ゴルフ ドロー ボール の 打ち 方。 簡単なドローボールの打ち方

ゴルフレッスン : ドローボールの打ち方とは?○○を後ろに向けるだけでOK!【動画コラム5回目】

ゴルフ ドロー ボール の 打ち 方

なんで、クローズスタンスでドローボールが打てるのかというと、 スイングの軌道がインサイドアウトになるからです。 スイングの軌道が内から外になると、ボールに左回転を与えるので、フックの弾道になります。 ボールに対して内から外に当たるので左回転になるのです。 また、細かいテクニックとして、右足のつま先を外に向けるのも有効です。 両足の形でいえば、カタカナの逆ハの字になります。 これはより球を高く上げるときや、ドローの球筋を出したいときに効果的です。 さらに、右足のつま先が外側に向いてるため、ダウンスイングが内から外への軌道になりやすいです。 つまりインサイドアウトのスイング軌道になりやすいのです。 ボールにフック回転を与えやすいのです。 そして、ドローで大事なポイントは、 ダウンスイングでクラブを体に引き付けることですね。 クラブが体の近くを下りてこないとドローは打てません。 注意すべきは手元を浮かさないことです。 ダウンで右足が前に出ちゃうと、左肩が開いて手元が浮いてフェースが開くのでスライスになります。 これもドローを打つために重要なポイントです。 なので、ドローを打つ時は、ベタ足で打つことを意識しましょう。 右足カカトが浮かなければ、左肩の開きを遅らせることができます。 これができれば、手元が低い位置に下りてきて、クラブを体に引き付けることができます。 では、次のポイントをみていきます。 右肩を前に出して体の正面で打つべし! ドローボールを打つ二つ目のポイント。

次の

今すぐ実践したい【ドローボールの打ち方】5つのステップ

ゴルフ ドロー ボール の 打ち 方

ドローボールはなぜ飛距離が出るのか 一般的にドローボールは飛距離が出やすいと言われています。 それは主に以下のような理由があるからです。 ボールとフェースの接地時間が長い ドローボールは「ボールを押し出すように打つ」のでスライスのようなカット打ちよりもボールとフェースの接地時間が長いため、 ボールへの力の伝達がより多くなります。 またクラブの軌道はインサイドアウトになるのでダウンスイング中の腕と体の距離が近く、アウトサイドインのスイング軌道よりも力が加わりやすくなります。 アウトサイドインのスイングだとどうしても「手打ち」になってしまうので、自ずとスイングのパワーが分散してしまうんですね。 ランが出やすい ドローボールの打ち方は 「テニスのトップスピンのかけ方」とイメージが非常によく似ています。 トップスピンは順回転ですから、地面に到達後加速するようにボールが転がっていきます。 反対にスライス系の飛球は上空に吹き上がってしまうためキャリーでの距離を稼ぎにくく、さらには逆回転がかかるのでランもほとんど出ません。 ドローボールの打ち方 それではドローボールの打ち方です。 まずはこちらの図をご覧ください。 ストレートボールを打つ場合は右から左にフェースが進むように調整しますが、ドローボールを打つにはボールに横回転をかける必要があります。 このようにクラブフェースが右下から左上に進むことでドローボールに必要な横回転をかけることができます。 ボールの置き場所 ボールの位置は通常よりもやや右足寄り(レフティは左足寄り)にセッティングしましょう。 いつもより1~2個分ぐらい変えれば良いかと思います。 こうすると振り遅れてしまい右に飛んで行ってしまうんじゃないかと心配になりますが実は逆です。 フェースが目標方向に向いていることが条件ですが、スイングは上から見下ろすと半円を描くような軌道になります。 通常はこの半円の頂点でインパクトを迎えますが、ドローボールの場合打ち出しが右方向(レフティは左方向)となるので、 半円の頂点よりもやや早い場所でインパクトを迎えることによって右方向への打ち出しが可能になります。 フェースの向き いくら右方向に打ち出してもフェースがその方向を向いていれば、当たり前ですがそのまま右へ飛んでしまいます。 あくまでも フェースは目標(着地点)方向に向けたままでスイング軌道を変えるのが重要です。 テニスや卓球のトップスピンをボールにかけるようにスイングすると感覚として掴みやすいです。 レッスン1 右に打つ まずは何も気にせず右に打ち出します。 このとき、スタンス・フェースの向きが飛球線の方向に向いていることを確認してください。 レッスン2 フェースの向きを変える レッスン1と同じように打ちますが、構えた時のフェースの向きを青矢印のように真っすぐ方向に変えてください。 このとき、どうしても真っすぐ方向に打ち出したくなりますが、あくまでも打ち出しはレッスン1の方向(右側)になるように意識してください。 これでドローボールが打てるはずです。 ドローボールを打つ際の注意点 私も 以前は「超」のつくスライサーでした。 そのせいか右方向への打ち出しは非常に怖く、最初のうちはスタンスを変えてもスイング軌道は真っすぐ方向、つまりアウトサイドインになってしまいました。 上記レッスンはいわば 「アウトサイドインになりがち」な初心者のスイングを矯正するためのものだと思って、右に飛んでいくかも知れないという意識をきにしないように練習しましょう。 またドローボールを打つにはインサイドアウトのスイングが必須となりますが、インサイドアウトだといつものスイングよりも早くクラブヘッドが最下点に到達します。 ですので慣れるまではボールい当たるより先に地面に当たってしまうミス、つまりチーピンが出てしまうと思います。 これを矯正するためには 「ボールを打ち込む」という意識を持つと良いです。 ドライバーショットの場合、どうしてもボールを上げようと思うあまり、すくい上げるようなスイングになりがちです。 これだとインサイドアウトのスイングを意識した場合に、ボールに到達する前にクラブが地面に当たってしまうので、 「低いライナーを打つ」くらいの意識でスイングしたほうが綺麗にボールへのインパクトを迎えられます。 これまで球筋が真っすぐ、あるいはスライス気味の飛球であった人であれば、上記ドリルを行うことで 「ほぼ間違いなく飛距離がアップ」します。

