危険 物 取扱 者 乙 4。 危険物取扱者 乙種4類と丙種の違い‐はじめての危険物試験

乙種第4類危険物取扱者に挑戦

危険 物 取扱 者 乙 4

乙4種試験の概要 危険物取扱者乙種には1類~6類まであり、それぞれ取り扱える危険物の種類が異なります。 乙4種試験に合格すると、ガソリンや重油、軽油、灯油などの引火性液体の取り扱いが認められます。 乙4種の試験日時は、主催サイドである「一般財団法人 消防試験研究センター」の支部によって異なります。 危険物取扱者のなかでも、乙種4種はとりわけ人気の高い資格です。 対象となる危険物が石油関係であることから、ガソリンスタンドの従業員やタンクローリーの運転手、化学メーカーの製造者など、求職者受け入れの間口が広く、ニーズも高い資格だからです。 そのため、最初に選ぶ種類として、乙種4種を選択する受験者も少なくありません。 関連記事: 乙種4類の合格率は? 乙種4類試験の2017年4 月~2019 年1 2月までの合格率を見てみましょう。 試験時期 受験者数 合格者数 合格率 2017年4月 5,118名 2,165名 42. 3% 2018年1月 14,370名 5,230名 36. これは、甲種試験と同じくらいの合格率です。 甲種試験を受験するには、化学に関する専門高等教育を受けているなど、一定の条件が必要であり、乙・丙種のように誰にでも門戸が開かれている資格ではありません。 8種のなかで唯一、全種類の危険物を取り扱える資格でもあり、ゆえに学習範囲も幅広いのが特徴です。 その甲種と同じくらいの合格率であることを考えると、「乙種4類試験は難しい」と思われるかもしれませんが、合格率が低いのは受験者数が多いことと関係があるのです。 また、 合格者の定員などは設けられていないため、足切り点はありません。 受験者数が多ければ必然と個々の学習意欲や勉強量に差が出るため、不合格者も多数出ます。 そのため、乙4種だけ特別に難しいということではないので、いたずらに合格率に惑わされないようにしましょう。 他の乙種試験との違い 先述の通り、乙種4類だけが突出して受験者数が多く、その影響で合格率が低い傾向にあります。 乙種4類種以外の試験が合格しやすい理由として、免除科目があるかないかも大きいでしょう。 乙種4類の資格を持てば、他の乙種試験では「法令」と「基礎的な物理化学」が免除となります。 免除科目があれば、各種類の「危険物の性質並びにその火災予防及び消火の方法」を勉強すればいいので、学習範囲も狭まり、よりポイントを絞った試験勉強が可能になります。 そのため、合格のしやすさに違いが生まれるのです。 関連記事:• 関連記事:• 関連記事: 乙種4類の勉強方法は? 乙 種4類の合格率が低いとは言え、試験内容自体は特別高度というわけではありません。 効率的な試験対策を押さえることができれば、短期合格を目指すことは十分に可能です。 まず、有効な方法は、過去問を重点的に取り組むこと。 危険物取扱者の試験では、パターン化された問題が出題されるケースが珍しくなく、ゆえに過去の問題を多く解くことが一番の実践練習となります。 過去の試験問題を繰り返し解くことで、短期合格にぐっと近づきます。

次の

危険物取扱者試験の合格率は?甲種・乙4・丙種の特徴や合格方法まで解説!

危険 物 取扱 者 乙 4

乙種第4類危険物取扱者試験同様に法令15問、物理・化学10問、性質・火災予防10問、合計35問。 過去3年間に出題された520問からランダムに出題されます。 続けてご利用いただく場合は、の会員にご登録ください。 法令 問題1 法令上、製造所等に消火設備を設置する場合の所要単位を計算する方法として、次のうち誤っているものはどれか。 ただし、製造所等は他の用に供する部分を有しない建築物に設けるものとする。 選択肢 1. 外壁が耐火構造の製造所の建築物は、延べ面積100m2を1所要単位とする。 外壁が耐火構造でない製造所の建築物は、延べ面積50m2を1所要単位とする。 外壁が耐火構造の貯蔵所の建築物は、延べ面積150m2を1所要単位とする。 外壁が耐火構造でない貯蔵所の建築物は、延べ面積75m2を1所要単位とする。 危険物は、指定数量の100倍を1所要単位とする。 回答欄 1 2 3 4 5 問題2 法令上、次のうち誤っているものはどれか。 選択肢 1. 指定数量の倍数が10以上の製造所等で、移動タンク貯蔵所以外のものは、火災が発生した場合、自動的に作動する火災報知設備その他の警報設備を設置しなければならない。 製造所等を設置又は変更をするときは、市町村長等の許可を受けなければならない。 指定数量以上の危険物は、いかなる場合でも製造所等以外の場所でこれを貯蔵し、又は取り扱ってはならない。 指定数量の倍数が10以上の製造所、屋内貯蔵所、屋外タンク貯蔵所は、原則として避雷設備を設けなければならない。 危険物の貯蔵又は取扱いに伴う火災の防止のために、市町村長等が実施する製造所等の立入検査を拒み、妨げ、もしくは忌避した者は、罰せられることがある。 