仮想通貨 暴落。 仮想通貨暴落で出川ピンチ!

「億り人」は泡沫の夢…大暴落で泣いた仮想通貨トレーダーの今

仮想通貨 暴落

暴落時のぼくのトレード 暴落続いたので…買い増しチャンスだと思い始めた。 総悲観は買い!ですからね。 — ゆう yuukie127 二番底を確認しにくると思いZaifに入金したものの、冷静になってみると 下落時の出来高が少なかったので、もう一段下がる可能性もあるな~…と考えました。 買えなかったら、それはそれで仕方がない…という心構えで。 おもいきっり下で指値の買い注文を置いておきました。 19時頃。 いざ暴落すると躊躇してしまい、判断・決断が鈍る• 急落時は取引所のサーバーがダウンしやすい• アクセス集中で注文が通らなかったりする といった、仮想通貨投資のリスクを回避するためです。 買えなかったらそれはそれで仕方がない。 というスタンスであれば、 暴落時におもいっきり下で指値をしておくのは有効だと思います。 朝起きて、レートを確認すると、、、軒並み大幅反発!やった!! ビットコインの大暴落は止まったのか? 多くのアルトコインを巻き込んだビットコインの大暴落ですが…これ本当に止まったのかな?という疑問があります。 今の状況をまとめておきます。 日本だけでなく、アメリカ、韓国、EU…世界中でビットコインが反発しています。 日本人が買い戻しているだけじゃなくて、USドルの出来高が多い。 下落時を見てみると、、、出来高が一気に増加しているのがわかる。 暴落続きでさらに大きな暴落したので、これまで含み損に耐えていた方が、一斉に投げ売りをしたように見受けられます。 たぶんこれが、大暴落時の最終局面にみられるセリング・クライマックス。 また、結構いいラインで反発しているので、 1月18日0時過ぎの値が、当面の底値になるというのが僕の予想です。 今後の仮想通貨の動き予想 大暴落を味わった恐怖で、個人投資家が手が出せない状態になっているので、反発しては暴落を予感させる下げをして、反発して…と機関投資家がすこし時間をかけて買い集めていくと予想しています。 個人投資家は大暴落を経験すると、それがトラウマとなり、ちょっとした下落でもすぐ投げ売りするようになっているので… 機関投資家はそういう心理をついてくると思ってます。 ぼくが気になっている点 今回のような大暴落の経験を次に活かすため、、、メモしておきます。 安く買いたい誰かが投機的な売り仕掛けした可能性 年末年始の薄商いを狙って大量の売り仕掛けしたら暴落を誘発しやすい中、年末年始で大暴騰して一回落ちるんじゃない? と投資家が注意している状況下で、• 韓国で規制報道• 中国でも規制・禁止報道• ドイツも規制を提言• インドネシアでも規制報道• ビットフライヤーの乖離対策発表 ですよ。 … こんな偶然ありますか? 安く買いたい誰かが投機的な売り仕掛けをしたと考える方が、ぼくはしっくりきます。 「法務部が発表する直前に売った人間が居た」の誤りですね。 訂正します。 — mineCC ETHxCC 韓国公正取引委員会委員長は「暗号通貨取引所の閉鎖は現実的には不可能」と発言。 正当な権限がないらしい。 — mineCC ETHxCC なぜか毎年1月に最安値 ビットコインって2016年、2017年と2年連続で1月に暴落し最安値をつけています。 2018年も暴落したのでこれで3年連続ですね! 毎年、ほぼ同じタイミングで大きく下落しているという投稿を見て驚きを隠せない。 2018年も同じ動きをするか保証はありませんが、一度総悲観になっているので、、、まぁしばらくは緩やかに上昇していくんじゃないかな.. ? ぼくはデイトレードや2~3ケ月のスイングトレードはしないので…このままガチホして、値上がりするのをのんびり待つ予定です。 ぼくの投資判断と今後の値動き予想まとめでした! (これは僕の勝手な予想です。 投資の判断は個々でお願いします)•

