ヨク の アイランド エクスプレス 攻略。 個性的!横スクアクション「ヨクのアイランドエクスプレス」ってどんなゲーム?面白さは?知ってる人に聞いてみた

個性的!横スクアクション「ヨクのアイランドエクスプレス」ってどんなゲーム?面白さは?知ってる人に聞いてみた

ヨク の アイランド エクスプレス 攻略

この記事に含まれるもの:ヨクのアイランドエクスプレスのネタバレなし感想 メーカー:Team17 ジャンル:アクション、、 価格:2,150円 商品ページ 「のインディーでお宝探し生活」でがプレイしているのを見て知ったタイトル。 ヨクの紹介は14:19頃から始まるよ の〜を見てるとゲームの趣味は私と、母とが一緒になることが多いんだけど、 ヨクも例に漏れず母が気に入って購入しプレイしています。 主人公はフンコロガシのヨク。 自然豊かな海に囲まれた島、モクマナ島に赴任した郵便屋さんです。 ヨク自身はLスティックでボールを転がしながら移動することができるんだけど、平坦な道はともかく、ジャンプとか出来ないし、ちょっとした段差も基本的には乗り越えられない。 モクマナ島には至るところにのフリッパーがあって、それらを操作してヨクにくっついてるボールをはじいて進んでいくことになる。 エリアでは特定の場所にボールをぶつけるとクリスタルが出てきてすべて集めると道が開けたり、 仕掛けにぶつけると通貨代わりのフルーツがたくさん出てきたりして、 これが一気に取れたりするとポポポポ…という効果音と共になんとも爽快! ただ、行きたい場所に的確にヨクを飛ばすには結構シビアなフリッパーの操作を求められることがあって、 同じエリアでヨクを飛ばし続けることもしばしば。 とは言えHPも残機も設定されてないから何回失敗してもそのままやり直せるし、全体的に難易度の理不尽な部分は無かったようには感じた。 ボス戦もで、時には島の住人と協力…というか仲間もボールとして使いながら戦うんだけど、 ただボスの体とか弱点にぶつければいいわけじゃなくて、特定の場所にボールを通すとか考えて戦う必要があるのも良かった。 部分はと言うと、ヨク自身の身体能力にものすごく制限があるために、 この道を通ってここのフリッパーを使わないと取れないアイテム、行けない場所というのがたくさんあって、ルート取りに頭をひねるのが楽しい。 同時に、ちょっと移動するのにもすべてで行かないといけないからたまに面倒さも少しありつつ…。 あと、のフリッパーさえあればどこでも行けるというわけではなく、特定のアイテム取得で出来るようになる技がないと行けない場所もたくさんあるから一度訪れた場所も探索のし甲斐がある! セーブは大きなお花の上を通ると出来るんだけど、かなりたくさん設置されてるからがない!って困ることはなし。 しかもリスポーン地点としても使えるのも探索の快適さに繋がって良い感じ。 途中、特定の場所まで運んでくれる乗り物が使えるようになるとさらに快適。 訪れた場所から順に地図が埋まってくんだけど、何か頼まれたりクトが発生すると、まだ訪れてない場所も自動で地図に目印が着くのも親切。 まだ開けてない宝箱なんかも地図に載せてくれる。 欲を言えば、地図を見るときに島全体を表示するかやや拡大するかの2段階しかズーム出来なくて、 ここ道ある?どうなってる?ってよく見えないことがあったのと、 地名を地図にも表示するかどうか選べたらもっと使いやすかったかなと思った。 本当に欲を言えばだけどね! Switch版に限った話なんだけど1つ残念なのは、実績とかトロフィーが無いこと…版はあるみたいで、、Switch版にもつけて欲しかった…! キャターはにしてはほんわかカワイイデザインの子が多くてすごく良い! 普段は小さくて見にくいけどヨクのな瞳がめっちゃキュートです。 リアルなテイストのキャターとイラスト調の子が同居してるけど不思議と違和感がない。

