遊戯王 妨害デッキ。 シャドールデッキとは。回し方・動かし方を解説&考察!

【戦華】が大会で優勝したぞ!

遊戯王 妨害デッキ

おはようございます。 しんぺいです。 最近は遊戯王への熱が取り戻されつつあります。 何と言っても再来週には三幻魔のストラクチャーデッキが出ますからね。 そこに向けて遊戯王熱が戻ってきました。 最近遊戯王についてなんか記事書いたっけなーとか思っていると、 これ。 王(ジェネレイド)デッキについて書きましたが、最近とか言いながら去年の夏か。 そう思うとずいぶん長い間遊戯王から遠ざかっていたもので、いくつかある自分の手持ちデッキもなんだか見慣れない感じに見えてきました。 回し方忘れてる。 なので手持ちのデッキを組みなおしてみようかと思います。 それでジェネレイドデッキから取り掛かるんですが、ジェネレイドって知らない間に強化されてたんですね。 上の記事では当時のジェネレイドの問題点を書いていましたが、新規で割と解決されている。 というわけで今回はジェネレイドデッキを組みなおすにあたって、登場当初からどう強化されてるのかをまとめておこうと思います。 ジェネレイドデッキ登場当初の課題 上の記事で、僕はジェネレイドデッキの課題を• 「王の舞台」の発動が安定しない• 妨害が薄い• 自ターンで展開できない としました。 特に妨害が薄いのが致命的だと思っています。 やっぱ今の遊戯王って妨害が命ですから。 せっかくデッキを組むからには、少なくとも相手ターンに妨害手段を残してしのいでいけるくらいにはしたいなって感じです。 攻めのデッキも良いけど一方的に負けるのは困ります。 純正ジェネレイドは妨害手段が微妙でした。 まともな妨害は「氷の王ニードヘッグ」と「剣の王フローディ」くらいで、それも充分かと言われると微妙なところ。 無いよりは良いですが、対応範囲が狭かったりアドバンテージの獲れない破壊だったりで改善が欲しいと思っていました。 ただ、この半年の間にいくらか新規カードが出たことで、かなり状況は良くなったと思っています。 デッキビルドパックのテーマってパック出てからは存在を忘れられたかのように無かったことになるもんだと思っていましたが新規カードが出て本当嬉しい限りです。 新規カードによる改善 新規ですが、まずレベル9ジェネレイドが2体追加されました。 「虚の王ウートガルザ」と「轟の王ハール」です。 これらは妨害効果を持っており、どちらもかなり良い感じ。 「虚の王ウートガルザ」は対象を取る除外ですね。 リリース数は多いものの除外ってところが良い。 「轟の王ハール」は魔法・罠・モンスター効果の無効です。 ちゃんと破壊までできるのがえらい。 対象を取る除去は「剣の王フローディ」が出来ていたとはいえ、あちらは相手にドローさせてしまいます。 その点「虚の王ウートガルザ」はコストは重いですが、相手に得はさせません。 そもそもリリース数が多いって、こっちは「王の舞台」でトークンを出しまくるので、相手に得させるか自分が損するかでは、自分が損する方を取った方がマシですね。 そして待望の効果無効。 これがあるテーマと無いテーマでは妨害力が段違いだと思っています。 「轟の王ハール」は「王の舞台」さえ設置できれば勝手に呼んでこれるますし、さらにはドローフェイズ以外でデッキからカードを手札に加えた際にはモンスターを1体墓地に送るペナルティが。 至れり尽くせりです。 あとは待望の下級モンスターが登場しました。 こいつ本当に便利な効果をしています。 場のジェネレイドモンスターをリリースすることでデッキから別のジェネレイドモンスターを出す効果が強力。 「王の舞台」から出てきたジェネレイドトークンをリリースして別のジェネレイドに変換できるので、実質相手ターンに出せるジェネレイドモンスターが2体になるという感じ。 今までは「王の舞台」での1体だけだったので、これでより展開が捗ります。 自身もリリースできるので、召喚即リリースすることで「光の王マルデル」を特殊召喚し、「王の舞台」をサーチする動きも取れます。 「王の舞台」が引けていなくても、「王の影ロプトル」が引けていれば「王の舞台」まで繋げられるようになったのはでかい。 やっぱジェネレイドデッキは「王の舞台」無いと始まりませんから。 「王の影ロプトル」はかなり良い効果を持ってきてくれました。 地味にレベル4の天使族なので、「失楽の魔女」から特殊召喚できる点も覚えておきたいところ。 相手ターンにしか出せないので自ターンに「王の舞台」まで繋げる動きは取れませんが、他のジェネレイドを出す動きはできるので、入れておくのも良いかもしれません。 あとはジェネレイド全く関係無いですが、レベル9に良いモンスターが登場しました。 それが「トリアス・ヒエラルキア」。 天使族モンスター3体までリリースっていうのがジェネレイドにピッタリですね。 「王の舞台」によって毎ターン補充されるジェネレイドトークンが天使族なので楽に出せます。 さらに特殊召喚時には除去とドローができます。 3体リリースするのも、「王の舞台」があればそう難しくありません。 レベル9なので他のジェネレイドと共にエクシーズ素材にできますし、なんでジェネレイドの名前を持っていないのか謎なレベルでジェネレイドデッキとの相性が良いです。 新規カードはこの辺りが良さそうな感じですね。 良い感じにジェネレイドに欲しかった効果を持ってくれているのがありがたいです。 まとめ 強化されたジェネレイドについてまとめました。 星遺物関連の強化もあったので本当はまだ変わりようがありますが、とりあえず純ジェネレイドで組む分には今回紹介した辺りのカードがあればいけそうです。 わりと欲しい効果が揃って出てきてくれたので、デッキビルドパック登場時とは全然違う感じになることが期待できますね。 組んでみたらまた記事にしてみようかと思います。 結構変わりそうなんで楽しみですね。

