嵐 仲直り。 嵐・大野智、“絵に隠された文字”が話題「泣ける」「これぞ集大成」5年ぶり作品展開催

嵐・二宮と松本「肩組み拒否と2ショット写真」騒動の真相|NEWSポストセブン

嵐 仲直り

画像引用元 1983年8月30日に東京都豊島区で生まれた松本潤は、「松潤」の愛称で親しまれています。 ジャニーズ事務所に所属したのは1996年5月17日、松本と同事務所であり先輩にあたるKinki Kidsのファンだった姉の影響だったそうです。 オーディションを受けることもなく、当時の社長ジャニー喜多川によって即所属することになりました。 TBS系のテレビドラマ「保険調査員 しがらみ太郎の事件簿 讃岐殺人事件」で俳優デビューを果たしたのは、1999年に「嵐」のメンバーとしてデビューするよりも2年前のことです。 「嵐」としての活動と共に数々の映画やドラマに出演し、名誉ある式で助演男優賞や主演男優賞を受賞するなどの功績を残しています。 2007年4月に放送開始した日本テレビ系のドラマ「バンビーノ」でも「ザテレビジョンドラマアカデミー賞」にて主演男優賞を受賞しました。 その時に松本が演じた役柄の影響で料理好きというイメージもつきました。 また舞台俳優としても知られており、特に2011年10月の舞台「あゝ、荒野」はファンの間からDVD化を強く望まれたりと、その実力は高い評価を得ています。 画像引用元 井上真央との交際は2005年から放送されたTBS系のドラマ「花より男子」の共演がきっかけといわれています。 松本はこのドラマでも「ザテレビジョンドラマアカデミー賞」にて助演男優賞を受賞しています。 ふたりの交際は一度、松本の浮気疑惑報道にて破局が噂されたこともありましたが、現在も交際が続いているのは、当時ジャニーズ事務所が井上真央に掛け合ったことによって破局がまぬがれたという話もあるのです。 また松本は「嵐」の活動休止後すぐに、井上と結婚する約束をしているのではないかという噂もあるそうです。 そういった理由から長年交際関係を続けているふたりも「そろそろ結婚か?」と言われているのでしょう。 「嵐」のメンバー二宮和也との不仲説 画像引用元 「嵐」のメンバーである二宮和也は2019年11月12日に一般女性との結婚を発表しました。 このことが理由で、松本と二宮が不仲になってしまったのではないかとファンの間で騒がれています。 ジャニーズファンのために作られたジャニーズの情報をまとめたサイトJohnny's Joceeでは、神奈川県の川崎大使で「嵐」のメンバーが初詣している姿を取り上げながら、ファンがTwitterで不仲を心配するつぶやきがまとめて貼り付けられました。 しかし、二宮の結婚発表後しばらく経ってから、2019年12月16日に公開された嵐のyoutubeチャンネルの様子で、仲のよさそうな二人の姿が映し出されています。 これによりファンの間では「不仲説は嘘だったのではないか?」「仲直りしたのか?」など、さまざまな声が飛び交いました。 真相は明らかにはなっていませんが、今後のふたりの動向が気になっている「嵐」ファンは多いのではないでしょうか。 画像引用元 松本潤はエンターテインメントに対して非常にストイックであることでも有名であり、そのストイックさは自身の残す作品にも表れています。 毎回発表するソロ曲のバリエーション豊かであるのも彼が挑戦し続ける人であるからこそであり、「嵐」の楽曲ではなかなか見られないラップやボコーダーのパフォーマンスも、ソロ曲でチャレンジしていました。 強い探求心を持ち、さまざまなジャンルの曲に挑戦する松本潤。 新しい楽曲を披露するたびに、胸を躍らせたファンは数多いでしょう。 松本潤のソロ曲おすすめ3選 幅広い音楽的挑戦をし続ける「嵐」の松本潤には、どのようなソロ曲があるのでしょうか?ここでは、松本潤がソロで披露してきた楽曲について紹介します。 「Baby Blue」 2011年7月6日にリリースされた嵐の10枚目のアルバム『Beautiful World』の、5曲目に収録されているのが『Shake it! 』です。 作詞作曲はThe仙台セピアで編曲は吉岡たくが手掛けています。 この曲は松本潤のソロ曲ですが、嵐の他のメンバーが曲中でガヤを務めています。 リズムが心地良いダンスロックナンバーで、歌詞の内容からもアダルトでセクシーな松本の魅力を垣間見ることができます。 国立競技場で開催された『ARASHI アラフェス NATIONAL STADIUM 2012』のDVDにてメンバー全員がダンスする『Shake it! 』の映像がとても良く、ファンの間で今も語り継がれています。 「We wanna funk, we need a funk」 2012年10月31日にリリースされた嵐の11枚目のアルバム『Popcorn』の、5曲目に収録されているのが『We wanna funk, we need a funk』です。 作詞はShigeoとBruce R F SmithとJohn Worldが、作曲はBruce R F SmithとMats Ymell、編曲はmetropolitan digital cliqueが手掛けています。 アルバム『Popcorn』のジャケットでは、メンバー全員がポップコーンに扮した姿を見ることができ、初回限定盤では初回プレス盤歌詞ブックレットや、絵本、オリジナルステッカーが付録されていることでも話題になりました。 松本潤らしい、思わず口ずさみたくなるようなキャッチーなフレーズが印象的な、カッコイイダンスナンバーとなっています。

