ナカノヒトゲノムアニメ1話。 ナカノ ヒトゲノム 死亡

ONAIR|TVアニメ「ナカノヒトゲノム【実況中】」

ナカノヒトゲノムアニメ1話

Contents• ナカノヒトゲノムアカツキの正体を考察 ナカノヒトゲノムのアカツキについて、まずはどういった人物か・・・ 主人公とも言える立ち位置ながら、敵であるパカとのつながりも見せる謎多きアカツキ。 クラスでの人気は高く、誰とでも仲良くなれる性格の持ち主。 彼は オンラインでのゲーム実況の動画配信を行っていました。 得意なゲームジャンルは脱出ゲーム。 非常に多くの花粉症アレルギーを持っています。 そのため、マスクは欠かせません。 また、 忘れっぽく、ついさっきのことも忘れてしまうほどです。 自己紹介で、自然や肉球が好きであることを公言しています。 そして、自他ともに認める平和主義者というのが、アカツキという人物の正体です。 家族は母親のみで、 父親はすでに他界しています。 性格は? アカツキの性格を一言で表すと、素直というのが一番ピッタリかもしれません。 彼のとる行動原理を見れば、それは明らかです。 アカツキは非常に好奇心が強く、積極的にゲームに参加していきます。 何事にも首を突っ込みがちで、メンバーから怒られることもしばしば。 興味がわいたものには一直線です。 また、彼を包む空気はゆるく、「平和」という言葉が大変よく似合います。 彼と接した人間は、あっという間に彼のペースにのまれ、泥棒も改心させるほど。 そしてなにより、彼はもめ事をよしとしません。 血が流れるようなことを極端に嫌い、事態を平和的に収めようとします。 それゆえ、 13番街メンバーの中ではクッションのような役割を果たす存在です。 そこには彼の確固たる意志が表れています。 島に来た直後の第 1ステージ、彼は真っ先にパンダを倒す以外の方法をとりました。 こうした好奇心と、周囲のギスギスを和らげようとする姿勢。 ときに彼は、そのために自ら果敢に突っ込んでいく姿を見せます。 第 5ステージで 娘に変装したり、イエティに捕まったパカを助けに行ったりなど。 一見向こう見ずな行動に、驚かされるばかりです。 このように行動力のあるアカツキですが、 感情を激しく出すことはまずありません。 時折何を考えているのかわからないような、物憂げな表情を浮かべることも。 そんな側面が、 彼の裏の部分の正体をにおわせるのです。 魅力十分のキャラクターを持つアカツキは、まさに この物語の主人公といえます。 初対面同士の中でアカツキは、積極的にコミュニケーションをとろうとします。 いい意味で無神経な彼は、 最初こそうとましく思われますが、徐々に打ち解けていきます。 そして、苦難を超えていく 13番街メンバーたち。 一方で、 アカツキのあまりにも善人な部分や、妙な行動に疑問を持つメンバーも。 彼を全面的には信頼していない、してはいけないと冷静に見ている者たちです。 その最たるものが、常に一歩引いたところで状況を客観的に見ているカイコク。 彼はユズの部屋の写真などから、 アカツキとユズとパカの関係性を疑っています。 カイコクと行動を共にすることの多いザクロもまた、カイコクの話を聞いた 1人。 何かとユズにつきまとわれる彼女は、 ユズの底知れなさを直感的に感じていました。 アカツキとユズは本当は初対面ではないのでは?と勘ぐってもいます。 そんな中、パズル後のユズとカイコクの話を聞いてしまうのです。 以降、カリンはカイコクから資料を見せてもらい、自分たちの状況を知り始めます。 そして最後に、 ユズとアカツキの関係。 この両者の関係こそ、物語のメイン部分と言ってもよいかもしれません。 アカツキの行動を絶えず観察しているユズ。 部屋には、アカツキの写真が壁一面に貼られています。 また、 カリンに近づいては、アカツキのことを根掘り葉掘り聞いてくるのです。 こうしたユズのアカツキに対する執着は、 好意というより研究対象としての興味というべきものです。 アカツキがたまに見せる笑顔や涙を見て、不思議に思うユズ。 まるで、 アカツキはそんなことしないと言わんばかりの驚きを見せます。 そんなユズは、アカツキのことを昔から知っていました。 彼女は島の研究施設に出入りしており、当時からアカツキに関心を向けています。 アカツキとユズの関係が、島の研究に関わるものであることは間違いありません。 単に絆を深めるにとどまらない、複雑な人間模様もまた、ナカノヒトゲノムの面白さです。 