ベッキー メーラー。 メーラー「Becky」でフォルダ別にHTMLメールをすぐに表示させる方法

PC買替に伴うBecky!2の移行作業

ベッキー メーラー

基礎情報処理・Becky! の使い方 Becky! の使い方 このテキストは、基礎情報処理の履修者向けに、メーラソフトの「Becky! 」の使い方を解説したものである。 最初の設定に必要なことと、最低限の使い方をまとめてある。 Becky! には実にたくさんの機能があるが、解説書なども発行されているので、より詳しくはそちらも参照してもらいたい。 また、Becky! 自身のヘルプ機能も参照してもらいたい。 なお、Becky! を使ってインターネットのメールをやりとりするには、パソコンのアカウント(WindowsNTのアカウント)と、ワークステーションのアカウント(電子メールのアカウント)の両方が必要になる。 これらの準備ができていない場合には、計算機センターの窓口に出向き、取得しておくこと。 Becky! を最初に使用するとき、以下のように設定を行う。 以下の設定は、基本的には、Becky! を使う最初の1回だけでかまわない。 ただし、再設定などでもう1度行う必要が出るかも知れない。 なお、ゲスト(guest)のアカウントでWindowsNTにログオンしている場合には、この設定は絶対にしないこと(できないかもしれない)。 自分のアカウントでログオンしているときに、以下の作業をすること。 デスクトップにある「Becky! Internet Mail」と書かれたアイコンをダブルクリックする• 次のようなダイアログボックスが出る。 テキスト枠の部分にメールのデータなどを保存しておくフォルダを指定するが、次のような形式で指定する。 次のようなダイアログボックスが表示される。 以下のような情報をキー入力する。 入力には、項目名の右側のボックスをクリックして、キータイプする。 不要な文字はBSキーなどで削除する。 Tabキーで項目を順番に移動することもできる。 項目名 入力する内容 アカウント選択 変更せずにそのままにしておく 本名 あたなの本名です。 日本語でもいいのですが、海外とのやりとりのことも考えれば英語にしておくのがいい メールアドレス アカウント名 mita. keio. もちろん、アカウント名のところは、自分のアカウント名 POPサーバー名 popper. mita. keio. jp SMTPサーバー名 ms. mita. keio. jp POPユーザーID 自分のアカウント名だが、おそらく自動的に入力されるはず パスワード 電子メールのアカウントのパスワードのこと。 WindowsNTのアカウントのパスワードではない。 本来は空欄にしておくのが安全で、その場合は必要なときにパスワード入力のダイアログボックスが表示されるようになる• Becky! の画面が表示される。 ここに、受信メールなどが表示される ここでの設定のうち、いくつかは、「ツール」メニューの「ユーザ環境の設定」であとからも変更できる。 まず、メールを送る方法を説明する。 手順は以下の通りだが、メールのメッセージの編集ウインドウを呼び出し、ボタンを押して送信するというのがおおまかな手順だ。 以下、Becky! の最初の画面からの作業を追うことにする。 ツールバーにある「作成」ボタンをクリックする(以下の図版でマウスポインタが指しているボタン)。 送信メッセージを作成するウインドウが開く• 「宛先」としてメールを送りたい先のアドレスをキー入力する。 「件名」はメールの中身が分るような短いタイトルを入力する。 下半分の部分は、「メモ帳」と同じようにテキストのキー入力を受け付ける。 そこに文面をキー入力する。 そして、ツールバーの「送信」ボタン(以下の図版でマウスポインタが指しているボタン)をクリックすると送信される。 宛先は、メールアドレスをカンマ(,)で区切って入力することで、複数を指定できる。 文面は、ワープロなどと同様に編集作業ができる。 文字列を選択して、ツールバーのボタンを利用することにより、コピーや貼り付けができる。 もちろん、ワープロやメモ帳で作成した文面をコピーし、送信メールの文面に貼り付けをしてもかまわない。 受信メールの受信と、そのメールへの返信を書くには、たとえば以下のように操作する。 メールの返信のとき、単にこちらからの返事だけを書いても、送り先は自分の書いた文面までを覚えているわけではないので、それでは内容は伝わらない。 そこで、相手の元の文章の一部を引用する。 そうすることで、返答の文章もより短く作成できる。 Becky! のウインドウのツールバーにある「巡回チェック」ボタンをクリックする。 これにより、メールサーバーを参照し、自分に宛てられたメールをパソコンに取り込む。 たとえば、次のようなメッセージがダイアログボックスで表示される。 ここでは新しくメールが届いていることを表示している。 問題がなければ「閉じる」ボタンをクリックする。 何らかのトラブルがあった場合には「スキップ」ボタンを押して対処する。 Becky! のウインドウの「受信箱」にメールが一覧されている。 左側で「受信箱」の文字が反転していて選択されているの確認する。 右側の上の領域に、受信したメールが一覧されている。 太字で表示されているのはまだ読んでいない(未読)メールであることを示している。 右上のメールの項目をクリックすると、右下の領域にメールの中身が表示される。 ウインドウの大きさを大きくするなどして、見易くすればよい。 また、左右や上下の仕切り部分はドラッグすることで位置を移動できる。 次に返信を作成する。 返信をしたいメールの文面を表示している状態で、「返信」あるいは「全員に返信」ボタンをクリックする。 