次の

仮想通貨の暴落要因と将来性|東大卒・投資銀行出身トレーダーが解説

仮想通貨 暴落

記事内容を確認• なぜ仮想通貨は暴落が起きるの?過去の暴落理由 原因 について解説 仮想通貨の仮想通貨の元祖であり基軸通貨であると言われるビットコイン BTC ですが、このビットコインは過去に何度か暴落を経験しています。 専門家が分析しても、 仮想通貨市場における価格変動のロジックはまだまだ完全に掌握されていないとのことですが、傾向を捉えることはできます。 暴落の歴史やなぜ暴落が起きたのかを理解しておくことで今後の仮想通貨投資に役立つのではないでしょうか。 そこで、この記事では、過去の暴落の理由や今後の暴落に備えてやっておきたいこと、実際に暴落が起きたときの対処法などを紹介しています。 【最新情報】中国政府がバイナンスに対して最新声明を発表 2017年9月に中国政府によるICO禁止・オンライン取引制限が行われたことは記憶に新しいですが、中国政府は 現在も仮想通貨を否定する立場に立っているようです。 中国人民銀行の上海支店が2019年11月14日、上海市内各地区の地元政府機関に対して、仮想通貨の取引、資金調達、振興、仲介サービスを提供する企業を調査、一掃することを支持する通達を出したことが明らかになっています。 その後ウェブサイト上に公式に通達を発表し、高まる仮想通貨熱を早いうちに摘み取る計画だとも述べられており、国家計画規模で仮想通貨の浸透を阻止する体制をしいています。 非中央集権型の仮想通貨の仕組みは、超中央集権型の中国政府の意向には添えなかったようです。 【2019年】googleが発表した量子コンピューターによるブロックチェーン暗号解読懸念 仮想通貨は分散管理が基本となっているため、複数のコンピュータで監視を行い、マイニング(=承認作業)を為すことで 透明性・公平性・安全性が担保されています。 このマイニングを行うためには高度な計算能力が必要となり、容易に暗号解読されない設計になっているものの、近年では量子コンピュータのように 非常に優れた計算能力を持つ機械・アルゴリズムが開発されています。 そこで2019年に、googleが量子コンピューターの記事を出しただけで、量子コンピュータの高い処理能力によって仮想通貨の安全性が脅かされるのではないかということで価格が一時的に暴落しています。 【2018年】コインチェックの流出 XEMが流出 2018年1月26日、国内でも利用者数が多かった仮想通貨取引所「コインチェック(Coincheck)」から、保有者数26万人、 時価総額580億円分のネム XEM がハッキングにより盗まれるという事件が起きました。 この事件の一番の原因は仮想通貨をコールドウォレットで管理していなかったことです。 国内で一定程度の信頼があった取引所から仮想通貨の流出事件が起きたことでユーザーからの仮想通貨への信頼が崩れたことはもちろん、日本政府も 仮想通貨の重要性・危険性を認識するいい機会となりました。 【2018年】世界各国で仮想通貨規制を強化 上述のような仮想通貨の規制が行われると仮想通貨取引市場での自由な取引が阻害されることに繋がるため、一時的に相場が不安定になる例が散見されます。 しかし、各国で仮想通貨関連の法規制=インフラが整うことで、長期的には仮想通貨市場の自由な取引を担保するような良い影響をもたらすという期待もあり、長期的に見ると一概に規制が仮想通貨市場価格の下落につながるとは言えなさそうです。 アメリカの規制 仮想通貨取引量が世界第1位であり、非常に友好的と言えます。 ETFが今後承認されるかどうかがビットコインの価格上昇に大きく影響するためかなりの注目を集めていることは周知の通りですね。 2018年8月にはETF 上場投資信託 承認が期待されていましたが、結果的に小児が降りなかったことから一時ビットコインが下落する要因となりました。 GAFAなどに代表されるITテックカンパニーが多く存在することや、その中でもFacebook社がリブラの発行を発表しているなど、仮想通貨市場の動きの震源地として今後の動きに注目です。 日本の規制 非常に友好的であり国家レベルで仮想通貨に寛容であるが、今後ICO規制などがどの程度行われるかに注目です。 1日の総取引量で見ると日本はアメリカに次いで第2位で、仮想通貨市場としてはかなり大きい市場だと言えるでしょう。 当然規制はあるものの仮想通貨を正式な決済手段として法律で定めており、世界的に見てもこれほど国家レベルで仮想通貨を容認している国はないと言えます。 しかし、仮想通貨の流通に伴い今後ICO 仮想通貨による資金調達 に対する規制を強化していくことが見込まれるため、今後の政府動向には注意を向ける必要があるでしょう。 韓国の規制 比較的友好的と言えますが、今後法規制が厳しくなる可能性がありそうです。 韓国の仮想通貨取引量はアメリカ、日本に次いで世界第3位。 