違法だよ あげるくん。 [B!] 【違法だよ!あげるくん】・ばれるから篇

「違法だよ!あげるくん」の狙い~民放局が取り組む違法配信撲滅キャンペーン~(後編) / Screens

違法だよ あげるくん

このCMは、テレビ番組などを許諾なく動画投稿サイトなどにアップロードして公開する「違法配信」について、認識を深めてもらうことを目的に日本民間放送連盟が放映しているものです。 近年、深刻化しているのが無断アップロード・違法ダウンロードの問題です。 インターネット上で、権利者に無断でアップロードされた漫画などを無料で公開する海賊版サイトによる被害の拡大を受け、改正著作権法が2020年6月5日の参議院本会議で可決・成立しました。 現行の著作権法では、違法ダウンロードの対象を、映像・音楽としていましたが、漫画や小説、論文などを含む著作物全般に拡大。 2021年1月1日から施行され、海賊版と知りながらダウンロードする行為は違法となります。 悪質な場合には、刑事罰も科されます。 また、違法にアップロードされた著作物へのリンク情報を掲載し、海賊版に誘導する「リーチサイト」の規制も盛り込まれています(2020年10月1日に施行)。 改正により、どのような行為が違法となるのでしょうか。 罰則は。 弁護士の得重貴史さんに聞きました。 漫画や文章、写真などコンテンツ全般が違法の対象に。 有償コンテンツで、継続的・反復して行われた場合は2年以下の懲役・200万円以下の罰金 Q:著作権法が改正された背景は何ですか? -------- 改正のきっかけは、海賊版サイトによる被害の拡大です。 また、リーチサイト「はるか夢の址(あと)」では、2017年に摘発されるまでの1年間で約731億円の損失があったとされています。 摘発されたサイトが閉鎖後も海賊版サイトは多数存在し、アクセス数上位10サイトの利用者数は、月間のべ6500万人と言われています(データは文化庁「著作権法及びプログラムの著作物に係る登録の特例に関する法律の一部を改正する法律(説明資料)」より)。 摘発が抑止力となっていないことから、サイト自体を規制し、あわせて個人ユーザーによる違法ダウンロードを規制することで、海賊版サイトによる被害減少につなげる目的があります。 Q:改正の大きな柱となるのが、著作物全般を対象としたダウンロードの規制です。 具体的にはどのような内容ですか? -------- そもそも著作権法では、著作権物の複製は違法です。 複製の例外として、個人の私的な利用を認めていました。 私的利用の例外として、すでに、違法にアップロードされたことを知りながら音楽や映像をダウンロードする行為が違法とされています。 今回の改正で対象を広げ、漫画や文章、写真などコンテンツ全般を、違法にアップロードされたと知りながらダウンロードする行為が、私的利用でも違法となります。 違法なアップロードだと知っていたかどうかの立証は難しいですが、いわゆる海賊版サイトからのダウンロードは「知っていた」と認定される可能性が高いです。 例えば「YouTube」は、著作権者から許可された正規のコンテンツも多く掲載されており、違法とはなりにくいでしょう。 一方、海賊版サイトは、違法なコンテンツしか掲載されておらず、常態化している、などの特徴があります。 Q:特に悪質なダウンロード行為には、罰則も科されました。 具体的にはどのような行為が悪質と判断されるのでしょうか。 罰則の内容は? -------- 刑事罰の対象となるのは、もともとコンテンツが有償で提供されており、継続的、反復してダウンロードが行われた場合です。 権利者による告訴が必要な「親告罪」で、2年以下の懲役・200万円以下の罰金が科されます(併科も可)。 民事上では、無償・有償に関わらず、損害賠償請求が可能です。 ただし、次のような事例は対象外とされ、違法となりません。 一方、1話の半分程度は違法となります。 <質> サムネイル画像。 違法となるのは鮮明なイラスト、高画質の写真などです。 ただし、作り替えた本人の許諾を得ず、第三者がアップロードしたものをダウンロードすると違法になります。 Q:利用者に違法ダウンロードを誘導するサイト「リーチサイト(アプリ)」の規制も含まれ、2020年10月1日から施行されます。 どのような内容ですか? -------- リーチサイト(アプリ)とは、権利者の許可なく、違法にアップロードされた映像や漫画などのコンテンツに利用者を誘導する掲示板型のサイト(アプリ)です。 サイト自体に著作物が掲載されるのではなく、違法にアップロードされた著作物へのリンク先が多数掲載されています。 違法にアップロードされた著作物のリンク先を掲載した「リンク提供者」には、3年以下の懲役・300万円以下の罰金が科され、リンク情報を掲載したサイトを設置・運営する「サイト運営者(アプリ提供者)」には、5年以下の懲役や500万円以下の罰金が科されます。 いずれも併科が可能で、厳罰と言えるでしょう。 Q:今回の改正で、海賊版を扱うサイトは減少すると考えられますか?また、ユーザーとして注意すべき点をお教えください。 -------- 海賊版サイトに対する、ある一定の抑止効果が期待できます。 文化庁によると、音楽・映像の違法ダウンロードにおいても、2012年に刑事罰化されて以降、ファイル共有ソフトにおける「有償著作物等」と考えられる音楽・映像ファイルが、大幅に減少したといいます。 また、2019年に、運営者らに対する実刑判決が下されたリーチサイト「はるか夢の址」の裁判では、そもそもリーチサイトが著作権法違反にあたるかどうかが議論となりました。 改正により、はっきり違法と示されたことで、摘発がよりスムーズに進むと考えられます。 何よりもまず知ってほしいのは、漫画などの著作物を創作した人は、下調べや取材なども含め、相当なエネルギーを費やし、作品を生み出しているということです。 本来、その作品を読むには対価が必要です。 リーチサイトなど海賊版サイトは違法です。 定額制で読み放題になる「サブスク(サブスクリプションサービス)」などでないにもかかわらず、コンテンツのすべてが無料で読み放題になるサイトは「問題があるかもしれない」と、一度立ち止まってください。 作者は作品により、社会的な評価を受け、生活しています。 海賊版の利用は、作者の生活を追い込み、今後良い作品を生み出し続ける可能性を奪うことにもつながります。 一人一人が、自分の好きな作品を応援する気持ちをもち、正当な手段でコンテンツを楽しんでほしいですね。