文面を作成するウインドウが表示されるが、文面の上半分は、返信するもとのメールの内容が見えている。 下半分が実際に送信されるメッセージとなるので、した半分に文章を入力しなければならない。 さらに、「引用」ボタンをクリックすることで、送信する文面に、もとの文面を取り込むことができる。 これは、一種の電子メールの運用マナーのようなもの。• 追加でメッセージを入力するなどし、あとは送信のときと同様に「送信」ボタンをクリックすればよい。 送信先のアドレスをいちいち毎回手入力するのも面倒であるし、間違えるもとになる。 そこで、送り先のアドレスを選択入力できるようにしておくと便利になる。 Becky! には宛先を記録しておく機能がある。 Becky! のウインドウで、ツールバーの「アドレス帳」ボタンをクリックする。 次のようなアドレス帳管理ダイアログボックスが開く。 ここで「アドレス追加」ボタンをクリックする。 次のようなダイアログボックスが表示される。 「名前」は本名など、宛先を識別する名前をキー入力する。 「メールアドレス」には、電子メールのアドレスを正確に入力する。 OKボタンをクリックすると、入力した名前がアドレス帳に登録された。 単に登録するには、上記の方法をいくつものアドレスに対して設定していけばよい。 メールの文面を作成するとき、「宛先」と記述されたボタンをクリックすると、アドレス帳の登録に良く似たダイアログボックスが表示される。 こうすれば、いちいちメールアドレスをキータイプしなくてもよい。 なお、メールを読んでいるとき、ツールバーの「アドレス追加」ボタンをクリックすると、メールの差出人が自動的にアドレス帳に追加される。 ボタンをクリックすると、名前やアドレスを入力するダイアログボックスが表示されるが、自動的に名前とメールアドレスが文面から取り出されて設定されている。 そのままOKボタンをクリックすると、アドレス帳に追加される。 たくさんのメールを「受信箱」に並べたままにしていると、必要なメールを探し出すのは困難になる。 そこで、フォルダを新たに作成し、そこにメールを分類できるようにする。 フォルダの作成と、手動によるフォルダの移動の方法について説明する。 ツールバーにある「新規フォルダ」ボタンをクリックする。 左側に新しいフォルダが作られ「NewBox01」という名前になっている。 そのままキータイプすることで、好きなフォルダ名に変更できる。 左側の一覧で、フォルダ名をクリックすると、そのフォルダの内容が右側に表示される。 条件に応じてメールをフォルダに自動的に振り分けることができる。 たとえば、ある特定の人からのメールを専用フォルダに移動したり、題目の中の文字列を手がかりに特定のフォルダに移動するということができる。 メーリングリストや、メールによるニュース配信のメッセージを整理するのに便利だ。 ただし、設定は少しややこしい。 「ツール」メニューの「振り分けマネージャ」を選択する。 次のようなダイアログボックスが表示される。 「ヘッダ」は検索対象をドロップダウンリストから選択する。 「検索」は対象から見つけだす文字列を指定する。 そして、「移動先」で移動する先のフォルダを指定して「追加」ボタンをクリックすると、下のリストに項目が登場する。 受信箱のメールを振り分けるには、ツールバーの「振り分け」ボタンをクリックすればよい。 なお、受信したメールは即座に振り分けにかけられるようになっている。 「ヘッダ」とは、メールの文面より前に付けられる情報なのだが、詳細は省略する。 ヘッダにはメールを送った人やあるいは宛先などいろいろな情報が含まれている。 ここでは、送り主は「From」、宛先は「To」、件名は「Subject」をヘッダに指定するということだけを知っていればおおむね事は足りるだろう。 「検索」の文字列は、それが検索対象に含まれるかどうかを調べる。 たとえば、Subjectに対して「News」と指定すると、Newsという文字列が件名に入っているメールはすべて振り分け対象になる。 メールの最後につける署名、あるいはシグネチャは、自分の名前はもちろんプロフィールや連絡先などを自動的に入力するので便利である。 メールを頻繁に使うのなら、シグネチャを定義しておくとよいだろう。 シグネチャを複数作成して、メール作成時に選択もできるが、方法はここでは省略する。 ツールバーの「設定」ボタンをクリックする。 表示されるダイアログボックスで、「作成」の見出しをクリックする。 そこにある「署名」の欄に署名とするテキストをキー入力する。 入力してOKボタンをクリックすればダイアログボックスは閉じる• この後にメールの作成を行うと、このように自動的に末尾に署名がつけられている。 ワープロで作成した文書ファイルをそのままメールで送ることができる。 たとえば、課題の結果として、この方法で送付して提出してもらうこともある。 メールでファイルを送る前に、送りたいファイルがどのフォルダにある何という名前のファイルかは把握して置く必要がある。 まず、メールの作成ウインドウを用意しておく。 そして、添付したいファイルをたとえば「WindowsNTエクスプローラ」でアイコンとして見えている状態にしておく。 つまり、ファイルのあるフォルダの内容が一覧されていればよい。 そして、送付したいファイルを、エクスプローラから、Becky! すると、文面の右側に、アイコン表示領域があらわれて、メールが添付されたことが示される。 この状態で送信すればよい。 なお、メール作成ウインドウの「添付」ボタンをクリックして、ダイアログボックスでファイルを指定してもかまわない。 複数のファイルを添付することもできる。 「添付」ボタンの右のドロップダウンリストでは「base64」を選択するのが一般的だが、相手によっては変えないといけないこともある。