次の

【2020年 魔術師】デッキの回し方、対策方法が分かる解説記事

遊戯王 妨害デッキ

以前は星杯の巫女イヴスタートも多かったが禁止になってしまった つまり レベル4以下のドラゴン族を含むドラゴン族2体を場にそろえるだけで展開を開始できるのです。 レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴンが制限に戻り黒鋼竜も初動の仲間入り 【ドラゴンリンク】の1枚で初動できるカードは 《輝光竜セイファート》 強力な盤面は、相手に対する妨害 モンスター効果や魔法・罠効果の無効、相手へのハンデス を複数用意し、かつ複数の打点が高いモンスターを並べることにより達成します。 このように 少ない手札から素早く展開し、強力な盤面を拵えるのが【ドラゴンリンク】など展開系デッキの強みです。 実際にプレイを重ねるとこの強さがわかると思います。 現代遊戯王で必須の手札誘発 そして、もう一つが 手札誘発です。 様々な妨害を可能にするカードで現代遊戯王で勝つためには必須となっています。 【ドラゴンリンク】のような展開系のデッキに対しては、《灰流うらら》や《増殖するG》《原子生命態ニビル》《エフェクト・ヴェーラー》や《無限泡影》などの相手ターンに発動できる手札誘発カードが大きく刺さります。 遊戯王を始めるとやたら出会う誘発達。 展開系はGとニビルが天敵。 テーマデッキでないメリットとは 【ドラゴンリンク】は、【ブルーアイズ】や【ブラック・マジシャン】、【レッドアイズ】のようにカード名に特定の名前を冠する『テーマデッキ』ではありません。 そのため、自由度や応用力が高く、カードのシナジー効果を理解しやすいメリットがあります。 テーマデッキでは基本的にテーマに共通するカードを集めてデッキを構築しますからテーマごとに基本展開・戦術が決まっているものがほとんどなので読まれやすいのです。 自由度が高いデッキ ドラゴンリンクでは、アドバンテージを重ねて戦う、ドラゴン族を主体にしたデッキであり、【ヴァレット】(かつては【守護竜】)が一部基礎にはなっています。 しかし、テーマに対する依存度、テーマによる戦い方の制限(テーマ内モンスターで強力な展開が可能になる代わりにテーマ内モンスターしか特殊召喚できない等の誓約がある等)はほとんどなく 自由度が高いです。 応用が効きやすいデッキ アドバンテージを稼ぐための動きの中に、利用制限の少ない様々なカードを取り込むことを学べます。 それらは 応用が効きやすく一部分のみを他のデッキにも採用できる場合があります。 カードごとのシナジーがわかるデッキ また、展開を学ぶ上で カードごとのシナジーを理解できる、カードに対して着目する視点が養われます。 現在の【ドラゴンリンク】で言えばエクストラデッキに《ガーデンローズメイデン》が組み込まれている場合があります。 植物族のシンクロモンスターである《ガーデンローズメイデン》ですが、採用理由としてはフィールド魔法《ブラックガーデン》が活用できる事によります。 (ほかにもありますが割愛します) 攻撃力という意外な共通点 リンク 新たな視点を生むデッキ 一見『ドラゴン族で戦おう!』