政府も仮想通貨市場に対して寛容であるといえるでえしょう。 しかし2018年1月に政府が「国内にある仮想通貨取引所をすべて閉鎖する検討をしている」と発表したことで仮想通貨市場が全体的に下落を引き起こし、その後、「閉鎖はせず、不当な取引に対処できるよう法整備を進める」と取り下げた過去もあります。 今後この基本方針がひっくり返る可能性もなきにしもあらずなのかもしれません。 (実際に、2018年2月には外国人が韓国の取引所におけるウォンの入金をすることを禁止するなど、健全化を目指しつつも規制はある程度厳しくなっていくことが見込まれています。 ) 中国の規制 中国は仮想通貨に対して大変厳しい姿勢を示していると言えます。 2017年9月には国内のICOを全面的に禁止し、現在では国内でのマイニングも抑制しようとしている動きが見られます。 仮想通貨の取引自体もほぼ禁止と、非常に規制を強めています。 世界の人口の多くを占める中国国民が仮想通貨取引市場に参画できない状態となると、市場拡大には大きな足かせになる可能性があります。 【2017年〜2018年】取引人数の減少【チャイナショック】 2017年9月に中国政府が仮想通貨を全面的に禁止する政策を発表し、仮想通貨取引量の大半を占めていた中国元の取引が停止しました。 これにより、ビットコインや主要なアルトコインが、10%を超える水準で暴落。 それから一年経った2018年8月、仮想通貨関連のイベント禁止やWeChatのアカウント閉鎖、海外取引所へのアクセス禁止など、第二次チャイナショックの可能性を予期させる出来事が起こっています。 先述のように、中国は仮想通貨に対して厳しい姿勢を見せているため、今後も中国の動向を注視する必要がありそうです。 【2017年】バブル崩壊 「仮想通貨バブルの年」や「仮想通貨元年」とも呼ばれた2017年には、基軸通貨であるビットコイン BTC と併せてアルトコイン急騰し話題になりました。 仮想通貨バブルが起こった2017年12月~2018年1月当時、これまで投資とは無縁だった多くの人々が仮想通貨を購入し始めました。 当時は仮想通貨を保有しているだけで市場価格が上がっていくと噂されていたため購入者が急増したことで価格が上昇したものの、仮想通貨ビギナーが何の知識もないまま仮想通貨を買い続ける一方で、以前から投資をしていた大口の投資家などは利益を確定できる状況で売り注文を出し、その結果、価格は下落し、高値掴みをした初心者の狼狽売りも重なって、仮想通貨市場価格は大暴落しました。 そのバブルが弾けた後、当然ながら仮想通貨は市場の適正価格へと価格の弾力性を見せたことで、価格が暴落したようなチャートになりましたが、これはあくまでも自然な価格の動きといえるでしょう。 仮想通貨の暴落はいつまで続くの? ビットコインの将来価格は、誰も正確に予想することはできません。 現在の仮想通貨市場が「暴落」と捉えるかどうかも、仮想通貨の適正価格をどう見るかによって異なります。 ただ、仮想通貨の価格変動は激しく、可能性としては今後ますます暴落することもありえます。 特に年末年始は価格の落ち込みがみられるため、年明け以降の価格回復に期待です。 仮想通貨今後暴落する可能性と理由 仮想通貨投資の世界は、 ボラティリティ 価格変動率 が高いことで知られています。 価格の変化が激しいことで、既存の投資市場よりも荒稼ぎしやすい市場となっています。 しかし逆をいうと、仮想通貨の銘柄が予想以上に暴落する危険性も存在しています。 今後も仮想通貨市場価値が暴落する要因になり得る事項を以下にまとめたのでご参考にしてください。 国や法律による規制 仮想通貨はきちんとした法規制がまだ定まっておらず、 未成熟な市場です。 そのため、 仮想通貨を利用したマネーロンダリングや詐欺行為が横行するのが危惧されており、世界各国で仮想通貨に対する規制を強化していこうという流れが生まれています。 各国がおこなう 仮想通貨の規制は、仮想通貨の価格変動に大きな影響を与えます。 中国では2018年1月に、国内でおこなわれているマイニング事業が規制されました。 現在中国でマイニングをおこなっていた企業は、国外に拠点を移すといった行動を取ることでマイニング事業を継続しているようです。 また世界の首脳陣が集まる会議のG20では、仮想通貨業界を対象とした規制や課題について議論をおこなうV20がおこなわれています。 仮想通貨規制の動きは今後世界中で広がっていくと見られるため、今後の仮想通貨市場の発展のために注目すべき事柄でしょう。 システムの不具合 仮想通貨にはそれぞれ開発者の意図を多分に含んだ独自の特性があります。 仮想通貨が存在する意義として、既存のサービスや決済などの各問題を解決することがありますが、 仮想通貨のシステムに欠陥があることでその通貨の価値が下落してしまうことが考えられます。 