アカツキの秘密 一見裏表のないアカツキですが、たまに見せる彼の知られざる姿。 ここでは明らかになったアカツキの秘密を解説していきます。 まず、 アカツキ自身は両親の本当の子供でなかったということ。 彼のかつての名はアキラといい、入出家に養子として迎え入れられました。 そして彼は、 それ以前の記憶を完全に失っているのです。 息子のアカツキを失い、ショックで心が壊れてしまった母親。 母がアキラに注ぐ愛情は、亡くなったアカツキに対してのものでした。 その後、改名申請を経て、 アキラは文字通りアカツキとなったのです。 そのアカツキはなんと、 ナカノヒトゲノムが行われている島の所有者でした。 島の初代所有者の一番弟子だったアカツキの父親。 彼は先代から島を受け継ぎ、父の死後はアカツキに権利が渡ったというものです。 すでに亡くなった父親は、島でのミミクリー研究の中心的な存在でした。 アカツキがナカノヒトゲノムと浅からぬ関係があることがわかります。 また、 アカツキとヒミコが兄弟である可能性についてもほのめかされています。 第 5ステージでのアンヤのヒミコに対する一言。 それは、 ヒミコはアカツキと雰囲気が似ているというものでした。 さらに、第 6ステージで判明するヒミコについてのシーン。 アカツキの良い部分を挙げろという質問に、彼女は 「お兄さんみたいなところ」 と答えます。 そして最後の質問で、 「自分は兄を殺した」 という衝撃の一言。 ヒミコは幼いころに兄と離れ離れになっています。 自分のために、兄が離れなければならなかったというヒミコ。 そんな兄も養子先から失踪し、死亡認定を受けているということ。 とんでもない事実がここで明らかになるのです。 こうしたヒミコの境遇とアンヤの言葉が、 アカツキとヒミコが兄弟である可能性を高めます。 13番街メンバーが意図的に集められていることは以前紹介しました。 初対面同士だった彼らの間には、本人たちも知らない秘密がまだまだ隠されています。 パカとの関係は? 【あらすじ・先行カット公開!】 「【実況中】」第2話のあらすじと先行カットが公開! 第2話「BORN THIS WAY」 パカの指示で様々なゲームのリアル実況を強いられることになったアカツキたち。 案内人パカが課したタスクは、生死をかけたリアルゲーム実況で再生数1億を達成すること。 アカツキは、パカに対して敵意を持っていません。 これは、感情の起伏が大きくない彼だからこそできることなのでしょう。 しかし、何も知らされないままゲームをやらされる 13番街メンバーたち。 抗えば力でねじ伏せられ、ときにはあおってくることもあるパカ。 これで怒りが湧かない方がどうかしています。 ただ、アカツキはそうではありませんでした。 アカツキの特殊性は、こうしたところからも見てとれます。 その他、アカツキはアンヤのために睡眠薬の調達をパカにお願いします。 第 5ステージでも、パカに 「一緒に島を脱出できないか」 と、うわ言。 第 10ステージでパカがイエティに襲われたときは、パカを救出に向かいさえします。 無意識的な部分で、 アカツキはパカとのつながりを求めているようです。 第 5ステージでは、アカツキを殺そうとするキハチを止めにきました。 カイコクが閉じ込められた際も、アカツキがゲームを拒否したとたん、第 8ステージを用意。 パカの扱いが、 他メンバーに比べてあまりにも違いすぎています。 どうやら、パカは アカツキがゲーム参加不能状態となることを恐れている様子。 パカが無理やりでもゲームを進行させようとする意図は、この点にあるのでしょう。 これらパカの態度から、 アカツキとナカノヒトゲノムに接点があることは確かです。 アカツキとパカ、そしてユズの 3者。 彼らの「裏」の動きが今後どう展開していくのか、大変楽しみです。 アニメでも、この二人の関係は緻密に再現されています。 しかし、 アカツキには謎多きマダラメに関する部分も残されています。 他方、真相を解き明かそうとするカイコクやナナミ、そしてヒノキたちの今後の展開は。 真実を知るたびに、彼らの心境にどんな変化が見られるのでしょうか。 繊細に練り上げられた伏線をめぐらし、ストーリーを描いた本作。 キャラ 1人掘り下げるだけでも、パズルが解けていくような快感を覚えます。 一筋縄ではいかない、魅力しかない登場人物たちにぜひフォーカスを当ててみてください。

