年賀状 宛名 家族。 年賀状の宛名書き家族の皆様へ宛てたい時、子供や全員の名前はどう書く?

年賀状宛名の書き方!家族連名や横書き、手書きのマナー!

年賀状 宛名 家族

基本的な宛名の書き方マナー! まずは、送るにもマナーを知っておかなければいけません。 なので、宛名でやってはいけないことを把握しておきましょう! 〇ボールペンは使わない 年賀状をボールペンで書くのは良くないとされています。 新年の祝い事は毛筆等の太く力強い字の方が良いとされているからです。 それとボールペンだとどうしても、仕事などの事務的な印象があるのもそのひとつです。 なのでなるべく筆、筆ペンや油性のフェルトペンなどの太いペンを使いましょう。 〇宛名を赤字で書かない たまたま油性のペンが赤しかなかったからといって、 赤で書いてはいけません。 地方によって、相手との絶縁を示すことになります。 それから日本で、墓石に生きている間に名前を彫ったときは朱入れで生きていることを表します。 なので赤で書かれた人名は、墓石を想像させてしまうそうです。 「不吉」「悪いもの」という印象があるので絶対にやめましょう。 〇修正テープ・ペン、二重線等での書き直しはNG 年賀状は新年の挨拶をするものです。 新年のお祝いのはがきでもあります。 新年早々、修正液などで修正された痕があるものは贈られて、 良い気分にはなりませんよね。 なので年賀状で間違えた場合は、新しい年賀状はがきで書き直しましょう。 スポンサーリンク 宛名は横書きでもいいの? 宛名は縦書きと横書きがありますよね。 どちらが正しいかというと、 日本語は縦書きが正式な書き方なので年賀状も縦書きが正しい書き方です。 なので基本的には縦書きですね。 ですが、横書きでもいい場合があるんです! 表面と裏面で縦横をそろえるのが基本! なので、 裏面のデザインが縦なら宛名も縦。 横向きなら宛名も横書きにします。 親しい相手であれば横書きでも大丈夫です。 目上の人に出す場合は、やはり正式な書き方の方がいいので、 宛名面、裏面ともに縦にしましょうね。 家族の連名の書き方! 宛名で迷うの家族等の連名の書き方ですね。 一般的には世帯主と奥さんの連名で書くことが多いかと思います。 子供も書くのかなとかいろいろありますが、 正解はありません。 会社だけの付き合いの方や、家族ぐるみで付き合っている方もいるでしょうから。 奥さんや子供の名前のわかる場合は、連名の方が貰った方もうれしいと思いますよ。 家族や夫婦で連名する場合は、 世帯主を一番右に書きましょう。 続いて苗字は省略して左に妻、子供の順番に書いていきます。 敬称は全員に付けましょう。 子供の人数が多い場合は、子どもの名前を省略して夫婦の連名。 または、「御家族一同様」と略した書き方でも失礼ではありません。 横書きの場合も同様に書いてくださいね。 もし、間違ってしまったら書き損じはがきとして交換できるので、 郵便局に行って手数料を払って交換しましょう。 【年賀状関連記事】•

