ラン マーク 副作用。 ランマーク皮下注120mg

ランマークの副作用予防には天然型ビタミンDが良い?

ラン マーク 副作用

用法・用量 (主なもの)• 〈多発性骨髄腫による骨病変及び固形癌骨転移による骨病変〉通常、成人にはデノスマブ(遺伝子組換え)として120mgを4週間に1回、皮下投与する• 〈骨巨細胞腫〉通常、デノスマブ(遺伝子組換え)として120mgを第1日、第8日、第15日、第29日、その後は4週間に1回、皮下投与する• (用法及び用量に関連する注意)7. 1. 本剤によるグレード3の副作用又はグレード4の副作用が発現した場合、グレード1以下に回復するまで休薬を考慮すること(グレードはCTCAEに準じる)• 2. 本剤による重篤な低カルシウム血症の発現を軽減するため、血清補正カルシウム値が高値でない限り、毎日少なくともカルシウムとして500mg(骨巨細胞腫の場合は600mg)及び天然型ビタミンDとして400IUの投与を行うこと• ただし、腎機能障害患者では、ビタミンDの活性化が障害されているため、腎機能障害の程度に応じ、ビタミンDについては活性型ビタミンDを使用するとともに、カルシウムについては投与の必要性を判断し、投与量を適宜調整すること〔1. 1、17. 1.5参照〕 低マグネシウム血症 、 頭痛 、 めまい 、 不眠症 、 錯感覚 、 味覚異常 、 感覚鈍麻 、 嗜眠 、 末梢性感覚ニューロパチー 、 錯乱 、 高血圧 、 動悸 、 心不全 、 不整脈 、 呼吸困難 、 咳嗽 、 口腔咽頭痛 、 気胸 、 悪心 、 下痢 、 食欲減退 、 嘔吐 、 便秘 、 歯の障害 、 歯痛 、 歯膿瘍 、 腹痛 、 歯肉障害 、 歯肉痛 、 歯肉炎 、 消化不良 、 口内乾燥 、 鼓腸 、 口内炎 、 関節痛 、 筋肉痛 、 骨痛 、 背部痛 、 顎痛 、 四肢痛 、 筋骨格痛 、 筋痙縮 、 頸部痛 、 脊椎痛 、 ALT上昇 、 AST上昇 、 ALP上昇 、 血中クレアチニン増加 、 腎機能障害 、 疲労 、 無力症 、 注射部位反応 、 注射部位疼痛 、 注射部位そう痒感 、 注射部位血腫 、 インフルエンザ様疾患 、 末梢性浮腫 、 体重減少 、 胸痛 、 ほてり 、 悪寒 、 上気道感染 、 倦怠感 、 尿路感染 、 視力障害 、 粘膜炎症 、 体重増加 、 流涙増加 、 白内障 、 薬物過敏症 、 扁平苔癬• 用法・用量 (添付文書全文) 〈多発性骨髄腫による骨病変及び固形癌骨転移による骨病変〉 通常、成人にはデノスマブ(遺伝子組換え)として120mgを4週間に1回、皮下投与する。 〈骨巨細胞腫〉 通常、デノスマブ(遺伝子組換え)として120mgを第1日、第8日、第15日、第29日、その後は4週間に1回、皮下投与する。 (用法及び用量に関連する注意) 7. 1. 本剤によるグレード3の副作用又はグレード4の副作用が発現した場合、グレード1以下に回復するまで休薬を考慮すること(グレードはCTCAEに準じる)。 2. 本剤による重篤な低カルシウム血症の発現を軽減するため、血清補正カルシウム値が高値でない限り、毎日少なくともカルシウムとして500mg(骨巨細胞腫の場合は600mg)及び天然型ビタミンDとして400IUの投与を行うこと。 ただし、腎機能障害患者では、ビタミンDの活性化が障害されているため、腎機能障害の程度に応じ、ビタミンDについては活性型ビタミンDを使用するとともに、カルシウムについては投与の必要性を判断し、投与量を適宜調整すること〔1. 1、17. 1.5参照〕。 副作用 (添付文書全文) 次の副作用があらわれることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止するなど適切な処置を行うこと。 1. 重大な副作用 11. 1.1. 〈効能共通〉低カルシウム血症(5. 3、8. 2、8. 3参照〕。 1.2. 〈効能共通〉顎骨壊死・顎骨骨髄炎(1. 4参照〕。 1.3. 〈効能共通〉アナフィラキシー(頻度不明)。 1.4. 〈効能共通〉大腿骨転子下非定型骨折及び近位大腿骨骨幹部非定型骨折(頻度不明)〔8. 5参照〕。 1.5. 〈効能共通〉治療中止後の多発性椎体骨折(頻度不明)。 1.6. 〈効能共通〉重篤な皮膚感染症(0. 1.7. 〈骨巨細胞腫〉治療中止後の高カルシウム血症(頻度不明)。 使用上の注意 (添付文書全文) (警告) 1. 1. 〈効能共通〉本剤の治療開始後数日から、重篤な低カルシウム血症があらわれることがあり、死亡に至った例が報告されているので、本剤の投与に際しては、頻回に血液検査を行い、観察を十分に行うこと。 本剤による重篤な低カルシウム血症の発現を軽減するため、血清補正カルシウム値が高値でない限り、カルシウム及びビタミンDの経口補充のもとに本剤を投与すること〔7. 2参照〕。 2. 〈効能共通〉重度腎機能障害患者では低カルシウム血症を起こすおそれが高いため、慎重に投与すること〔9. 2.1参照〕。 3. 〈効能共通〉本剤投与後に低カルシウム血症が認められた場合には、カルシウム及びビタミンDの経口投与に加えて、緊急を要する場合には、カルシウムの点滴投与を併用するなど、適切な処置を速やかに行うこと〔11. 1.1参照〕。 4. 