五 等 分 の 花嫁 ネタバレ 114。 五等分の花嫁

五等分の花嫁114話最新話のネタバレと感想!|マイコミック|漫画のネタバレや無料で読む方法を紹介!

五 等 分 の 花嫁 ネタバレ 114

五等分の花嫁の漫画の方は最終回となりましたが、アニメは10月から始まりますね。 2020年2月19日 水 発売号の週刊少年マガジンに掲載予定の五等分の花嫁本誌122話のネタバレ最新確定速報をお届けします。 では、高校卒業から5年後、五つ子の5年後の様子から始まります。 一花は女優として、二乃、三玖は一緒にお店を経営、五月は教師になっていました。 そして風太郎と四葉の結婚式当日、五つ子たちは二乃と三玖の経営するお店「なかの」に集まります。 そこで母の形見のピアスを四葉にプレゼントするのでした。 結婚式場では姉妹を探す風太郎の前に、姉妹の父マルオが現れます。 マルヲから四葉は心から喜んでいるかと問われる風太郎。 風太郎が自信をもってそれに応え、マルヲは風太郎を認め、お祝いの日にしか飲まないと言っていたワインを飲むのでした。 式場の係の人から新婦が呼んでいると声がかかり、風太郎は四葉の待つ部屋へ入ります。 姉妹たちの思い出を語りながら、そこで四葉を待つ風太郎。 しかし、着替え用のカーテンが開かれると、そこにはウエディングドレス姿の五つ子が! そして五つ子たちは愛があれば見分けられる、と風太郎に最後の五つ子ゲームを仕掛けるのでした。 はたして、風太郎は五つ子を見分けることが出来るのでしょうか? 今回は「【五等分の花嫁本誌ネタバレ122話最新話確定速報】風太郎は五つ子を見分けることが出来るか?」と題し紹介していきます。 ついに最終回となりこれまでの話を読み返したいと思われる場合は 電子書籍でお得に読みましょう。 五等分の花嫁の人気はさらに上がって 累計発行部数1000万部を突破! 電子書できでしたら、外に出ることなく すぐに 無料で読むことができます。 今すぐ読み直したいと思ったら下のリンク先で、おすすめのサイトを紹介していますのでチェックしてください。 ここからネタバレを含みますので注意してください。 本当の花嫁は誰? 風太郎の前に現れたウエディングドレス姿の五つ子! それぞれ自らが本当の花嫁だと風太郎に言います。 大人になっても変わらぬ五つ子の行動に風太郎はあきれ顔。 すると、風太郎は一番左の花嫁を指さします。 そして風太郎は、お前は一花だと言うのです。 一番左の花嫁は一花 髪をほどいたその姿は、一花。 驚く一花に対して、風太郎は一花への今までの想いを伝えます。 本当は怠け者で、鈍くて、寝てばかり、それなのに長女として強くいようとする姿が眩しかった、と話します。 突然褒められた一花は恥ずかしくなり、照れながら風太郎を小突きます。 そして次に風太郎は、左から2番目の花嫁に対して、お前は二乃だと言います。 左から2番目の花嫁は二乃 次に言い当てられた花嫁は二乃でした。 風太郎は二乃への想いを語り始めます。 二乃はとても強がり。 でもそれは弱いことの裏返しで、時より見せる厳しさも大きな愛情があるからと話します。 当時の俺はそれに応えられなかったと、風太郎は謝ります。 風太郎の正直な告白。 それを聞いた二乃は、嬉しそうな顔をするのでした。 そして次に風太郎は、右から2番目の花嫁を三玖と呼びます。 名を呼ばれた花嫁は静かに頷くのでした。 右から2番目の花嫁は三玖 右から2番目の花嫁、それは三玖でした。 三玖に風太郎は、自分を信じる事の大切さを伝え、それで得た結果は三玖自身のもの、と応えます。 三玖はありがとう、と笑顔で感謝を述べるのでした。 そして次に風太郎は一番右の花嫁を五月と呼ぶのでした。 