次の

嵐の二宮和也と松本潤とが不仲説が浮上で原因は結婚?仲直り説は本当?

嵐 仲直り

時田 「目を開けろよ。 もう、大丈夫だからさ。 」 茅菜 「・・・・う、うん。 」 恐る恐る目を開けると、足元に今は存在しないはずの高校が見えた。 茅菜 「すごい! 本当に戻ってきたの!? タイムスリップ!?」 時田 「まだ、疑ってたのかよ。 」 茅菜 「だって、この目で見ないと、信用できないよ。 こんなこと。 」 時田 「じゃあ、もう信用できただろ?」 茅菜 「う、うん。 本当に戻るんだね。 あの瞬間に・・・・。 」 時田 そうだよ。 どう? 覚悟はできてる?」 茅菜 「わかってる。 ちゃんと覚悟してる。 」 時田 「じゃあ、行くよ。 一気に落ちるから。 」 茅菜 「えっ!?」 そう言うと、時田くんは私の腕をつかんで、ぐいっと引き下げた。 ギューンッ! 茅菜 「・・・・・・!!」 ものすごい圧迫感に吐きそうになりながらも、私は必死に我慢した。 茅菜 (待ってて。 嵐・・・・!) すっと降り立ったのは、校門の近く。 茅菜 (嵐とは校門で待ち合わせたんだもんね・・・・) (この時のケンカのせいで、ずっとギクシャクしちゃって・・・・) (仲がいいケンカ友だちに戻れるって思ってたのに・・・・) 思い出しただけで、胸が締め付けられるようだった。 時田 「どうして、ここに戻ろうと思ったの?」 茅菜 「それは、嵐に謝りたかったから・・・・。 」 時田 今度は謝れそう?」 茅菜 「うん。 だってもう私、大人だから。 」 「そういえば、今の私の姿ってどうなってるの?」 時田 「ははっ。 なんの心配してるんだよ。 」 「大丈夫、大丈夫。 」 「ちゃんと、茅菜も17歳になってるから。 」 「そ、そうなんだ・・・・。 良かった。 」 時田 「じゃあ、そろそろ行っておいで。 」 茅菜 「うん。 頑張ってくる。 」 時田 「じゃあ、出陣前に俺からアドバイスをあげるよ。 茅菜 なに?」 時田 「素直になる心。 それを忘れるなよ。 」 茅菜 「わかってる。 」 時田 「変な意地も張るなよ。 」 茅菜 「それも、肝に銘じて行くから・・・・。 」 時田 「じゃあ、大丈夫だ。 」 それだけ言うと、時田くんはすうっと消えてしまった。 茅菜 「・・・・! 消えた・・・・。 本当に未来人なんだ。 」 (さあ、行こう。 新しい歴史を作りに!) 茅菜 「嵐・・・・。 」 嵐 「やっとかよ!」 振り向いた嵐の額には、青筋がくっきりと浮いている。 茅菜 (・・・・怒ってる嵐の顔ってやっぱり怖い・・・・!) 嵐の様子に、すっかり竦んでしまう。 茅菜 (でも、ダメダメ!) (ここで怖気づいたら、わざわざタイムスリップした意味がない!) 嵐 「いったい、何時間待たせる気だよ!」 「約束は13時っつったじゃねえか。 今はもう15時だぞ!」 茅菜 「ごめんなさい!」 私はとにかく深く頭をさげた。 茅菜 「それは、私の勘違いだったの。 」 「3時と13時を間違えちゃって・・・・。 」 嵐 「はあ!?」 茅菜 「本当に本当に悪かったと思ってるから!」 嵐 「俺はなあ、橘川が来ると思って、授業もサボって待ってたんだぞ。 」 「俺が授業に出てないのは、わかってただろ?」 茅菜 「だって、嵐が授業に出ないのはいつものことだから・・・・。 」 嵐 「なに!?」 茅菜 「ご、ごめん!」 「気づかなかったのも私が悪い。 あまり深く考えてなかった。 」 「とにかく、全面的に私のせいだから・・・・。 」 私は何度も頭をさげる。 手も合わせて、拝むようにして嵐を見た。 嵐 「・・・・・・。 」 すると、あんなに浮き上がっていた青筋もようやく引っ込む。 嵐 「・・・・チッ。 」 嵐は腕組みをしたまま舌打ちをすると、あさっての方を向いて黙った。 茅菜 (嵐・・・・こっちを振り向いてほしい。 」 嵐 「なに、弱気なこと言ってんだよ。 」 「橘川らしくねえぞ。 」 茅菜 「だって、本当の気持ちだし・・・・。 」 嵐 「・・・・・・。 」 「・・・・わかったよ。 もうイイ!」 茅菜 「じゃあ、許してくれるの?」 「これまで通りに、しゃべってくれる? 無視しない?」 嵐 「お前なあ・・・・。 」 「いったい、俺をどれだけ極悪非道な人間だと思ってんだ?」 「人間誰だって間違いはあるだろ?」 「それを認めたやつをいつまでも追求したりしねえよ。 」 「俺はそんな腐った根性は持ってねえから。 」 茅菜 「あ、ありがとう・・・・! 私、嬉しい・・・・!」 10年越しのシコリが取れて、涙がこみあげてきた。 嵐 「お、おい。 なんで、泣いてんだよ。 」 「お前やっぱり、俺を非道な人間にするつもりだろ?」 