回答欄 1 2 3 4 5 問題3 法令上、製造所等において危険物を取り扱う場合について、次のうち正しいものはどれか。 選択肢 1. 危険物施設保安員は、危険物取扱者の立会いがなくても、製造所等において危険物を取り扱うことができる。 乙種危険物取扱者は、製造所等で取り扱うことができる危険物以外の危険物を取り扱う場合、甲種または当該危険物を取り扱うことができる乙種危険物取扱者の立会いが必要となる。 従業員は、所有者の指示があれば、製造所等において危険物の取り扱いをすることができる。 丙種危険物取扱者は、取り扱いできる危険物の場合、製造所等で危険物取り扱いの立会いをすることができる。 危険物保安監督者を置く製造所等では、危険物取扱者の立会いがなくても取り扱うことができる。 回答欄 1 2 3 4 5 問題4 法令上、次の文の( )内のA及びBに当てはまる語句の組合せとして、次のうち正しいものはどれか。 「製造所、貯蔵所又は取扱所の位置、構造及び設備を変更しないで、貯蔵し、又は取り扱う危険物の品名、数量又は指定数量の倍数を変更しようとする者は、(A)に、その旨を(B)に届け出なければならない。 」 選択肢 1. A(変更しようとする日の10日前まで)/B(消防長又は消防署長) 2. A(変更しようとする日の10日前まで)/B(市町村長等) 3. A(変更した日から7日以内)/B(消防長又は消防署長) 4. A(変更した日から10日以内)/B(消防長又は消防署長) 5. A(変更した日から10日以内)/B(市町村長等) 回答欄 1 2 3 4 5 問題5 危険物の運搬容器の外部には規則で定める表示を行わなければならないが、その表示事項として定められていないものは、次のうちどれか。 ただし、運搬容器の最大容積が2. 2L以下のものを除く。 選択肢 1. 品名 2. 危険等級 3. 消火方法 4. 化学名 5. 数量 回答欄 1 2 3 4 5 問題6 法令上、免状について、次のうち誤っているものはどれか。 選択肢 1. 免状を亡失してその再交付を受けたものが亡失した免状を発見した場合は、これを10日以内に免状の再交付を受けた都道府県知事に提出しなければならない。 免状の交付を受けているものが免状を亡失又は破損等した場合は、免状の交付又は書換えをした都道府県知事にその再交付を申請することができる。 免状は、それを取得した都道府県知事の範囲内だけでなく、全国で有効である。 免状の返納を命じられた者は、その日から起算して6ヶ月を経過しないと、新たに試験に合格しても免状の交付は受けられない。 免状は危険物取扱者試験に合格した者に対し、都道府県知事が交付する。 回答欄 1 2 3 4 5 問題7 法令上、危険物に関する説明について、次のうち正しいものはどれか。 選択肢 1. 危険物とは、法別表第1の品名欄に掲げる物品で、同表に定める区分に応じ同表の性質欄に掲げる性状を有するものをいう。 危険物は、火災危険性だけではなく、人体に対する毒性危険、環境に対する汚染危険を判断するための試験を行い判定する。 危険物はその性質により、第1類から第7類に区分されている。 毒物、劇物に指定されている物品も、危険物として指定される。 プロパンガス、メタンガスを液化したものは危険物に該当する。 回答欄 1 2 3 4 5 問題8 法令上、市町村長等から製造所等の許可の取消し又は使用停止を命ぜられる事由に該当しないものは、次のうちどれか。 選択肢 1. 完成検査又は仮使用の承認を受けないで製造所等を使用したとき。 定期点検が義務づけられている製造所等において、定期点検が実施されていないとき。 危険物取扱者が保安講習の受講期限が過ぎても講習を受講しなかったとき。 危険物保安監督者の解任命令に従わなかったとき。 変更の許可を受けないで、製造所等の位置、構造又は設備を変更したとき。 回答欄 1 2 3 4 5 問題9 法令上、次の文の( )内に当てはまる語句として、適切なものはどれか。 「危険物を貯蔵し、又は取り扱うタンクに、移動貯蔵タンクから引火点が( )の危険物を注入するときは、移動タンク貯蔵所の原動機を停止しなければならない。 」 選択肢 1. A.6か月以上の危険物の取扱いの実務経験を有する乙種危険物取扱者は、危険物保安監督者として定められることができる。 B.1年以上の危険物取扱いの実務経験を有する丙種危険物取扱者は、危険物保安監督者として定められることができる。 C.危険物施設保安員として定められるには、甲種、乙種又は丙種危険物取扱者のいずれかでなければならない。 D.危険物保安監督者は、危険物施設保安員を置く必要がない製造所等にあっては、危険物施設保安員の業務も行うこととされている。 選択肢 1. AとB 2. AとD 3. BとC 4. BとD 5. CとD 回答欄 1 2 3 4 5 問題11 法令上、危険物を収納した容器の貯蔵及び取扱いについて、基準に定められていないものはどれか。 選択肢 1. 危険物を容器に収納して貯蔵し、又は取り扱うときは、その容器は当該危険物の性質に適応し、かつ、破損、腐食、さけめ等のないものでなければならない。 