リッツ カールトン 東京 アフタヌーン ティー。 リッツカールトン東京のクラブラウンジは噂通りすごかった!アフタヌーンティーに夜お茶が最高!

ザ・リッツ・カールトン東京 vs フォーシーズンズ丸の内 最高峰ホテルのアフタヌーンティー対決

リッツ カールトン 東京 アフタヌーン ティー

世界最高峰のホテルグループ/ブランドを 挙げるなら、現状では間違いなく この2つになるでしょう。 老舗の。 1990年代に急成長を遂げたフォーシーズンズ。 東京には、もちろん両ホテルが存在します。 そして、どちらでも を楽しめます。 では、その、 一体どちらが上なのか。 どちらか1つ行くとしたら、 どっちを選ぶべきなのか。 様々な観点から比べてみました。 フォーシーズンズ丸の内のモフレストラン まずはフォーシーズンズから。 小じんまりとしたホテルなので 入り口は目立ちません。 もっとも、東京の系高級ホテルは えてして、1階の入り口ひっそり、 エレベーターで上がったら豪華、 というところが多くあります。 モフレストランからの眺望。 新幹線や山手線が見えます。 ウェルカムドリンクとして出てきた 冷たい紅茶とオレンジジュース。 このジュース、素晴らしかったです。 オレンジをベースにしながら、 柑橘系の果物をいくつか混ぜて 作られていると思います。 甘くて濃厚なのに、くどくなく、 酸味が少しあって、バランスがいい。 今までに飲んだジュースの中で ナンバーワンのおいしさでした。 トリュフポップコーンと クミンチップ。 いやぁ、珍味。 クミンチップは、まさにクミンの香りが すごく利いていて、今までに食べたことが ないような一品でした。 トリュフポップコーンも、その名の通り、 トリュフの高級感ある香りがします。 そんなパウダーをポップコーンにまぶすのは、 もったいないと感じてしまうほどです。 最初のプレート。 やはり目玉は和牛ミニバーガー。 フォーシーズンズのと 言えば、まず名前が出てくるほど有名です。 味は、まずまず。 もちろん、おいしいですけど、 予想していたほどではなかった、 というのが正直な感想。 やや肉に火を通し過ぎなような気がしました。 「和牛」をうたっている以上、それなりに いい肉を使っているのでしょう。 ただ、 そうであるなら、ミディアムレアで、肉汁が少し 垂れるくらいがいいのでは、と感じました。 フォーシーズンズ・ボラボラで食べた バーガーはまさにそんな肉で、 人生で食べたーで最高の逸品でした。 もしかしたら肉汁が垂れるようなバーガーは、 こういう場だと女子が嫌うのかな。 そんな観点から火を十分に通しているのかも。 個人的には、和牛ミニバーガーより、 サーモンマリネのムースがおいしかったです。 これは絶品です。 2つ目のプレート。 チョコレートケーキは、カカオの 深みが感じられます。 薔薇のマは、とてもフレーバー。 とアーモンドのタルトが とりわけ美味でした。 スコーンにはストロベリージャムを。 瓶はフォーシーズンズの シールで封がされています。 リオレグレープフルーツの コンフィと米の牛乳煮。 最後に出てきます。 米粒の食感と甘みがそのままあって、 そこにグレープフルーツの 甘みも加わってくるという独特の味。 これは好みが分かれるでしょう。 紅茶は30種類くらいの用意があり、 なんと飲み放題。 さまざまなものを味わえます。 飲み放題なので、いろいろ 注文してしまいます。 抹茶もあります。 ただ、きちんと点てた深い味では 決してなかったです。 鉄瓶で煎茶やほうじ茶なども 注文できます。 店内の雰囲気。 テーブル間の距離は、割とゆったり。 店内に入ってすぐ目の前にあるバー。 丸の内の街並みが見渡せます。 インスタグラムでフォーシーズンズの を紹介したら、 その場で、はちみつをもらえました。 のザ・ロビーラウンジ では、次はリッツです。 こちらも入り口はこじんまり。 に入居しています。 ザ・ロビーラウンジ入り口。 ザ・ロビーラウンジの内観。 隣のテーブルが気にならないくらい 十分なスペースが空けられています。 天井は高く、とても心地いい空間です。 席に案内されたら、まず 紅茶をどれにするか尋ねられます。 、といった 有名どころから、リッツのオリジナル、 ジンジャー&レモンといった フレーバーなものまで12種類あります。 小さな容器に入っている茶葉の 香りをかぎながら、選ぶことができます。 