ネオ トゥリーズ。 ネオ・トゥリーズの圧倒的歌唱力 Part3

BiSとBiSHの違いをどこよりも詳しく解説!メンバー仲が悪いって噂は?|メモリア

ネオ トゥリーズ

第3期BiSがアルバム『Brand-new idol Society』をリリースした。 Twitterのフォロワー数が1万5000人に達するまで素顔の公開を禁じられ、赤目に鼻血のアーティスト写真が話題に。 アルバムのリード曲「BiS-どうやらゾンビのおでまし-」もモザイクがかかったミュージックビデオがアップされるなど謎めいていた5人のリアルな姿が目標達成でこの夏、ついに白日のもとにさらされた。 第1期BiS、第2期BiSの使命を引き継いで走り出した彼女たちのいまの心境を聞くとともにアルバム収録曲についてインタビュー。 チャントモンキー:私はチャットモンチーさんがすごく好きだったので、それっぽい名前にしてほしいと相談したら、チャントモンキーになりました(笑)。 学生時代にバンドをやっていたとか? チャントモンキー:はい。 ギターを弾いていました。 文化祭に何回か出たり。 自分の性格はよく食べることかな? (笑)。 マナコ・チー・マナコ:BiS自体、けっこうよく食べるんですよ。 私はアイドルというより音楽が好きでバンドでベースを弾いていました。 親御さんが聴かれていたぐらいの世代ですよね? マナコ・チー・マナコ:ニューウェーブがすごく好きなんです。 平沢進さんとかも好きなんですけど、アーティストさんが聴かれていた音楽を掘り下げていくのが楽しくて辿り着いた感じです。 ネオ・トゥリーズさんは? ネオ・トゥリーズ:自分の性格は暗いほうだと思います。 学生時代からクラスメートとほとんどしゃべったことがなくて、ものごとにも興味がなかったんですけど唯一好きだったのが音楽なんです。 BiSHを好きになったのがきっかけでWACKを知って、いまは性格を変えられるよう頑張っています。 いまは好きなことをやっているので関わっていきたいなって。 マナコ・チー・マナコ:最初は聞き役でしたけど、最近はふざけたり大きな声を出すようになって変わってきましたね。 イトー・ムセンシティ部:私たちの前だから、ふざけたりできるようになったのかなって。 どんどん明るくなってきました。 トギー:そうですね。 性格は元気です。 早着替えはよく急いでいたので。 要するに準備が遅いんですけど、早着替えしたら時間が短縮できるなって。 ネオ・トゥリーズさんとは対照的な性格? マナコ・チー・マナコ:トギーは根拠のない自信があるタイプなので、私たちをその前向きさで引っ張ってくれる感じですね。 性格はネオと似ているかもしれないけど、自分に自信がない。 ただ人としゃべるのは好きなんですよ。 面白い情報が入ってくるから。 でも、うまくしゃべれているのかは自信がないです。 トギー:たまに何を言ってるのかわからないときがあります(笑)。 みなさんはWACKオーディションの2,000人の中から選ばれた5人ですが、デビュー目前(取材時)のいまの心境は? イトー・ムセンシティ部:プレッシャーはすごくあるよね。 マナコ・チー・マナコ:最初はワクワクしていたし、フワフワした感じですごく楽しみだったんですよ。 でも、いろいろなことを経験するうちに、だんだん現実味を帯びてきて心境も少し変わってきましたね。 全国各地のタワーレコードさんを廻らせてもらったんですけど、期待を感じるときもあれば厳しい言葉をいただくときもあって、ワクワクがありつつ「これから頑張らないといけないな」って焦りも感じています。 イトー・ムセンシティ部:不安感が芽生えてきていますね。 トギー:自分たちが思う以上に時間が速く流れていってる感じがして。 ネオ・トゥリーズ:いろんな人たちと接しないと成り立たない仕事なので、プレッシャーはありますね。 1期、2期で築き上げてきたものを引き継いで大きくしていかなきゃっていう。 その場のノリなんです。 マナコ・チー・マナコ:最初は赤目だけだったんだけど、鼻血も追加でって(笑)。 トギー:面白かったですね。 チャントモンキー:赤目と鼻血の組み合わせなんて誰もやってないだろうから嬉しかったですね。

次の

BiSとBiSHの違いをどこよりも詳しく解説!メンバー仲が悪いって噂は?|メモリア

ネオ トゥリーズ

WACKに所属する、人気急上昇中のかっこいいアイドル。 コンセプト「楽器を持たないパンクバンド」 メンバー数:6人 BiS解散後に、再始動と称して作られたグループ。 過激ではあるが、メタルサウンド系で特徴的なダンスが特徴。 つまり、BiSが解散した後にできたグループが、BiSHです。 楽曲を比べてみるとわかるかもしれませんが、どちらかというと、BiSHの方が一般受けしやすそうな感じですよね! BiSは好き嫌いが分かれますが、一度ハマれば他のアーティストでは刺激が足りず、抜け出せない傾向にあります。 BiSとBiSHの生みの親は誰? どちらも、生みの親というと、音楽プロデューサーである渡辺淳之介さんです。 BiSHは、BiS解散後に「BiSをもう一度始める」ために、渡辺淳之介さんが新しいメンバーを集めてできました。 ですが、BiSに関しては、音楽プロデューサーである渡辺淳之介さんとは一概には言えません。 なぜなら、元々BiSの1期・2期メンバーにいたプー・ルイさん。 彼女が、歌手として活動していた時に「アイドルグループがやりたかった」と発言したことから、メンバーオーディションを開催してできたグループがBiSです。 そのため、BiSの生みの親は言い出したプー・ルイさんでもあります。 ここまでで、BiSとBiSHについてなんとなく分かってきましたか? 更に、どれくらいの違いがあるのか、BiSとBiSHができるまでについてもみてみましょう! BiS WACK事務所の最も古いアイドルグループで、現在は4人組。 Bisは、Brand-new idol Societyの略で、新生アイドル研究会という意味。 コンセプト「アイドルを研究して、アイドルになろうとする、アイドルになりたい4人組」 BiSHの元となったグループ。 過去に2度解散しており、1期・2期を経て、現在は3期。 担当はあるが、メンバーカラーはなし。 1期時代、全裸で樹海を駆け抜けるというPVが炎上して知名度が上がる。 初期の頃は、自分達でイベントのブッキング、振り付け、楽曲提供を土下座して募ったりしていた。 年齢制限や視聴規制がかけられる楽曲が多く、過激で破天荒。 新しい楽曲のPVが出る度に、騒がれるお騒がせ系アイドルでもある。 BiSH 人気急上昇中のかっこいいアイドルで、6人組。 「BiSをもう一度始めます」と言って出来たグループ。 BiSHは、Brand-new idol SHiTの略で、新生クソアイドルという意味。 メジャーデビューを機に、新生クソアイドルから、楽器を持たないパンクバンドに変更。 担当やメンバーカラーも設定されている。 ファンのことをクソを掃除する人という意味から、「清掃員」と呼ぶ。 各メンバーそれぞれのファンにも、呼称ある。 デビュー当時は過激だったが、現在は過激度は低下したものの下ネタ曲がある。 普通のアイドルに比べると、十分に過激でロック。 歌唱力やパフォーマンスが話題となり、アイドルオタクにも人気が出た。 歌番組やテレビ番組にもたくさん出ている。 BiSHが生まれた経緯• 2010年9月: BiS(1期)オーディション開催• 2012年7月18日:BiS(1期)シングル「PPCC」メジャーデビュー• 2014年3月12日:BiS(1期)解散• 2015年1月: BiSH結成• 2016年5月4日: BiSHシングル「DEADMAN」メジャーデビュー• 2016年7月8日 :BiS(2期)始動• 2018年3月: BiS(2期)シングル「DEADMAN」メジャーデビュー• 2019年5月11日:BiS(2期)解散• 2019年6月11日:BiS(3期)始動 わずか9年の間で忙しいですよね! BiSは、2012年結成。 BiSHは、2015年結成。 BiSHは、BiSの後にできたグループなんです。 音楽プロデューサーの渡辺淳之介さんが、BiSをもう一度始めるために、新しいメンバーを募集してできたのがBiSH。 つまり、BiSが解散したからこそ、現在のBiSHができたんですね。 BiSHが活動している間も、BiSは始動と解散を繰り返しているんです。 BiS(3期)2019年〜現在 2019年6月11日:始動(5人) 2019年8月13日:マナコ・チー・マナコの脱退 2019年10月1日:ズズ・デスが加入 2019年10月7日:ズズ・デスが脱退(4人) オーディションを行い、新メンバーで再始動。 マナコ・チー・マナコさんは、BiSの方向性の違いにより脱退した。 約1ヶ月後に、新メンバーのズズ・デスさんが加入するが、わずか6日間で脱退。 脱退の理由は公表されていないが、家庭の事情が濃厚とのこと。 現在のBiSは、イトー・ムセンシティ部、チャントモンキー、ネオ・トゥリーズ、トギーの4名で活動。 BiSは2度の解散と、メンバーの加入と脱退を繰り返して、現在のメンバーとなっています。 1期〜3期まで、総勢31人もいました! ちなみに、最近よくテレビ番組で見かけるファーストサマーウイカさんも、BiSの1期メンバーなんですよ! BiSとBiSHの現在の状態は? では、BiSとBiSHの現在の状態はどのようになっているのでしょうか? そもそも、BiSとBiSHがごちゃごちゃになっているのは、企画でメンバー交換をしたりとしているからでしょうね。 現在のメンバーをご紹介していきますね。 本名:不明(以前「蒼井ちひろ」として活動していたため本名である可能性が濃厚) 愛称:チッチ 担当:見た目は真面目、中身は悪女 これでも彼氏は2人まで カラー:青 ファンの呼称:チャップス 生年月日:5月8日(生まれた年は不明、公表していない) 年齢:不明 身長:152. 7cm 出身地:東京都 色白で、前髪ぱっつんのボブが多い。 結成時からのオリジナルメンバー。 BiSH加入以前は「強がりセンセーション」というグループでアイドル活動していた。 元々リーダーだったが、ダイエット企画に失敗しメンバーへと降格している。 2016年8月から、BiSHに加入した。 好きな色は黒なのに、イメージからメンバーカラーが白になってしまった。 汗っかきで、ライブが終わる頃には全身汗だくになっている。 BiSとBiSHのメンバー仲が悪いって噂は? ファンの間で囁かれている、BiSとBiSHのメンバー仲が悪いと言う噂。 今のところ、BiSとBiSHのメンバー仲が悪いと言う根拠はありませんでした。 BiSとBiSHは名前が似ています。 BiSの方が結成は古いですが、解散を繰り返してきたこともあり、BiSHの方がキャリアが長い状態なのも、この噂の原因かもしれません。 同じ事務所(WACK)ですし、プロデューサーが同じなので普段から何らかの交流はあるかもしれませんね! まとめ BiSはプー・ルイさんが「アイドルをやりたかった」から、 BiSHは渡辺淳之介さんが「BiSをもう一度始める」ために作った、 二つとも全く別のアイドルグループでした! メンバーにも個性が光っているBiSとBiSHから、今後も目が離せませんね!.