一番右の花嫁は五月 一番右の花嫁が髪をほどくと、それは五月。 なぜか満面の笑みで、五つ子のモノマネ、上達したでしょうと胸を張る五月に、憤慨する風太郎。 そして最後に残ったのが四葉だ!と言います。 消去法みたいな感じで指名され、四葉は不満そう! 風太郎から姉妹への想い 風太郎は5人全員を見分けることが出来ました。 5年前、姉妹たちが五月の恰好をした時、風太郎は5人を見分けられなかった。 しかし、様々な出来事、紆余曲折を経て、風太郎は5人を見分けられるようになったのです。 五つ子と出会えたことは、俺の誇り。 そんな風太郎の言葉を聞いて、五つ子たちは涙するのでした。 四葉から家族へ 式場で四葉は来場者へスピーチをしています。 それを聞く姉妹たち。 天国の母、父、そして姉妹への感謝、家族への想い。 四葉のスピーチを経て、結婚式は幕を閉じました。 おつかれさま 結婚式を終えて、風太郎は控室で休んでいます。 風太郎が脱いだスーツをかたづけるらいは。 無事、新郎としての役目を果たした兄。 そんな風太郎に気を使い、らいはは部屋を後にします。 プロポーズから5年。 ようやく迎えた結婚式が終わりました。 鐘キスの相手 結婚式を終えて、一息つく風太郎と四葉。 お互いに緊張して疲れたようです。 風太郎が誓いのキスの前に、緊張で震えていたことを四葉にからかわれます。 と、風太郎は誓いのキスをする前に、四葉が言ったことを思い出します。 5年前を思い出して、と言っていたことを。 5年前の春の旅行、その時丘の上の鐘の下でキスした相手。 この話をした時、四葉はやさしく微笑むのでした。 もうリボンはいらない。 四葉は式場にリボンを忘れてきたようです。 四葉は自身のトレードマークだったリボンをもうつけないと言います。 付けなくても、風太郎は私を見分けてくれたから。 四葉は優しく微笑みます。 四葉の報告 そして四葉は風太郎になにかを告げています。 それを聞いた風太郎は驚き、もっと早く知りたかったと言います。 四葉は何を伝えたのでしょうか。 小学生の修学旅行の時から続く2人の関係。 四葉が風太郎に伝えたいことはまだたくさんあるようです。 新婚旅行は6人で!? 姉妹たち4人はなにやら旅行のパンフレットを見ているようです。 なんと4人は風太郎と四葉の新婚旅行についていこうとしているようです! しかし四葉はそれもいいなと言う感じで嬉しそうです! 姉妹たちは高校生の時みたいと盛り上がります。 するとそこへ、遠くから風太郎を呼ぶ声が聞こえてきます。 上杉君、上杉君…。 起こされた風太郎。 風太郎を呼んでいたのは五月でした。 風太郎はなぜか高校生の姿で五つ子の家のソファに寝ていました。 そこには高校生の時の五つ子の姿が。 風太郎は夢でも見たのかと思い、結婚式のことを五つ子に話しますが、五つ子たちは何の話?とキョトンとしています。 重なる笑顔 五つ子はどうやら卒業旅行の場所を決めようとしているようです。 笑顔の五つ子たち。 それを見ている風太郎。 風太郎が見ていたのは結婚式の夢ではなくて、高校のころの思い出。 風太郎の中で、そんな高校生の頃の五つ子の笑顔と、5年後の五つ子の笑顔が重なるのでした。 五等分の花嫁の結婚相手が確定? 最新話見てきた~ ネタバレになっちゃうから言わないけどめっちゃいい話だった😭😭 次週は最終回! 正直終わっちゃうのは寂しいけど 凄い最終回が楽しみ👍 — T. S 五等分の花嫁教信者 TSgotoubun55555 前話では五つ子の高校卒業5年後の姿と、風太郎の結婚式当日が描かれました。 正装し、新婦を待つ風太郎の前に現れたのは、ウエディングドレス姿の五つ子! 