次の

TVアニメ「ナカノヒトゲノム【実況中】」

ナカノヒトゲノムアニメ1話

ナカノヒトゲノムをクリアした主人公の入出アカツキに奇妙なメッセージが届く。 「おめでとうございます、ナカノヒトゲノムクローズドステージのプレイ権限を与えます」と。 翌日、目を覚ますと入出アカツキは、知らない世界に来ていた。 そして更屋敷カリンと出会う。 アカツキが一緒に帰る方法を探そうと言った瞬間、巨大なパンダのようなものが現れる。 二人は隠れるがアカツキがくしゃみをしてしまい見つかる。 逃げている途中変な鼠を斬った男が現れる。 パンダから逃げていたアカツキはパンダから逃げることを辞める。 そしてパンダの肉球に触れ、パンダは襲おうとは思っていなかったことを証明したのだった。 そこで ナカノヒトゲノム13番街担当を名乗るアルパカの着ぐるみを着たやつが現れる。 名を 「パカ」と言う。 パカは、 アカツキたちがすることはリアル実況で再生数1億に達成することだと話すのだった。 最初のインパクトが良かったです。 最初の字やメッセージに不気味さが出ていて、ワクワクさせる展開でした。 また、展開も早くて飽きてしまう場面がなかったです。 ナカノヒトゲノムと言う言葉にも何か意味がありそうですね。 パンダが襲ってきてると思ったときは殺し合いゲームだと騙されました。 鼠を斬った男もいたので余計殺し合いだと思わせますね。 また、パカはとてもいいキャラですね。 個性があって不気味さも出ていて、冷静さも感じさせる。 そして顔が見えないということで恐怖させることもできています。 監視人にぴったりです。 人は知らないものや分からないものに恐怖を抱きますからね。 誘拐された8人 他の誘拐された参加者8人が教室に集められた。 それぞれ自己紹介が終わると第2ステージ「取り換えこっくりさん」を始めるとパカが話す。 それに対し、駆堂アンヤがやらないと言う。 そのとき、アルパカはやらないなら 白の部屋に強制収容すると言う。 その場所は4畳ほどであり、他のメンバーが1億再生するまでずっと待たないといけないと話す。 過去にいたという。 それを聞いたアンヤとザクロはパカを押し倒して脅すが、動じない。 逆に今置かれている状況を考えた方が良い、現実世界にリトライはないとパカは脅す。 そんな中アカツキは自分からゲームに立候補するのだった。 そしてくじ引きで残りはカリン、アンヤ、ザクロに決まる。 白の部屋とは一体なんなのでしょうか。 恐ろしいものということは分かりますが、この世界の地下ってどんな感じなんだろう。 また、白の部屋に入った人が過去にいたということは前からこのリアルゲームは行われていたことを表します。 教室にどのようにアカツキたちが教室に来たのか描かれていません。 あれがゲームの中の森で、ゲームが終わると教室に戻るのか、パカが転移させたのかどうなんでしょうか。 とても謎がいっぱいで楽しみです。 13番街ということは、他の町もありそうですね。 何番街まであるんでしょうか。 また、コメディ要素もあって笑えます。 特にパカが良い味出してます。 変人かつ正体が謎のアカツキ こっくりさんが始まり最初の願いは水、次は友達と二つ願いをクリアする。 最後の願いはアカツキだった。 アカツキは何かに引っ張られ、窓から落ちる。 そのときアカツキは後ろに誰かいると冷静にいう。 死んだと思ったアカツキはさきほどのパンダに助けられて戻ってくる。 ピンピンしているアカツキにカリンたちは「落ちろ」とツッこむ。 そしてさっきの言葉通り後ろに女の子のような誰かがいた。 アカツキは躊躇なく近づく。 アカツキは友達になってと言われる。 そして、「いいよ」と求めに応じた。 その瞬間女の子は一緒に死んでと言い、彼はそれはできないと拒む。 そうすると女の子は泣きながら怒り、炎で二人を包むのだった。 しかし、アカツキは女の子から逃げようとせずに「友達になれますよ」と優しく話しかける。 女の子は安心したようだった。 そしてなぜかゲームがクリアとなるのだった。 アカツキがまじで変人で謎だらけの人間ですね。 誘拐されたのに全く気にしていないし、落ちる寸前に冷静に後ろに誰かいると言ったり、ゲームに積極的だったりとおかしいです。 笑 一番驚いたのは炎に包まれているのもかかわらず、驚かずに動揺すらしなかったことです。 少しカッコイイ感じでしたが。 たぶんサイコパスですね! 何かすごい過去がありそうです。 パンダが助けてくれるとは思いませんでした。 巨大パンダが可愛くみえました。 なぜゲームが終わったのかも謎です。 本当にあれがこっくりさんだったんでしょうか。 取り換えってどういう意味だったんでしょうか。

次の

【感想】アニメ「ナカノヒトゲノム【実況中】」第1話を忖度なしでレビューしてみた!

