度2,000 kmに上昇、700 km 地点に落下したのがロフテッド軌道。 これが赤線で示す標準的な軌道を飛ぶとしたら到達距離は4,500 kmになる。 去る7月30日、横浜ジャパン・マリン・ユナイテッド JMU で進水した海自7隻目の新イージス艦「まや」のイージス・システム・レーダーも「SPY-1 D 」である。 「CEC」は友軍の艦艇、航空機、レーダーなどをネットワークで結び、敵の情報を共有して効率的な戦闘を行うシステム。 他の艦船にも逐次装備され、また空自が近く導入するE-2D早期警戒機や主題のイージス・アショアにも搭載され筈だ。 図5:(海上自衛隊)7月30日横浜JMU造船所で、小野寺防衛相主催で進水式をした海自7隻目のイージス艦「まや」 DDG-179 、基準排水量8,200 ton、満載排水量10,250 ton。 就役予定は2020年3月。 建造費は約1,700億円。 「まや」のイージス・システムは従来型のSPY-1 D レーダーを搭載、迎撃ミサイルは日米共同開発のSM-3 Block 2Aになる。 イージス・システムを備える護衛艦「こんごう」級4隻には、迎撃ミサイル「SM3 Block 1A」を搭載している。 艦の前後に計90発の各種ミサイルを収める「垂直発射機 Mk. 41 VLS 」があるが、「SM3 Block 1A」は僅か8発しか積んでいない。 仮に100%の命中率があったとしても、相手の弾道ミサイル8発にしか対処できない。 空自は、地点防空用の「パトリオットPAC3」対空ミサイル部隊を全国6箇所に、合計6個高射群・24高射隊、を配備している。 各高射隊は移動式ランチャー5輌を備えるので、保有するランチャーの総数は120輌になる。 しかし「PAC3」を搭載するランチャーはその一部(34輌?)に過ぎず、他はPAC2を搭載中。 各ランチャーには16発のPAC3を装填できるが、現状は最大8発しか積んでいない。 イージス艦やPAC3ランチャーに積むミサイル数が少ないのは、価格が高いためだ。 SM3 Block 1Aは1発16億円、PAC3は1発8億円のため厳しい防衛予算の中では制約もあり、保有数が極めて少ない。 つまり我国のミサイル防衛は形は整っているが、中国やロシアなどからの飽和攻撃、すなわち複数のミサイルで一斉攻撃されたら直ぐにお手上げ、と云うお寒い状況にある。 だが一方で改善も急ピッチで進んでいる。 すなわち;—• イージス艦「あたご」級2隻は、新型の「SM3 Block 2A」ミサイルを搭載できるよう電子装備などを含め改装中である(2019年末には完成?)。 上述の新造艦「まや」級2隻が2021年までに戦列に加わる。 「PAC3」は、射程を30 kmに伸ばした新型の「PAC3 MSE」 missile segment enhancement に換装が始まっている。 イージス艦1隻当たりの建造費は1,400-1,700億円、各PAC3高射隊はランチャー、アンテナ、電源、射撃指令など各種車輌10数台で構成され、セット価格は約120億円。 新型ミサイルの価格は、「SM3 Block 2A」が1発当たり35億円、「PAC3 MSE」は10億円と云われている。 詳述は避けるが中国や北朝鮮などが保有する弾道ミサイル、巡航ミサイルは数百発もあり、我国全域がその射程内に入る。 現有設備の充実が緊急の課題であることは言うまでもない。 特に、国内重要地点や米軍基地を目標にする中国の中距離弾道ミサイル「DF-21」や「DF-26C」などへの対処能力には、「LRDR」レーダーと「SM-3 Block 2A」ミサイルの組み合わせ、すなわち「イージス・アショア」が不可欠である。 「LRDR 」( 長距離識別レーダー)を含む「イージス・アショア」全体の価格 イージス・アショア反対論者は、価格が高すぎると批判するが、事実はどうなのか、ミサイル購入価格を別にして、調べてみよう。 防衛省が公表しているイージス・アショアの価格は次のようになる。 1基約1,340億円、2基の取得価格は2,679億円。 これには「LRDR」レーダーを含む構成品購入費と技術支援費などが入る。 2基30年間の合計は、これらを合わせて約4,664億円となる。 当初イージス・アショア1基が800億円と伝えられていたが、これが4,600億円になったと大きく報じられ、反対論が高まった。 