フォーシーズンズと違って、こちらは 1人1種類しか味わうことができません。 慎重に決めましょう。 コーヒーもありますが、コーヒーを 選ぶと、紅茶は選べません。 紅茶かコーヒーか。 どちらかです。 さて、来ました3段トレー。 フォーシーズンズと違って、 こちらはクラシックなスタイルです。 上の段。 野菜スティックとカシスの。 このは上品なテイストでした。 フィンガーサンドイッチや ラッドなど。 下の段。 ケーキ類。 チョコレートケーキは真に カカオの味わいにこだわって 作られているように感じました。 3段トレーに加えて、 スコーンが別の皿で来ます。 スコーンのジャムは12種類。 して選べます。 45階、ザ・ロビーラウンジからの眺め。 こんな景色を見ながら楽しむ、 最高です。 東京タワーやも見えます。 では、結局どちらを選ぶ? フォーシーズンズとリッツカールトン、 両方のを 体験してみました。 細かく項目別に軍配を上げてみましょう。 (あくまで個人の主観によるものです) 【ケーキの味:互角】 これはいい勝負。 甲乙つけがたい。 【スコーンの味:リッツ】 リッツは温めたものを別皿で持ってきて、 温かいうちに先に食べるようスタッフに 言われます。 よりおいしい状態のものを口にしてほしいという 店のこだわりが感じられます。 【その他の料理の味:フォーシーズンズ】 フォーシーズンズの方が手が込んだものを 出してくる印象です。 リッツは良くも悪くも無難なものが多いかな。 【食べごたえ:フォーシーズンズ】 和牛ミニバーガーやポップコーンが利くのか、 結構お腹いっぱいになります。 対して、 リッツは食べ終わっても多少足りない 感覚が残りました。 【料理の目新しさ:フォーシーズンズ】 クミンチップスやトリュフポップコーンなど 未体験の味がいくつもあります。 【としての様式美:リッツ】 リッツは3段トレーで伝統にのっとった形です。 1つ1つのトレーをいかに美しく見せるか、 という観点から逆算して料理やケーキが 作られているような気がします。 対して、フォーシーズンズは1枚のプレートに 料理が乗せられており、自由さが感じられます。 【飲み物の質:互角ないしリッツ】 紅茶だけならリッツがやしかったかも しれません。 ただ、フォーシーズンズの 一杯目として出されたジュースがあまりに 素晴らしかったので、ほぼ五分ということに。 【飲み物の種類:フォーシーズンズ】 これはシステムの違いなので、仕方ないでしょう。 リッツにも紅茶の種類は多くありますが、 1種類しか味わえない以上、フォーシーズンズの 方がお得感があります。 【店の雰囲気:リッツ】 高い天井、広い空間、重厚感ある装飾。 高級感があるのは圧倒的にリッツです。 玉にきずなのは、ピアノ演奏の音量でしょうか。 ピアノから最も離れた場所に座っていたにも かかわらず、ややうるさく感じました。 演奏会ではなく、あくまでBGMなのですから、 音は小さめであってほしいと感じました。 【眺望:リッツ】 言うまでもなく、これもリッツの完勝です。 45階フロアからの眺めは、 素晴らしいものがあります。 【値段の安さ:フォーシーズンズ?】 プランにもよるので確実なことは言えませんが、 概してフォーシーズンズが安いようです。 公式HPに出ている値段は、 フォーシーズンズが5,555円。 消費税・15%のサービス料が別なので 合算すると約6,800円。 リッツはサービス料・税込みで7,400円。 一休などのサイトを見ても、 ややフォーシーズンズが安い感じです。 【結論:???】 多くの飲み物を味わえて、料理の量も多く、 質も総じて高い。 しかも値段もやや安い。 その意味ではフォーシーズンズの方が 上ということは言えると思います。 ただ、リッツには店の高級感と眺望、 という立地の良さが あります。 (フォーシーズンズも丸の内という 便利な場所ではありますが…) 何かの記念日だったりデートだったり、 そういう場にふさわしい演出が できそうなのはリッツでしょう。 ケースに応じて使い分ければ、それぞれの 良さ、特長を引き出せる気がします。 結論として言えるのは、そういうことです。 でも、もう1度行くとして、どちらか必ず選べと 言われたら、個人的にはフォーシーズンズかな。 以下は、京都、フォーシーズンズ京都、沖縄の記事。 katsushika-miyah.