ナカノヒトゲノムアニメ1話

ーー『これよりお迎えにあがります』。 「ナカノヒトゲノム」の実況主・アカツキがゲームを終えた途端、画面に意味深な言葉が……。 次に目を覚ますと、そこは見知らぬ山の中だった。 倒れていた女子高生実況主・カリンを助けようとして鉄拳を食らわされたアカツキだが、二人で周囲を探索することになった。 道に迷うその時、ありえないサイズの巨大パンダが現れ、二人に襲いかかる…!? 何万件もあるサイトや動画を1件1件取り締まるのは難しいのは分かっているのですが、無くなることはなく増えていく一方でニュースなどで見てびっくりしています。 音楽などでも一緒なのですが、それを違法だと分かっていて見たり、ダウンロードすると見ているこちらも罰則が課せられる場合があるとよく聞きます。 最近のニュースでもアニメの違法動画アップで著作権法により捕まった人もいるほどなのでこれからはもっとこうゆう事案が増えていくと思っています。 著作権法の違反では10年以下の懲役又は1000万円以下の罰金という罰則がありので怖いなと思います。 特にアニメは違法動画の場合がよくあるので、もし見てしまったらこちらも罰則を課せられたらと怖くなってしまったことがありました。 しかし、実際は見ただけでは逮捕されたりはしないというので安心はしました。 また以前SNSで自分で録画したアニメの一部を乗せたことがあったので、それだけでも法に違反していると聞き、もし逮捕されてしまったらと思うと怖いのでもう二度としないようにしようと思いました。 もし逮捕されてしまったら、家族や職場に迷惑をかけてしまうので絶対やりたくないと思いました。 ナカゲノ アニメ 見逃し配信 で視聴した方のネタバレ TOKYOMXやサンテレビ、KBS京都などで放送されるテレビアニメ『ナカノヒトゲノム【実況中】』。 『ナカノヒトゲノム』とは何ぞやと思ったら、通称失踪ゲームとも言われて、作中で話題になっている謎のフリーゲームとのこと。 クリア直前で姿を消すプレイヤーが続出なんて、なかなかミステリーチックな展開です。 しかもその真相は、失踪したプレイヤーたちは外界から隔絶した島に集められていて、リアルなゲームをクリアしながら再生数一億回達成を求められているというもの。 謎を追求する展開かと思いきや、早々に真相は明らかにされちゃうみたいですね。 しかも単にゲームをクリアするだけでなく、実況しながらゲームを進めなければならないのですから、視聴者の気を惹きつけるようなコメント能力も求められると言うことでしょうか。 実際、予告編動画を見たところ、参加プレイヤーたちはいずれもかなり個性のあるキャラクターのようで、独特の言い回しや、毒舌などがあるようです。 ゲームの実況する様をアニメ化するというのは、今まで見たことがないような気もしますし、いろいろと面白そうですね。 実際に視聴しないと分からない部分も多そうですし、まずは第1話を拝見させてもらおうと思います。 まとめ ナカノヒトゲノム【実況中】はジーンピクシブで連載中の人気漫画です。 実況者がこぞってプレイするフリーゲーム「ナカノヒトゲノム」をクリアした翌日、主人公で実況者の1人でもあるアカツキが外界から隔離された島で眼を覚まし同じような境遇の有名な実況者達と出会います。 彼らと協力して数々のゲームをクリアしながら実況動画の再生数1億回を目指すことになるようですが、目標があまりにも途方も無い数字なので驚きました。 人気実況者達といえど簡単な挑戦ではないと思います。 しかしキャラクター達の得意ゲームジャンルが多岐に渡っているので、これからそれぞれ関係するジャンルのゲームに挑戦してドラマが生まれそうなのでどう目標を達成するかに期待です。 題材になっているゲーム実況は視聴者がゲーム画面を見ながら実況者の声を聞くスタイルですが、アニメではどう表現されるのかにも注目したいです。 また、同じゲームでも実況者によって違った魅力を見ることができるので、各キャラクターによる実況の違いを観たいです。 アルパカの被り物にスーツ姿というふざけた出で立ちのパカやたくさんの失踪者を出しているフリーゲームの存在、どうして主人公達が集められているのか等、気になることが満載です。 何か大きな秘密がありそうなので、少しずつ明かされていくことが楽しみです。

次の