次の

Yoku's Island Express 感想とか実績とか

ヨク の アイランド エクスプレス 攻略

主人公のヨクとなってモクマナ島の秘密を解き明かし、島のみんなに幸せを届けるんだ!! 舞台となるモクマナ島は美しいビーチ、深々と茂るジャングル、神秘的な洞窟、雪山に温泉など素敵に書き込まれた大自然がいっぱい!! 島のみんなと触れ合いながら、みんなの想いを運ぶステキで立派な郵便屋さんを目指そう! 島のみんなを助け、新たなアイテムを入手しながら、モクマナ島に眠る古の神々の謎を解き明かそう!! スウェーデンのVilla Gorillaというスタジオが開発したタイトル。 本作がスタジオとしての第1作目とのこと。 PS4、Nintendo Switch、PCで発売中。 私はPS4でプレイ。 ストーリー 主人公はフンコロガシ 南の島っぽいところに 主人公のヨクがやって来る。 ヨクは、 小さいフンコロガシボディでありつつも立派な郵便局員。 島ではトラブルが多発していて、郵便配達も滞ってしまっている。 ヨクは、ボール(明らかにフンコロガシのフンだけど、ゲーム内では「ボール」と呼ばれる)を転がしながら、本業の郵便配達もしながら、島民のトラブルを解決する。 そして、いつしか島に迫る脅威にも立ち向かっていくことになる。 様々な島民 鳥やウサギといった分かりやすい動物から、生態がよく分からない生物、そして木までもが喋る。 全員が島民。 みんな赴任してきたばかりのヨクを歓迎してくれるが、それぞれトラブルを抱えている。 彼らのトラブルを解決することが、メインストーリーに組み込まれていることもあれば、サブクエストになっていることもある。 NPC達は、進む道が分からない時にヒントを教えてくれたり、どうでもいいことしか喋らなかったり。 登場キャラが多いので、彼らの話を聞いて回っているだけでも、たっぷり楽しめる。 ゲームの特徴 小さいようで大きな島 ヨクが旅する島は、複雑に道が入り組んでいる。 「そんなに大きくなさそうな島だ」と思っていると、意外なところに 抜け道、脇道があって、移動できる範囲は 予想以上に広い。 行ったことのある場所から地図が埋められていくが、一度通ったことのあるエリアでも寄り道が見つかったり、行けそうにない場所にも後から行けるようになる。 そう、このゲーム、ピンボールだとか、ほのぼのグラフィックだとか魅力はたくさんあるが、実はしっかりした メトロイドヴァニア。 ストーリー忘れて探索に没頭してしまうくらい マップが作り込まれている。 ピンボールアクション 舞台となるのは平和そうな島だが、なぜか ピンボールのフリッパー(ボールを打つレバーのような板)が各所に設置されている。 PS4版では、黄色フリッパーは R2、青色フリッパーは L2で動かすことが出来る。 基本はそれだけ。 地面を歩いている時は、ヨクを 左スティックで左右に移動させることは出来るが、ヨク自身がジャンプしたりすることは出来ない。 ヨクはボール(フンコロガシのフンにあたる)をコロコロ転がして歩くが、ボールとヨクはヒモで繋がっている。 フリッパーの上にヨクを移動させ、フリッパーを操作してピンボールのようにヨクを打ち飛ばす。 ついついヨクを目で追ってしまうが フリッパーで打つ時はボールにしか当たり判定がない 狙って打ち上げる ピンボールなので、もちろんボールが当たるといいことが起きるターゲットが存在する。 狙うのは、まず フルーツ。 フルーツを一定数集めると、各所にある封印されたフリッパーを解放出来る。 探索できる範囲が広がったり、ショートカット開通に役立つ。 次に狙うのは、 紫色のマーク。 各所には、先に進ませない通せんぼ紫ゲートがある。 一定数の紫色のマークを集めればゲートが開き、先に進めるようになる。 集める系だけじゃなく、もちろん単純に先に進むためにも、狙った道にヨクを打ち上げなければならない。 打ち上げた後はどう転がっていくか 見守るのみ。 が、逆に、何の気なしに打ち上げたら、ポーンと上手くいっちゃうなんていうラッキーも起きる。 まさにピンボール。 この「打ち上げてどうなるか見守る」のがかなり楽しい。 ポンポン飛ばしているだけでも、ヨクはどこかしらにぶつかるので、始終フルーツが飛び出てくる。 そのおかげで、なかなか思うように進まなくてもイライラしてこない。 誰かの願いを叶える どこへ行くのも自由。 