過去にはイーサリアムの取引量が増加し処理が遅れたことで、送金ミスなどが発生しました。 システムに重大な欠陥があると、その通貨の存在意義が薄れ価値が暴落することもあり得るので、保有通貨の情報は確認しておきましょう。 ハッキングによる流出 コインチェックのネム流出のように、取引所がハッキングによる被害を受けてしまった場合には仮想通貨市場のセキュリティへの懸念が高まり、一時的に取引量が落ち込む可能性があります。 しかし、各ウォレット、各取引所では過去の事例からの学びを生かしてセキュリティを強化しており、対策も万全に取られているようです。 万が一に備えて各個人ができることは、取引所に仮想通貨を置きっぱなしにせず、各個人で管理、保管することですね。 量子コンピューターによる暗号解読の可能性 仮想通貨は分散管理が基本となっています。 そのため複数のコンピュータで監視をしてマイニングという承認作業をこなすことで、公平性が保証されています。 マイニングをおこなうには高度な計算能力が必要となり、容易に暗号解読されない設計がされています。 しかし近年では量子コンピュータのように、桁違いの計算能力を持つマシンが開発されています。 量子コンピュータが世に出回ることで仮想通貨の安全性が脅かされ、各ブロックチェーンに採用された暗号技術が簡単に解読される危険性もあります。 こうした噂が流れることで仮想通貨技術への信頼が揺らぎ、結果として仮想通貨の取引量が落ち込む可能性があります。 仮想通貨が暴落するタイミングをご紹介 仮想通貨取引市場に参入している法人個人の動きが鈍る時期であったり、支出が多くなる時期には仮想通貨市場は売り傾向が強くなり、結果的に価格が落ち込む傾向にあります。 年末が近づき、仮想通貨の利益を確定させて他の事項にお金を回したいという各ユーザーの気持ちの表れをかなり大きく受ける時期になってきたので、改めて仮想通貨が暴落する可能性の高いタイミングを紹介します。 年末年始 何かと入り用になる年末年末のタイミングでは、これまでの投資の利益確定の売り注文が増えるため仮想通貨の価格が下落する可能性があります。 年末の利確売りの原因は次の通りです。 この場合、前年の利益に対して所得税がかかるため、税金を払うことが難しくなってしまうためです。 譲渡損失の繰越控除ができないため 譲渡損失の繰越控除というのは、翌年以降の税金が前年の損失と差し引きして少なくできる(いわゆる節税)制度です。 住民税支払い時期である7月上旬〜1月下旬 確定申告から所得税納税までの項目と同様の理屈で、住民税を支払うために仮想通貨を売って支払いに当てるために、住民税支払い時期である7月~1月は、仮想通貨の価格も下降傾向になる可能性が高いです。 週末などの銀行が休む休日 土曜日、日曜日も市場価格が下落しやすい傾向にあります。 なぜなら、休日は、金融機関が業務を行なっていないために、銀行振り込みでの仮想通貨取引所の口座への入金を行うことができません(一部ネットバンキングは入金が可能です)。 その結果、新規で仮想通貨を購入するための資金流入が限定的になる結果既存ユーザーの売り割合が強くなり下落傾向にあります。 仮想通貨が暴落する時はむしろ買い増し 買い時 するチャンス 仮想通貨市場が売り傾向に転じる時期にはユーザー側の事情が要因となっていることをご説明しました。 仮想通貨側に何らかの問題があっての価格の落ち込みではないので、多くのユーザーが売りに転じている時期だからこそ買い注文が通りやすく、一気に資産を増やすことも可能です。 将来への投資をどのタイミングで行うかは個人の選択によりますが、価格が落ち込んでいる時だからこそ仮想通貨市場が今度拡大し価格が上昇することへの期待を込めた一手を打つ勝機でもあるのではないでしょうか。 仮想通貨が暴落に左右されないアービトラージについて 仮想通貨は投資目的で始める方が非常に多いと思いますが、本日は仮想通貨投資と合わせて、必ず実施して欲しい仮想通貨アービトラージについてご紹介します。 仮想通貨アービトラージは仮想通貨を購入する際の手数料の差分を利用して利益を生むのですが、このアービトラージを自動的に行ってくれるシステムがあります。 このシステムはバイナンスなどの仮想通貨の手数料を自動で計算し、利益がでる組み合わせを計算し自動で取引をしてくれるので、ほとんで工数ゼロでローリスクで暴落に左右されることなく利益をあげることができます。 仮想通貨の暴落に左右されることなく安定的に利益を上げたい方は特に下の記事をみてください。 仮想通貨暴落理由と今後の可能性のまとめ 今回の記事ではビットコイン BTC の暴落の背景と今後の可能性に関してご説明しました。 価格の変動が大きい仮想通貨市場ですが、 長期的に見ると今後もますますの市場拡大が見込まれます。 ご自身で正しい情報を入手して、仮想通貨市場の波を捉える準備をされることをおすすめします。

