筋トレ 納豆。 筋トレに納豆は当たり前!筋肉のタンパク質源だけじゃない健康全般に優れた効果も探る!

筋トレに納豆は当たり前!筋肉のタンパク質源だけじゃない健康全般に優れた効果も探る!

筋トレ 納豆

納豆は筋トレをしている人は食べるべき? 納豆は、「畑の肉」と言われる大豆から出来た食べ物で、植物性タンパク質を沢山含んでいます。 納豆に含まれる植物性タンパク質は、動物性タンパク質よりも体内で吸収される率が低い、というデータがありますが、これは筋肉がつかない、という話ではありません。 実際、肉や魚、乳製品などの動物性タンパク質を一切食べないビーガンと呼ばれる人の中でボディービルダーもいますし、昔のボディービルダーで毎日納豆を10個くらい食べて筋肉をつけた人もいます。 つまり、納豆のような植物性タンパク質から出来ている食べ物を食べてもしっかり筋肉はつく、ということ。 もちろん、肉や魚、卵などの動物性タンパク質ばかりを食べても筋肉はつきますが、納豆には、• 多くのビタミンB群• ナットウキナーゼ• イソフラボン など、動物性タンパク質にはない素晴らしい栄養素が沢山含まれています。 そして、納豆の特筆すべきところは発酵食品だということ。 いくら筋肉に良い食べ物を摂取しても、体が栄養をしっかり吸収しないと、食べたモノが無駄になってしまいます。 そうならないように腸内環境を整える効果があるのが発酵食品の力。 これらの事から、納豆は筋肉をつけて健康的な体を維持していく為にも、筋トレしている人も食べるべき食品だと思います。 いくら筋肉がしっかりついていても、いつも体調が悪かったり、健康診断に引っかかるような体だったら嫌じゃないですか。 結局は、バランスが大切じゃないかな、と。 納豆はいつ食べたら良いのか? 納豆を食べるタイミングに関しては、朝食でも昼食でも夕食でもいつでも良いと思います。 たまに、筋トレ前や筋トレ後は食べたほうが良いのか?みたいな質問をくれることがあるのですが、あえてそのタイミングで食べる必要は無いかな、と。 納豆は、ボチボチ消化に時間がかかる(脂質も少し含んでいる)ので、筋トレ前や筋トレ後にタンパク質を摂取する為の食品としては、あまり向いていないかもしれません。 (絶対ダメとは思いませんが・・・) どちらかと言えば、筋トレ前や筋トレ後は、プロテインや脂質の少ない肉や魚を食べていったほうが良いでしょう。 まとめ 今回は、筋肉をつけたくて筋トレをしている人は、納豆を食べていったほうが良いのか?という事について言及してみました。 客観的な回答としては、別に納豆を食べなくても筋肉はつくので必要無いと言えばそれまでですが、納豆には素晴らしい栄養素が沢山含まれているので、定期的に食べていったほうが良い、という事になります。 特に、健康面の強化や腸内環境の改善には納豆は素晴らしい効果を発揮するので、筋トレをしている人も食べていった方が何かとメリットはあるんじゃないかな、と。 ちなみに私は、毎日納豆を最低1個、たまに2個食べています。 これは余談ですが、発酵食品には他にもヨーグルトやキムチ等がありますが、日本人の体に一番合っているのは納豆だと思います。 この記事が参考になれば幸いです。 アキラ(46歳) いわゆる細マッチョの部類で、体脂肪率は6%~15%くらいの間を自由にコントロールできます。 普段は、体脂肪トレーナーとして、体脂肪を減らしながら理想の体型を目指していきたい人のサポートをしたり、アドバイスをしています。 日々、どうしたら体脂肪を効率よく減らして理想の体型を作ることが出来るのか?を栄養学やトレーニング等の知識や経験を元に、自分の体でも実験しながら研究しています。 ちなみに、このブログでは、筋肉をつけたりダイエット(減量)をしたりする方法(基本的なノウハウ)について書いていますが、ほとんどの人は、こういったノウハウだけで自分が理想としている体型になることは出来ません。 もし、あなたが現時点でこのブログの記事や他のネットの記事などを参考していても、体型が変わっていないのであれば、重要な部分が抜けている可能性があります。 何故、体型を変えることが出来ないのか?などについてはメール講座の中でお話しています。

次の

キムチは肉体改造に必要な食材か?