寄り道へ入っていく、やり込み要素に熱中する、更にメインストーリーを進める順番も自由。 メインクエストを進めないと通過出来ない場所もあるものの、 かなり自由度が高い。 クエストが発生すると、地図上に目的の場所が表示される。 サブクエストはかなり多くて、同時にいくつでも受けられる。 解決しないままでいると地図上が目的地だらけになってくる。 開花するフンコロガシパワー メトロイドヴァニアスタイルなので、ヨクは徐々に新たな技を得ていく。 ナメクジを吸い取って ナメクジ爆弾にしたり、『となりのトトロ』の「まっくろくろすけ」のような 「スス」に首輪とリードを付けてペットにしてしまったり。 そんな、他のゲームではあまり見かけないコンセプトの技を得て、才能開花していく。 しかし、こうした技は、ピンボールとは別タイミングで発動させなくてはならないので、どんどん忙しくなってくる。 ヨクを打ち上げたら、良きタイミングで、良き場所で、ナメクジ爆弾を爆破したり、ペットの「スス」を食虫植物に引っ掛ける。 「上手く転がるかなあ」とただぼんやり見守っているだけではいかなくなってくる やり込み要素 このゲーム、メインストーリーのボリュームに比して、 やり込み要素がかなり多い。 郵便局員の本業 サブクエストとして、 郵便配達を依頼される。 「サブ」とはいっても、本来は、郵便配達が本業のはずなんだけど。 各島民の家近くに立つポストにハガキを配達していく。 島の隅から隅まで、島民はそれぞれ好きな場所に住んでいるので、届けるだけで一苦労。 根っこコレクション 各地の行きにくい場所には、 「藤の根」が隠れている。 「藤の根」を集めて、これまた行きにくい場所にある 怪しげな棒に献上すると、何やら怪しげな生物の封印を解く鍵になる。 この「藤の根」集めは真のエンディングにつながっていくが、恐らくこのゲームで1番難しいやり込み要素となっている。 フンコロガシファッション 探索していると、 カラースプレーを手に入れることがある。 これにより、ヨクの転がすボールの色を変えることが出来る。 スプレーを2色組み合わせると、また違ったカラーや柄に変えることも可能。 特定のカラーのボールじゃないと進めないクエストもある。 しかし、ただ単にファッション目的に色を変えるのも楽しい。 郵便以外の業務 上記以外にも、各地で 島民からちょっとしたお願いをされる。 「いい場所にキノコ植えたい」「キノコ食べたい」「ススを追い払って」とか、逆に「ススを集めてきて」とか。 解決するとお礼をもらえるので、とりあえず引き受けまくって、少しずつ解決していく。 もちろん各地の宝箱を開けていくのもやり込み要素。 評価 良いところ• 探索が楽しすぎる入り組みマップ• 新鮮なピンボールアクション• 癒される手描き調グラフィック• やりごたえ抜群のやり込み要素 残念なところ• ヨクを見失いがち 感想 予想以上に面白くて、期待以上に やりごたえ抜群だった。 自分にとってのピンボールといえば、ゲーム中のミニゲームで登場したのを少しプレイするくらい。 というわけで、ピンボールが特別好きと言うわけではない。 しかし、 マップががっつり作り込まれていて探索したい欲を刺激しまくってくる。 特に、本作の1番の魅力であるピンボールアクションはかなりハマる! 特に不満点はないほど良いゲーム。 唯一、大変だと思ったことは、主人公が小さいフンコロガシであるが故の弊害。 ゲームが進むごとに、どんどんマップが複雑になっていき、ヨクは四方八方の壁にぶつかりまくって思わぬ方向へ弾き飛ばされていく。 ヨクが小さすぎて 時々見失ってしまうことがあった。 おすすめプレイヤー 本作の グラフィックが好みなら、まず間違いなくおすすめ。 ピンボール好きじゃなくても、アクションが得意じゃなくても、気長にポンポーンとフンコロガシを飛ばしていれば、ちゃんとクリア出来る。 どう転がっていくか見守るのが楽しいので、よっぽど急いでゲームしなければならない事情が無いのなら、美しいグラフィックを堪能しながらゆったりプレイできる。 そして、変わったゲームをプレイしたい、ピンボールアクションってどんなもの?と思ったら、ぜひプレイしてみて欲しい。 なかなか 新鮮なプレイ体験が出来る。 メトロイドヴァニア好きには絶対おすすめ。 「いや、ピンボールとか興味ないし」と思ってても、まず「ピンボール」から普通に想像するようなゲームではないし、そんなことが気にならないくらい 探索がめちゃくちゃ面白い。