次の

【WACKを聴くべし】第3期BiSが気になって仕方がない【初期のインタビューとかSTUPiDの歌割りとか】

ネオ トゥリーズ

この項目では、日本の女性アイドルグループについて説明しています。 その他の用法については「」をご覧ください。 BiS 別名• 新生アイドル研究会• Brand-new idol Society 出身地 ジャンル 活動期間 - 1期 - 2期 - 3期 レーベル つばさレコーズ(2010年 - 2012年、2016年 - 2017年) (2012年 - 2014年) (2018年 - 2019年) (2019年 -) 事務所 つばさプラス(2011年 - ) (2016年 - ) メンバー 第3期: イトー・ムセンシティ部 ネオ・トゥリーズ チャントモンキー トギー 旧メンバー 第1期: ナカヤマユキコ ワキサカユリカ ミチバヤシリオ ヒラノノゾミ テンテンコ 第2期: プー・ルイ (からのレンタルトレード) ももらんど ネル・ネール ゴ・ジーラ キカ・フロント・フロンタール ペリ・ウブ パン・ルナリーフィ ミュークラブ YUiNA EMPiRE ムロパナコ トリアエズ・ハナ 第3期: マナコ・チー・マナコ ズズ・デス BiS(ビス)は、の。 2016年以降、がプロデュースを担当、マネージメントもつばさプラスとWACKとの共同となっている。 2010年結成、2014年に解散(第1期=通称: 旧BiS)。 2016年に再結成、2019年に解散(第2期=通称: 新BiS)。 その後、新メンバーオーディションを経て、2019年6月に再々始動(第3期=通称: 令和BiS)。 概要 [ ] 第1期(2010年 - 2014年) [ ] として活動していたが音楽配信・情報サイトでのインタビューにて、「アイドルグループがやりたかった」と発言。 これを発端に公開メンバー選考オーディションを行い、2010年11月より活動を開始。 マネージメントは、サウンドプロデュースはが担当。 日本語名称として「新生アイドル研究会」、英称として「Brand-new idol Society」と呼称・記述される。 その名の通り、結成当初は、「アイドルを研究して、アイドルになろうとする、アイドルになりたい4人組」 をコンセプトに、「自給自足」をモットーとし、活動初期は振り付けやイベントのブッキングも自ら行っていた。 また、を講師として、「OTOTOYアイドル研究室」の生徒として授業を受けていたこともある。 破天荒なプロモーション手法(曰く、「昭和の的なトラブルをトラブルで解決するような現実とシナリオが交錯する炎上商法」 )が有名となり、特に1stシングル「My Ixxx」のでは、メンバーがに近い状態で出演し、話題を集めた。 での解散コンサートを目標に活動していたが、武道館側からNGが出されたことにより会場をに変更。 2014年7月8日、「BiSなりの武道館」と銘打たれた公演をもって解散した。 第2期(2016年 - 2019年) [ ] 解散から2年後の2016年7月8日、プー・ルイ、渡辺、松隈により新メンバーを募集した上で本格的に再始動することが発表された。 BiS1st(ビスファースト)、BiS2nd(ビスセカンド)の2部制「BiS. LEAGUE」の導入、廃止を経て、2019年4月から5月にかけて行う全国ツアー「BiS Are you ready to go? TOUR」を最後に解散を発表。 それに伴い、再結成オーディションの開催がアナウンスされた。 第3期(2019年 - ) [ ] 解散から1ヶ月後の2019年6月11日に始動。 略歴 [ ] 第1期 [ ] 2010年• 10月 - 公開メンバー選考オーディション• 11月 - 活動を開始。 2011年• 2月4日 - morph-tokyo(六本木)『オンナノコノウタ』にて初ライブ。 2月12日 - にて開催されたイベント"痛音presents『バレンタインハートフルライブ2011〜感謝をこめて〜』"に急遽出演。 歌のパートがあるメンバー以外は全編通じてを続ける振り付けが衝撃を与える(後に準備体操から始まるバージョンに変更)。 3月23日 - 『Brand-new idol Society』でつばさレコーズよりCDデビュー。 レコ発イベント『新生アイドル研究会 報告会DX』を阿佐ヶ谷ロフトAにて開催。 4月24日 - 初の自主企画ワンマン・ライヴ『God save the BiS』を中野 heavysick ZEROにて開催。 メンバーのキスマーク入りのチケットが準備され 、約80枚のチケットをソールドアウト。 ライブ中、代表曲nerveを4回披露したことに加え(オープニングにて3回連続で披露された)、メンバーのプー・ルイとナカヤマ ユキコがステージ上で「パプリカ」PVで見せたディープキスを再現した。 5月5日 - タワーレコード新宿店にてインストアライブを開催。 6月2日 - ヨコヤマリナの脱退を公式HPで発表。 その号外をメンバーが配布。 6月24日 - 『下北沢SHELTER異種格闘』を以てヨコヤマリナが脱退。 7月9日 - 下北沢SHELTERにおける『NEVER MIND THE BiS』にてテラシマユフが加入。 謎の大物DJ nozomiがイベントを大いに盛り上げる。 12月20日 - 2011年の目標であった恵比寿リキッドルームでのワンマンライブ『IDOL is DEAD』を開催。 一曲目の「nerve」を披露後、ナカヤマ ユキコが脱退を表明する。 12月31日 - 下北沢SHELTERにおける「SHELTER 20th ANNIVERSARY『THE FINAL OF 2011〜第1部〜』」にてナカヤマ ユキコが脱退。 2012年• 3月24日 - 新宿ロフトプラスワンでCDデビュー1周年イベント『全曲踊ろうぜみんな。 あと乾杯しよう。 』を開催。 その場で渡辺マネージャーが涙ながらにディレクター降板を発表。 「IDOL騒動」の発端となる。 4月15日 - 下北沢SHELTER、ワンマンライブ『Killer BiS』で新メンバーワキサカユリカ、ミチバヤシリオの加入とavex traxへのレコードレーベル移籍を発表する。 5月20日 - 堀江GOLDEEにて初の大阪ワンマン『OK BiS』(昼夜2回公園)を開催。 7月18日 - より「PPCC」で。 7月20日 - 同日正午から翌21日正午まで、新宿店で『愛DOLはみんなを疲弊させる!? この模様はで24時間生中継された。 10月21日 - での初のワンマンライブ『IDOL is DEAD Repetition』を開催。 2013年3月16日にでワンマンライブを行う事が発表された。 11月18日 - 四谷アウトブレイクで開催されたイベント『自家発電Vol. 00』で、ノイズバンドとのコラボユニット「」としてライブ。 ライブ中にBiSのメンバーが鳥の臓物や生麺を客席へ投げ込むパフォーマンスを披露。 以後、BiS階段としてのライブ活動もたびたび行うようになる。 2013年• 1月27日 - 新宿・風林会館での都内最大の女装ニューハーフイベント『プロパガンダ』に出演。 1時間ステージで13曲を披露。 機材トラブルでライヴが一時中断というハプニングもあったが、ここぞとばかりにマネージャーがステージに登場し、テキーラショット2発+脱衣で事無きを得た。 2月6日 - ワキサカユリカの脱退が公式HP及びワキサカユリカのブログで発表される。 3月16日 - でワンマンライブ『WHO KiLLED IDOL? 』を開催。 ワキサカユリカがこの公演を以って脱退。 「2階席以外は満員」の4000人が集まる。 4月12日 - テラシマユフの脱退が公式HP及びテラシマユフのブログで発表される。 5月26日 - 渋谷Club Asiaにてワンマンライブ『BiS4』、『BiS48』を開催。 『BiS4』をもってテラシマユフがBiSを脱退した。 また『BiS48』では新メンバー(テンテンコ、、)の発表と、その新メンバーを加えて6人体制でのライブが行われた。 8月16日 - ミチバヤシリオの脱退が公式HP及びミチバヤシリオのブログで発表される。 8月17日 - 主催のDDT万博〜プロレスの進歩と調和〜で、がとシングルマッチを戦う。 この戦いは金的ありルールとして実施された。 9月1日 - Zepp DiverCityにてワンマンライブ『IDOL SUiCiDE』を開催。 渡辺淳之介から15000人の会場仮押さえ、及び各メンバーに会場を埋めるための案10000字以上を書くように命じる。 後に課題未達成により会場キャンセル• 9月20日 - 同日正午から翌21日正午まで、渋谷COCONUTS LOUNGEで『愛DOLはみんなを疲弊させる!? 24時間耐久フリーライブ&特典会 Repetition』を開催。 