次の

2018年1月18日仮想通貨の暴落に未来はあるのか。

仮想通貨 暴落

出典:コインチェック 新型コロナウイルスの世界的な感染拡大を受け、各国の入国制限に伴う経済停滞への懸念が強まったほか、経済・金融の中心地である米ニューヨークでも「非常事態宣言」が発令、イタリアのミラノが封鎖されたことで金融市場のリスク回避姿勢が強まった。 直近の金融市場では、株式市場の暴落に伴う「追証回避」の換金売りにさらされ、リスク資産全般の下落に歯止めが掛からない状況が危惧されていた。 信用買いポジションで証拠金(レバレッジ)取引を行なっていた場合、信用で買建てた銘柄の値下がりの含み損で、各証券会社に定められた信用維持率を下回ると、期日までに追加の担保(保証金)を預け入れる必要が生じる。 リスクオフが鮮明に さらに、事態を悪化させたのが、石油輸出国機構(OPEC)と非加盟国との「追加減産協議」の交渉決裂だ。 世界最大規模の原油生産国であるサウジアラビアが減産協定から一転して増産体制に舵を切り、過去最大の日量1200万バレルを示唆。 9日のニューヨーク原油先物は一時、1バレル30ドル台まで急落。 1991年の湾岸戦争以降最大の下げ幅を記録した。 9日の仮想通貨ビットコインは、前日比10. 7万円と暴落。 13時現在、心理的節目の8,000ドル付近で揉み合っている。 7日までに反転の兆しも見せていたBTCだったが、レジスタンスラインである9,200ドルのブルトラップを経て短期トレンドを転換すると、金融市場のパニックを背景にした投資家心理の悪化で下落幅を拡大。 急落後もbitFlyer LightningのBTCFXでSFD付近の水準を維持(スポット乖離が4. 5-4. 短期的な急落からオシレーターは売られすぎ水準を示しているが、世界的なコロナ・ショックで先行き不透明感が膨れ上がるなか、株式市場を含めテクニカル無視の暴落が続くなど、値ごろ感で安易に飛び付けるような相場環境にはないため、当面の間は様子見基調が強まりそうだ。 一旦の下値目処としては、サポートラインが厚くなる7700-7800ドルが意識される。 関連: 断続的な大幅下落で、BitMEXでは計18,000BTC(154億円相当)に及ぶロスカットが発生している。

次の