次の

気になるCM「あげるくん」で認知度増?改正著作権法が海賊版対策強化として施行 違法ダウンロードの対象や罰則は?

違法だよ あげるくん

放送番組が不正にアップロードされる違法行為は放送事業者にとって悩ましい問題である。 対策のひとつとして実施しているのが日本民間放送連盟(以下民放連)による「違法配信撲滅キャンペーン」である。 6年目に入った今年度は新啓発スポット『違法だよ!あげるくん』を展開し、特にインターネットのカジュアルユーザーに向けて、「どのような行為が違法となるのか」を具体的に表現している。 この取り組みによって、どのような効果が期待できるのか? 前編に続き、民放連の知財委員会知財専門部会不正流通対策部会主査を務める品田聡氏(日本テレビ)と、民放連で放送番組の不正流通対策に取り組む前田優子氏、同キャンペーンのクリエイティブディレクターである博報堂中野仁嘉氏と川辺圭氏の4人に話を聞いた。 前田氏:2014年度以前は民放連としては違法動画について情報を共有する程度で、直接の対策は全国の加盟社各社にお任せしていましたが、著作権を担当している民放連の知財委員会の席で、「各社の取り組みだけでは足りない。 民放連としても対応を強化して欲しい」という意見が出たことから、キャンペーンの取組みを始めた経緯があります。 また、警察など、違法動画を取り締まる機関に各社が「違法のアップロードを摘発、検挙してください」とお願いするたびに、「業界としても周知を徹底して欲しい」と言われていました。 こうした背景もあり、取り組んでいます。 前田氏:過去5年間にわたって実施したキャンペーンCMはドラマ仕立ての2シリーズ。 どちらも遠藤憲一さんにご出演いただきました。 「違法アップロードの言い訳」編では、刑事役の遠藤憲一さんに違法アップロードした人がアップロードした言い訳を述べていくものになります。 例えば、「これが違法行為になるとは知らなかった」「好きなアニメ作品をアップロードし、見逃した人に褒められたかった」といった理由を挙げていました。 そして「それ違法です」というフレーズを使って、放送番組を無断でアップロードするのは違法であることをダイレクトに知らしめるものでした。 2作目は学校が舞台。 遠藤憲一さんに先生役を務めてもらい、生徒役に対して「10年間の懲役、1000万以下の罰金、またはその両方」という厳しい刑罰が下されることを伝えました。 制作幹事社はフジテレビが担当し、制作会社も贅沢な布陣でクオリティの高いCMを展開できたと思っています。 独自のインターネット調査ではCMの認知度が高いことがわかりました。 遠藤憲一さんをはじめ、皆さんの成果によるものです。 土台はできたので、今度はカジュアルユーザー対策をどうするか。 これを一番重要視しました。 またアニメーションで表現することによって、子どもたちにも見てもらえる機会を増やし、愛着が沸くものを求めました。 いろいろな企画をいただくなかで、博報堂さんのご提案はまさに当てはまるものでした。 いずれも、いかに違法動画を上げることをダサくみせるか。 これをポイントに置きました。 「あげるくん」の他に「アップロードマン」という企画もあり、正義の味方を気取るも、上げる行為がとんでもなく悪い行為であり、ダサい行為ということを伝えるものでした。 「あげるくん」はさらに、愛着が持たれる要素があり、採用していただけたのだと思います。 川辺氏:「あげるくん」のクリエイティブを担当しました。 タレントを起用するものより、アニメキャラクターは使い勝手が良いという利点があります。 長きにわたって訴求しやすいものになるのかと。 違法行為をする人に対して周囲が「あげるくんだね」と、ダサい名前で呼ぶようになれば、やりたくなくなるのではないかと思います。 実は「あげるくん」のキャラクターイメージは、仮に例える存在でいうと「のび太」です。 「のび太」になりたくないし、言われたくない。 そんな風に「あげるくん」と絶対に言われたくないことが浸透していって欲しいという思いがあります。 」とたしなめるシリーズから展開されています。 どのようなメッセージを伝えるものになりますか? 本記事は「」から提供を受けております。 著作権は提供各社に帰属します。 予めご了承ください。