特典会では握手会、チェキ会に加え、ケツバット会、ビンタ会、ハグ会、罵倒会、あーん会、ナース姿でのローション握手会等を開催。 またこのイベントだけでシングル「」を7000枚以上売り上げ、翌日のオリコンデイリーチャートの2位を記録した。 9月22日 - おながわ秋刀魚収獲祭2013の出演をもって、ミチバヤシリオがBiSを脱退。 10月27日 - KBS京都で行なわれたフェス『ボロフェスタ』で、ノイズバンド、ロックバンドとの合体バンド「ソウルフラワーBiS階段」が実現し、の代表曲「海行かば 山行かば 踊るかばね」、の代表曲「こたつ内紛争」が演奏され、宮城県女川町の「蒲鉾本舗・」の蒲鉾が客席に投げ込まれた。 11月5日 - 二子玉川ライズ・ガレリアにて開催されたイベント『HOT DENPO FESTIVAL 2013』にて、が正式加入。 同イベントのテーマソング「恋する電報Japan」を披露。 また、コシノジュンコが終身名誉メンバーに就任することが発表された。 11月10日 - 新木場STUDIO COASTにて開催された『TOKYO BOOTLEG 7th Anniversary』で、コショージメグミの加入を発表。 12月3日 - 広島ナミキジャンクション公演を皮切りに、全国ツアー『BiS after all』がスタート。 このツアーでは車中泊と自炊が義務付けられ、ファンからの差し入れや買い食いなども一切禁止となる。 またこのツアーの模様が密着撮影され、「ODD FUTURE」のミュージック・ビデオとして公開される。 2014年• 1月11日 - 代々木公園野外ステージにて『BiSの野外極寒ライブ〜ライブは寒風摩擦〜』と題した野外ライブを開催。 かねてよりこの日のライブで今後のグループに関する重大発表をするとアナウンスしていたが、諸事情により発表が出来なくなり、メンバーが悔し涙を流すという事態が発生。 2月12日 - 新宿ステーションスクエアにて『伝えたいことがあるんだ』と題したフリーライブを開催。 2014年7月8日に横浜アリーナで行われるワンマンライブ『BiSなりの武道館』でのグループ解散を正式発表。 フリーライブは「nerve」「レリビ」の2曲で中止となる。 3月22日 - 渋谷O-WESTで行なわれた『』で、2度目の「ソウルフラワーBiS階段」が実現し、の代表曲「海行かば 山行かば 踊るかばね」、の代表曲「こたつ内紛争」に加えて、の「堕天使ロック」、BiSの「nerve」が演奏された。 4月13日 - 那覇output公演を皮切りに、ラスト全国ツアー『THE BiS WHO SOLD THE WORLD TOUR』がスタート。 2014年6月30日札幌公演までの全24公演。 7月2日 - 新宿ステーションスクエアにて『最後のお願い』と題したフリーライブを開催。 売れ行きが伸び悩む解散ライブ『BiSなりの武道館』の集客を呼びかけ、「nerve」を披露した。 フリーライブの前にはメンバーが街宣車に乗って都内を周遊した。 7月8日 - で解散ライブ『BiSなりの武道館』を開催。 元メンバーのヨコヤマリナ、ナカヤマユキコ、ミチバヤシリオを加えた「nerve」に始まり、全49曲を3時間半かけて歌いきった。 最後にメンバーの解散後の活動予定と『元BiSなりのワンマンライブ』開催を発表し、約3年半の活動を締めくくった。 会場には約8000人が集結した。 7月9日 - 『元BiSなりのワンマンライブ』開催。 第2期 [ ] 2016年• 9月4日 - 中野heavysickZEROにて、新メンバーを入れての再結成ワンマンライブ『THiS is BiS』を開催。 また、オーディションに落選したメンバーのうち5名(のち1名が辞退) がBiSの公式ライバルグループ「SiS」を結成し活動していくことが発表された。 その後、SiSは2016年9月25日に中野heavysickZEROにて、お披露目ライブ『THiS is SiS』を開催したが、翌9月26日にスタッフのグループ活動に対する背任行為により活動休止となった。 10月6日には、渡辺淳之介のTwitter上に公開された動画 で、SiS元メンバーのうち3名のGANG PARADEへの加入とWACK所属、さらに11月13日に東京・新宿BLAZEで開催のGANG PARADEワンマン・ライブ「Barely Last」でお披露目されることが発表された。 11月20日 - 下北沢SHELTERにて、ワンマンライブ『Brand-new idol Society』を開催。 このライブでは、2017年2月22日に2ndアルバムを発売することと、1月から全国6都市を回る『Re:STUPID TOUR』を行うことが発表された。 2017年• 3月28日 - 同日から4月2日まで開催されたWACK合同オーディション最終審査に、プー・ルイとが参加。 4月2日に横浜赤レンガ倉庫イベント広場で行われたフリーイベント「WACK EXHiBiTiON」でオオショージメグミ(パン・ルナリーフィ)とヒラノノゾム(ももらんど)のBiS加入、アヤ・エイトプリンスとGANG PARADEのカミヤサキが、5月から9月末までの期間限定でレンタルトレードすることが発表された。 また、パン・ルナリーフィとももらんどは、5月30日にLIQUIDROOMで行われた「BAD SOCiAL TOUR」初日公演でお披露目された。 8月6日 - ペリ・ウブの体調不良により、東京・で開催が予定されていた「BAD SOCiAL TOUR」最終公演「IDOL is DEAD」が10月6日に延期が決定したのを受け、GANG PARADEとBiSHが出演する代替公演「SORRY!! NEXT BiS ONEMAN is 10. 」を開催。 同公演にて10月から、GANG PARADEとBiSのツーマン・ツアー「HELL!! CLASH!! BREAK!! TOUR」開催と、当初9月末までを予定していたアヤ・エイトプリンスとカミヤサキのレンタルトレード期間の無期限延長決定が併せて発表された。 8月7日 - ペリ・ウブの体調不良により、8月16日に予定されていたシングル「I can't say NO!!!!!!! 」の発売日が10月4日に延期されることが発表された。 9月15日 - プー・ルイがダイエット企画「DiET or DiE」の失敗に伴い、2017年9月16日より活動休止。 10月2日 - BiSH、BiS、GANG PARADEメンバーからなるシャッフルユニット・SAiNT SEXの結成を発表。 ユニットにはBiSHのとアユニ・D、BiSのプー・ルイとカミヤサキ、GANG PARADEのユメノユア、ヤママチミキ、アヤ・エイトプリンスが参加。 10月6日 - ワンマンライブ「IDOL is DEAD」延期振替公演を東京・赤坂BLITZで開催。 ライブの途中、ステージ上のカミヤサキからの呼びかけに応える形で会場にいたプー・ルイがステージに上がり、そのまま復帰。 併せてより2度目のメジャーデビューと、2018年1月より東名阪ツアーの開催を発表。 BiSH、BiS、GANG PARADE、EMPiREのシャッフルメンバーによるカバー8曲に加え、SAiNT SEX「WACK is FXXK」、EMPiREの初CD音源も収録。 12月8日 - 東京・Zepp DiverCity TOKYOで開催された所属事務所の主催イベント「WACKのフェス。 」に出演。 SAiNT SEXが持ち曲「WACK is FXXK」をパフォーマンス。 終了後にWACK代表の渡辺がステージに登場し、SAiNT SEXの解散を発表。 この日の公演が同ユニットのラストライブとなった。 さらにアヤとカミヤのレンタルトレードを2018年3月3日で解除することを発表。 3月4日に東京・両国国技館で行われるワンマンライブ「BiS 2nd BEGiNNiNG TOUR FiNAL WHO KiLLED IDOL?? 2018年• 1月6日 - 東京・中野heavy sick ZEROで行われた東名阪ツアー「BiS 2nd BEGiNNiNG TOUR」の初日公演にて、プー・ルイが3月4日に東京・両国国技館で行われるワンマンライブ「BiS 2nd BEGiNNiNG TOUR FiNAL WHO KiLLED IDOL?? 」をもってグループを脱退することをプー・ルイ本人が発表。 3月4日 - 東名阪ツアー「BiS 2nd BEGiNNiNG TOUR」のツアーファイナルとなるワンマンライブ「BiS 2nd BEGiNNiNG TOUR FiNAL WHO KiLLED IDOL?? 」を、東京・両国国技館で開催。 3月6日 - 合宿型オーディション「WACK合同オーディション2018」実施が発表され、3月12日から18日まで行われるこの合宿に、BiSよりペリ・ウブとパン・ルナリーフィが参加。 合宿の模様は、で生中継されることが決定した。 