次の

はがきの書き方・表書き》宛名・連名・横書き・往復・返信用出欠・ビジネス

年賀状 宛名 家族

もくじ• 年賀状の宛名書き、家族の皆様に出したい場合 年賀状の宛名の書き方にはいくつかのルールやマナーがあります。 年賀状を受け取った相手が不愉快な気持ちにならない、送った相手の気持ちや誠意が伝わるようにとあるものです。 年賀状を送られる際は書き方のルールに気をつけて、お世話になっている方々や親しい人に新年の挨拶と気持ちを伝えてくださいね。 宛名の書き方としては、2つの方法があります。 1つ目は、家族の代表として世帯主の氏名を書く方法です。 具体的には「世帯主の氏名+様」、その横に「御家族+様」と記載します。 世帯主のフルネームは知っているけれど、家族全員のフルネームまでは知らないという場合や、普段は宛名の特定の一人だけにお世話になっているが、挨拶がてら家族全員に宛てて年賀状を書きたいという場合にも使うことが出来ます。 2つ目は、家族全員の氏名を書く方法です。 具体的には「世帯主の氏名+様」、その横に一人ずつの「名前+様」を続けて記載していきます。 苗字が全員一緒の場合、世帯主以外の名前に苗字はつけません。 もし苗字の違う人がいる場合にはその人だけフルネームで記入するようにします。 ただし、全員の氏名を書く際には家族の人数に注意が必要です。 宛名が4人以上になってしまう場合は、全員の名前を書くと名前の列が横に長く伸びすぎて全体のバランスが崩れてしまいます。 その場合には「御家族+様」と書く方が好ましいでしょう。 年賀状の宛名に家族全員の名前を書く場合 先述したように、家族全員の氏名を宛名に書く場合には、家族の人数に注意が必要となります。 宛名が4人以上になってしまう場合は、家族全員の氏名を書くのではなく、「世帯主の氏名+様」と「御家族+様」と書くことがマナーとされています。 年賀状で宛名を連名にする場合は、以下の6つのルールを覚えておくと良いでしょう。 縦書きの場合には、それぞれの名前の一文字目の位置と、最後の様の位置がきちんと揃うように気をつけて書きましょう。 バランス良く文字を配置することが大切です。 ハガキの宛名の書き方は縦書きが一般的ですが、親しい間柄であれば横書きで宛名を書いても構いません。 横書きで書く場合にも、文字の配置のバランスを考えて書くようにしましょう。 年賀状の裏面のデザインと縦横を揃えるとよりバランスが良くなります。 裏面に書いてある文字が縦書きの場合には宛名も縦書きに、横書きの場合には、宛名も横書きで揃えると違和感のない年賀状となりますよ。 スポンサーリンク 年賀状の宛名を家族全員書く時の子供の敬称 年賀状の宛名を書くとき、子供の名前につける敬称をどうしたらいいのか悩んでしまうことってありますよね。 いつもは「ちゃん」や「君」付けで呼んでいるから年賀状もそれでいいのかと考えたり、年賀状のような正式な挨拶の場合には様を使用するべきなのか、悩む人が多いと思います。 基本的に年賀状に書く子供の敬称に決まりはなく、「様」「くん 君 」「ちゃん」のどれを使用しても良いとされています。 ですが、宛名は多くの方の目に触れる部分なので大人にも子供にもいい印象を持ってもらえるように「年齢で敬称のつけ方を変える」と良いでしょう。 具体的に使い分ける年齢の決まりもありませんので、そこは送る側の判断で大丈夫です。 子供の年齢や性格、相手との関係性で使い分けることをおすすめします。 一般的には、「小学校低学年と高学年で分ける」「小学生と中学生で分ける」といったケースが多いようですよ。 「ちゃん」や「君」は子供扱いされている気分になるという子もいますし、むしろ「様」を使用した方が子ども自身が「大人と同じ扱いを受けている気分」と良い気分になることもあるようです。 悩むようであれば「様」で統一しても良いのかもしれませんね。 まとめ さて、今回は、年賀状の宛名の書き方について、家族ぐるみで付き合いのある人への送り方、宛名の書き方、注意すべき点などをご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか? 年賀状の宛名ひとつとっても様々なルールやマナーがあります。 年賀状は一年に一度しか送らない特別なものですから、受け取る側にとっても送る側にとっても気持ちの良いものがよいですよね。 いざ年賀状を書く時に迷ったり、間違った宛名の書き方とならないように、事前にしっかりと書き方を調べておくと安心ですね。 その他の年賀状の宛名書きについては次の記事が参考になりますよ。 是非、読んでみてください。

次の

意外と知らない年賀状の宛名の書き方!「ご家族様」はどう使う?