次の

メーラーは出来れば「Becky!(有料)」。嫌なら「Thunderbird(無料)」がオススメ!

ベッキー メーラー

アフィリエイトを実践する場合、メーラーには複数のアドレスが登録出来、その複数のアドレスを一覧が出来るメーラーがオススメです。 例えばこちらを御覧ください。 私のメーラーは「Becky! 」なのですが、3つのメールアドレスが、このようにコンパクトに収まっています。 いくつかメーラーを試した中でもBecky! の使いやすさはダントツに1番です。 ただ、有料(4200円)です。 そういうこともあって、長く使いたいという方にはBeckyをオススメしています。 反対に今後もずっと無料で進めたいという人は「Thunderbird」がオススメです。 このメーラーはFirefoxを作ったMozillaが作成したメールソフト。 起動も早く、使い勝手も良いです。 個人的には4年前から使っているという兼ね合いでBecky、これから新しく始めるというのであればThunderbirdがいいかと思っています。 では、Becky! とThunderbird、それぞれインストール手順を解説していきましょう。 お好みで好きな方をインストールして下さい。 [ノウハウ]たった1記事で20,000いいね&51万PVを集めた方法公開 立ち上げから7年。 長年蓄積し続けたアフィリエイトJAPANのメディア運営ノウハウを全て公開します。 たった1記事で2万いいね&51万PV集めた方法• Youtubeチャンネル登録者数5万を得るステップ• Twitter1万フォロワー獲得のやり方 ツール無し、裏技無し。 数字がぐんぐん伸びるメディア運用ノウハウ全て公開。 Becky! のインストール手順 以下Becky! のインストール手順です。 ダウンロードページへ移動する 下記URLをクリックし、ページ中盤にある「このソフトを今すぐダウンロード」をクリックしてください。 ダウンロード開始 ダウンロードが開始されます。 しばらく経つと保存ダイアログが立ち上がるので、任意のフォルダに保存します。 インストーラーを起動 ブラウザ左下に表示される「BK26502j. exe」をクリックし、インストーラーを起動してください。 設定 下記は保存場所を指定する画面です。 メーラーですので、特に触らずにそのまま「OK」をクリックして下さい。 「Readme. txt」が勝手に立ち上がるので読まない場合は閉じてOKです。 するとデスクトップに以下のアイコンが登録されました。 このアイコンをダブルクリックして下さい。 メーラーを設定する 以下の画面で「データフォルダの指定」を行いますが、始めてインストールする人は触らず「OK」で問題ありません。 以下の画面でライセンスについて同意します。 「同意する」をクリックしてください。 その後、いくつか画面が表示されますが、全てOKで問題ありません。 最後に以下の画面「メールアカウントの追加」が表示されます。 あなたが使っているメールアドレスを設定しましょう。 メールボックスの通称:フォルダ名なので任意• 名前:メールの差出人の名前を入力• メールアドレス:メールアドレスを入力• 受信プロトコル:POP3のままでOK 全て入力を終えたら「OK」をクリックします。 次の画面は「OK」を選択してください。 すると、以下の画面が立ち上がるので、メールアドレスの詳細を入力していきます。 以下は参考資料です。 これで設定が完了し、Becky! を使うことが出来ます。 Thunderbirdのインストール手順 以下Thunderbirdのインストール手順です。 ダウンロードページへ移動する 以下のリンクをクリックし、Thunderbirdのページへアクセスしてください。 その後「Thunderbird無料ダウンロード」をクリックします。 保存する 以下の画面が出たらプログラムを任意のフォルダに保存します。 インストーラーを起動させる 以下の画面のようにブラウザ左下にあるボタンをクリックします。 すると以下の警告がでますが、問題無いので「実行」をクリックします。 セットアップ セットアップ画面に従って、セットアップを行います。 「ユーザー アカウント制御」画面が表示された場合は はい ボタンをクリックします。 その後、セットアップ画面に表示される指示に従ってボタンを数回クリックすればインストール完了です。 今後メールを読むときはデスクトップの Thunderbird アイコンをダブルクリックしましょう。 まとめ メーラーは毎日使うものだからこそ、使い勝手のいいものを選択しましょう。 メーラーは今回取り上げた二つだけでは無く、もっとたくさん存在します。 色々触ってみて一番良い物を選択してもいいですし、失敗したくない人は「Becky! 」か「Thunderbird」を選択した方がいいです。 1000件、10000件とメールを受信してからのメーラーの引越しは大変です。 ですから、最初の段階で最もいいメーラーを選択し、長く使いつづけることをオススメします。 たった1記事で20,000いいね&51万PVを集めた方法公開 立ち上げから7年。 長年蓄積し続けたアフィリエイトJAPANのメディア運営ノウハウを全て公開します。 今の時代は メディアMIXでの集客がベストです。 次の一手に是非使ってください。 メディア運用ノウハウ全て公開します。