「WHOLE LOTTA LOVE」はプー・ルイおよび3月4日公演をもってGANG PARADEへと籍を戻すカミヤサキは不参加で、カミヤとレンタルトレードしていたアヤ・エイトプリンスを加えた新体制BiSの楽曲。 一方「DiPROMiSE」はプー・ルイの卒業をテーマにしたナンバーで、プー・ルイ、カミヤサキがBiSのレコーディングに参加したラストソングとなる。 3月18日 - 大阪・にて、WACK所属グループが一堂に会するフリーイベント「WACK EXHiBiTiON」開催。 このイベント内で「WACK合同オーディション2018」の結果が発表され、BiSにはアユナ・C(ムロパナコ)、オレンジコバンパイア(ネル・ネール)、チョウショージメグミ(ミュークラブ)、ガミヤサキ(のちに加入辞退)、セントチヒロ・テッテ(トリアエズ・ハナ)が合格。 EMPiREのYUiNA EMPiREが5月1日の東京・でのワンマンを最後にBiSへ完全移籍。 さらに7月4日に新体制初となるニューシングルのリリースも決定した。 4月15日 - 1年をかけて47都道県を回るツアー「I don't know what will happen TOUR」スタート。 同日、ツアー概要第2弾として6、7月の19公演が発表され、ツアー第2弾はすべて昼夜2公演で、昼はBiS2nd、夜はBiS1stの公演となった。 これにより、BiS1stとBiS2ndの2チームに分裂した新体制での活動が本格化することとなった。 4月20日 - ももらんどが精神的にも肉体的にも疲労が重なったことから、BiSとして活動をしていくことが困難な状況と判断され、脱退することが発表された。 5月15日 - 「WACK合同オーディション2018」を経て、BiSに加入した新メンバーの名前とTwitterアカウントを解禁。 なお、EMPiREから移籍したYUiNA EMPiREは名前を変更せずに活動することになった。 6月2日 - 「I don't know what will happen TOUR」第2弾公演初日(金沢AZ)より、BiS1st(ビスファースト)、BiS2nd(ビスセカンド)の2部制「BiS. LEAGUE」を導入。 ツアー会場でのグッズ購入者を対象とした第1回「BiS. LEAGUE」投票受付開始。 7月3日 - 東京・野外ステージでフリーライブ「YOYOGi Don't miss it!! 」開催。 オープニングアクトとして登場したBiS2ndが「レリビ」をパフォーマンスし、BiS1st・BiS2ndの10人がそれぞれステージで「BiS. LEAGUE」への投票を呼び掛けるアピールタイムが設けられた後、BiS1stがライブを行った。 7月4日 - シングル「Don't miss it!! 」リリース。 シングルに封入される、シリアルナンバー付きの「BiS. LEAGUE券」でファンが応援するメンバーに投票を行い、その得票数の1位〜5位が次作のBiS1st、6位〜10位がBiS2ndとして活動することになるメンバー入れ替え戦「BiS. LEAGUE」が開幕。 その後、渡辺が「今回の分け方のはまりがすごく良かったので」として、次作も1位〜4位がBiS1st、5位〜10位がBiS2ndとする構成人数の変更を発表した。 7月31日 - で第1回「BiS. LEAGUE」集計結果を発表。 1位は7265票を獲得したゴ・ジーラ。 以下、アヤ・エイトプリンス(6752票)、パン・ルナリーフィ(6579票)、トリアエズ・ハナ(6411票)の4名が次期1st、キカ・フロント・フロンタール (6141票)、ペリ・ウブ(5780票)、YUiNA EMPiRE(2343票)、ムロパナコ(1878票)、ネル・ネール(1735票)、ミュークラブ(1329票)の6名が次期2ndに所属することが決定した。 また次期よりキャプテン制が導入され、1stはゴ・ジーラ、2ndはムロパナコがそれぞれ就任。 さらにゴ・ジーラには、1stの次作に収録される楽曲の作詞権が与えられた。 8月4日 - に出演。 2ndは「BiSBiS」を3回歌唱後、GANG PARADEの「GANG 2」を歌唱。 1stは「BiSBiS」を5回歌唱後、GANG PARADEの「Plastic 2 Mercy」を歌唱。 11月14日 - シングル「アゲンストザペイン」リリース。 前作同様、1stは3形態、2ndは通常盤のみの1形態。 1st完全生産限定盤は2000枚の数量限定生産で、第1回「BiS. LEAGUE」で1位を獲得したゴ・ジーラ作詞の「イツカヤラレルゾ」に加え、BiS1stメンバーによる「アゲンストザペイン」ソロ歌唱バージョンのCDを封入。 また今作に合わせて第2回「BiS. LEAGUE」開催。 投票には「アゲンストザペイン」各形態の初回生産分に封入されている「BiS. LEAGUE券」またはライブ会場でのグッズ購入者に配布される投票券が必要。 投票期間は、11月12日20:00から12月25日20:00までの約1カ月半。 その期間中、計12回にわたって中間結果がアナウンスされ、最終的な投票結果は、12月29日に東京・Zepp Tokyoで行われる47都道府県ツアー「I Don't Know What Will Happen TOUR」の最終公演にて発表。 12月29日 - Zepp Tokyoで「I Don't Know What Will Happen TOUR」の最終公演ならびに第2回「BiS. LEAGUE」集計結果を発表。 これらの模様はニコニコ生放送でも生中継された。 1位は8727票を獲得したゴ・ジーラが連覇。 以下、アヤ・エイトプリンス(8540票)、キカ・フロント・フロンタール (8350票)、ペリ・ウブ(8319票)、パン・ルナリーフィ(7943票)、ミュークラブ(6044票)、ネル・ネール(4876票)、YUiNA EMPiRE(4630票)、ムロパナコ(4374票)、トリアエズ・ハナ(3223票)となった。 これにより上位4名が次期1st、下位6名が次期2ndに所属するはずだったが、同時に「BiS. LEAGUE」を廃止し10人体制となる事が発表された。 さらに、アヤ・エイトプリンス、ネル・ネール、YUiNA EMPiRE、ムロパナコ、トリアエズ・ハナの5名が戦力外通告を受け、新シングル発売後に処遇が決定することとなった。 2019年• 1月1日 - ネル・ネールが精神的にも肉体的にも疲労が重なったことから、BiSとして活動をしていくことが困難な状況と判断され、脱退することが発表された。 1月3日 — マイナビBLITZ赤坂で行われた「WACKなりの甲子園」のアンコールで、渡辺淳之介から「WACK合同オーディション2019」の開催が発表され、BiSからは戦力外通告されたアヤ・エイトプリンス、YUiNA EMPiRE、ムロパナコ、トリアエズ・ハナの参加が決定した。 2月3日 - WACK主催の全国ツアー「Going Going WACK TOUR」の大阪・なんばHatch公演にて、4月から5月にかけて全国ツアー「BiS Are you ready to go? TOUR」開催を発表。 3月1日 - 日本クラウン内に設立されたレーベル「Revolver records」への参加を発表。 3月20日リリースのシングル「Are you ready? 」が、Revolver records第1弾作品となった。 3月18日 - 3月20日リリースの4thシングル「Are you ready? 」発売を記念して合計69時間に及ぶライブイベント「BiSなりの69フェス。 〜Are you ready to 69H? 」を22日までの5日間、東京近郊の複数箇所で開催。 このイベントは「Are you ready? 」購入者を対象としたもので、ライブと特典会を1時間セットで繰り返し実施することを基本とし、5日間で合計69時間・全17部にわたって行われた。 69時間の中にはBiSメンバーと研究員の健康を配慮して寝食を共にする食事や睡眠の時間も設けられた。 またイベント初日の開会式にはレーベルメイトの・がサプライズで応援に駆けつけた。 3月30日 - 長崎・壱岐の島ホールでの「WACK EXHiBiTiON」にて、『Are you ready to go? TOUR』のツアーファイナルである5月11日のマイナビBLITZ赤坂公演を持って解散することが発表された。 現メンバー9名から解散の申し入れがあったため、受理したという。 また、WACK代表・渡辺より再結成オーディションの開催がアナウンスされ、応募資格は18〜28歳の女性。 経験不問で特定のレコード会社やプロダクションと契約のない人、在籍者は4月30日までに事務所等契約解除通知が証明できる人、そして第1期BiSの活動を理解できる人が対象となっている。 