風太郎と五つ子たちの最後の五つ子ゲーム、といった展開でしたが今後どうなるのでしょうか? 考えられる展開を紹介していきたいと思います。 全員を見分ける風太郎 風太郎は四葉だけではなく他の姉妹も見分けるのではないでしょうか。 結果的には四葉を選んだ風太郎でしたが、学園祭で姉妹たち5人が好きと言っていました。 友愛という意味もあったかもしれませんが、風太郎にとって五つ子たちが大切な存在であったことは間違いありません。 そこで風太郎は姉妹たちへの「愛」をもって、全員の顔を見分けるのではないでしょうか。 風太郎は五つ子の祖父に、5人の顔くらい見分けられるようになっておくんだなと言われていました。 今こそ、ここで姉妹たち5人への「愛」を見せると思います。 五つ子たちとの思い出 風太郎が五つ子ゲームをしていくなかで、五つ子たち一人一人との思い出が描かれるのではないでしょうか。 高校で苦楽を共にし、卒業までに至った風太郎と五つ子たちですが、本当にここまでいろんなことがありました。 風太郎は感謝と共に、五つ子ゲームで一人一人を見分けながら、思い出と感謝を述べていくと思います。 五月のところで、玲奈が五月であったことなどを語る展開もあるかもしれません。 二乃と三玖が作ったウエディングケーキ 結婚式のウエディングケーキを二乃と三玖が作り、風太郎と四葉がケーキ入刀したりする展開もあるかもしれません。 二乃と三玖のお店、「なかの」には、結婚式当日に5人がお店に集まった時にお客さんがいなかったので、当日は休みにしてケーキや料理を作っていたのかもしれません。 また、らいはは当日の朝食が質素とボヤく父の勇也に、お昼ご飯は豪華と言っていました。 お昼の結婚式で二乃、三玖が作った料理が出てくるかもしれませんね。 四葉との結婚式 最後の五つ子ゲームで見事四葉を見分けることが出来た風太郎は、四葉と共に結婚式の続きを行うと思います。 結婚式ではなぜか指輪の交換が後回しになっていたので、五つ子ゲーム終了後、四葉と指輪の交換をすると思います。 そして結婚式に集まった同級生、らいは、勇也、マルオ、そして一花、二乃、三玖、五月に祝福され、ハッピーエンドとなるのではないでしょうか。 結婚後の風太郎と四葉 結婚後の風太郎と四葉の姿も描かれるかもしれません。 結婚をして幸せに暮らし、子どもが出来て、その子供たちはまた五つ子…。 そして五つ子たちに自分たちの昔話をする…そんな展開もあると思います。 感想・予想ネタバレツイート 五等分の花嫁、春場ねぎ様へ 毎週毎週更新日を楽しみに待ち、一喜一憂しながら毎日を過ごしていました。 そんな五等分の花嫁も今回で最終回です。 五等分の花嫁最新話、「予想してた展開きた〜!」とテンション上がりつつも、来週で最終回という一抹の寂しさもある。 今回の表紙が素敵だからこそ余計に…かな。 単行本派だったのが、耐えきれず最新話を追いかけるようになり、毎週ドキドキさせてもらってました。 しっかり完結を見届けたいと思います。 卒業式の描写はほぼ無かったですが、扉絵で表現されていましたね。 マルオがお酒を飲む、五つ子ゲーム、花嫁のピアス……伏線が次々と回収されていきました。 いよいよ次回、最終回なのですね。 正装し、新婦を待つ風太郎の前に現れたのは、ウエディングドレス姿の五つ子! 愛があれば見分けられるよねという五つ子たち。 風太郎と五つ子たちの最後の五つ子ゲームが始まりました。 最新話確定速報として122話のネタバレをお届けしました。 風太郎は無事に全員を当てることができました。 新婚旅行はなんと6人で行くことに。 全員が納得のいく形で結婚出来、五つ子も前のまま仲良くいられたので、最高のエンディングとなったのではないでしょうか? 以上「【五等分の花嫁本誌ネタバレ122話最新話確定速報】風太郎は五つ子を見分けることが出来るか?」と題しお届けしました。 ついに最終回となってしまった五等分の花嫁。 最終回となり、読み返したくなるものです。 そんなあなたに電子書籍を読めるおすすめのサイトがあります。 買いに行く必要もなく、すぐ 無料で読むことができます。 詳細は下のリンク先のページに記載していますのでご確認ください。