次の

メーラーは出来れば「Becky!(有料)」。嫌なら「Thunderbird(無料)」がオススメ!

ベッキー メーラー

私は開業当時からメーラー(メールソフト)は社の「 Becky! Internet Mail」(以下、Becky)を利用しています。 仕事上、今までOutlookやなどのメーラーをいろいろと使ってきましたが、私が思う限りではこのBeckyが一番使い勝手がよく、細かいところまで設定ができ、定期的にバージョンアップを行ってくれる親切丁寧なメーラーだと思っています。 そんなBeckyですが、ある理由でPCを入れ替え、Beckyも引っ越しする必要がでました。 その時にいつもわからなくなるのが 振り分けしたフォルダ別にHTMLメールをすぐに表示させる設定する方法 です。 旧PCを見ながら設定を合わせればいいのですが、それを行わないで「あ~でもない」「こ~でもない」と探りながら設定方法を探しているので、下記にその方法を明記しておきます。 通常、Beckyでは(確か)HTMLメールはテキスト形式にして表示されますが、「全般的な設定」の「メール表示」タブの「HTMLメールの表示」で「IEコンポーネントで表示」を選べばHTMLメールを表示してくれます。 「全般的な設定」の「HTMLメールの表示」 しかし、この設定だとどのHTMLメールは全てHTMLで表示してしまい、スパムメールやウィルスメールもHTMLで表示されてしまうのはなかなかよろしくありません。 次に振分け設定などで分けたフォルダ別にHTMLを表示させることがBeckyではできます。 「全般的な設定」の「HTMLメールの表示」は「テキストに変換して表示」にしたままで、フォルダのプロパティを開くと「フォルダオプション」に「このフォルダ内のHTMLメールはIEコンポーネントの表示を許可」というチェックボックスがあるのでこれをONにします。 そうするとそのフォルダ内のHTMLメールはHTMLで表示することが可能になります。 もし、画像も許可する場合は「画像も許可」をONに。 フォルダのプロパティで「このフォルダ内のHTMLメールはIEコンポーネントの表示を許可」をON さて、ここまでは自分でも理解していたのですが、今回私が知りたかったのは 振り分けしたフォルダ別にHTMLメールを すぐに表示させる設定する方法 です。 上記の方法だとフォルダを選択し、メールを選択してもすぐにはHTMLメールは表示されません。 それもフォルダ別に設定する方法です。 やり方は上記の設定の応用みたいなものです。 まず、「全般的な設定」の「メール表示」タブで「HTMLメールの表示」を「テキストに変換して表示」にします。 さらに「IEコンポーネントで表示」の下にある「 HTMLパートを優先的に表示」のチェックボックスをONにします(これがキーポイント!)。 このチェックボックスは「IEコンポーネントで表示」にしていなくてもチェックができます。 次は先ほど説明したフォルダごとのプロパティで「このフォルダ内のHTMLメールはIEコンポーネントの表示を許可」をONにすれば完了です。 そうするとメールを選択するとHTMLメールが表示されます。

次の