5月11日 - 東京・マイナビBLITZ赤坂で行われたワンマンツアー「Are you ready to go? TOUR」のツアーファイナルをもって解散。 終演後、WACK代表の渡辺が9人の今後について発表を行い、ゴ・ジーラおよびキカは事務所契約を即時解除。 パン、ムロ、YUiNAは契約を継続。 移籍金、契約金なし、金的保証なし。 即時活動可能です。 ご興味ある事務所の方はfa wack. jpまで。 期限は5月末日になります。 なおFAメンバーの残留は認めません」と説明した。 第3期 [ ] 2019年• 6月11日 - 第3期始動。 メンバーの発表とともに、赤目と鼻血が加工された顔面のアーティスト写真が公開された。 7月21日・27日・28日 - 「BiS研究員補完計画」を実施。 メンバー5名が全国に散らばり、3日間をかけて全76店舗あるタワーレコードおよびTOWERminiを訪店し、アルバム「Brand-new idol Society」の収録曲がダウンロードできるQRコード入りのフライヤーを配布。 7月30日 - アルバムのリード曲「BiS-どうやらゾンビのおでまし-」のMVが公開。 ただしメンバーのフォロワー目標数が未達成だった為、全編にわたって画面全体にモザイク加工が施された状態での公開となった。 8月2日 - メンバー全員がフォロワー目標数15000人を達成し、加工なしの顔面が公開された。 8月4日 - でWACKメンバーが出演するスペシャルプログラム「WACK presents DREAMLIGHTS in TIF」にシークレット出演し、初ライブを行った。 「STUPiD」「BiS-どうやらゾンビのおでまし-」「thousand crickets」の3曲を披露。 同日21時には「BiS-どうやらゾンビのおでまし-」の無修正バージョンMVが公開された他、新たなアーティスト写真、「Brand-new idol Society」の収録曲およびジャケットアートワークが公開された。 8月8日 - アルバム未収録の新曲「少年の歌」「Good bye」「kAsAbutA」の無料配信が、Dropbox(1週間限定)およびSoundCloudで開始された。 8月13日 - CD発売前日に方向性の違い等により、12時を以てマナコ・チー・マナコの脱退が発表された。 8月14日 - フルアルバム「Brand-new idol Society」でデビュー。 8月18日 - 第3期初のワンマンライブ「THiS is BiS」を中野heavy sick ZEROで開催。 9月14日・21日、10月12日 - 第3期初となる東名阪ツアー「PAiNFUL TRiCKY SADiSTiC DEADLY TOUR」を9月14日に東京・下北沢SHELTER、21日に大阪・LIVE HOUSE Pangea、10月12日に愛知・DAYTRIVEで開催。 チケットは往復ハガキのみでの応募受付で、抽選はメンバー自身が行い、当落通知はメンバーのサイン入りで返信ハガキが返送された。 10月1日 - 新メンバーとしてズズ・デスが加入。 赤目と鼻血が加工された顔面のアーティスト写真が公開され、素顔解禁のタイミングは、Twitterフォロワーの増加具合を見ながら渡辺が判断することとなっている。 10月7日 - 家庭の事情により活動継続が困難となったため、ズズ・デスが脱退。 10月19日・26日・30日、11月16日・17日 - 「BiS研究員増殖計画」を実施。 メンバー4名が全国に散らばり、5日間をかけて全76店舗あるタワーレコードおよびTOWERminiを訪店し、11月20日発売のシングルを1枚予約すると来店メンバーとチェキが撮影できる。 11月2日・3日 - 「BiS vs CARRY LOOSE対抗駅伝」を実施。 BiSとCARRY LOOSEが共催ライブのメインアクトの座を賭け、各グループのメンバー4人とマネージャー2人の計6人によるチーム編成で、東京・渋谷~静岡・熱海間を2日間かけて駅伝方式で往復し、CARRY LOOSEが勝利。 なおゴール後には、東京・タワーレコード渋谷店B1F CUTUP STUDIOにて合同リリースイベントが行われた。 11月20日 - 第3期BiS初のシングル「DEAD or A LiME」をリリース。 11月24日 - 共催ライブイベント「CARRY BiS」を東京・WOMBで開催。 「BiS vs CARRY LOOSE対抗駅伝」で勝利したCARRY LOOSEがメインアクト、BiSはオープニングアクトを務めた。 なおBiSのライブ終了後には、2020年2月5日に2ndアルバムをリリースすることが発表された。 12月28日 - 「DEAD or A LiME」発売を記念して24時間に及ぶライブイベント「Let's have a 24 hour BiS's party」を東京・UNITで開催。 このイベントは「DEAD or A LiME」を1枚購入することで入場でき、ライブと特典会を1時間セットとして計24回実施。 2020年• 1月3日 — 「WACK合同オーディション2020」の開催が発表され、BiSからはチャントモンキーの参加が決定した (その後、参加メンバーはトギーに変更された)。 1月4日 - 2月3日 - 第3期初となる全国ツアー「"" presents STAND BY BiS」を8都市で開催。 2月5日 - 2ndアルバム「LOOKiE」をリリース。 4月30日 - 新曲「IT'S TOO LATE」の無料配信が、Dropbox(1週間限定)およびSoundCloudで開始された。 メンバー [ ] 第3期 [ ] 現メンバー [ ]• イトー・ムセンシティ部 愛称:「ティ部」 2019年6月11日加入。 ネオ・トゥリーズ 愛称:「ネオトゥリ」 2019年6月11日加入。 チャントモンキー 愛称:「モンちゃん」 2019年6月11日加入。 トギー 2019年6月11日加入。 WACK合同オーディション2019参加者で、当時の仮名はオキタユア。 旧メンバー [ ]• マナコ・チー・マナコ 愛称:「マナチー」 2019年6月11日加入。 2019年8月13日脱退。 ズズ・デス 愛称:「ずーちゃん」 2019年10月1日加入。 2019年10月7日脱退。 第1期 [ ] 最終メンバー [ ]• はピンク(2012年8月27日の『もしもし池尻外伝 -エレ糞編-』以前は赤)。 ヨゴレ担当。 解散後は、「プー・ルイ」から「プールイ」に改名。 「」のヴォーカリストとして活動。 解散から2年後にBiSの再始動を宣言する。 BiS再始動に伴って「プー・ルイ」に名義を戻す。 ヒラノノゾミ( - )愛称:「のぞしゃん」「ノン様」「のんちゃん」「のぞ氏」 オリジナルメンバー。 メンバーカラーは緑。 マイペース担当。 解散後は、ファーストサマーウイカとともに「」を結成。 (1991年 - )愛称:「サキ様」「サキエさん」 2013年5月26日加入。 ハンサム担当。 解散後は、元の茉里()とともに「プラニメ」(現「」)を結成。 2017年5月1日からBiSにレンタル移籍。 当初は9月30日までの期間限定であったが、8月6日に移籍期間の無期限延長が発表された。 2018年3月3日にレンタルトレードを解除。 テンテンコ(1990年 - )愛称:「テンテン」「テンさん」 2013年5月26日加入。 殺し屋担当。 身長142cm。 2014年BiS解散と共に特定の事務所との契約を結ばず完全フリーランスとして活動。 「歌」「LIVE」「DJ」「ノイズ演奏家」「執筆」「タレント」活動に加え、テレビや雑誌等に活動の幅を広げる。 (1990年 - )愛称:「ウイぽん(ファッサマ改め)」 2013年5月26日加入。 太鼓持ち担当。 解散後は、ヒラノノゾミとともに「」を結成。 (1993年 - )愛称:「メグモン」 2013年11月10日加入。 味つけ担当。 BiS加入以前は、アイドルユニット「」で「コショウジメグミ」として活動していた。 解散後は代表・のプロデュースで「」として活動する。 旧メンバー [ ]• (生まれ、永遠の15才)愛称:「りなはむ」 メンバーカラー:ピンク。 おばか担当。 2011年6月24日脱退。 脱退理由は「方向性の違い」。 脱退後は本名の横山利奈として「」を立ち上げる。 2014年5月にアキシブprojectを卒業。 現在 苺りなはむ名義で「」のメンバーとして活動中。 ナカヤマユキコ( - )愛称:「ユケ」「うけ」 メンバーカラー:青。 特攻隊長兼スベリ担当。 2011年12月31日脱退。 脱退後はバンド「モルヒネ東京」に参加。 2015年4月にナカヤマの体調不良を理由に活動休止を発表。 その後解散。 モルヒネ東京解散後the Endを始動させたが、2017年5月に結婚して以降、音楽活動を休止。 2018年3月2日に男児を出産。 2018年よりキミノマワリのプロデューサーとして活動。 