屋内貯蔵所及び屋外貯蔵所においては、原則として危険物は法令基準に適合した容器に収納して貯蔵しなければならない。 屋内貯蔵所及び屋外貯蔵所においては、危険物を収納した容器は絶対に積み重ねてはならない。 危険物を収納した容器を貯蔵し、又は取り扱う場合はみだりに転倒させる、落下させる、衝撃を加える、又は引きずる等の粗暴な行為をしてはならない。 回答欄 1 2 3 4 5 問題12 法令上、危険物を取り扱う建築物等の周囲に、一定の幅の空地を保有しなければならない旨の規定が設けられている製造所等のみを掲げている組合せは、次のうちどれか。 選択肢 1. 販売取扱所:給油取扱所:屋外貯蔵所 2. 地下タンク貯蔵所:屋内タンク貯蔵所:製造所 3. 屋内タンク貯蔵所:屋内貯蔵所:販売取扱所 4. 一般取扱所:屋外貯蔵所:屋内貯蔵所 5. 給油取扱所:製造所:簡易タンク貯蔵所 回答欄 1 2 3 4 5 問題13 法令上、製造所等において危険物の取扱作業に従事する危険物取扱者が受けなければならない危険物の取扱作業の保安に関する講習(以下「講習」という。 )について、次のうち誤っているものはどれか。 選択肢 1. 製造所等において、危険物の取扱作業に従事することとなった日から前2年以内に講習を受けている場合は、当該講習を受けた日から3年以内に講習を受ければよい。 製造所等において、危険物の取扱作業に新たに従事することとなった日から1年以内に受講しなければならない。 製造所等において危険物の取扱作業に従事している者で2年以内に受講した者は、講習を受けた日以後における最初の4月1日から5年以内に受講しなければならない。 指定数量未満の危険物を貯蔵又は取り扱う施設において、危険物を取り扱う危険物取扱者は、受講義務がない。 講習を受けなければならない危険物取扱者が講習を受けなかった場合は、免状の返納を命ぜられることがある。 回答欄 1 2 3 4 5 問題14 法令上、製造所等に設置する消火設備の区分について、次のうち第5種の消火設備に該当するものはどれか。 選択肢 1. スプリンクラー設備 2. 泡を放射する大型の消火器 3. 屋内消火栓設備 4. 泡を放射する小型の消火器 5. ハロゲン化物消火設備 回答欄 1 2 3 4 5 問題15 法令上、製造所等における危険物の貯蔵及び取扱いのすべてに共通する技術上の基準について、次のうち正しいものはどれか。 選択肢 1. 危険物を保護液中に保存する場合は、当該危険物の一部を露出させておかなければならない。 製造所等では、許可された危険物と同じ類、同じ数量であれば、品名については随時変更することができる。 危険物のくず、かす等は、1週間に1回以上、当該危険物の性質に応じて安全な場所で廃棄その他適当な処置をしなければならない。 廃油等を廃棄する場合は、焼却以外の方法で行わなければならない。 危険物は、原則として海中又は水中に流出させ、又は投下してはならない。 回答欄 1 2 3 4 5 物理・科学 問題16 次のうち正しいものはどれか。 選択肢 1. エタノールの比熱は、水より大きい。 銀の熱伝導率は、水より小さい。 ニッケルの線膨張率は、体膨張率より大きい。 熱の対流は、液体および固体だけに起こる現象である。 外気圧が高くなれば、沸点も高くなる。 回答欄 1 2 3 4 5 問題17 強化液消火剤について、次のうち誤っているものはどれか。 選択肢 1. アルカリ金属塩類等の濃厚な水溶液である。 油火災に対しては、霧状にして放射しても適応性がない。 電気火災に対しては、霧状にして放射すれば適応性がある。 木材などの火災の消火後、再び出火するのを防止する効果がある。 回答欄 1 2 3 4 5 問題18 静電気に関する説明として、次のうち誤っているものはどれか。 選択肢 1. 作業する場所の床や靴の電気抵抗が大きいと静電気の蓄積量は大きくなる。 帯電した物体が放電するときのエネルギーの大小は、可燃性ガスの発火に影響しない。 夏場、人体に帯電しにくいのは、汗や湿気により静電気が他に漏れているからである。 接触分離する2つの物体の種類および組合せによって、発生する静電気の大きさや極性が異なる。 接触面積や接触圧は、静電気発生の要因の一つである。 回答欄 1 2 3 4 5 問題19 液体危険物が静電気を帯電しやすい条件について、次のうち誤っているものはどれか。 選択肢 1. 加圧された液体がノズル、亀裂等、断面積の小さな開口部から噴出するとき。 液体が液滴となって空気中に放出されるとき。 導電率の低い液体が配管を流れるとき。 液体相互または液体と粉体等とを混合・かくはんするとき。 直射日光に長時間さらされたとき。 回答欄 1 2 3 4 5 問題20 水素(H 2)36gと酸素(O 2)64gをある容器に入れたところ、その全圧が1. 00kPaであった。 このときの各成分気体の分圧として、次のうち正しいものの組合せはどれか。 ただし、水素と酸素は互いに反応していないものとし、いずれも理想気体として挙動するものとする。 選択肢 1. 水素の分圧(0. 10kPa)/酸素の分圧(0. 90kPa) 2. 水素の分圧(0. 