茅菜 「ちがうってば。 嵐はいい男だよ。 」 嵐 「やっぱりおかしいぞ、お前。 」 「どうするんだ、今日? 止めとくか?」 茅菜 「え?」 嵐 「だから、一緒にCD買いに行く予定だったろ?」 「俺達はそれでケンカしてたんだろ?」 茅菜 「あ、そうだった!」 嵐 「具合悪いんなら、また別の日でもいいぜ。 」 茅菜 「ううん、行く! こんなに待ってくれてたんだし。 」 「私、嵐と一緒に買いに行きたいから。 」 力強く迫ると、勢いに押されたように嵐が頷く。 嵐 「あ、ああ。 じゃあ、行くか?」 茅菜 「うん!」 嵐 「やっぱ。 今日のお前、おかしいよ。 」 嵐は首を傾げながらも、歩き出す。 茅菜 (・・・・だって、タイムスリップしてきたんだからね) 茅菜 「わー、懐かしい!」 「このCDって、今はプレミアついてるやつだよ。 」 私は10年前のCDショップに興奮してしまう。 嵐 「はあ? なに、わけわかんないこと言ってんだ。 」 「そのCDって、今日発売されたばっかりだぞ。 」 「しかも新人じゃねえか。 」 茅菜 「あ! そ、そうだったね・・・・。 」 (いけない。 いけない・・・・) (私が未来から来たなんて言ったら混乱しちゃう) 嵐 「それよろ、今日買いにきたCDはこっちだろ?」 「ほら、ZAMZA。 」 茅菜 「うん。 それそれ。 」 「この曲の3曲目がよくって、10年後も聞いてるんだ。 」 嵐 「10年後も?」 茅菜 「・・・・! ・・・・じゃなくて!」 「・・・・10年後も聞いていたいくらいイイ曲ってこと。 」 嵐 「まあな。 それくらいイイ曲かもな。 」 「俺が薦めてやったんだぜ。 」 茅菜 「ありがとう。 嵐とは、なぜか音楽の趣味は合うのよね。 」 嵐 「なぜかってなんだよ。 」 茅菜 「んー、だって嵐は、もっとパンクとかロックとか聞いてそうだし。 」 嵐 「悪かったな。 音楽の趣味は大人しめで。 」 茅菜 (あ、ちょっと機嫌を損ねちゃったかも) (褒めてるつもりだったんだけど、伝わらなかったのかな) 私はよく考えて、こう聞いてみた。 茅菜 「嵐が好きな音楽は・・・・。 」 嵐 「青空みたいな音楽か・・・・。 」 「そうかもしれないな。 」 すっと嵐の視線が空を仰ぐ。 嵐 「やっぱ、お前とは趣味が合うんだろうな。 」 茅菜 (そう言ってもらえると、思ってる以上に嬉しいな) 嵐 「・・・・ま、いいや。 」 「橘川と俺の音楽の趣味は一緒ってことだな。 」 「ZAMZAはいい曲だから、なんでもいいや。 」 茅菜 「・・・・嵐って、本当にZAMZAが好きなんだ。 」 嵐 「ああ。 曲のテンポがいいしな。 」 「それに突き抜けてる漢字がいいだろ?」 「聞いてると、空を飛んでるような気になれる。 」 茅菜 「それ、わかる!」 「私も目を閉じて聞いてると、空を飛んでる気がするから・・・・。 」 (タイムリップして空に浮いてた時も、ZAMZAの曲が頭に流れてたっけ) 嵐 「とりあえず、さっさと買えよ。 」 茅菜 「そうだね。 」 買い物を済ませ、店を出た後、ゲームセンターへ向かった。 茅菜 「ねえ、ねえ。 一緒にプリクラ撮らない?」 嵐 「ああ? 俺はいい。 そういうのに興味ねえ。 」 茅菜 「私が撮りたいの!」 嵐 「はあ?」 「なんで、そんなわがままに付き合ってやらなきゃならないんだよ。 」 茅菜 「お願い・・・・!」 「だって、嵐とのツーショット写真なんて1枚もないんだからさ。 」 嵐 「だから、なんで俺との写真がいるんだよ。 」 茅菜 「思い出。 」 キッパリと言うと、嵐は本当に複雑そうな顔をする。 嵐 「・・・・お前、ほんっとに今日はおかしいぞ。 」 茅菜 「じゃあ、おかしいついでに撮って。 」 嵐 「・・・・わかった。 1枚だけだぞ。 」 茅菜 「うん! じゃあ、来て来て!」 イラスト 私の無理矢理なお願いを、嵐は渋々了解してくれて、一緒にプリクラの前に立ってくれる。 茅菜 「ほら、カメラの方を見てよ。 」 嵐 「いいって、俺は・・・・。 」 茅菜 「もー、せっかく一緒なのに!」 嵐 「さっさと済ませようぜ・・・・。 」 「こっぱずかしいぞ、こんなのやるって。 」 茅菜 「あ、撮るよ!」 カシャ! せっかく撮った写真なのに、嵐の視線はそっぽを向いていた。 それでも、私にとっては、記念のプリクラになった。 撮り終わった後、半分あげると言ったのに、嵐は1枚も受け取らず、さっさとゲームセンターを出ていった。 茅菜 (でもよかった・・・・。 これで仲直りできたよね) 私は撮りたてのプリクラをそっと胸に抱きしめた。 [ to be continued ].