次の

ドライバー・ドローボールの打ち方

ゴルフ ドロー ボール の 打ち 方

前回はをご紹介しました。 今回はその続編、ドローボールの打ち方になります。 今回はティーショットでドライバーを使ってドローボールを打つことを想定してご紹介したいと思います。 ドローボールの打ち方 右から左に曲がるドローボールの打ち方です。 コツはフェードボールと同じように、構え方にあります。 その決めたポイントに向かってボールを打ち出して、そこから、左にボールを曲げてゆきます。 (後程、このフェースの向きを変えますが、今は打ち出したいラインに対してフェースが垂直になるようにして構えます) 次に先程の打ち出しラインに対して、両足、両肩、両膝を結んだそれぞれのラインが平行になるように構えます。 この辺は好みもありますが、ドローボールの場合、基本的にはボールをストレートボールを打つ時の位置よりも右寄りにすることで打ちやすくなります。 今は打ち出したいラインに対してフェースがスクエア(垂直)になっていると思います。 このまま打つとボールはフェアウェイ右サイドの目標に向かって真っ直ぐに飛んでしまい、ドローボールは打てません。 ドローボールを打つには、上記のように構えた上で、インパクトでフェースが閉じている必要があります。 フェースが打ち出すラインに対して閉じていることでボールにはフックスピンがかかるためです。 そのためにはまず、もう1つ狙いを定めます。 この目標はボールが最終的にフェアウェイに落ちるポイントになります。 ですから、最初の目標よりも10ヤード左、20ヤード左もしくは、フェアウェイの真ん中・・・という風に目標をもう1つ決めます。 さて、目標を決めたら、今度はフェースをアドレスの段階で閉じてしまいます。 今はフェースはフェアウェイ右サイドの最初に決めた目標に対して垂直だと思います。 このフェースを2番目に決めた目標(ボールを最終的に落としたいポイント)に向けて構えます(フェースを閉じて構えます)。 説明のために極端な図にしています。 そして、ここからが大事なのですが、フェースを閉じたら、グリップをもう一度握り直してください。 バンカーショットの際にグリップを握り直すような形です。 (も参照ください) この時、両手の位置が左足太もも内側の前に来るようにします。 これもとても重要なポイントになります。 さて、これでアドレスは完成です。 構えた時に最初からフェースが左を向いているので違和感があるかも知れません。 でも、やっているうちに慣れてくると思います。 ドローボールの打ち方というのはこれだけではなくて、もっと違ったテクニックもあり、その辺は当サイトのでもご紹介しておりますので、よろしければそちらも参考になさってください。 大切なのは、最初に決めたフェアウェイ右サイドの目標に向かってボールを打ち出すことです。 ドローボールを打とうとすると、どうしても最終的にボールを落としたい地点に向かって、スイングしてしまって、結果的に引っ掛けを打ってしまう方がいらっしゃいます。 でも、これだと思った以上に左にボールは曲がってしまい、大怪我をしてしまうかも知れません。 ですから、あくまでも最初に決めたフェアウェイ右サイドの目標に向かってスイングすることです。 こうすることでボールをインサイドから捉えてゆくことができます。 スイングとしては、インサイドから振って、ボールを打った後、またインサイドに振りぬく・・・というインサイド・インが理想的です。 インサイド・アウトにしてフック回転をかけようとすると、プッシュアウト系のボールが出やすくなります。 ただ、最終的にボールが落ちる地点からみれば、結果的にはインサイド・アウトの形にはなります。 でも、スイングする上ではあくまでもインサイド・インで振ってゆきます。 1つ目のコツはインパクトエリアです。 ドローボールを打つにはインパクトでフェースが閉じている必要があります。 これはでもご紹介しましたが、インパクトの瞬間というのは実際には見えないものです。 でも、フェースが2つ目に作った目標(最終的にボールを落としたい地点)を向いていることを「インパクトの瞬間に見ようと」してみてください。 実際には見えません。 でも見ようとしてみます。 そして、インパクトの瞬間にそのフェースが閉じているイメージを頭の中に描くように意識してみてください。 多くの方は、インパクトを見ていません。 何をしているかと言うと、ボールの行方を追っているんですね。 いわゆる・・・です。 ドローボールを打とうとしてルックアップするとプッシュアウトやプッシュアウト・スライスが出やすくなります。 2つ目は体の使い方です。 ドローボールを打てない・・・という方のスイングを見せていただくと、体を一生懸命ダウンスイングで回転させているようにも見えます。 ところが、それはフェードボールを打つには効果的でも、ドローボールでは逆効果になってしまいます。 体の回転はダウンスイングではむしろ少し遅くする位の方がドローボールは打ちやすくなります。 ですから、ダウンスイングでの体の回転を少しだけ遅くするイメージでもいいと思います。 または、こんな方法もあります。 バックスイングをしてトップの位置まで持っていきます。 その際、胸は右を向いていると思うんです。 ダウンスイングの際はこの胸を右に向けたまま振り下ろすような意識でスイングしてみるとよいかも知れません。 あくまでも意識の上で・・・ということになりますが、そう意識することで体の回転がダウンスイングで遅れ、その分、腕を振るスペースが出来て、思い切って振ってゆくことができるようになります。 また他のテクニックについては次の機会にでもご紹介させていただきたいと思います。 いつもお読みいただき、ありがとうございます。 その上達法やゴルフ理論の感想について書いてみました。 一度ご覧になってみてください。

次の