36kPa)/酸素の分圧(0. 64kPa) 3. 水素の分圧(0. 50kPa)/酸素の分圧(0. 50kPa) 4. 水素の分圧(0. 64kPa)/酸素の分圧(0. 36kPa) 5. 水素の分圧(0. 90kPa)/酸素の分圧(0. 10kPa) 回答欄 1 2 3 4 5 問題21 粉じん爆発の特徴について、次のうち誤っているものはどれか。 選択肢 1. 有機物の粉じん爆発の場合、不完全燃焼を起こしやすく、生成ガス中に一酸化炭素が多量に含まれていることがあるので、中毒を起こしやすい。 爆発の際、粒子が燃えながら飛散するので、周囲の可燃物は局部的にひどく炭化したり着火する可能性がある。 一般にガス爆発に比較して、発生するエネルギーが小さい。 最初の部分的な爆発により、たい積している可燃性粉じんが舞い上がり、次々に爆発的な燃焼が持続し、被害が大きくなる。 一般にガス爆発に比較して、最小着火エネルギーが大きい。 回答欄 1 2 3 4 5 問題22 金属を粉体にすると、燃えやすくなる理由として、次のうち正しいものはどれか。 選択肢 1. 熱伝導率が大きくなるから 2. 空気が供給されにくくなるから 3. 単位重量あたりの表面積が大きくなるから 4. 単位重量あたりの発熱量が小さくなるから 5. 4Lの一酸化炭素と22. 4Lの酸素を混合して完全燃焼させた。 このとき、反応した酸素の体積および反応後の気体の体積として、次の組合せのうち正しいものはどれか。 選択肢 1. 反応した酸素の体積(11. 2L)/反応後の気体の体積(22. 4L) 2. 反応した酸素の体積(11. 2L)/反応後の気体の体積(33. 6L) 3. 反応した酸素の体積(11. 2L)/反応後の気体の体積(44. 8L) 4. 反応した酸素の体積(22. 4L)/反応後の気体の体積(22. 4L) 5. 反応した酸素の体積(22. 4L)/反応後の気体の体積(33. 6L) 回答欄 1 2 3 4 5 問題24 次の性状を有する可燃性液体について、正しいものはどれか。 6~10. この液体の蒸気3Lと空気97Lとの混合気体に炎を近づければ引火する。 回答欄 1 2 3 4 5 問題25 次の化学用語の説明として、誤っているものはどれか。 選択肢 1. 塩基とは、水に溶けて水酸化物イオン(OH -)を生じる物質をいう。 中和とは、酸と塩基が反応して塩と水とを生じることをいう。 還元剤とは、他の物質を還元し、自らは酸化される物質をいう。 酸化とは、物質が酸素を失ったり、水素と化合したり、電子を取り入れたりする反応をいう。 塩の加水分解とは、塩が水に溶けてアルカリ性または酸性を示す現象をいう。 回答欄 1 2 3 4 5 性質・火災予防 問題26 泡消火剤の中には水溶性液体用泡消火剤とそれ以外の泡消火剤がある。 次に掲げる危険物の火災に際し、水溶性液体用泡消火剤以外の泡消火剤でも消火効果が期待できるものはどれか。 選択肢 1. アセトン 2. エタノール 3. エチレングリコール 4. 酢酸 5. トルエン 回答欄 1 2 3 4 5 問題27 アセトン、エチルメチルケトンの火災に対する消火方法として、次のうち不適切なものはどれか。 選択肢 1. ハロゲン化物消火剤を放射する。 棒状の水を放射する。 水溶性液体用泡消火剤を放射する。 二酸化炭素消火剤を放射する。 りん酸塩類等を使用する粉末消火剤を放射する。 回答欄 1 2 3 4 5 問題28 ジエチルエーテルの性状について、次のうち誤っているものはどれか。 選択肢 1. 酸素原子に2個の炭化水素基が結合した化合物である。 多くの有機化合物をよく溶かし、水によく溶ける。 空気と長期間接触すると、爆発性の過酸化物を生成するおそれがある。 消火には、水溶性液体用泡消火剤が有効である。 回答欄 1 2 3 4 5 問題29 危険物の類ごとに共通する性状について、次のうち正しいものはどれか。 選択肢 1. 第1類の危険物は可燃性であり、加熱すると爆発的に燃焼する。 第2類の危険物は着火または引火の危険性のある固体である。 第3類の危険物は二酸化炭素と接触すると分解発熱して発火する。 第5類の危険物は窒素および酸素含有物質であり、強還元性である。 第6類の危険物は強酸性であり、ガラスやプラスチックを容易に腐食する。 回答欄 1 2 3 4 5 問題30 特殊引火物の性状について、次のうち誤っているものはどれか。 選択肢 1. アセトアルデヒドは、非常に揮発しやすい。 ジエチルエーテルは、特有の甘い刺激性の臭気があり、アルコールによく溶ける。 二硫化炭素は、無臭の液体で水に溶けやすく、また水より軽い。 酸化プロピレンは、水、エタノールに溶ける。 回答欄 1 2 3 4 5 問題31 n-ブタノール(n-ブチルアルコール)の性状について、次のうち誤っているものはどれか。 選択肢 1. 異性体が存在する。 水より軽い。 各種有機溶媒によく溶ける。 無色透明の液体である。 回答欄 1 2 3 4 5 問題32 危険物を取り扱う地下埋設配管(鋼管)が腐食して危険物が漏えいする事故が発生している。 