〈骨巨細胞腫〉本剤の投与は、緊急時に十分対応できる医療施設において、骨巨細胞腫の診断及び治療に十分な知識・経験を持つ医師のもとで、本剤の投与が適切と判断される症例についてのみ行うこと。 (禁忌) 2. 1. 本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者。 2. 妊婦又は妊娠している可能性のある女性〔9. 5妊婦の項参照〕。 (重要な基本的注意) 8. 1. 〈効能共通〉本剤はプラリアと同一成分(デノスマブ)を含むため、本剤投与中の患者にはプラリアの投与を避けること。 2. 〈効能共通〉低カルシウム血症があらわれることがあるので、本剤投与開始前に、血清カルシウム、リン等の血清電解質濃度を測定すること。 血清補正カルシウム値を確認し、低カルシウム血症が認められた場合には、低カルシウム血症を是正した後に、本剤の投与を開始すること〔9. 1.1、11. 1.1参照〕。 3. 〈効能共通〉治療開始後数日から、低カルシウム血症があらわれることがあるので、本剤投与後は、患者の状態に注意し、頻回に血清カルシウム、リン等の血清電解質濃度を測定すること〔11. 1.1参照〕。 4. 〈効能共通〉顎骨壊死・顎骨骨髄炎があらわれることがあり、本剤の長期投与により顎骨壊死の発現率の増加が認められており、報告された症例の多くが抜歯等の顎骨に対する侵襲的歯科処置や局所感染に関連して発現しており、リスク因子としては、悪性腫瘍、化学療法、血管新生阻害薬治療、コルチコステロイド治療、放射線療法、口腔の不衛生、歯科処置の既往等が知られている。 本剤の投与開始前は口腔内の管理状態を確認し、必要に応じて、患者に対し適切な歯科検査を受け、侵襲的な歯科処置をできる限り済ませておくよう指導すること。 本剤投与中に歯科処置が必要になった場合には、できる限り非侵襲的な歯科処置を受けるよう指導すること。 また、口腔内を清潔に保つこと、定期的な歯科検査を受けること、歯科受診時に本剤の使用を歯科医師に告知して侵襲的な歯科処置はできる限り避けることなどを患者に十分説明し、異常が認められた場合には、直ちに歯科・口腔外科を受診するように指導すること〔11. 1.2参照〕。 5. 〈効能共通〉本剤又はビスホスホネート系薬剤を長期使用している患者において、非外傷性大腿骨転子下非定型骨折及び非外傷性近位大腿骨骨幹部非定型骨折が発現したとの報告がある。 これらの報告では、完全骨折が起こる数週間から数ヵ月前に大腿部痛や鼠径部痛等の前駆痛が認められている報告もあることから、本剤の投与開始後にこのような症状が認められた場合には、X線検査等を行い、適切な処置を行うこと。 また、両側性の骨折が生じる可能性があることから、片側非定型骨折が起きた場合には、反対側の大腿骨の症状等を確認し、X線検査を行うなど、慎重に観察すること(X線検査時には骨皮質の肥厚等、特徴的な画像所見がみられており、そのような場合には適切な処置を行うこと)〔11. 1.4参照〕。 6. 〈多発性骨髄腫による骨病変及び固形癌骨転移による骨病変〉本剤の投与は、がん治療に十分な知識・経験を持つ医師のもとで、本剤の投与が適切と判断される症例についてのみ行うこと。 (特定の背景を有する患者に関する注意) (合併症・既往歴等のある患者) 9. 1.1. 低カルシウム血症の患者又は低カルシウム血症を起こすおそれのある患者:低カルシウム血症が発現又は増悪するおそれがある〔8. 2参照〕。 1.2. 肺転移を有する骨巨細胞腫患者:気胸が発現するおそれがある。 (腎機能障害患者) 9. 2、17. 3.1参照〕。 (生殖能を有する者) 妊娠可能な女性:妊娠可能な女性に対しては、本剤投与中及び最終投与後一定期間は適切な避妊法を用いるよう指導すること〔9. 5妊婦の項参照〕。 (妊婦) 妊婦又は妊娠している可能性のある女性には投与しないこと。 2、9. 4生殖能を有する者の項参照〕。 (授乳婦) 治療上の有益性及び母乳栄養の有用性を考慮し、授乳の継続又は中止を検討すること(本剤のヒト乳汁中への移行は不明であるが、ヒトIgGは乳汁中に移行することが報告されている)。 (小児等) 9. 7.1. 小児等を対象とした臨床試験は実施していない(本剤を投与した若齢サルにおいて、骨端成長板異常が認められ、RANKL*を阻害すると、ラット新生仔骨成長抑制及び新生仔歯萌出抑制されることが示されている)〔5. 1参照〕。 7.2. 骨端線閉鎖を伴わない骨格が未成熟な小児等患者において、本剤治療中止後(数週間から数ヵ月後)に、急性腎障害、悪心・嘔吐等の臨床症状を伴う重篤な高カルシウム血症が発現した例が報告されている〔5. 1参照〕。 (高齢者) 一般に、生理機能が低下していることが多い。 (適用上の注意) 14. 2. 薬剤投与時の注意 14. 2.1. 皮下注射は上腕・大腿又は腹部に行うこと。 2.2. 投与の際には、27ゲージの注射針の使用が推奨される。 2.3. 注射針が血管内に刺入していないことを確認すること。 (その他の注意) 15. 1. 臨床使用に基づく情報 臨床試験において、3508例中15例(0. (取扱い上の注意) 外箱開封後は遮光して保存すること。 処方薬事典は医療・医薬関係者向けのコンテンツです。