次の

五等分の花嫁

五 等 分 の 花嫁 ネタバレ 114

スポンサーリンク 【五等分の花嫁】7位 ケンカに明け暮れるヤンキー 前田 7位は 同級生の前田。 22話で一花(替え玉になっていた三玖)に告白しフラれた、オールバックの茶髪男です。 堂々と告白してフラれた上に、相手に告白理由を言わされ、さらには「 中野さんを困らせるんじゃねーぞ」と、 恋人として現れた風太郎に好きな人の行く末を託す誠実さ。 中でも彼の「 相手をひとり占めしたい。 これに尽きる」という真っ直ぐな言葉は、 三玖の恋愛観に変化をもたらすこととなりました。 3年次では風太郎や五姉妹と同じクラスになり、修学旅行で一緒に班を組むほど風太郎とも良い友人関係を築いていますので、今後の活躍にも期待したいところです。 そして後の風太郎の結婚式に身重の奥さんと出席する姿が登場。 林間学校時に声を掛けた同級生とそのまま結婚している様子からも、彼の誠実さが感じられますね。 スポンサーリンク 【五等分の花嫁】6位 主人公だけど仕方のない順位 風太郎 6位は五姉妹の家庭教師で今作品の 主人公・上杉風太郎。 主人公にも関わらず6位なのはもちろんこの後にヒロインである可愛い五姉妹が控えているからです。 風太郎は家庭教師を通じて五姉妹と向き合い、それぞれの心を救っていくヒーロー的存在ですが、 五姉妹との関わりで彼自身も少しずつ成長している様子もまた見どころです。 その成長のひとつとして、姉妹からの好意にも気づき、恋愛というものに対しても向き合い始めた風太郎。 今後 彼自身が五姉妹や「写真の子」にどんな感情でどう向き合っていくのかが一番の注目ポイントです。 でも次に人気投票があったとしてもやっぱり6位でしょうね。 スポンサーリンク 【五等分の花嫁】5位 ツンデレは効果なし!? 二乃 五姉妹で最下位だったのは二乃。 二乃は 社交的で友人も多く、オシャレで料理上手と姉妹の中で圧倒的に女子力が高いのに結果として最下位となってしまった理由は、 当初の風太郎への態度でしょう。 風太郎へのツンとキンタローへのデレで読者の心を大きく揺らした二乃でしたが、 初めの頃に風太郎が家庭教師となることを激しく拒絶し、薬を盛ってまで彼を追い出したというインパクトは強かったですからね。 しかしそういった行動の裏には誰よりも深い五つ子への想いが隠れていたのです。 風太郎・キンタローとの交流を経て姉妹の変化を前向きに受け止めた二乃は、 自身の風太郎への恋心にも気づき、あっという間に風太郎争奪戦を加速される存在となりました。 姉妹の気持ちも尊重しつつ、正面から真っ直ぐにアプローチしていく二乃の戦い方は好感を抱かずにはいられませんよね。 ツンデレ完全体となった彼女はきっと次回の人気投票で順位を上げてくるはずです。 スポンサーリンク 【五等分の花嫁】4位 頼れるお姉ちゃんの葛藤で人気? 一花 4位は 姉妹の長女・一花。 姉妹の中でダントツの色気と、「 困ったらこの一花お姉さんに相談するんだぞ」というお姉さん気質がたまらない一花は、少しだらしなさそうに見えて実は姉妹の細かい心情にいち早く気づきそれとなく手助けをする、まさにお姉さんです。 