この腐食の原因として最も考えにくいものは次のうちどれか。 選択肢 1. 電気器具のアースをとるため銅の棒を地中に打ち込んだ際に、配管と銅の棒が接触した。 配管を埋設した場所の近くに直流の電気設備を設置したため、迷走電流の影響が大きくなった。 配管を埋設する際、工具が落下し被覆がはがれたのに気づかず埋設した。 コンクリート中に配管を埋設した。 砂層と粘土層の土壌にまたがって配管を埋設した。 回答欄 1 2 3 4 5 問題33 次の文の( )内のA~Dに入る語句の組合せとして、次のうち正しいものはどれか。 「第4類の危険物の貯蔵および取扱いにあたっては、炎、火花または(A)との接近を避けるとともに、発生した蒸気を屋外の(B)に排出するか、または(C)を良くして蒸気の拡散を図る。 また、容器に収納する場合は、(D)危険物を詰め、蒸気が漏えいしないように密栓をする。 」 選択肢 1. A(可燃物)/B(低所)/C(通風)/D(若干の空間を残して) 2. A(可燃物)/B(低所)/C(通風)/D(一杯に) 3. A(高温体)/B(高所)/C(通風)/D(若干の空間を残して) 4. A(水分)/B(高所)/C(冷暖房)/D(若干の空間を残して) 5. A(高温体)/B(低所)/C(冷暖房)/D(一杯に) 回答欄 1 2 3 4 5 問題34 静電気により引火するおそれのある危険物を取り扱う場合の火災予防対策として、次のA~Dのうち正しいものの組合せはどれか。 A.作業者は、絶縁性の高い手袋や靴を着用する。 B.危険物を取り扱う機器を接地する。 C.取り扱う危険物の流速を大きくして、短時間で作業を終わらせる。 D.床への散水等により湿度を高める。 選択肢 1. AとB 2. AとC 3. BとC 4. BとD 5. CとD 回答欄 1 2 3 4 5 問題35 ベンゼンとトルエンの性状について、次のうち誤っているものはどれか。 選択肢 1. いずれも芳香族炭化水素である。 トルエンは水に溶けないが、ベンゼンは水によく溶ける。 蒸気はいずれも有毒である。 いずれも無色の液体で水より軽い。 回答欄 1 2 3 4 5 採点.

次の

一般財団法人消防試験研究センター

危険 物 取扱 者 乙 4

比較的難易度は低く短期間で取得できて就職、転職につながる便利な資格です。 テキスト選びから模試まで通信講座のスケジュールに合わせて勉強するのが 一番楽かもしれません。 危険物取扱者とは 危険物とは、ガソリン、灯油などの石油類、金属粉など燃焼性の高い物品のことをいい、これらを安全に取り扱うには専門知識が必要となります、燃焼性が高く危険性のあるこれらの危険物を大量に製造・貯蔵・取扱する場所で必要とされる専門知識を持ち管理責任者の役割を担うのが危険物取扱者です。 印刷、燃料、塗料、薬品など化学工場など、ガソリンスタンドなどの販売所、タンクローリーなどで危険物の輸送や取り扱う場合は、危険物取扱者自身がその作業を行うか、危険物取扱者が作業に立ち会わなければなりません(資格の種類によります)。 危険物の取り扱いや法規制についての専門知識を持ち、貯蔵や取り扱い、またはその指示ができる人、それが危険物取扱者(燃焼性の高い物品の専門家)です。 危険物取扱者(資格)は期待通りの資格か? 合格率は低いのですが、試験の難易度は高くありません、乙・丙は誰でも受験出来る事と、ガソリンスタンドやタンクローリーなどの業種での受験者数も高いため比較的取りやすい資格ですが、職種さえ選ばなければ就職にはつながりやすい資格と言えます、危険物を扱うには必須な資格なので中高年や女性でも日本全国で安定的に求人はあります。 危険物を扱う石油や化学薬品の取り扱いに必要な専門資格のように思えますが、その資格の利用範囲は意外と広いのがこの危険物取扱者の特徴で、建設会社でも接着剤をはじめ科学薬品を多く資材として使うために、運送会社ではガソリン以外にも薬品などの危険物を運搬するために、多くの工場でも危険物を利用する機会は多くこの資格が必要となります。 取りやすい難易度の低い資格の割には持っているとかなり優位な資格です。 自分で試験までの計画を立てるのが苦手な方は通信講座も考えてみては如何でしょうか。 最新のテキストと出題傾向、質問も出来ます。 先ずは無料資料請求をしてみると良いかもです>>> 年収について 危険物取扱者の資格を取得すれば、石油関連施設、化学系メーカー、化学工場、ガソリンスタンドなどの 幅広い分野での就職・転職が可能となります。 年収は就業場所によって異なりますが、 おおよそ平均500万~600万円だと言われています。 また、 国家資格であるために、優遇される場合も多く、通常の給与に資格手当がプラスされることも多いようです。 危険物取扱者は、特定の施設に設置が義務付けられていることからも、ニーズは安定しています。 また、身に着けた専門知識と技術は一生使えるので、一度取得してしまえば将来性も比較的安泰だと言えるでしょう。 ただし、資格を維持するには、定められた期間ごとに都道府県知事が行う講習を受ける必要はあります。 危険物取扱者の仕事と将来性! 