と考えるだけでは思いつきにくい展開方法が【ドラゴンリンク】には組み込まれています。 こういった展開ルートを覚えると「闇属性シンクロモンスターを採用すれば《ヴァレットトレーサー》の効果発動後も出せる」とか「攻撃力800のリンク2以上のモンスターを《ローズトークン》1体と入れ替えで出せればアドバンテージを稼げる」などカードに対する視点が豊かになります。 新たな視点は、次のデッキ・コンボの構築力につながります。 【ドラゴンリンク】で学んだノウハウを他のデッキで活かせるので構築の幅が広がります。 少しずつ・着実に強く成長できるデッキ プレイングに関して、展開系はルートを覚えてしまえば 状況に応じて行う判断自体が少なめなので、戦い方を少しずつ学ぶのに適しています。 慣れてくると自分の展開で最も止められたくない点が見えてきます。 《リンクロス》《ハリファイバー》等をいかにして防ぐか、逆に自分が妨害をするならどこに打てばいいのか、という理解があれば 勝利の可能性も高まっていきます。 デッキ構築やプレイングにおいても、触れることで学べることが多く、なかなか勝てないと思っている方は 成長するきっかけになると思います。 展開成立の可能性• 出来上がった最終盤面の豪華さ 遊戯王で凹む時って 『引きが悪くて、何もできずに負けた』という時ですよね。 だからこそ、お薦めなんです。 展開成立の可能性が高い 低リスク・確率も高い 【ドラゴンリンク】は 展開に必要な札が少ない上に、その 初動札を複数採用可能であるため、妨害のリスクはありますが、手も足も出ない事態には陥りにくいのです。 終盤に盛り上がる そして展開終了後、相手に対してプレッシャーをかけられる盤面が作れるため、次の相手ターンに行う駆け引きがあります。 (どのカードに無効を使うのか等) また最終盤面に妨害持ち高打点が並ぶのはかっこいいです。 (個人の感想) 弱体化した今でも戦える… これまでに比べて弱体化した現在の【ドラゴンリンク】であっても、《セイファート》1枚が初期手札にあれば 3000打点越えの妨害持ちモンスターを3体《クリスタルウイング》《ヴァレルロードS》《ヴァレルエンド》等を並べることも可能です。 自分が頼れる・活かしたいカードが最終盤面に揃うのもモチベーションになります。 ただ2020年4月の制限改定によって大幅に弱体化しました。 そのため勝つことだけを目標にした場合はお薦めしません。 展開系に抵抗のある方でも、騙されたと思って一度触ってみてください。 展開系での学びを通じ、目指すプレイングや作りたい盤面の方向性が見つけられますよ。 私も、次はリソース管理と妨害ポイントの理解を深めるために【オルターガイスト】にチャレンジしようと思っています。 【オルターガイスト】に理解の深い方はTwitterなどでご教授ください! お読みいただきありがとうございました。 何か参考になりましたら いいね!や スキ!の反応を頂ければ幸いです。 私もまだまだ初心者ですが、デッキ構築したい!という方がいらっしゃれば、ブログを見た!とツイッターアカウントの方にご連絡ください。 お力添えいたします。 Twitter: みら.