そして女優という夢を追いかけることで、長女として姉妹の前を歩き示しています。 注目はこの 人気投票開催後の一花の変化。 それまで長女という立場と自身の恋愛感情との間に苦しみながら行動する様子が見受けられた一花でしたが、二乃の参戦と三玖の変化から 一気に風太郎への独占欲を膨らませ、時には姉妹を踏み台にしてでも出し抜こうとする病みキャラになりました。 この姿が次回人気投票にどう影響するのが注目ですが、自分の心に正直でありつつも真っ直ぐぶつかれない一花の人間味は、何だか応援したくなりますよね。 スポンサーリンク 【五等分の花嫁】3位 小悪魔はファンも魅了 五月 3位は 末っ子・五月。 高校で 初めて風太郎に出会ったキャラクターで、ヒロイン然として登場したもののその後はひたすら 食いしん坊キャラ。 どんな状況でもしっかり食べる姿が可愛いですし、そのせいで抱き心地が良さそうなのもポイントです。 五月が誰にでも敬語で話すのは亡き母に代わり姉妹を導こうとしているから。 その気持ちを胸に 姉妹の誰よりも真面目で何事にも一生懸命取り組んでいるにも関わらず、要領が悪くいまいち成果が上げられない姿に心惹かれるんですよね。 しっかりしようと振舞いつつも天然で怖がりで甘えん坊なところも魅力で、一緒に頑張ろうと思える温かいお嫁さんになりそう。 「色気より食い気」な五月がこれから姉妹の恋愛感情や風太郎に対しどう動いていくのか注目です。 スポンサーリンク 【五等分の花嫁】2位 人懐っこさで人気急上昇? 四葉 2位は 姉妹1の元気っ子・四葉。 やはり 初めから唯一風太郎の味方であったことが大きな理由ではないでしょうか。 最初の中野姉妹の態度は辞退してもおかしくない状況でしたが、 四葉がいたから風太郎は彼女たちと辛抱強く向き合い家庭教師を続けることができました。 少しアホなところも愛嬌があり、こんなニコニコした子が味方で、お嫁さんでいてくれたら楽しく心強いですよね。 投票開催後も変わらず四葉は元気ですが、風太郎を巡り対立する姉妹たちの心情を汲み気遣う中に、過去の反省から 誰かのため姉妹のためになりたいと願う四葉の姿がありました。 さらには明るく振舞い姉妹を応援する彼女が、 誰よりも長く風太郎への想いを抱えていたことが明らかとなったのです。 四葉の心を知った今、読者が彼女を見る目も大きく変わったはず。 彼女が風太郎や姉妹への気持ちをどう持っていくのか、次回の投票にどう影響するのか要注目です。 スポンサーリンク 【五等分の花嫁】1位 圧倒的票数でダントツ人気 三玖 1位は 三玖で、僅差だった 2位までと1000票近く差をつける堂々の1位でした。 三玖は姉妹で 一番最初に風太郎に好意を持った子で、真っ直ぐ想いを抱きながらもなかなか伝える勇気の持てないいじらしさに心奪われる人が多かったのではないでしょうか。 苦手な料理も勉強も、風太郎を想いひたむきに頑張る姿は1位になるに相応しい可愛さ。 人気投票後も風太郎への想いを貫いているのは変わりませんが、 姉妹が風太郎への感情を顕わにするにつれて、三玖も少しずつ積極的に動くようになりました。 純粋な恋愛をする中で、料理学校に行くという道も見つけた三玖の成長にこれからも目が離せません。 真っ直ぐな姿で次回も見事1位を獲得するのか、結果に表れた期待通り花嫁となるのか見守っていきましょう。

次の

五等分の花嫁115話ネタバレ!四葉対二乃と一花に風太郎がからかわれる?|ワンピース鬼滅の刃ネタバレ考察ガジライフ

五 等 分 の 花嫁 ネタバレ 114