次の

【リッツカールトン東京】クラブラウンジ 食事が豪華すぎる!感動のホテルステイ

リッツ カールトン 東京 アフタヌーン ティー

世界最高峰のホテルグループ/ブランドを 挙げるなら、現状では間違いなく この2つになるでしょう。 老舗の。 1990年代に急成長を遂げたフォーシーズンズ。 東京には、もちろん両ホテルが存在します。 そして、どちらでも を楽しめます。 では、その、 一体どちらが上なのか。 どちらか1つ行くとしたら、 どっちを選ぶべきなのか。 様々な観点から比べてみました。 フォーシーズンズ丸の内のモフレストラン まずはフォーシーズンズから。 小じんまりとしたホテルなので 入り口は目立ちません。 もっとも、東京の系高級ホテルは えてして、1階の入り口ひっそり、 エレベーターで上がったら豪華、 というところが多くあります。 モフレストランからの眺望。 新幹線や山手線が見えます。 ウェルカムドリンクとして出てきた 冷たい紅茶とオレンジジュース。 このジュース、素晴らしかったです。 オレンジをベースにしながら、 柑橘系の果物をいくつか混ぜて 作られていると思います。 甘くて濃厚なのに、くどくなく、 酸味が少しあって、バランスがいい。 今までに飲んだジュースの中で ナンバーワンのおいしさでした。 トリュフポップコーンと クミンチップ。 いやぁ、珍味。 クミンチップは、まさにクミンの香りが すごく利いていて、今までに食べたことが ないような一品でした。 トリュフポップコーンも、その名の通り、 トリュフの高級感ある香りがします。 そんなパウダーをポップコーンにまぶすのは、 もったいないと感じてしまうほどです。 最初のプレート。 やはり目玉は和牛ミニバーガー。 フォーシーズンズのと 言えば、まず名前が出てくるほど有名です。 味は、まずまず。 もちろん、おいしいですけど、 予想していたほどではなかった、 というのが正直な感想。 やや肉に火を通し過ぎなような気がしました。 「和牛」をうたっている以上、それなりに いい肉を使っているのでしょう。 ただ、 そうであるなら、ミディアムレアで、肉汁が少し 垂れるくらいがいいのでは、と感じました。 フォーシーズンズ・ボラボラで食べた バーガーはまさにそんな肉で、 人生で食べたーで最高の逸品でした。 もしかしたら肉汁が垂れるようなバーガーは、 こういう場だと女子が嫌うのかな。 そんな観点から火を十分に通しているのかも。 個人的には、和牛ミニバーガーより、 サーモンマリネのムースがおいしかったです。 これは絶品です。 2つ目のプレート。 チョコレートケーキは、カカオの 深みが感じられます。 薔薇のマは、とてもフレーバー。 とアーモンドのタルトが とりわけ美味でした。 スコーンにはストロベリージャムを。 瓶はフォーシーズンズの シールで封がされています。 リオレグレープフルーツの コンフィと米の牛乳煮。 最後に出てきます。 米粒の食感と甘みがそのままあって、 そこにグレープフルーツの 甘みも加わってくるという独特の味。 これは好みが分かれるでしょう。 紅茶は30種類くらいの用意があり、 なんと飲み放題。 さまざまなものを味わえます。 飲み放題なので、いろいろ 注文してしまいます。 抹茶もあります。 ただ、きちんと点てた深い味では 決してなかったです。 鉄瓶で煎茶やほうじ茶なども 注文できます。 店内の雰囲気。 テーブル間の距離は、割とゆったり。 店内に入ってすぐ目の前にあるバー。 丸の内の街並みが見渡せます。 インスタグラムでフォーシーズンズの を紹介したら、 その場で、はちみつをもらえました。 のザ・ロビーラウンジ では、次はリッツです。 こちらも入り口はこじんまり。 に入居しています。 ザ・ロビーラウンジ入り口。 ザ・ロビーラウンジの内観。 隣のテーブルが気にならないくらい 十分なスペースが空けられています。 天井は高く、とても心地いい空間です。 席に案内されたら、まず 紅茶をどれにするか尋ねられます。 、といった 有名どころから、リッツのオリジナル、 ジンジャー&レモンといった フレーバーなものまで12種類あります。 小さな容器に入っている茶葉の 香りをかぎながら、選ぶことができます。 フォーシーズンズと違って、こちらは 1人1種類しか味わうことができません。 