次の

【画像】嵐莉菜の妹と弟もかわいい!父親と母親の顔と職業は?家族を調査!

嵐 仲直り

「嵐」の松本潤(36)が28日放送のフジテレビ「VS嵐」(木曜後7・00)に出演、新たに挑戦してみたいことを明かした。 番組3回目となるリモート収録。 最初に二宮和也(36)が「あれやってますよ、トマト。 俺トマトを育てている」と明かすと、松本は「やってみたいことでもいい?もうそろそろ本当にやってみたいことは絵、絵をかく」と明かした。 メンバーが「ここに巨匠がいるからね」と、個展を開くほどの腕前を持つリーダーの大野智(39)にコメントを求めると、大野は「まじで?前から俺言ってたじゃん、絵をかきなよって」と反応。 松本が「白いキャンバスを買って、画材を買ってやってみようかなって。 リーダーのところに行って借りようかな。 画材とかいい?」と聞くと、大野は「全然いいよ」と快諾した。 松本は「リーダーが個展するってなったら、(会場の)端っこの方に1個だけ(自分の作品を)置いているかも」と話して笑いを誘った。 相葉雅紀(37)は「初めてのことに結構挑戦してて。 タイを買ってきて昆布締めをつくってみたり、リモート飲みを初めてやったり、あとはバランスボールに立ってみたり」と充実した日々を過ごしていると語った。

次の