ワキサカユリカ( - )愛称:「ワッキー」 メンバーカラー:白。 ピュア担当。 2012年4月15日 - 2013年3月16日在籍。 脱退理由は「24時間100キロマラソン時に古傷が再発したことによる体調不良」。 ( - )愛称:「ゆっふぃー」 メンバーカラー:黄色。 優等生担当。 2011年7月9日 - 2013年5月26日在籍。 脱退理由は「活動の悩みからくる、体調不良」。 BiS加入前にオムニバスCD『Ultimate!! Girls Revolution1』に寺嶋ゆふ名義で参加していた。 脱退後は本名の 寺嶋由芙としてソロで活動。 ミチバヤシリオ( - )愛称:「ミッチェル」 メンバーカラー:オレンジ。 キモい担当。 2012年4月15日 - 2013年9月22日在籍。 脱退理由は「BiSと学業・就活との両立ができなかったから」在籍最終日に内定を獲得し、芸能活動を引退。 大学卒業後は一般会社員として生活。 終身名誉メンバー [ ]• (1939年 - )愛称:「ジュンコちゃん」 2013年10月29日加入。 11月5日に終身名誉メンバーに就任。 第2期 [ ] 最終メンバー [ ]• キカ・フロント・フロンタール(生まれ)愛称:「キカねぇ」 2016年9月3日加入。 担当なし。 BiSオーディション当時はマイナ・ジ・エンド 仮 名義。 2017年5月以降は白塗りをしている。 解散と同時に契約解除。 の協力の元、WACKが運営するアパレルショップ MULTiPLE MANiACSにてバーを開いている。 (生まれ )愛称:「ペリたん」 2016年9月3日加入。 人生楽勝担当。 BiSオーディション当時はナガヤマユキコ 仮 名義。 第2期BiS解散までHOLY SHiTSメンバー。 解散後、WaVEに移籍しソロアーティストとして活動。 (生まれ)愛称:「アヤプリ」 2016年9月3日加入。 美人担当。 東京都出身で、名前は出身地を英語(八=エイト、王子=プリンス)に当てはめたもの。 セントチヒロ・チッチ(BiSH)とは同郷で同じ高校の出身。 BiSオーディション当時はコショージメグム 仮 名義。 2017年5月1日から9月30日までの期間限定で、GANG PARADEにレンタル移籍となっていたが、8月6日に移籍期間の無期限延長が発表された。 2018年3月3日にレンタルトレードを解除。 第2期BiS解散までSAiNT SEXメンバー。 解散後、フリーで活動。 ゴ・ジーラ(生まれ)愛称:「ゴジラ」「ゴジ」 2016年9月3日加入。 怪獣担当。 大阪府出身。 BiSオーディション当時はヨコヤマヒナ 仮 名義。 特撮ファンで、名前はオーディション時に着用していたのTシャツに因む。 特技は。 プー・ルイ卒業後から第2期BiS解散までSAiNT SEXメンバー。 解散と同時に契約解除。 パン・ルナリーフィ(生まれ)愛称:「パンナ」「パンルナ」 2017年4月2日加入。 5月30日から活動開始。 メロメロ担当。 WACK合同オーディション当時はオオショージメグミ名義。 名前の「パン」は合宿オーディションのマラソンで大きく関わったメロンパンに由来。 第2期BiS解散後からSAiNT SEXメンバー。 解散後、のメンバーとなる。 トリアエズ・ハナ(生まれ) 2018年3月18日加入。 6月2日から活動開始。 乾杯担当。 東京都出身。 WACK合同オーディション2018当時はセントチヒロ・テッテ名義。 第2期BiS解散までHOLY SHiTSメンバー。 解散後、のメンバーとして 名義で活動。 ムロパナコ(生まれ) 2018年3月18日加入。 6月2日から活動開始。 そして でんせつが はじまった! WACK合同オーディション2018当時はアユナ・C名義。 第2期BiS解散までHOLY SHiTSメンバー。 2019年6月24日契約解除。 解散後、としてと音楽プロジェクト を立ち上げる。 ミュークラブ(生まれ)愛称:「ミュー」「ミューちゃん」 2018年3月18日加入。 6月2日から活動開始。 不思議の国担当。 WACK合同オーディション2018当時はチョウショージメグミ名義。 解散後、ディアステージの新ユニットのメンバーとして MEW名義で活動。 YUiNA EMPiRE(生まれ)愛称:「ゆいなぴ」 元メンバー。 2018年5月2日加入。 6月2日から活動開始。 バク担当。 生まれの育ち。 解散後、のメンバーとなる。 旧メンバー [ ]• プー・ルイ( - )愛称:「プーちゃん」 リーダー兼ヨゴレ担当。 埼玉県出身。 松隈ケンタ、渡辺淳之介と共にBiSの再始動を2016年7月8日に発表する。 再結成に伴い年齢を「18歳」と設定する。 ダイエット企画「DiET or DiE」の失敗に伴い、2017年9月16日より活動休止 していたが、10月6日より復帰。 2018年1月6日の「BiS 2nd BEGiNNiNG TOUR」初日公演にて、3月4日両国国技館公演でBiSを卒業することを発表。 BiS卒業までSAiNT SEXメンバー。 カミヤサキ(1991年 - )愛称:「サキ様」「サキエさん」 メンバー。 第1期BiSメンバー。 ハンサム坊主担当。 2017年5月1日から9月30日までの期間限定で、BiSにレンタル移籍となっていたが、8月6日に移籍期間の無期限延長が発表された。 2018年3月3日にレンタルトレードを解除。 SAiNT SEXメンバー。 ももらんど(生まれ) 2017年4月2日加入。 5月30日から活動開始。 CHANGE the WORLD担当。 WACK合同オーディション当時はヒラノノゾム名義。 2018年4月20日脱退。 ネル・ネール(生まれ) 2018年3月18日加入。 6月2日から活動開始。 ダイナマイト担当。 WACK合同オーディション2018当時はオレンジコバンパイア名義。 2019年1月1日脱退。 マネージャー [ ]• (わたなべ じゅんのすけ、 - )愛称:「ジュンジュン」 第1期解散後に株式会社WACKを設立。 詳細はを参照。 BiS. シングル [ ] 発売日 タイトル 順位 規格品番 販売形態 収録曲 第1期 1 2011年8月3日 My Ixxx 83位 XQJZ-1003• 歩行者天国の雑踏で叫んでみたかったんだ• CRACK CRACK• survival dAnce 〜no no cry more〜• PPCC -Acappella-• 歩行者天国の雑踏で叫んでみたかったんだ -Acappella-• CRACK CRACK -Acappella-• survival dAnce 〜no no cry more〜 -Acappella-• PPCC -Instrumental-• 歩行者天国の雑踏で 叫んでみたかったんだ -Instrumental-• CRACK CRACK -Instrumental-• survival dAnce 〜no no cry more〜 -Instrumental- 7 2013年1月9日 11位 AVCD-48625 AVCD-48626 BiS盤 Dorothy Little Happy盤• BiS-どうやらゾンビのお出まし-(NEW TYPE Ver. SURRENDER(NEW TYPE Ver. TRAP• KiSS MY ASS• LOVELY LOVELY• LAUGH AT ME• FUCKiNG OUT• テレフォン• FOR ME• SPiLLED MiLK• FOOL PROOF コンピレーション・アルバム、ベスト・アルバム [ ] 発売日 タイトル 順位 規格品番 販売形態 第1期 1 2012年9月26日 びすけて - AVC1-38532 限定ミニアルバム 2 2014年1月22日 お試しBEST!! CRCP-40303 Over The Future(絶対可憐チルドレン) アニソンカヴァーアルバム。 Kentaro Takizawaとのコラボレーション。 Girl's Power! AVCW-63008 公式アレンジアルバム 映画『』挿入歌 5 2014年4月9日 the divine move VBR-019 mirror mirror oops i did it again 様々なゲストを迎えフィーチャリング楽曲で固めたVampilliaの日本企画盤 6 2014年5月21日 ULTRAS 2014 V. YRCN 95234〜5 OH! NIPPON REMIX feat. BiS,ギュウゾウ 日本サッカー応援コンピレーションアルバム 映像作品 [ ] 発売日 タイトル 順位 規格品番 販売形態 第1期 1 2013年2月20日 上巻 - DDXV-1001 Blu-ray 第1話〜第4話 2 バックステージ・アイドル・ストーリー下巻 - DDXV-1002 Blu-ray 第5話〜第8話 3 2013年12月4日 ROAD TO BUDOKAN KOKUGIKAN「WHO KiLLED IDOL? 2枚組DVD。 