慎重に決めましょう。 コーヒーもありますが、コーヒーを 選ぶと、紅茶は選べません。 紅茶かコーヒーか。 どちらかです。 さて、来ました3段トレー。 フォーシーズンズと違って、 こちらはクラシックなスタイルです。 上の段。 野菜スティックとカシスの。 このは上品なテイストでした。 フィンガーサンドイッチや ラッドなど。 下の段。 ケーキ類。 チョコレートケーキは真に カカオの味わいにこだわって 作られているように感じました。 3段トレーに加えて、 スコーンが別の皿で来ます。 スコーンのジャムは12種類。 して選べます。 45階、ザ・ロビーラウンジからの眺め。 こんな景色を見ながら楽しむ、 最高です。 東京タワーやも見えます。 では、結局どちらを選ぶ? フォーシーズンズとリッツカールトン、 両方のを 体験してみました。 細かく項目別に軍配を上げてみましょう。 (あくまで個人の主観によるものです) 【ケーキの味:互角】 これはいい勝負。 甲乙つけがたい。 【スコーンの味:リッツ】 リッツは温めたものを別皿で持ってきて、 温かいうちに先に食べるようスタッフに 言われます。 よりおいしい状態のものを口にしてほしいという 店のこだわりが感じられます。 【その他の料理の味:フォーシーズンズ】 フォーシーズンズの方が手が込んだものを 出してくる印象です。 リッツは良くも悪くも無難なものが多いかな。 【食べごたえ:フォーシーズンズ】 和牛ミニバーガーやポップコーンが利くのか、 結構お腹いっぱいになります。 対して、 リッツは食べ終わっても多少足りない 感覚が残りました。 【料理の目新しさ:フォーシーズンズ】 クミンチップスやトリュフポップコーンなど 未体験の味がいくつもあります。 【としての様式美:リッツ】 リッツは3段トレーで伝統にのっとった形です。 1つ1つのトレーをいかに美しく見せるか、 という観点から逆算して料理やケーキが 作られているような気がします。 対して、フォーシーズンズは1枚のプレートに 料理が乗せられており、自由さが感じられます。 【飲み物の質:互角ないしリッツ】 紅茶だけならリッツがやしかったかも しれません。 ただ、フォーシーズンズの 一杯目として出されたジュースがあまりに 素晴らしかったので、ほぼ五分ということに。 【飲み物の種類:フォーシーズンズ】 これはシステムの違いなので、仕方ないでしょう。 リッツにも紅茶の種類は多くありますが、 1種類しか味わえない以上、フォーシーズンズの 方がお得感があります。 【店の雰囲気:リッツ】 高い天井、広い空間、重厚感ある装飾。 高級感があるのは圧倒的にリッツです。 玉にきずなのは、ピアノ演奏の音量でしょうか。 ピアノから最も離れた場所に座っていたにも かかわらず、ややうるさく感じました。 演奏会ではなく、あくまでBGMなのですから、 音は小さめであってほしいと感じました。 【眺望:リッツ】 言うまでもなく、これもリッツの完勝です。 45階フロアからの眺めは、 素晴らしいものがあります。 【値段の安さ:フォーシーズンズ?】 プランにもよるので確実なことは言えませんが、 概してフォーシーズンズが安いようです。 公式HPに出ている値段は、 フォーシーズンズが5,555円。 消費税・15%のサービス料が別なので 合算すると約6,800円。 リッツはサービス料・税込みで7,400円。 一休などのサイトを見ても、 ややフォーシーズンズが安い感じです。 【結論:???】 多くの飲み物を味わえて、料理の量も多く、 質も総じて高い。 しかも値段もやや安い。 その意味ではフォーシーズンズの方が 上ということは言えると思います。 ただ、リッツには店の高級感と眺望、 という立地の良さが あります。 (フォーシーズンズも丸の内という 便利な場所ではありますが…) 何かの記念日だったりデートだったり、 そういう場にふさわしい演出が できそうなのはリッツでしょう。 ケースに応じて使い分ければ、それぞれの 良さ、特長を引き出せる気がします。 結論として言えるのは、そういうことです。 でも、もう1度行くとして、どちらか必ず選べと 言われたら、個人的にはフォーシーズンズかな。 以下は、京都、フォーシーズンズ京都、沖縄の記事。 katsushika-miyah.