危険物取扱者は、甲・乙種・丙種の3種類 資格種類 取扱危険物 甲種危険物取扱者 全ての危険物と立合い 乙種危険物取扱者 第1類〜第6類のうち免状を交付されている類の危険物の取扱いと立会いができる 乙種第1類 酸化性固体(塩素酸カリウム、過マンガン酸カリウム、次亜塩素酸ナトリウム等) 乙種第2類 可燃性固体(硫黄、赤リン、マグネシウム等) 乙種第3類 自然発火性物質及び禁水性物質(ナトリウム、リチウム、黄リン等) 乙種第4類 引火性液体(ガソリン、灯油、軽油、エタノール等) 乙種第5類 自己反応性物質(ニトログリセリン、トリニトロトルエン、アジ化ナトリウム等) 乙類第6類 酸化性液体(過酸化水素、硝酸等) 丙種危険物取扱者 第4類に属する危険物のうちガソリン、灯油、軽油、第3石油類(重油、潤滑油及び引火点130度以上のものに限る)、第4石油類及び動植物油類のみ取扱いができる。 丙種の有資格者による立会いはできない 資格は甲・乙・丙の3種類に取り扱いができる危険物の種類によってわかれます、甲種は、実務経験、学校の専門課程での履修など受験資格が決まっていますが、その他の乙・丙には受験資格は無く誰でも受験することができます。 試験内容は難易度が低いため、独学やテキストを読んで学習すれば十分合格できます。 区分 受験者数 合格率 甲種 22,905人 32. 2% 乙種第1類 13,456人 66. 6% 乙種第2類 13,105人 65. 6% 乙種第3類 14,397人 67. 6% 乙種第4類 271,234人 29. 4% 乙種第5類 14,122人 67. 9% 乙種第6類 16,085人 65. 4% 乙種合計 342,399人 37. 1% 丙種 35,792人 49. 2% 全合計 401,096人 37. 9% 2015年度の受験者数・合格数です。 受験者・合格率の数字を見ると分かるように、受験者数は乙4種が圧倒的に多く、これは乙種4類の取り扱える危険物が引火性液体(ガソリン、灯油、軽油、エタノール等)生活に密着した危険物が多く、就職先も多いため就職・転職に有利なことが理由です。 乙種の他の類の合格率は乙種4類が倍ほど合格率となっています。 他の類の受験者の場合、仕事でどうしても必要であるとか明確な理由を持って受験するために合格率が高くなっていると思われます。 試験の難易度 甲種は難易度は高いです、乙種と丙種も合格率は低いのですが、難易度は低くいのに試験勉強も、まともにしない学生が多く受験するので、低い合格率ほど難易度が高い試験ではありません。 危険物取扱者試験の2015年の合格率は一番難しい甲種が約32. 64%を占めていて色々な方が受験します、中学生、高校生、中高年者なども受験するため合格率が大きく下がっていますが試験の難易度は他の乙種とそんなに変わりません。 事前に何の知識が無くても準備を始めれば十分合格できます、当然ですが時間をかけ学習する必要があり、販売している過去問を繰り返して、内容をきちっと理解すれば合格できます。 自分で試験までの計画を立てるのが苦手な方は通信講座も考えてみては如何でしょうか。 最新のテキストと出題傾向、質問も出来ます。 先ずは無料資料請求をしてみると良いかもです>>> 危険物取扱者試験情報 試験科目及び問題数 種類 試験科目 問題数 甲種 危険物に関する法令 15 物理学及び化学 10 危険物の性質並びにその火災予防及び消火の方法 20 乙種 危険物に関する法令 15 基礎的な物理学及び基礎的な化学 10 危険物の性質並びにその火災予防及び消火の方法 10 丙種 危険物に関する法令 10 燃焼及び消火に関する基礎知識 5 危険物の性質並びにその火災予防及び消火の方法 10 「他の類の危険物取扱者」、「火薬類製造保安責任者」、「火薬類取扱保安責任者」などの資格を持つ場合、又は消防団員として5年以上勤務し消防学校で所定の教育を修了している場合は、試験の一部免除がありますので最寄りの当センター各支部等へお問い合わせください。 一部免除 乙種危険物取扱者試験において次に該当する方は、試験科目の一部が免除されます。 免除資格者 免除種類 試験科目 免除内容 問題数 合計 試験時間 願書添付書類 ア 乙種危険物取扱者免状を有する者 全類 1 法令 全部免除 0問 10問 35分 免状のコピー 2 物化 全部免除 0問 3 性消 —- 10問 イ 火薬類免状を有する者 1類 5類 1 法令 —- 15問 24問 1時間 30分 免状のコピー 2 物化 一部免除 4問 3 性消 一部免除 5問 ウ 乙種危険物取扱者免状を有し、かつ火薬類免状を有する科目免除申請者 1類 5類 1 法令 全部免除 0問 5問 35分 免状のコピー 2 物化 全部免除 0問 3 性消 一部免除 5問 〔備考〕 火薬類免状は、次の免状を意味します。 免除資格者 試験科目 免除内容 問題数 合計 試験時間 願書添付書類 5年以上消防団員として勤務し、かつ、消防学校の教育訓練のうち基礎教育又は専科教育の警防科を修了した者 危険物に関する法令 免除なし 10問 20問 1時間 「5年以上消防団員として勤務したことを証明する書類」及び「消防学校での基礎教育又は専科教育の警防科を修了したことを証明する書類」の両方が必要です。 