次の

医療用医薬品 : ランマーク

ラン マーク 副作用

2012年1月18日、骨病変治療薬のが製造承認を取得した。 適応は「多発性骨髄腫による骨病変及び固形癌骨転移による骨病変」で、用法・用量は「成人、4週間に1回120mg、皮下投与」となっている。 骨転移は、全世界で150万人以上、日本でも10~20万人の癌患者に発症しており、前立腺癌、乳癌、肺癌などで多く認められている。 骨転移した部位では、腫瘍と骨組織の間の相互作用(悪循環)によって、破骨細胞の活性が亢進し、骨吸収が異常亢進する。 このため骨転移を有する進行癌患者では、骨吸収を抑制する作用を持つ、のなどが使用される。 今回承認されたデノスマブは、RANKLと結合し、破骨細胞及びその前駆細胞膜上に発現するRANKへのRANKLの結合を特異的に阻害する、いわゆる分子標的薬(ヒト型抗RANKLモノクローナル抗体)である。 RANKL経路を介した破骨細胞の形成、活性、生存を抑制し、骨破壊に起因する病的骨折などの骨関連事象(SRE)の発現を抑制すると考えられている。 第3相臨床試験(日本が参加した国際共同試験を含む)では、骨転移を有する進行癌患者におけるデノスマブの安全性と、SRE発現抑制に対する有効性が確認されている。 海外では2011年12月現在、4つの国または地域(米国、カナダ、豪州、欧州連合:EU)で承認されている。 第3相臨床試験では、29. 1%に何らかの副作用が認められている。 主な副作用は、低カルシウム血症(5. 7%)、疲労(2. 7% 、悪心・関節痛(各2. 6%)、顎骨壊死(1. 8%)、無気力(1. 7%)、下痢(1. 6%)などであり、重大な副作用としては、顎骨壊死・顎骨骨髄炎、重篤な皮膚感染症に注意が必要である。 また類薬(ビスホスホネート製剤)では、長期使用により大腿骨転子下及び近位大腿骨骨幹部の非定型骨折が報告されているので、注意が必要である。