次の

ザ・リッツ・カールトン東京 vs フォーシーズンズ丸の内 最高峰ホテルのアフタヌーンティー対決

リッツ カールトン 東京 アフタヌーン ティー

細部までこだわるプライドの結晶 45階のメインロビーに位置するラウンジは、語らいの時間を特別なものにするエレガントな空間です。 モノトーンを基調とした配色の中に、オリエンタルな紫・赤を取り入れ、全体として和と洋の調和を感じさせるインテリア。 昼下がりにはクラシック生演奏が極上の彩りを添えます。 クラシックなアフタヌーンティーセットは完全なるホームメイドで、タルトの生地からチョコレートの飾りまで、すべてホテル内で手作りされています。 厳選された12種類の茶葉サンプルからお好みのものを選べるティーセレクション、モダンなデザインのオリジナルケーキスタンドなど、すべて一流のサービスが受けられる、夢のようなひとときです。 細部までこだわるプライドの結晶 45階のメインロビーに位置するラウンジは、語らいの時間を特別なものにするエレガントな空間です。 モノトーンを基調とした配色の中に、オリエンタルな紫・赤を取り入れ、全体として和と洋の調和を感じさせるインテリア。 昼下がりにはクラシック生演奏が極上の彩りを添えます。 クラシックなアフタヌーンティーセットは完全なるホームメイドで、タルトの生地からチョコレートの飾りまで、すべてホテル内で手作りされています。 厳選された12種類の茶葉サンプルからお好みのものを選べるティーセレクション、モダンなデザインのオリジナルケーキスタンドなど、すべて一流のサービスが受けられる、夢のようなひとときです。 シェフからのメッセージ どこの国よりも日本人が春夏秋冬を一番大事にしているので、旬の食材を大切にメニューに取り入れています。 試作を何回も繰り返し、総料理長と副総料理長はもちろんのこと、キッチンの中のスタッフにも食べてもらい、意見をもらいます。 毎日がコンテストのようです。 ペストリーだけでなく、セイボリー、そしてスコーンとサンドウィッチなど、ホテル内各調理部門のシェフが最初から携わり、一緒に作り上げているので、様々な部門の力が結集した作品です。 今年から一切をホームメイドで作ることになったおかげで、発想次第で自由な形が生まれ、新しいものがどんどん出来上がるので楽しいです。 自分が楽しく仕事ができれば、お客様にも伝わり、良いものを届けられるはず。 我々が誇りと自信を持って作っていますので、ぜひお越しください。 そちらの内容に沿ってメニューをアレンジいたします ・12:45~16:25の間はピアノ生演奏をお楽しみいただけます ・店内はすべて禁煙です ・車椅子でのご利用も可能です アクセス 〒107-6245 東京都港区赤坂9-7-1 東京ミッドタウン45階 毎日がコンテスト どこの国よりも日本人が春夏秋冬を一番大事にしているので、旬の食材を大切にメニューに取り入れています。 試作を何回も繰り返し、総料理長と副総料理長はもちろんのこと、キッチンの中のスタッフにも食べてもらい、意見をもらいます。 毎日がコンテストのようです。 ペストリーだけでなく、セイボリー、そしてスコーンとサンドウィッチなど、ホテル内各調理部門のシェフが最初から携わり、一緒に作り上げているので、様々な部門の力が結集した作品です。 今年から一切をホームメイドで作ることになったおかげで、発想次第で自由な形が生まれ、新しいものがどんどん出来上がるので楽しいです。 自分が楽しく仕事ができれば、お客様にも伝わり、良いものを届けられるはず。 我々が誇りと自信を持って作っていますので、ぜひお越しください。 子どもにも安心して食べさせられるヘルシーな内容で、ディップを付けるなど子どもが飽きない工夫もされており、こだわり抜かれたアイテムで子どもを楽しませてくれます。 そちらの内容に沿ってメニューをアレンジいたします ・12:45~16:25の間はピアノ生演奏をお楽しみいただけます ・店内はすべて禁煙です ・車椅子でのご利用も可能です•

次の