次の

【遊戯王】手札誘発 汎用カード集【妨害編】

遊戯王 妨害デッキ

呪眼デッキとは 「そもそも呪眼ってどんなデッキ?」っていう人は下記の記事で動きを紹介していますのでこちらをご参照ください。 ざっくり言うと呪眼デッキでやりたい流れは• 「セレンの呪眼」を装備した「呪眼の死徒サリエル」で相手を妨害• 機を見て「呪眼の王ザラキエル」をリンク召喚し、高攻撃力の2回攻撃でトドメ って感じです。 なので今回のデッキ構築では• 初ターンで「呪眼の死徒サリエル」を召喚• 「呪眼の王ザラキエル」のリンク召喚及び攻撃を通すこと に重きを置いて、採用カードを選んでいます。 デッキレシピ モンスター 9 呪眼の死徒サリエル 3 呪眼の死徒メドゥサ 3 呪眼の眷属バジリウス 2 呪眼の眷属カトブレパス 1 魔法 20 セレンの呪眼 3 呪眼領閾-パレイドリア 3 静冠の呪眼 3 惨禍の呪眼 2 喚起の呪眼 2 ハーピィの羽箒 1 テラ・フォーミング 1 強欲で謙虚な壺 3 命削りの宝札 2 罠 11 妬絶の呪眼 3 断罪の呪眼 2 死配の呪眼 2 虚無空間 1 無限泡影 3 エクストラデッキ 3 呪眼の王ザラキエル 3 基本は「呪眼の死徒サリエル」を中心としたメタビートって感じです。 そのため、モンスターは最低限で、妨害用の魔法・罠に枠を割いています。 以下は、どのようにしてこんな感じになったのかを説明していきます。 呪眼デッキの構築 デッキコンセプトに必要なもの まずはデッキの核とも言えるカードを入れていきます。 ここでは• 呪眼の死徒サリエル• セレンの呪眼 ですね。 そして、「呪眼の死徒サリエル」をサーチできる「呪眼領閾-パレイドリア」も重要となってきます。 それぞれ絶対に引きたいカードなので3枚ずつですね。 次に意識したのは「呪眼の死徒サリエル」を安定して初手に用意できる方法でした。 「呪眼領閾-パレイドリア」はフィールド魔法なので、「テラ・フォーミング」でサーチできます。 そしてこのデッキでは特殊召喚を多用しません。 「呪眼の王ザラキエル」をリンク召喚する時くらいしか特殊召喚はしないので、「強欲で謙虚な壺」を採用しました。 それぞれ入れられる上限枚数入れています。 これでできるだけ初手に「呪眼の死徒サリエル」を手札に引き込んでいきます。 呪眼の死徒サリエルによる戦線維持 次は無事に「セレンの呪眼」を装備した「呪眼の死徒サリエル」を用意できた後のことを考えます。 「呪眼の死徒サリエル」は相手ターンでもモンスターを破壊出来る強力な効果を持っていますが、使用すれば次のスタンバイフェイズに自分のカードを破壊しなければなりません。 となると、破壊する用のカードが必要になってきます。 「静冠の呪眼」は格好の破壊対象ですね。 発動した時にドローでき、破壊されれば除外された呪眼を墓地に戻せるので無駄がありません。 また、「呪眼領閾-パレイドリア」も破壊された時に発動する効果を持っているので、身代わりは主にこの2種で賄うことにしましょう。 ということで「静冠の呪眼」も3枚。 また、「呪眼の死徒サリエル」だけで維持するのも無理があります。 「呪眼の死徒サリエル」でできる妨害は1ターンに1度なので、他の妨害手段を用意しておかなければなりません。 呪眼からは「妬絶の呪眼」と「断罪の呪眼」、「死配の呪眼」が分かりやすい妨害カードですね。 呪眼カードは「呪眼の死徒サリエル」「呪眼の死徒メドゥサ」で手札に加えられるので、呪眼以外のカードより気持ち優先度高めです。 特に「妬絶の呪眼」は扱いやすく強力なので優先的に採用します。 「断罪の呪眼」と「死配の呪眼」は様子見で2枚ずつ。 周りの環境によって扱いやすさは変わるのでここは要調整ですね。 ちなみに僕の周りでは攻撃反応罠がめっちゃ流行っているので「断罪の呪眼」はかなり強く見えます。 呪眼の王ザラキエルのリンク召喚 このデッキでは「呪眼の王ザラキエル」をリンク召喚して勝負を決めることを目指しています。 となると他にもモンスターが必要ですね。 「呪眼の王ザラキエル」の召喚条件は「呪眼モンスター2体以上」なので、呪眼モンスターから優先的に採用していきましょう。 結論から言うと、• 呪眼の死徒メドゥサを3枚• 呪眼の眷属バジリウスを2枚• 呪眼の眷属カトブレパスを1枚 投入することにしました。 呪眼デッキでは召喚権を使ってアドバンテージを獲りにいきます。 アドバンテージを獲れるモンスターが召喚時効果の「呪眼の死徒サリエル」と「呪眼の死徒メドゥサ」しかいないからです。 召喚権は無駄にしたくないので、毎ターンどちらかは召喚したいところ。 そのため、「呪眼の死徒メドゥサ」は3枚入れました。 回収効果は使いどころのないタイミングがありますが、このデッキでは呪眼カードを優先的に入れているため墓地に呪眼カードがたまりやすくなっています。 妨害で維持して、呪眼モンスターの頭数を増やしていきたいところです。 