次の

ランマーク(一般名:デノスマブ)がんの骨転移による骨病変を管理する新薬

ラン マーク 副作用

4 顎骨壊死・顎骨骨髄炎があらわれることがあり、本剤の長期投与により顎骨壊死の発現率の増加が認められている。 報告された症例の多くが抜歯等の顎骨に対する侵襲的な歯科処置や局所感染に関連して発現している。 リスク因子としては、悪性腫瘍、化学療法、血管新生阻害薬、コルチコステロイド治療、放射線療法、口腔の不衛生、歯科処置の既往等が知られている。 本剤の投与開始前は口腔内の管理状態を確認し、必要に応じて、患者に対し適切な歯科検査を受け、侵襲的な歯科処置をできる限り済ませておくよう指導すること。 本剤投与中に歯科処置が必要になった場合には、できる限り非侵襲的な歯科処置を受けるよう指導すること。 また、口腔内を清潔に保つこと、定期的な歯科検査を受けること、歯科受診時に本剤の使用を歯科医師に告知して侵襲的な歯科処置はできる限り避けることなどを患者に十分説明し、異常が認められた場合には、直ちに歯科・口腔外科を受診するように指導すること。 [参照] 8. 5 本剤又はビスホスホネート系薬剤を長期使用している患者において、非外傷性の大腿骨転子下及び近位大腿骨骨幹部の非定型骨折が発現したとの報告がある。 これらの報告では、完全骨折が起こる数週間から数ヵ月前に大腿部や鼠径部等において前駆痛が認められている報告もあることから、本剤の投与開始後にこのような症状が認められた場合には、X線検査等を行い、適切な処置を行うこと。 また、両側性の骨折が生じる可能性があることから、片側で非定型骨折が起きた場合には、反対側の大腿骨の症状等を確認し、X線検査を行うなど、慎重に観察すること。 X線検査時には骨皮質の肥厚等、特徴的な画像所見がみられており、そのような場合には適切な処置を行うこと。 [参照] 次の副作用があらわれることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止するなど適切な処置を行うこと。 1%以上 1%未満 頻度不明 血液 貧血 白血球減少、血小板減少 皮膚 発疹、そう痒症、皮膚乾燥、脱毛症、多汗症、湿疹 扁平苔癬 代謝 低リン酸血症 高カルシウム血症、低マグネシウム血症 精神神経系 頭痛 めまい、不眠症、錯感覚、味覚異常、感覚鈍麻、嗜眠、末梢性感覚ニューロパチー、錯乱 循環器 高血圧、動悸、心不全、不整脈 呼吸器 呼吸困難、咳嗽、口腔咽頭痛、気胸 消化器 悪心、下痢、食欲減退、嘔吐、便秘、歯の障害(歯痛、歯膿瘍等) 腹痛、歯肉障害(歯肉痛、歯肉炎等)、消化不良、口内乾燥、鼓腸、口内炎 筋骨格系 関節痛、筋肉痛、骨痛、背部痛、顎痛、四肢痛 筋骨格痛、筋痙縮、頸部痛、脊椎痛 肝臓 ALT上昇、AST上昇、ALP上昇 腎臓 血中クレアチニン増加 腎機能障害 その他 疲労、無力症、発熱、注射部位反応(疼痛、そう痒感、血腫等) インフルエンザ様疾患、疼痛、末梢性浮腫、体重減少、胸痛、ほてり、悪寒、上気道感染、倦怠感、尿路感染、視力障害、粘膜の炎症、体重増加、骨髄炎、流涙増加、白内障、薬物過敏症 14. 適用上の注意 骨巨細胞腫患者を対象とした2つの海外第II相試験 (いずれもデノスマブ120mgの皮下投与を、第1日、第8日、第15日、第29日、その後は4週間に1回、皮下投与)において認められた客観的奏効率(完全奏効又は部分奏効が認められた被験者の割合)は次表のとおりであった。 なお、骨格が成熟した12歳以上かつ体重45kg以上の未成年の患者[放射線撮影で1つ以上の成熟した(閉鎖した骨端成長板を持つ)長骨が確認されている]が含まれていた。 また、全ての患者に対して、治験期間中に高カルシウム血症が認められない限り、毎日少なくとも500mgのカルシウム及び400IUの天然型ビタミンDの補充が強く推奨された。 [、、参照] デノスマブは特異的かつ高い親和性でヒトRANKLに結合するヒト型IgG2モノクローナル抗体である。 RANKLは膜結合型あるいは可溶型として存在し、骨吸収を司る破骨細胞及びその前駆細胞の表面に発現する受容体であるRANK 注)を介して破骨細胞の形成、機能及び生存を調節する必須の蛋白質である。 