当初伝えられた1基800億円とは、ルーマニア設置のイージス・アショアの値段で、これはレーダーが「SPY-1 D 」、我国が採用を決めた「LRDR」レーダーは探知距離が2倍になり、価格は770億円(前述)、これが加算されるので1基当たりの価格は1,340億円となるわけだ。 一方新型イージス艦「まや」級2隻の価格はどうか。 「まや」級1隻の取得価格は約1,680億円、2隻では3,360億円になる。 2隻の30年間運用に必要な経費、ライフサイクル・コスト、は約7,000億円(=2隻で年間233億円)である。 これは防衛省装備施設本部公表の「27年度型護衛艦2隻のライフサイクル・コスト」に記載されている。 つまり、イージス艦2隻の導入費と30年間のコストの合計は1兆円を超える。 高価格を理由に反対するのは無理筋と言える。 時事通信によると、各システムに24発セルVLS 垂直発射装置 を1基配備するが、迎撃ミサイルは三菱重工とレイセオンが共同開発するSM-3 Block 2Aで、単価は3,200万ドル(約35億円)、2基分合計で48発の総額は約1,700億円になる。 しかしこれは有事の際に生じる戦費で、イージス・アショアとイージス艦の両者に差はないとするのが妥当だ。 迎撃ミサイルの数について不確定要素がある。 すなわち、飛来する敵目標1個に対して1発で迎撃するのか、あるいは確実に撃墜するため1目標当たり2発で迎撃するのか、の選択である。 前述のように「LRDR」レーダーは2020年から米国で運用が始まるが、米ミサイル防衛局 MDA によると、目標識別能力が期待通りの精度であれば1目標当たりの発射弾数を1発にできる。 これが米政府の言いなりで、価格が高騰すると懸念する向きがある。 政府は米側と折衝して価格抑制の努力をすべきなのは当然である。 前述したが、イージス・アショア2基の配備先は、秋田県秋田市と山口県萩市、いずれも陸上自衛隊演習場内を予定している。 日米軍事筋は、SM-3 Block 2A搭載のイージス艦1隻で、日本全土の防衛が可能としているが、配備予定の2基のイージス・アショアの防御範囲は地図に示すようにかなり重複していている。 前にも記述したが、防衛省ではイージス・アショアに巡航ミサイル迎撃能力も持たせるためレイセオンSM-6ミサイル、推定最大射程290 km、も並行して装備したいとしている。 イージス・アショアが弾道ミサイル防衛 BMD を受け持つようになると、現在イージス艦が年中無休で行なっている日本海や東支那海でのパトロールが不要になる。 これでイージス艦は、本来業務である艦隊防衛任務に充当できると共に、乗員の休息、艦の整備補給に充分な時間を採ることができる。 このメリットは大きい。 図6: Googleから作成 秋田市と萩市の配備するイージス・アショアから弾道ミサイル発射を探知できる範囲を示した図。 赤実線の円は半径約1,000 km、赤点線の円は半径約1,500 kmの範囲を示す。 現在のイージス艦レーダーSPY-1の探知距離は約500 km、2023年就役の新型イージス艦のレーダーSPY-6は1,000 km程度、そして「LRDR」は1,500 km程度と言われる。 しかしこれらは、費用の見方を誤り、あるいは、北朝鮮や中国、ロシアの主張をそのまま鵜呑みにする意見で、配備した場合の利点を無視した偏見と云うべきである。 イージス・アショア配備のメリットは各所で述べたが、まとめると;—• イージス、アショア配備で、我国のミサイル防衛体制が強化され、米国に依存する度合いが低下する。 「LRDR」レーダーと「SM-3 Block 2A」ミサイルの組み合わせで、ロフテッド軌道で来襲するミサイルの防御が確実になる。 イージス艦を本来任務である艦隊防空に振り向けられる。 イージス艦が艦隊任務に就くことで、沖縄県南西諸島の防衛体制が強化され、また南支那海の中国軍の動きに牽制効果が生じる。 「LRDR」には富士通が、また「SM3 Block 2A」には三菱重工が、それぞれ重要部分の開発に参画している。 設置費用、ライフサイクル・コスト、いずれでもイージス艦2隻追加の場合より低価格で済む。 最後に、我国を取り巻く安全保障環境は世界に類を見ない厳しい環境であることを想起すべきである。 —以上— 本稿作成の参考にした記事は次の通り。