『五等分の花嫁』あらすじ 高校2年生の上杉風太郎は、「焼き肉定食 焼肉抜き」で食いつなぐほどの超がつくド貧乏。 破格の給料で家庭教師のアルバイトを引き受けた彼の目の前に、同じ顔、同じ体型の5人の美少女転校生、一花、二乃、三玖、四葉、五月が現れます。 一卵性の五つ子である彼女たちは、同じ見た目に反して一人一人が強い個性を持ったクセ者で、全員が勉強嫌いの赤点候補。 以前の学校を落第しかけたために、風太郎の学校に転校してきたのでした。 さまざまな困難を乗り越え、風太郎が誰とゴールインするのかが見どころです。 あなたの推しは何番目? 『五等分の花嫁』 主要人物紹介 「美少女がかわいいハーレム漫画」といえばそれまでですが、では本作はなぜこんなにも面白いのか? それは、五つ子たちが全員異なる個性を持ち、あの手この手で風太郎と読者の心をかき乱すから。 それぞれの魅力が全力で描かれ、誰が花嫁になってもおかしくないのが面白さの一因です。 あとかわいいから。 そこで、まずは五つ子を中心に、中心人物をチェックしていきましょう。 〈その他の主要キャラ〉 上杉風太郎 この物語の主人公。 全教科100点満点を取るほど頭脳明晰。 しかし、デリカシーがなく、女心がわからないなど、人格に多数問題アリ。 照れたり困ったりすると前髪を触る癖があります。 上杉らいは 純粋無垢な風太郎の妹。 能天気な父親に代わり、上杉家の家事を担当するしっかり者。 風太郎だけでなく、五つ子からも溺愛されています。 零奈 五年前、まだ金髪だった風太郎が京都で出会った美少女で、風太郎の初恋の相手。 その正体は……。 5人のうち誰が風太郎と結婚するのかは、読者全員が気になるところでしょう。 しかし、巻ごとに各キャラと風太郎の接近度には変動が起きており、誰が最有力候補かはなかなか言い切れません(春場先生の匠の技…!)。 そこで、現在発売されている11巻までを巻ごとに分析し、五つ子と風太郎の接近度を5段階で勝手に評価。 風太郎との接触の多さ、風太郎への接し方を中心に、最も接近度が高い場合を五つ星ならぬ五つハートで示します。 しかし、学食で風太郎ともめた後は一貫して塩対応を貫きます。 比較的リベラルなのは一花ですが、ミステリアスで大人のお姉さん的な雰囲気(と部屋の汚さ)に風太郎の反応はイマイチ。 四葉はその純粋さで親しげに風太郎に近づきますが、ただの優しさ以上の感情は読み取れません。 そんな中、戦国武将好きをきっかけに素直になり、いち早く風太郎に懐いた三玖は……。 ということで、三玖が一歩リードです。 本作でもそのセオリーに則り、5人それぞれが活躍する名場面が目白押しです。 二乃の家族想いな一面が発覚する第6話。 おんぶや手繋ぎなど、風太郎と三玖の無自覚のいちゃつきが見られる第9話。 一花の秘密が明かされる第11話。 そして、四葉がお人好しの殻を破った第13話。 どれも各キャラをより好きになれるいい話ばかりです。 そんなわけで今回のハイライトは、あえて全員が揃ったこのシーンをセレクト。 美少女の浴衣って最高だよね。 一方、一花の応援を受けて三玖は積極性を見せていきます。 そんな一花も、風太郎の優しさに触れ、徐々に自分の想いに気づき始めます。 このもだもだした感じがハーレムラブコメの醍醐味ですよね! しかし、実はこっそりと五月も風太郎との距離を縮めているのです。 素直になれない五月が三玖のふりをして風太郎と勉強するシーンでは……。 三玖が一花に宣戦布告をするシーンは非常に印象的。 レストラン、スパ、買い物……と、こういうベタなデート回は正直たまらんの一言です。 天真爛漫なため、ほかの4人に比べてあまり色気を感じさせない四葉ですが、その分素朴な公園デートで風太郎の全力の笑顔を引き出すことに成功しました。 