燃焼及び消火に関する基礎知識 全部免除 0問 危険物の性質並びにその火災予防及び消火の方法 免除なし 10問 試験日は都道府県により違いますので各都道府県のHPで確認してください。 試験時間は2時間半です。 3つの科目のうち、ひとつでも正解率が6割を下回ったら不合格になります野で注意してください。 すでに乙種の他の類を取っている方は、危険物に関する法令と、物理及び化学の2科目が免除になり、試験時間は35分に短縮されます。 自分で試験までの計画を立てるのが苦手な方は通信講座も考えてみては如何でしょうか。 最新のテキストと出題傾向、質問も出来ます。 先ずは無料資料請求をしてみると良いかもです>>> 人気のある危険物取扱者の資格試験に絶対合格するには、どんな勉強法が効果的で短時間で身に着くのでしょうか? 今回、危険物乙種4類絶対合格の為の勉強方法をご紹介します。 危険物乙種4類はそれ程難易度の高い取得が難しい資格ではありません、ただ覚えることが多く効率的に勉強しないと幾ら時間が有っても合格しません。 危険物乙種4類を取得したい方、危険物乙種4類の資格に興味があるという方は読んでみて損はありません。 法律で危険物を定められた数量以上に保管している施設では保管している施設の監督者として危険物取扱者の資格保持者を勤務させなくてはなりません、ガソリン、灯油を一定数保管し取扱っている施設といえば、思い浮かぶのはガソリンスタンドですね、近年ガソリンスタンドは少なくなったとはいえ街中に多く存在します。 つれは危険物乙種4類を取得すると他の危険物取扱者乙種の類を取得するより就職に有利な場所が多いのです、更に灯油、ガソリンなどはタンクローリーで運ばれるため危険物乙種4類を取得するとタンクローリーの運転手になることも可能です。 他の危険物乙種の合格率が7割弱ですから、かなり低いです、これは危険物乙種4類の問題だけが極端に難しいのではなく受験者が危険物乙種4類だけ突出して多く、その結果合格率が低くなっているのです(これは業務上会社に言われた等が原因かと思われます)。 なので問題の難易度は他の乙種と変わる事は無く受験する人の試験に対する向き合い方の違いです、危険物取扱者の試験は足切はありませんので合格点に達していれば取得できますから頑張って勉強する事が大切です。 それらには危険物乙種4類に合格するには、試験の3か月ほど前から勉強を開始したと書かれています、「3か月も勉強しなくては合格できないの?」あるいは「3か月で合格出来るんだ」と思うかもしれません、すべての人が3か月で合格出来るかというと、そうとは限りません。 当たり前ですが、既にガソリンや軽油を取り扱っている職場の人や、出題傾向の知識がある方は短い勉強時間で合格出来るかもしれません、また初めて勉強する人は3か月以上時間が必要かも、更には一日に勉強できる時間にもよります、ただ知識が豊富な人でも一夜漬けの勉強で合格できるほど甘い資格ではない事を自覚しておきましょう。 危険物乙種4類の試験勉強は法令や化学物質の名前を暗記し過去問を解いて間違ったところを覚え直す事の繰り返しです。 特別な勉強方法はありません、ただひたすらコツコツと勉強していく事です。 危険物乙種4類試験は社会人の方が受験する事が多いのですが、仕事をしながら試験を受ける人は学生のようにまとまった時間を勉強に充てる事は難しいですね。 社会人の方は通勤時間や、昼食時などわずかな隙間時間を勉強にあてる必要があるかもしれません。 電車の中で10分あれば法律を一つ覚えられますし、昼食を早く済ませ20分あれば過去問を一科目する事も可能です。 「時間が無いので勉強できなかった」という言い訳をする事ないように常に参考書を持ち歩くくらいの気概が大切です。 自分で試験までの計画を立てるのが苦手な方は通信講座も考えてみては如何でしょうか。 最新のテキストと出題傾向、質問も出来ます。 先ずは無料資料請求をしてみると良いかもです>>> 纏めてみました 少しはお役に立てたでしょうか、今回は危険物乙種4類の勉強法についてお話ししました。 1.危険物乙種4類は合格率は低いけれど、難易度は高いわけではない 2.時間を作り、暗記と過去問を行う勉強法が一番 3.最新の参考書・過去問題集を徹底的に勉強する ということです。 危険物取扱者、この試験の難易度は国家資格全体からみれば高くはないかもしれませんが暗記すべきこと多くスムーズに勉強していかないと試験当日まで試験範囲が終わらないかもしれません。 また化学の知識のない初めての方が勉強する時には、見慣れない記号や数値、文字の羅列を見ると、それだけで嫌になるかもしれません。 その為にも初めて勉強を始める方は、分かり易さを重点にした参考書を選ぶ事も重要です。 社会人で通勤時間などに隙間時間に勉強をする方は、携行性や電子化された参考書を選ぶと便利かもしれませんが自分のやり方を早く見つけることです。 さらに、同じように資格取得を目指している人が集まっているSNSや掲示板を見てもやる気がわいてきますよ。 