次の

イージス・アショアとは (イージスアショアとは) [単語記事]

イージス ア ショア と は

「 イージス・アショア」(Aegis Ashore、陸上配備型イージス・システム)とは、地上配備のである。 の詳細については、の記事を参照。 既にに設置されたイージス・アショアがより運用を始めているほか、でも建設されている。 他にのにも用のがある。 に、へのイージス・アショアの導入が閣議決定されたが、に配備が停止している。 日本向けイージス・アショア 内のとしては、の、のに続き、初めてが運用を担うことになる。 、の政権は、イージス・アショアの防衛を億0万(円にして0億円)でに売却することを承認し、議会に通知した。 向けイージス・アショアに搭載されるは、セ社の-6ではなく社のLRが選定されている。 これはまだ製造されておらず、性確認などの試験も全く新規に行う必要がある。 導入まで のはこれまで二本建てになっていた。 から発射する-3。 もう一つはの狭いの防護する低での迎撃を行な-3()である。 はでは陸軍の装備なのだが、では色々経緯があっての装備となっている。 つまりは、普段は基地に置かれているということであり、の防は整備できたが、やはいつまでたってもで守られないという状況になった(との間にはの広い基地がない)。 さすがにこのままではよろしくないという話になり、「をで防し、の部隊はめて圏の防に転用するべく運用を考える」という話がいったん決まりそうになったらしい。 しかしはから見て攻撃選択標が横方向に散在しているのに、ができるは十分ではなく、その割には価格は高い、必要な調達数や部隊新編、訓練、宿舎等のやりくりなどを考えればイージス・アショアの方が断然が良い、と試算され、結果的にの線は消えたようだ。 メリット• 地上にあるため、 自宅から通える。 人員確保が容易。 の務を軽減。 運用が上よりかからない。 管理・が楽。 2間日防護可。 地上からのが容易であり、警・発射の面で即応性がある。 安全性と抑止の強化。 デメリット• のようにに移動することができないため、秘匿性と柔軟性がない。 と違い、には運用のためのノウハウが不足している。 配備された基地とその周辺、及び関連施設 都内含む は、有事の際、の対としてっ先に狙われる。 時の警備も負担増となる。 、、、等の周辺諸からの反発。 内への防衛効果が低いと摘する専門もいる。 解説 以下、の防衛書からの。 陸上配備型イージス・システム(イージス・アショア)について イージス・アショアは、(対応)の対応部分、すなわち、、揮通信、迎撃発射機などで構成される()を、に配備した装備品であり、大気のをするを地上から迎撃するを有しています。 に、わがを射程に収める各種のが依然として多数存在するなど、防衛の向上は喫緊の課題である中、イージス・アショアを導入すれば、わがを2間・日、切れなく守るためのを抜本的に向上できることになります。 一般に防衛装備品については、事態が切迫してから取得しようとしても、取得までには長期間を要します。 民の命とな暮らしを守ることは、の最も重要な責務であり、として、いかなる事態にも対応し得るよう、万全の備えをすることは当然のことであると考えております。 また、現状のでは、整備・補給で港に入るため隙間の期間が生じることが避けられず、長期間の洋上勤務が繰り返されることとなり、乗組員の勤務は極めて厳しいものとなっております。 イージス・アショアの導入により、隊員の負担も大きく軽減され、さらには、を元来の任務であるの安全確保任務に戻すことが可になり、わが全体の抑止向上につながります。 イージス・アショア2基の配備補地について、において検討を行った結果、の新屋場及びのむつみ場を選定したところです。 こうしたことを受け、18()年には、防衛大臣政務官及び防衛大臣政務官が・両県をそれぞれ訪問し、また、同日には、防衛大臣が両県を訪問し、配備の必要性などについてご説明しました。 としては、今後とも、配備に際して、地元住民の皆様の生活にが生じないよう、十分な調や対策を講じるとともに、配備の必要性や安全性などについて、引き続き、心意、一つ一つ丁寧に説明し、地元の皆様から頂戴する様々な疑問や不安を解消すべく努めてまいりたいと考えています。 候補地 での設置場所としてはとが検討されている。 調査ミス問題 、はの予定地と他の補地を較した地形に関するに誤りがあったことをにした。 岩屋防衛大臣は、安全保障委員会で「の高さとの縮尺が異なっていたことに気付かずに計算した人為的なで、調結果全体の信頼性を失墜させかねないもので大変申し訳ない」と陳謝した。 結果を修正しても新屋場()が適地だとする判断に変わりはないとも説明したが、で開かれた説明会では住民から怒りのが上がっている。 賢至戦略は、をのとして使用した際、仰の計算に用いた「高さ」と「」の縮尺が異なっていることに気付かず、で測りを用いて計算したためとっている。 報道 の通常予算で、所属のが行った質問に対して、はイージス・アショアの利点として「自宅から通える」等と答弁したため、各社により「 から通えるイージス・アショア」というショナルな見出しでされた。 関連動画 関連リンク• 関連項目• 「利口な選択『イージス・アショア』」文 数重 研究号• 2020. 「 するではする」兵頭二十八 8 新社.

次の