「呪眼の眷属バジリウス」と「呪眼の眷属カトブレパス」はそれぞれ自力で特殊召喚できる効果を持っています。 呪眼の眷属バジリウスは手札から• 呪眼の眷属カトブレパスは墓地から それぞれ特殊召喚できますね。 一気に呪眼モンスターの数を増やせるので、「呪眼の王ザラキエル」のリンク召喚に大きく近づきます。 ただ採用枚数が控えめなのは特殊召喚できる以外の効果が微妙だからですね。 「呪眼の王ザラキエル」をリンク召喚しようとする時以外の出番が無いので少なめにしています。 特に「呪眼の眷属カトブレパス」に至っては 引いたら困るレベルなので1枚だけ。 採用枚数が少なくても「喚起の呪眼」でデッキから呼んでこられるので問題ないでしょう。 枠が余った時の考え方 呪眼カードを優先的に入れていった結果、デッキが31枚となりました。 余ってしまいましたね。 ここからは汎用カードで埋めていくことになります。 汎用カードで埋めていくときに考えることは、デッキコンセプトを強化できないか?ということですね。 つまりここでは• 初手「呪眼の死徒サリエル」がもっと安定しないか?• 妨害をもっと充実させられないか?• 「呪眼の王ザラキエル」をもっと活躍しやすくさせられないか? ということです。 個人的には上から順に優先度が高いと思っており、それぞれ伸ばしていきたいところですね。 というわけで最終的にはこうなりました。 追加部分をまとめると、• ドロー手段として「命削りの宝札」の投入• 妨害に「虚無空間」「無限泡影」の投入• 伏せ除去に「ハーピィの羽箒」「惨禍の呪眼」の投入 といったところです。 まず考えたのは「もっとドローを入れられないか?」ということでした。 「呪眼の死徒サリエル」は絶対に初ターンに召喚したいからです。 そこで選択肢に浮かんだのが• エクストラデッキを除外して2枚ドローする「強欲で金満な壺」• エンドフェイズに手札を全て捨てる代わりに3枚になるようにドローする「命削りの宝札」 でした。 この呪眼デッキではエクストラデッキをそこまで使いませんし、魔法・罠が多いのでどちらも候補に挙がります。 結果選んだのは「命削りの宝札」。 理由は簡単で 安いからですね。 というか「強欲で金満な壺」が高すぎ。 あと手元にあったのが「命削りの宝札」だったからというのもあります。 じゃあ両方持ってたら「強欲で金満な壺」を選んでたのかというと、そうとも言い切れません。 と言うのも最悪 「呪眼の王ザラキエル」が全部除外されてる可能性があるからですね。 エクストラデッキ15枚のうち、3枚を「呪眼の王ザラキエル」にしていても下手すると1回の発動で全部除外される可能性もあるわけですよ。 1回目は無くとも、2回は発動できないでしょう。 デッキの切り札が勝手に除外されてるっていうのもつらいので、このデッキでは「呪眼の王ザラキエル」を活躍させることを優先して、安全な「命削りの宝札」を選んでいます。 次は妨害手段ですね。 あまり特殊召喚を行わないので、「虚無空間」を採用してみました。 相手の動きをかなり封じられますし、「呪眼の死徒サリエル」のデメリットで破壊もできますので相性良い気がします。 「無限泡影」は伏せにも使える手札誘発ということで、「命削りの宝札」と相性が良い妨害手段です。 というのも「命削りの宝札」を入れることを考えると手札誘発モンスターを入れにくいのですね。 手札捨てないといけませんし。 なので、最初は手札誘発に使えて、後からは伏せカードとしても使える「無限泡影」は都合が良かったりします。 こちらも高いですが、1デッキ分は持ってたので採用。 持ってなかったら別の妨害カードを入れていたことでしょう。 ちなみに妨害カードと言えば「神の宣告」などの神シリーズですが、ライフコストを払うのがきついので採用していません。 「セレンの呪眼」の効果でガンガンライフが減っていくので、神シリーズを採用する余裕が無いですね。 最後に伏せ除去。 「呪眼の王ザラキエル」の攻撃を安全に通すために採用しました。 まずは定番の「ハーピィの羽箒」。 伏せ除去の範囲としては最高峰ですね。 そして「惨禍の呪眼」。 呪眼カードでありながら、妨害カードというほどでもなくデッキの動きにあまり関係なかったのでスルーしていましたが、伏せ除去が欲しいと思うと採用。 「セレンの呪眼」が場にあれば、破壊した魔法・罠を除外できるので墓地効果も発動させません。 性能としては結構優秀なのでギリギリで採用となりました。 まとめ これで40枚決まりましたね。 呪眼デッキの構築について説明しました。 デッキ作りは毎回こうして行っています。 重要なのは• やりたいデッキの動きを決める• デッキの動きに必要なカードを採用 と言う手順ですね。 今回だとやりたい事として• 「呪眼の死徒サリエル」で耐え、「呪眼の王ザラキエル」でトドメ というものがあったので、そのために必要なカードを入れていっています。 呪眼デッキ、かっこよくて面白いデッキなのでぜひ組んでみてください。 呪眼デッキにおすすめなアイテム.

次の