次の

Yoku's Island Express

ヨク の アイランド エクスプレス 攻略

攻略とか実績関連 なんか個人的に詰まったとことか海外サイト調べてわかったこと等のメモを残しておきます。 爆発までの時間と角度がかなりシビアなとこもあって物凄くイライラした。 エリアのなめくじを吸ってからエリア外までボール運んでぶっ飛びジャンプして入手する藤の根とかもあります。 ちなみにアイテム近くで笛吹きまくっても泡が割れてアイテムとれることもあるからぶっ飛びつつエンター連打とかしてもいいかも。 それまでに所持アイテム全部アップグレードしてたら実績解除。 一応、 マップ内の未開花のが10未満になると、マップ開いたときに未開花の位置を表示してくれるシステムになっている模様。 がしかしそれ以上あるとマップに表示してくれないのでマジで虱潰しに全エリア確認するという地獄の作業になる。 (というかなった) 一応海外の人が全の位置を記してくれたマップがあるので、それを確認しつつ根気よく潰していくしかないと思います。 全部で40個ちょいある。 プレイしたら納得。 初めの5分くらいの的な部分がなんかコレジャナイ感あって微妙かなぁと思って一応頑張ってプレイしたら相当面白くて実績も全部アンロックしたほどだった。 移動方法にある意味制限がかかっていて探索エリアを広く感じたせいかボリュームまぁまぁあったなという印象。 気になるところを調べたり話しかけたりするとだいたい何かあったりクト受注したりで序盤から行けるとこが分岐しまくりでものすごくワクワクした。 実際必要なアイテムがないと進めない部分もあるが、それでも攻略順というのはあんまり存在しないよう作られているので「今探索してるところを一度切り上げて気になったあそこを探索してみよう」とか寄り道させられまくりで止め時がわからず時間がぶっ飛んだ。 収集物もマップに表示してくれるお助けアイテムが存在し、クトや謎解きもある程度自力攻略できるレベルの難易度だったりで結構親切設計寄り。 キャラのやり取りがなんだか癒されるのでクトもあんまりお使い感を感じさせない。 可愛く陽気な世界観とそれにマッチしたBGMが素晴らしい。 はもうちょっと判定緩くてよかったんじゃ?わりとシビアなせいで攻めたいコースに攻めれずもどかしさやイライラを感じるし爽快感とかは全くなかった(やってみればわかる、特に実績のやつとか)。 コースに入ったときの自動移動でぬるぬる動いてるときとか弾かれて物凄いとこにワープするとかのほうが見てて楽しかったし。 ボスやの実績関連も同じとこそれこそ10回以上通させるの強いる上にパターンは変わらんからあんまりおもしろくなかったかな。 それなら判定緩くして派手にバシバシ動かせるほうが爽快感あってよかったと思う。 まぁけど間違いなく良作なので買って損なし。 87点くらい。 ni6ra.

次の