その他 [ ] 発売日 タイトル 規格品番 収録曲 備考 第1期 2012年6月13日 ABiSCDiS TYOTOY-001 SIDE A• primal. アイナ・ジ・エンド(BiSH) -Music Video-• WACK!! 」シリアルコード封入 初回限定盤:デジパック、WACKグループ総出演写真集付属 50P AVCD-93765【通常盤】 2019年1月9日 WACK is SHiT CRC-1862 1. BiSのアイ研!! (2011年 - 2012年、下北FM)• 〜Monthly Dragon〜(2012年10月 - 、) - 火曜日レギュラー• (2013年1月6日 - 2014年7月5日、)• BiSなりの(2014年5月31日、) - 27:00 - 29:00• (2018年6月17日、) - パン、ネルのみ テレビ [ ]• (2012年10月10日 - 11月28日、) - 全8回• (2013年7月10日、)• (2014年3月15日、) 映画 [ ]• MOOSIC LAB 2012 『アイドル・イズ・デッド』(2012年、監督)• アイドル・イズ・デッド ノンちゃんのプロパガンダ大戦争(2014年1月11日、加藤行宏監督)• 劇場版BiSキャノンボール2014(2015年3月5日、監督) 書籍 [ ]• BiStory〜アイドルを殺したのは誰? 〜(2013年8月20日、ムオン・エンタテインメント)• メイド服に身をまとい、それまでのロックチューンから王道アイドル路線へ大きく方向性を変えたスタイルとサウンドに多くの研究員が動揺。 その後、公式のアナウンスを出さないままBiSはライブやイベント出演を重ね、2012年3月24日にてCDデビュー一周年記念イベント『全曲踊ろうぜみんな。 あと乾杯しよう。 』を開催。 オールナイトイベントとなった本イベントの様子はニコニコ生放送でもライブ配信。 合計視聴者3万人を超える注目を集めたイベント終盤、マネージャーの渡辺が一人ステージ上に立ちBiSの王道アイドル路線転身についての叛意を涙ながらに訴え、同シングルのリリースをもってディレクターの降板を表明。 この渡辺の言動により研究員の動揺はピークに達する。 そしてシングル発売前日の2012年4月10日午前0時(CDが店頭に並ぶのは発売日前日が通常のため実質上の発売日)にBiSは新曲のPV「IDOL」を公開。 先に公開されたPV「アイドル」と王道アイドル路線への転身はBiS自らによるだまし企画だったことを表明した。 「IDOL」のPVはエキストラの研究員を集め、邪教の女神に扮したBiSを十字架に磔にして早朝の街中を練り歩くという日のこれまでの過激な路線を踏襲した内容。 しかしその撮影直後のテラシマユフのブログでの反論、そして一周年イベントでの渡辺の涙と、長期間に渡る周到な計画が積み重ねられ、事実を知る関係者もごく一部に限られていたため、「アイドル」のPV公開直後は半信半疑だった多くの研究員がこの騒動に巻き込まれることとなった。 研究員 [ ] BiS(新生アイドル研究会)のファンの呼称。 ライブやイベントでの熱烈な応援と度を過ぎた奇行がしばしば本人たちよりも観客の注目を集める。 なお、メンバーごとのファングループについては以下のように呼称される。 WACK. 2017年6月28日閲覧。 OTOTOY. 2017年7月2日閲覧。 2012年6月29日閲覧。 [ ]• ロマン優光 2015年12月11日. ブッチNEWS. 2017年5月28日閲覧。 株式会社ナターシャ 2011年7月6日. 2011年7月6日閲覧。 2014年7月8日. 2015年6月3日閲覧。 ナタリー. 株式会社ナターシャ 2016年7月8日. 2016年7月8日閲覧。 ナタリー. 株式会社ナターシャ 2019年3月30日. 2019年3月31日閲覧。 ナタリー. 株式会社ナターシャ 2019年6月11日. 2019年6月11日閲覧。 2015年6月3日閲覧。 2011年4月5日. 2012年6月29日閲覧。 2011年5月6日. 2012年6月29日閲覧。 INMUSIC 2012年4月10日. 2012年6月29日閲覧。 INMUSIC 2011年11月4日. 2012年6月29日閲覧。 INMUSIC 2011年12月27日. 2012年6月29日閲覧。 INMUSIC 2012年1月4日. 2012年6月29日閲覧。 INMUSIC 2012年4月19日. 2012年6月29日閲覧。 INMUSIC 2012年5月22日. 2012年6月29日閲覧。 2012年7月23日. 2012年7月24日閲覧。 2012年10月22日. 2012年10月22日閲覧。 2013年1月28日. 2013年1月30日閲覧。 2016年9月21日. 2016年10月6日閲覧。 2016年9月27日. 2016年10月6日閲覧。 Billboard JAPAN. 株式会社阪神コンテンツリンク 2016年10月6日. 2016年10月6日閲覧。 Billboard JAPAN. 株式会社阪神コンテンツリンク 2016年11月8日. 2016年11月10日閲覧。 Billboard JAPAN. 株式会社阪神コンテンツリンク 2016年11月25日. 2016年12月7日閲覧。 ナタリー 2016年12月8日. 2016年11月20日閲覧。 ナタリー 2017年4月2日. 2017年4月18日閲覧。 ナタリー 2017年4月8日. 2017年4月18日閲覧。 ナタリー. 株式会社ナターシャ 2017年8月3日. 2017年8月3日閲覧。 ナタリー. 株式会社ナターシャ 2017年8月6日. 2017年8月6日閲覧。 ナタリー. 株式会社ナターシャ 2017年8月7日. 2017年8月7日閲覧。 ナタリー. 株式会社ナターシャ 2017年9月16日. 2017年9月18日閲覧。 ナタリー. 株式会社ナターシャ 2017年10月2日. 2017年10月2日閲覧。 ナタリー. 株式会社ナターシャ 2017年10月7日. 2017年10月7日閲覧。 ナタリー. 株式会社ナターシャ 2017年10月6日. 2017年10月6日閲覧。 ナタリー. 株式会社ナターシャ 2017年10月17日. 2017年10月17日閲覧。 ナタリー. 株式会社ナターシャ 2017年12月9日. 2017年12月10日閲覧。 ナタリー. 株式会社ナターシャ 2018年1月6日. 2018年2月27日閲覧。 株式会社ナターシャ 2018年3月5日. 2018年3月5日閲覧。 ナタリー. 株式会社ナターシャ 2018年3月6日. 2018年3月7日閲覧。 ナタリー. 株式会社ナターシャ 2018年2月20日. 2018年2月27日閲覧。 ナタリー. 株式会社ナターシャ 2018年3月18日. 2018年3月18日閲覧。 ナタリー. 株式会社ナターシャ 2018年4月15日. 2018年5月6日閲覧。 ナタリー. 株式会社ナターシャ 2018年4月20日. 2018年4月20日閲覧。 ナタリー. 株式会社ナターシャ 2018年5月15日. 2018年5月16日閲覧。 ナタリー. 株式会社ナターシャ 2018年7月4日. 2018年7月4日閲覧。 ナタリー. 株式会社ナターシャ 2018年4月26日. 2018年5月6日閲覧。 「Don't miss it!! 」封入の「BiS. LEAGUE券」が対象となる投票期間は、2018年7月3日 20:00~2018年7月29日 23:59。 ナタリー. 株式会社ナターシャ 2018年7月9日. 2018年7月28日閲覧。 ナタリー. 株式会社ナターシャ 2018年7月26日. 2018年7月28日閲覧。 ナタリー. 株式会社ナターシャ 2018年8月1日. 2018年8月3日閲覧。 ナタリー. 株式会社ナターシャ 2018年8月1日. 2018年8月3日閲覧。 西澤裕郎 2018年8月3日. StoryWriter. 2018年8月3日閲覧。 これに先立ち、グッズ購入者の投票は8月4日のTOKYO IDOL FESTIVAL2018から受付開始された。 ナタリー. 株式会社ナターシャ 2018年10月24日. 2018年11月18日閲覧。 ナタリー. 株式会社ナターシャ 2018年12月26日. 2019年1月1日閲覧。 ナタリー. 株式会社ナターシャ 2018年12月29日. 2019年1月1日閲覧。 ナタリー. 株式会社ナターシャ 2019年1月1日. 2019年1月1日閲覧。 音楽ナタリー. 株式会社ナターシャ 2019年1月3日. 2019年3月5日閲覧。 ナタリー. 株式会社ナターシャ 2019年2月3日. 2019年2月4日閲覧。 ナタリー. 