筋トレ 納豆

筋トレ後のプロテイン摂取量は15g~40gを目安にすると良い【参考にしているブログ紹介あり】 結論、 筋トレ後のプロテインは20g程度を摂取しています。 これは私の場合のたんぱく質量です。 というのも、年齢・体重・筋トレのメニューによって人それぞれ必要なたんぱく質量は変わってくるとのこと。 ここで私がいつも参考にしているブログを紹介させてください。 『 』 あんのたくまささん()のブログです。 最新の研究報告をもとに、筋トレのお話や栄養学のお話をたくさん書いておられます。 その中でも こちらの記事を参考に、私はプロテイン摂取量を決めています。 他にも筋トレの正しいフォームや効果など、「なるほど!」と思わず頷く記事がたくさんあります。 筋トレをしている人は必読のブログです。 1食あたりの最適なタンパク質摂取量は「若年者0. 筋トレ後だけではなく1日で摂取するたんぱく質の量も考慮しておく では筋トレ直後に摂取すべきプロテインの量はわかりました。 ですがそれは筋トレで傷ついた筋肉の修復に使われるたんぱく質。 筋トレをした後の24時間もたんぱく質を摂取する必要があるのですね。 トレーニングによる筋タンパク質の合成感度の増加は24時間ほど継続します。 近年では、トレーニング効果を最大化するには、この24時間で如何に最適なタンパク質の摂取量を摂取するかが重要であるとされています。 (中略) そして、24時間の最適なタンパク質の摂取量が「1. これにならって、私の体重は50kgですので計算してみると、 1. 自分にはどれくらいのたんぱく質が必要かを算出する計算式 ではここで、計算式をまとめておきました。 手軽なプロテイン(たんぱく質)摂取方法 ここで、手軽にプロテインおよびたんぱく質を摂取する方法も紹介しておきます。 ホエイプロテインパウダー【筋トレ直後】 筋トレ直後には アルプロンのプロテインパウダー(ココア味)を水に溶かしています。 このプロテインパウダーは1食分20gでたんぱく質含有量は約15g。 が、わたしは20gくらいのたんぱく質を摂りたいので、 付属のスプーン3杯くらいを飲んでいます。 牛乳で溶かすと美味しいです。 カロリーや炭水化物量を気にしている人は我慢して水で飲みましょう(笑) プロテイン入りのおやつ【筋トレ直後 or 小腹が空いた時】 プロテイン in Barや 1本満足バー プロテインを食べるのも良い方法です。 これらの良いところは、 美味しいところ! 水で溶かすプロテインパウダーは、美味しいかと言えばそうでもありません。 バータイプのものなら水も必要ありませんし、カバンに入れてもかさばりません。 たんぱく質量も10~15gとバッチリです。 あわせて読みたい ただし、カロリーや炭水化物量もそれなりに多いので注意が必要です。 脂肪ゼロのプレーンヨーグルト ヨーグルトもたんぱく質が豊富な食べ物。 ヨーグルトはプレーン(味の付いていないもの)を選びましょう。 更に言えば、できれば 脂肪ゼロのものが良いです。 ちなみに、ヨーグルトの蓋をあけると液体がある時がありますよね? あれはホエイです。 ホエイプロテインのホエイです。 ですので捨てずに食べましょうね! 例えば、明治ブルガリアヨーグルト 脂肪ゼロ の100g当たり成分はこんな感じ。 エネルギー たんぱく質 炭水化物 38kcal 3. 9g 5. 6g 参考: お豆腐・納豆 お豆腐や 納豆は大豆ですね。 大豆はたんぱく質が豊富な食材です。 ジム帰りにスーパーに寄って、100円(もっと安い場合が多いですね)でたんぱく質が手に入ります。 食べるのも簡単ですし、料理するのがめんどくさい人にもおすすめです。 エネルギー たんぱく質 炭水化物 木綿豆腐 100g当たり 72kcal 8. 8g 1. 6g 納豆 1パック約50g当たり 100kcal 8. 25g 6. 05g 参考: 卵料理 卵もたんぱく質の塊。 料理をするのに油を引いたりしてカロリーが上がりますが、そこは工夫次第です。 38g 0.

次の

筋トレ後のパスタは効果が高い理由/一人暮らしにオススメするレシピ3選

筋トレ 納豆

こんにちは! 神楽坂・池袋で活動しているフリーランスパーソナルトレーナーのふっかです。 今回は 納豆の知られざる効果 についてご紹介していきたいと思います。 ぼくは出身が茨城県です。 茨城県といえば、納豆かヤンキーですよね(笑) ぼくの地元は納豆は作っていないのですが、車で1時間くらい走った水戸市という町(茨城県の県庁所在地です。 )が納豆の産地となっています。 茨城県出身ということもあり、納豆は小さい頃から常に食卓に並んでいました。 なので納豆がない生活、というのは今までであまりありませんでした。 小さい頃は納豆の栄養素など興味がないのでただ単に食べているだけでしたが、このトレーナーの仕事を始めてから納豆の栄養素の凄さを知りました。 それでは早速紹介していきたいと思います。 納豆は血液をサラサラにする 納豆には血液をサラサラにする効果があります。 納豆に含まれているナットウキナーゼが血液をサラサラにしてくれるのです。 血液がドロドロの状態だと、血管系疾患を引き起こしてしまったり、むくみの原因にもなります。 納豆を食べるだけで血液サラサラになるなら食べたほうがいいですね^^ ちなみに納豆を300回以上かき混ぜるとナットウキナーゼは増殖するので、納豆を食べる際はぜひ300回以上かき混ぜてから食べることをおすすめします! 納豆は睡眠を深くする 納豆には睡眠を深くする効果があります。 これは納豆だけでなく大豆製品全てに通ずるのですが、大豆に含まれるトリプトファンというアミノ酸が鍵となっています。 トリプトファンは体内に取り込まれたあと、脳内に作用します。 脳内でセロトニンという物質に変化するのですが、このセロトニンは幸福ホルモンと言われています。 そしてセロトニンは時間をかけてメラトニンというホルモンに変化します。 このメラトニンこそが快眠ホルモンであり、眠りを深くするために必要なホルモンとなります。 メラトニンが生成されるまでの時間は約8時間と言われています。 なので朝納豆を食べて夜にはメラトニンが生成されている状態を作っておけることが理想ですね。 終わりに いかがだったでしょうか?? 少しは納豆を嫌いな方での納豆を食べる気になった?かと思います。 納豆を毎朝の食事に取り入れて、快眠を促したり、血液をサラサラにできるようにしていきましょう! お問い合わせは下記の公式LINE にご登録のいただき、メッセージをよろしくお願いいたします😊 それでは次回の記事もお楽しみに! ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー パーソナルトレーナーふっか公式LINE@ パーソナルトレーナーふっかInstagram YouTube ふっかChannel チャンネル登録と高評価よろしくおねがいします^^.

次の