の3つです、この問題もよく試験に出る問題なので確実に覚えておきましょう。 実は、この3つのカテゴリは更に細かく分けられます、当然ですがその全てを覚えておく必要があります、今回は危険物施設に含まれる3つの施設について、詳しくお話ししますので、危険物の試験勉強に役立てください。 危険物施設の製造所 危険物を作っている施設が危険物の製造所と呼ばれています。 当然ですが危険物に指定されている物を製造している施設は全て危険物の製造所になります。 間違えやすいのですが、危険物を保管している施設は製造所ではありません、貯蔵所となるので間違えないように注意しましょう。 危険物施設の貯蔵所 危険物を屋外や屋内に保管あるいは違う場所に運ぶために作られた施設を危険物の貯蔵所よ呼ばれます、具体に例を挙げてみましょう。 屋外・屋内貯蔵所 油の入ったドラム缶の集積場など 屋外・屋内タンク 地下タンク 簡易タンク 燃料を運ぶタンクローリー これらの施設が危険物の「貯蔵所」と呼ばれるカテゴリに含まれる施設です。 危険物施設の取扱所 危険物の取扱所は、危険物の給油、販売、パイプラインによる移送、危険物を実際に使う施設などが含まれ少し分かり難いので更に細かく分けてみす。 取扱所とは?• 給油取扱所:ガソリンスタンド。 販売取扱所:容器に入った危険物の販売を行う施設。 移送取扱所:配管やパイプなどで危険物を移送する施設。 一般取扱所:1~3に当てはまらない取扱所。 ボイラー室・塗装室・バーナーを使う施設等実際に危険物を使う施設。 危険物の取扱所は上記のように細分化することができます。 「販売取扱所」では、危険物を販売することはできるのですが容器に入った危険物を、小分けして販売することはできませんし「移送取扱所」は事故や災害防止するためトンネル内の設置は禁止されています。 勿論これも試験によく出る問題なので覚えておきましょう。 施設の特徴 今回は危険物施設と呼ばれる3つの施設とその特徴をお話ししました。 危険物を作る製造所 危険物を保管しておく貯蔵所 危険物の給油や販売、危険物を使う施設を含む取扱所 上記の3つを全てまとめて「危険物施設」と呼びます、この3つは危険物の試験にとても良く出る問題です、必ず覚えておきましょう。 国家資格や民間の資格と資格には色々ありますが、「危険物取扱者」は多くの資格の中でも人気のある資格のひとつです。 危険物取扱者の資格を取りたいと思っている方に必見です! 先ほどもお話ししたように、危険物取扱者の資格は甲種、乙種、丙種の3つに分けられていて、その中でも人気なのが、すべての危険物を取り扱うことができる甲種とガソリン、灯油、植物油の運搬、取扱いができる危険物乙種4類です、この二つは合格率が30弱〜40%弱の資格です実は、一見簡単そうに見えても、ポイントを押さえて勉強していないと合格は難しい、というのがこの資格の特徴なのです。 そこで今回は、危険物取扱者の資格に合格するための勉強方法をご紹介致します。 1.効率の良い学習法で! 「過去問を、ただただ解いていれば危険物取扱者の資格試験に合格する」と思ってます? 危険物乙種4類の試験に合格するには効率良く勉強する事です、過去問を解くことは大切ですが、過去問から全てが出題されるわけではないので、広く危険物についての正しい知識を学んで行く必要があります。 そうすれば問題の出題傾向が変わった時にも対応する事が出来ます、「危険物について学ぶ」「学んだ範囲内の問題集に挑戦する」「どこを間違えたか確認する」「簡単に復習する」事を繰り返し行ない、過去問の答えの数ではなく危険物の知識の量を増やす事です。 自分で試験までの計画を立てるのが苦手な方は通信講座も考えてみては如何でしょうか。 最新のテキストと出題傾向、質問も出来ます。 先ずは無料資料請求をしてみると良いかもです>>> 2.試験まで日々の目標を立てる 毎日をダラダラ勉強するのはヘコミませんか、日々達成可能な目標があれば勉強を続けやすくなります。 当然ですが危険物取扱者試験勉強を、する時も同じですダラダラ勉強するのではなく、自分が達成できる目標を作ることで、それを目標に勉強しましょう。 「毎日テキストを3ページ読む」「毎日10問の練習問題を解く」という、単純なな目標を立てれば勉強を続けることができ短期間であなた自身の取得点数を上げることができるのです。 3.テキストを何時も持ち歩く 以外に効果的なのがテキストを常に持ち歩き、暇さえあれば見るという勉強方です、当然ですが計画的に勉強することが基本です、しかし勉強の時間以外にもテキストに触れる機会を、多く作る事で試験勉強のための意欲を高めることができるのです。 いつでも目を通せるようにテキストを持ち歩く事が試験合格率をアップさせる助けになります。 危険物取扱者の資格を短期間で取るためには効率的な方法で勉強する必要があります。 1.効率の良い学習法を身に付ける 2.目標を立てる 3.テキストを常に持ち歩く この3つの方法を続ける事で、あなたの試験合格率は大幅にアップするはずです。 合格への第一歩、まずは無料の資料請求から 資格試験対策•

次の