株式会社ナターシャ 2019年3月1日. 2019年3月6日閲覧。 ナタリー. 株式会社ナターシャ 2019年3月8日. 2019年4月4日閲覧。 ナタリー. 株式会社ナターシャ 2019年3月4日. 2019年3月6日閲覧。 ナタリー. 株式会社ナターシャ 2019年3月18日. 2019年4月4日閲覧。 ナタリー. 株式会社ナターシャ 2019年5月11日. 2019年5月12日閲覧。 配布されたフライヤーは同一デザインだが、収録曲ダウンロードのQRコードのみ各日異なり、それぞれ別の楽曲が配信された(21日「teacher teacher teacher」、27日「ナンデスカ?」、28日「strawberry girl」)。 ナタリー. 株式会社ナターシャ 2019年7月18日. 2019年7月29日閲覧。 ナタリー. 株式会社ナターシャ 2019年7月30日. 2019年8月4日閲覧。 西澤裕郎 2019年8月4日. StoryWriter. 2019年8月4日閲覧。 ナタリー. 株式会社ナターシャ 2019年8月4日. 2019年8月4日閲覧。 ナタリー. 株式会社ナターシャ 2019年8月8日. 2019年10月10日閲覧。 ナタリー. 株式会社ナターシャ 2019年8月13日. 2019年10月10日閲覧。 ナタリー. 株式会社ナターシャ 2019年7月16日. 2019年7月29日閲覧。 西澤裕郎 2019年8月6日. StoryWriter. 2019年10月10日閲覧。 ナタリー. 株式会社ナターシャ 2019年10月1日. 2019年10月10日閲覧。 ナタリー. 株式会社ナターシャ 2019年10月7日. 2019年10月10日閲覧。 ナタリー. 株式会社ナターシャ 2019年10月7日. 2019年10月10日閲覧。 ナタリー. 株式会社ナターシャ 2019年10月10日. 2019年11月28日閲覧。 ナタリー. 株式会社ナターシャ 2019年11月4日. 2019年11月28日閲覧。 ナタリー. 株式会社ナターシャ 2019年11月24日. 2019年11月28日閲覧。 ナタリー. 株式会社ナターシャ 2019年11月19日. 2019年11月28日閲覧。 ナタリー. 株式会社ナターシャ 2019年12月29日. 2020年2月12日閲覧。 音楽ナタリー. 株式会社ナターシャ 2020年1月3日. 2020年2月12日閲覧。 音楽ナタリー. 株式会社ナターシャ 2019年10月13日. 2020年2月12日閲覧。 音楽ナタリー. 株式会社ナターシャ 2019年12月26日. 2020年2月12日閲覧。 ナタリー. 株式会社ナターシャ 2020年4月30日. 2020年5月15日閲覧。 2014年11月6日. 2014年11月6日閲覧。 ナタリー. 2015年4月29日. 2018年3月18日閲覧。 ナタリー. 2018年3月6日. 2018年3月18日閲覧。 2013年2月17日閲覧。 ただし「Re:STUPiD」発売時のアーティスト写真でも白塗りをしていた。 WACK 2019年6月24日. 2019年7月25日閲覧。 株式会社ナターシャ 2019年6月25日. 2019年7月25日閲覧。 株式会社ナターシャ 2019年7月31日. 2019年8月1日閲覧。 ナタリー. 株式会社ナターシャ 2018年3月3日. 2018年3月5日閲覧。 ナタリー. 株式会社ナターシャ 2018年6月7日. 2018年6月30日閲覧。 ORICON STYLE. 2020年2月12日閲覧。 ORICON STYLE. 2018年11月21日閲覧。 ORICON STYLE. 2018年11月21日閲覧。 DVDには「primal. DVDには「PPCC」 MUSIC VIDEO などを収録。 「BiSとDorothy Little Happy」名義。 との・シングル。 DVDには「2012. 13 LIVE"BiSメジャーデビュー記念直前大パーティ まだメジャーじゃないもん!! " 新宿LOFT(ライブ映像)」を収録。 DVDには「BiSimulation」MUSIC VIDEO(2種)、メイキング映像を収録。 DVDには「2012. 21 LIVE"IDOL is DEAD -repetition-" 赤坂BLITZ」を収録。 DVDには「DiE」MUSIC VIDEO、メイキング映像を収録。 DVDには「2013. 7 LIVE"BiS階段" WWW」を収録。 DVDには「Fly」MUSIC VIDEO、メイキング映像を収録。 DVDには「STUPiG」MUSIC VIDEO、メイキング映像を収録。 DVDには「2014. 3 BiS after all EXTRA O-EAST」を収録。 DVDには「FiNAL DANCE」MUSIC VIDEO、メイキング映像を収録。 DVDには映画「劇場版 BiS誕生の詩」ディレクターズカット版を収録。 DVDには「2017. 6 LIVE "IDOL is DEAD" 赤坂BLITZ」を収録。 初回生産限定盤Aには「2018. 4 『BiS 2nd BEGiNNiNG TOUR FiNAL WHO KiLLED IDOL?? 』@東京・両国国技館」ライブ映像・ボーナス映像を収録したBlu-ray、「2018. 4 『BiS 2nd BEGiNNiNG TOUR FiNAL WHO KiLLED IDOL?? 』@東京・両国国技館」ライブ音源を収録したCD2枚組、Photobook(50P. )、ポストカード(25枚)を同梱。 初回生産限定盤Bには「2018. 4 『BiS 2nd BEGiNNiNG TOUR FiNAL WHO KiLLED IDOL?? 』@東京・両国国技館」ライブ映像を収録したDVDを同梱。 完全生産限定盤には、ゴ・ジーラ作詞の「イツカヤラレルゾ」が収録される他、「アゲンストザペイン」1stメンバーソロ歌唱バージョンを収録したボーナスCD4枚、「アゲンストザペイン」ミュージックビデオをはじめとした映像を収録したBlu-ray、Photobookを同梱。 初回限定盤には「アゲンストザペイン」ミュージックビデオをはじめとした映像を収録したDVDを同梱。 完全生産限定盤にはBiS「I Don't Know What Will Happen TOUR」FiNALを収録したBlu-rayとPhotobook(100P. )、Tシャツを同梱。 初回生産限定盤にはBiS「I Don't Know What Will Happen TOUR」FiNALを収録したDVDを同梱。 DVDには映画『アイドル・イズ・デッド』とライブ映像を収録。 DVDにはミュージック・ビデオを収録。 DVDにはミュージック・ビデオを収録。 2014年4月19日発売• CD収録曲は1. primal. IDOL DVD収録映像は1. nerve 2012. primal. 2013. IDOL 2012. 編曲は松隈ケンタ。 なお、でんぱ組. incはBiSの「IDOL」をカヴァー。 編曲は松隈ケンタ。 ナタリー. 株式会社ナターシャ 2015年4月23日. 2015年4月23日閲覧。 音楽ナタリー. 株式会社ナターシャ 2019年1月9日. 2019年1月9日閲覧。 2012年10月5日. 2012年10月9日閲覧。 2012年12月28日閲覧。 カンパニー松尾(監督) 2015年3月5日. moviecollectionjp. 2017年8月9日閲覧。 design studio STUDS. 2013年10月18日. 2016年4月19日閲覧。 阪神コンテンツリンク 2012年4月10日. 2019年8月27日閲覧。 西澤裕郎 2012年12月30日. オトトイ. 2019年8月27日閲覧。 関連項目 [ ]• - 2012年のメジャーデビューから2014年の第1期BiS解散まで振り付けを担当。 自ら率いるゲイアイドルグループ・二丁ハロ(現)では、「nerve」をライブで披露していた。 - 2015年、渡辺淳之介が「BiSをもう一度始める」として結成。 外部リンク [ ] この節の外部リンクはに違反しているおそれがあります。 過度または不適切な外部リンクを整理し、を脚注で参照するよう記事の改善にご協力ください。 公式サイト [ ]• 公式ブログ [ ]• - ( - 2016年7月7日)• - Blogger. (2016年6月18日 - )• - [ ]• - (テラシマユフ ブログ)• - [ ] Twitter [ ]• BiSidol -• MUSENSiTEEBUBiS -• FirstSummerUika -• COSHOTaaaaN -• rinahamu -• hanamiyahana87 -• その他 [ ]• 2012年10月4日閲覧。 この項目は、(・・・・などを含む)に関連した です。

次の