多発性骨髄腫及び骨転移を有する固形癌の骨病変においては、RANKLによって活性化された破骨細胞が骨破壊の主要な因子である。 骨巨細胞腫においては、腫瘍中の間質細胞にRANKLが、破骨細胞様巨細胞にRANKが発現している。 デノスマブはRANKLに結合し、破骨細胞様巨細胞による骨破壊を抑制し、骨巨細胞腫の進行を抑制すると考えられる。 Yonemori K,et al. , Cancer Sci. , 99 6 , 1237-1242, 2008• Kumagai Y,et al. , Bone. , 49 5 , 1101-1107, 2011• 社内資料:骨転移を有する乳癌患者を対象とした第III相臨床試験における日本人被験者の薬物動態(2012年1月18日承認、CTD2. 社内資料:骨巨細胞腫患者を対象とした国内第II相臨床試験における薬物動態(2014年5月23日承認、CTD2. 社内資料:健康被験者、低骨密度又は骨粗鬆症の閉経後女性及びがん患者におけるデノスマブの母集団薬物動態解析(2012年1月18日承認、CTD2. 社内資料: 125I標識デノスマブを単回皮下投与したカニクイザルにおける分布及び排泄(2012年1月18日承認、CTD2. 社内資料: 125I標識デノスマブを単回皮下投与したカニクイザルにおけるQWBA試験(2012年1月18日承認、CTD2. Block GA,et al. , J Bone Miner Res. , 27 7 , 1471-1479, 2012• 社内資料:重度腎疾患患者及び透析の必要な末期腎不全患者を対象とした第I相臨床試験結果(2014年5月23日承認、CTD2. Stopeck AT,et al. , J Clin Oncol. , 28 35 , 5132-5139, 2010• Fizazi K,et al. , Lancet. , 377 9768 , 813-822, 2011• Henry DH,et al. , J Clin Oncol. , 29 9 , 1125-1132, 2011• Ueda T,et al. , Ann Oncol. , 26 10 , 2149-2154, 2015• 社内資料:骨巨細胞腫患者を対象とした外国第II相臨床試験における客観的奏効率(2014年5月23日承認、CTD2. 社内資料:腎機能の程度が異なる被験者を対象とした薬物動態試験における低カルシウム血症の発現状況(2012年1月18日承認、CTD2. 10)• Lacey DL,et al. , Cell. , 93 2 , 165-176, 1998• Roodman GD,et al. , Cancer Treat Rev. , 34 1 , 92-101, 2008• 社内資料:デノスマブのRANKLに対する結合試験(2012年1月18日承認、CTD2. Kostenuik PJ,et al. , J Bone Miner Res. , 24 2 , 182-195, 2009• 社内資料:デノスマブの骨吸収抑制作用(2012年1月18日承認、CTD2. Roux S,et al. , Am J Clin Pathol. , 117 2 , 210-216, 2002• Branstetter DG,et al. , Clin Cancer Res. , 18 16 , 4415-4424, 2012• 社内資料:カニクイザルにおけるデノスマブ投与試験(2012年1月18日承認、CTD2. 社内資料:乳癌のマウス骨転移モデルにおけるOPG-Fcの効果(2012年1月18日承認、CTD2. Morony S,et al. , Cancer Res. , 61 11 , 4432-4436, 2001• Canon JR,et al. , Clin Exp Metastasis. , 25 2 , 119-129, 2008• 社内資料:前立腺癌のマウス骨転移モデルにおけるOPG-Fcの効果(2012年1月18日承認、CTD2. 社内資料:肺癌のマウス骨転移モデルにおけるOPG-Fcの効果(2012年1月18日承認、CTD2. 2) 24. 文献請求先及び問い合わせ先.

次の