年賀状 宛名 家族

宛名を連名にする場合の書き方 まず、年賀状で宛名を連名にする場合は、6つのルールがあります。 世帯主を一番右に書く• 世帯主の隣に妻、子供の順番に左から書く• 世帯主以外は名字を省略する• 敬称は全員につける• 子供の名前は省略できる• 人数が多い場合は「ご家族様」と省略できる これら6つのルールに従って年賀状の宛名を作成すると、上の画像のようになります。 宛名を書く場所には、一番右に世帯主である旦那さんの名前「加藤英明」を入れて、その隣に奥様、子供の順番に名前を記していきます。 ただし、奥様の名前は「康子」、子供の名前は「駿太郎」のように名字は省略して表記します。 ここで、子供の敬称については、「様」だけでなく、「くん」、「ちゃん」などでも構いません。 相手が小学生以下であり、何度かあなたと話したことがあるなら、「様」はよそよそしい表現なので、「くん」の方が良いでしょう。 また、子供の名前は省略しても失礼にはあたりませんが、子供は自分に届いた年賀状を見ると喜ぶので、子供の名前も書いておいた方が親切と言えます。 今回の例では、相手の家族が夫、妻、子供の3名でしたが、構成人数が多い場合などは、年賀状の宛名スペースに書ききれないこともあります。 そのような場合は、世帯主の名前の隣に、「ご家族一同様」と記すことで、世帯主以外の家族の名前を省略できます。 宛名の連名が4人以上になる場合は、世帯主以外の名前を省略した方が、見た目もすっきりして、年賀状が綺麗に見えます。 では、次にサラリーマンの方が取引先などに年賀状を出す場合の宛名の書き方について説明します。 ビジネスで年賀状を出す場合の宛名の書き方 まず、ビジネスで年賀状を出す際には、宛名に連名は使えません。 そのため、取引先の会社に御世話になっている人が複数いる場合は、それぞれに宛てて年賀状を出す必要があります。 個人宛で年賀状を出す場合は、会社名、部署名、肩書、名前の順番に記し、敬称は名前にのみつけます。 このとき、株式会社を(株)などと省略するのは大変失礼にあたるので、注意してください。 次に、年賀状を出す相手が複数いて、全員が同じ部署に所属しているなら、以下の宛名で、その部門全体に向けて年賀状を出すことができます。 部門宛の場合は、少なくともその部門の部長には届けられるはずですが、部長がわざわざ年賀状を各課に回覧するとは考えにくいです。 また、会社宛や部門宛の年賀状は形式的な印象が強いので、面倒でもお世話になっている方に対しては、個人に宛てて年賀状を出すことを推奨します。 そして、上司、恩師、先輩などの目上の方や会社関係者などに年賀状を出す場合は、縦書きにするのがマナーであり、上の写真のように会社名、部署名、肩書よりも名前の文字サイズを大きくします。 まとめると、ビジネスで年賀状を出す場合のマナーは以下の通りです。 縦書き• 宛名に連名は使えない• 宛名は会社宛、部門宛にできる• 会社宛、部門宛の場合は、敬称に御中を使う• 会社名、部門名は省略してはいけない• 個人宛の場合、敬称は名前にのみつける• 個人宛の場合、会社名、部署名、肩書、名前の順番に記す• 個人宛の場合、名前を大きめの文字で書く 大切な人への年賀状や喪中はがきは、デザインの優れたものを選ぼう! 年賀状は、日頃お世話になっている人たちに、新年をお祝いする言葉とともに、昨年の感謝の気持ちを伝えたり、新しい年に変わらぬ厚情を依頼するものです。 年賀状に添えられる文言も大切ですが、 何より目を引くのはデザインです。 コンビニで買ったような味も素っ気もない 平凡なデザインの年賀状では、受け手の印象に残らず、その他大勢の年賀状の中に埋もれてしまうことでしょう。 しかし、一度見たら忘れないような綺麗で、印象に残る年賀状ならどうでしょう。 相手も思わず、 「こんな年賀状届いたよ!」と家族に見せたり、 SNSにアップしたりするかもしれませんよね。 たかが年賀状1枚ですが、そのたった1枚であなたに対する周りからの評価がアップする可能性だってあります。 2020年、いいスタートを切るためにも年賀状にこだわってみてはいかがでしょうか。 とはいえ、自分で年賀状のデザインを作製するとなると時間も手間もかかりますし、何かと忙しい時期なので、手間暇かけずに優れたものを作りたいところです。 そんなときは、プロの手を借りるのが得策です。 年賀状印刷会社に依頼すれば、低コストかつ短納期で、周りに差をつける年賀状が簡単に作れちゃいます。 大切な人の心に残るような年賀状がつくりたい• 孫が喜ぶような可愛いデザインの年賀状にしたい• 子供の 写真が引き立つようなデザインの年賀状をつくりたい• 目上の方への年賀状なので、デザインにはこだわって、印象に残るものにしたい このように、相手の印象に残って、なおかつ誰かに見せたくなるような年賀状を作りたい方は、年賀状印刷会社を利用してみてください。 ちなみに、年賀状印刷をお願いするなら、信頼性や実績の高い 「いんさつどっとねっと」がおすすめです。 この時期になるとネットでよく検索される「いんさつどっとねっと」は、国内最大規模の 年賀状印刷会社「マイプリント」の関連会社です。 40年以上の歴史があり、年賀状印刷の正確さ、速さ、 印刷の美しさには定評があります。 また、定番のディズニーやジブリを始め、干支キャラクターやセサミストリート、子供に人気のしまじろうなどデザインが豊富です。 デザイン数は1500種類以上と膨大ですが、「可愛い感じ」、「おしゃれな感じ」といったように雰囲気から検索することができます。 また、ビジネス向け、ファミリー向け、夫婦向けなど用途でデザインを探すことも可能なので、お目当てのデザインを見つけやすいです。 納品までが最短2日と短いことも、年末の忙しい時期にはありがたいですね。 12月28日までは、期間限定で印刷料金が 20%OFFの割引サービスを行っているので、気になる方は公式サイトをチェックしてみてください。 年賀状だけでなく、喪中はがきや寒中見舞いはがきの印刷も請け負っています。 オススメの記事.

次の