次の

違法だよ! あげるくん 詰め合わせセット 日本民間放送連盟

違法だよ あげるくん

違法ダウンロードの対象拡大! 閣議決定された違法ダウンロードの規制案についての報道記事は、政府や与党の印象を悪くするような意図を感じる恣意的な記述というか、重要部分の抜けが見受けられます。 萎縮効果を極力生まないように尽力した、山田太郎議員の動画を見ることをお勧めします — ホバー脚提督 HoverLegAdmiral 3月10日、政府がインターネット上の海賊版の漫画などの対策に著作権法改正案を閣議決定しました。 世間ではコロナの話題でもちきりです。 そんな中、しれっと決まってしまったような感じです。 ネット上ではかなりの反発がありましたが・・ 企業寄りの案件は早い行動出来るのに、国民寄りの政策はなぜ遅いんだろうか。 アプリのガチャ規制はすぐにも必要なはずなのに、企業重視で見向きもされてないよね。 漫画や雑誌、論文も刑事罰になるというのです。 違法ダウンロードの対象拡大!違法性はいつから? 一部でやってる違法ダウンロード・違法アップロードに警告する、「違法だよ、あげるくん」というCMがあるのだが、地味に怖いのでもっと広く知られるべきだと思う。 — 遊山直奇 ゆうやまなおき youyama 違法ダウンロードの対象拡大!違法性はいつからかというのは気になりますね。 以前問題になった漫画村のような違法サイトから漫画をダウンロードすると、刑事罰になるのはいつからでしょうか? 国会では2021年1月をめどに成立を目指していると発表されました。 閣議決定はされましたが、国会での成立は来年になるようです。 ただ、漫画村が閉鎖になり管理者が逮捕されましたが、漫画村の代わりのサイトはいくつも出てきています。 違法ダウンロードの対象を広げたところでどうなるのかと・・ 違法ダウンロードの対象拡大!同人誌でパロディや2次創作どこまでならいいのか? RT 違法ダウンロードの件、業界の人たちほんとに頑張ったなぁ。 ちゃんと声をあげることの重要さがよく分かる例だ。 あのヤバヤバの内容のままにならなくてよかった。 インターネット上の海賊版サイトを取り締まるために、対象を拡大 漫画や雑誌、論文も刑事罰です。 そこで気になるのが、規制の範囲でしょうか? パロディや2次創作は違法ダウンロードの規制になるのでしょうか? そこで、違法ダウンロードの対象拡大!パロディや2次創作どこまでならいいのか?と言いうことについてまとめましたがいかがでしたか? それでは最後までご覧いただきありがとうございました。

次の