長い髪をバッサリと切り、マンションに帰ることに。 以降、デレ多めのツンデレキャラとして、5人の日常が元に戻ることに。 ようやく5人全員から信頼を得るという展開上、五つ子と風太郎との接触度は全体的に穏やか。 比較的バランスが取れた状態です。 暮らしを支えるために女優業に邁進する一花、味オンチながらバレンタインのチョコレート作りに励む三玖、さらには四葉のほっぺチューなど、名シーンが多すぎて正直迷います。 が、ここにきて震えるほどのデレを見せつけた二乃に乾杯! 気を許したのは第6巻と遅まきながら、誰よりも思い切りのいいこの告白ぶり……恐ろしい子。 温泉旅行や、難易度の高い五つ子見分けゲームを通じて、五人への関わり方にも変化が生じます。 恋の戦いは相変わらず一花、二乃、三玖を中心に展開。 そのかたわら、天然すぎて何を考えているかわからない四葉と、風太郎をまだ友達としてしか見られない様子の五月にどんな変化があるかワクワクします。 臆病な乙女心が、恋のバトルをかき乱します。 また、9巻で意味深なのが、風太郎とともにクラスの委員長となった四葉の言動。 接点が増え、風太郎の優しさに頬を赤らめる一方で、付き合っているのかと問われればバッサリと否定。 風太郎が誰を好きになっても全力で応援するという四葉……一体、何を考えているのでしょうか!? また、零奈のことを思い出させるため、五月も積極的に風太郎に接近。 徹底的にサポートに回る四葉を残し、ラブバトルはヒートアップしていきます。 一花はまたもや三玖になりすまして姉妹を出し抜こうとしますが、結果として三玖を応援することに。 ほかの4人に陰で支えられた三玖は……。 姉妹の中では最も子供っぽいとされ、風太郎と誰が一緒になっても応援すると言うほどお人好しな四葉の独白に、誰もがキュンとしたことでしょう。 ここにきて風向きが変わってきましたね! ワクワク。 学園祭の出し物が男子+二乃の支持するたこ焼きと、三玖が提案し女子が支持するパンケーキに分裂してしまった風太郎のクラス。 三玖と風太郎の水族館デートや二乃のステージでの(四葉に代わっての)大活躍も気になるのですが、なんといっても学園祭最終日が姉妹ごとのルートに分かれており、本気で誰とくっつくかわからなくなってくるところが…。 もはや選挙の最後のお願い状態。 12巻の後半は一花と二乃のターン。 お忍びでやってきて夜のベンチで…という一花ルート、バイク二人乗りシチュにときめきつつも家族を思う気持ちがあたたかい二乃ルート、どちらも最高でしかありません。 もはやハートの数がキャラごとに差別化できなくなってきています。 過去編で風太郎と一緒に修学旅行に行った竹林さんの再登場など意外な展開もありつつ五つ子全員が本気を出し始める、恐ろしい巻です。 クラスを二分してしまったたこ焼きvsパンケーキの闘いに決着をつけようと頑張る三玖ルート、あくまで自分自身のままで風太郎と向き合おうと決意するも無理がたたって倒れてしまう四葉ルート、さらに五月ルートでは五つ子の出生の秘密が意外なかたちで明かされ、そして五月ルートでは、誰よりも母の面影にとらわれて苦しんでいた五月の気持ちが少し和らぎます。 学園祭を5人そろって楽しんだ後、風太郎はついに本当の意味でひとりを選ぶことになります。 そのひとりとは…!? 風太郎が最終的に誰かひとりを選ぶ巻ではありますが、夢に向かって頑張る気持ちが見えたり、家族を気遣ったりする姿が尊すぎて読後「五つ子最高…!」という気持ちしかなくなります。 もはや接近度の計測は無意味なので、全員接近度最高にしておきました。 察してください…! 今までの五つ子それぞれの接近度をまとめたグラフがこちらです。

次の