楽天 vti。 楽天全米株式インデックスファンド(楽天VTI)の利回りをブログで公開!

eMAXIS Slim 米国株式(S&P500) vs 楽天・全米株式インデックス(楽天VTI)

楽天 vti

どちらもアメリカの株式に投資するインデックスファンドです。 その共通点のせいか、どちらが優れているファンドか良く比較される傾向にあります。 インデックスファンドにおいて、最重視されるコスト面においては「eMAXIS Slim米国株式」の方に優位性があります。 事実、2019年7月1日に発表された「eMAXIS Slim米国株式」の交付運用報告書では、実質コストがかなりの低コストであることが分かりました。 恐らく、楽天VTIがコスト面で「eMAXIS Slim米国株式」に勝つ可能性は低いでしょう。 だけど、それでも私は楽天VTIの方を推していきたいです。 コスト以外の面でVTIの方が魅力的と思えたからです。 それに対し、2018年7月に発表された楽天VTIの実質コストは約0. 3%です。 「これならeMAXIS Slim米国株式一択だ!?」 もし、この2つのファンドの採用指数が同じものであれば、有無を言わさず『Yes』でしょう。 例えば、同じ「MSCIコクサイ・インデックス」を採用指数とする「eMAXIS Slim先進国株式」と「ニッセイ外国株式」であれば、実質コストが小さい方を選ぶべきです。 インデックスファンドは採用指数が同じなら、株価の値動きはほぼ同じ。 後は運用コストの差で優劣が決まるからです。 採用指数が違うからです。 それに対し、 「楽天VTI」はバンガード社のETFである『 VTI』に投資するファンドです。 私たちは実質コストの優劣を見る前に考える必要があります。 自分にとってどちらが魅力的なのかということを。 一方でVTIは 小型株を含む約3,600銘柄で構成されます。 VTIはアメリカの株式のほぼ全てをカバーします。 青色がVTIです。 18年間で20%程度の差がついていますね。 特に差がついているのは、2009年のリーマンショックからの回復時期です。 この差をもたらすのは、VTIの10%を占める小型株です。 小型株は経済が好調な時、爆発的な伸びを見せます。 VTIはこの小型株の上昇効果を取り込むことができます。 VTIならリスクを抑えながら小型株効果を得ることができるでしょう。 コスト差以外の要因で選びたい。 いつか来るであろう株価の低迷期。 でも、このメリットはデメリットと表裏一体です。 その時、下落に耐えきれずに手放してしまったら元も子もありません。 故に株価の急落時も安心して持っていられるという意見もあるでしょう。 この違いは、年間0. 1%程度のコスト差よりも重視されてよいと思います。 どちらに期待が持てるのか、どちらが自分の投資スタイルに合っているかをよく考えて選びたいものです。 他の記事の紹介です。 eMAXIS Slim米国株式の実質コストは低コストでした。 楽天VTIの第2期の実質コストにも注目です。 eMAXIS Slim米国株式と楽天VTIのポートフォリオ、パフォーマンスをまとめた記事です。 最後まで読んでくださってありがとうございます。 良ければクリックお願いします。 ontsuji96.

次の

【徹底解説】楽天証券の楽天VTI・楽天VWO

楽天 vti

事実上の投資対象 それぞれの投資対象は次の通りです。 VTIは米国株式市場のほぼ100%をカバーしています。 基本的に時価総額の小さい小型株はリターンが良くなる傾向がありますが、大部分は重複しているため長期的に大きなリターン差につながるとは考えにくいです。 信託報酬について それぞれの信託報酬は以下の通りです。 楽天VTI… 0. 0968% 設定時点での信託報酬は 楽天VTIが0. 1728%とあまり差がありませんでしたが、度重なる信託報酬引き下げによって決して小さくない差が開いています。 また、同ジャンルで常に最安値を目指すSlimに対し、楽天はあまり積極的に引き下げる方針ではないため、この差はしばらく続くと思われます。 参考記事… 運用方法について それぞれ投資対象は似ていますが、その運用方法は大きく異なっています。 運用コストが低く抑えられる可能性が高いですが、最終的なコストやトラッキングエラーにどう影響するかは未知数であり、投資家としては不安な部分でもあります。 また、バンガード等の米国籍ETFに投資する場合、米国から見た外国 =米国外 の株式を含んでいる場合は 三重課税問題が発生します。 しかし上記2つの投資信託はいずれも米国株のみに投資する米国籍ETFですので、 運用方法による課税上の不利も発生しません。 そのため運用方法の違いが直接つながるわけではなく、次に紹介する隠れコストなどを踏まえて総合的に考えなければならない項目であるといえます。 隠れコスト 投資信託においては、信託報酬以外に必要なコスト 隠れコスト が存在しており、見かけの信託報酬だけでは判断できません。 厳密に計算する方法はありませんが、運用報告書を元に簡易的に求めることができます。 項目 隠れコスト 楽天VTI 1回目 0. 1416% 楽天VTI 2回目 0. 0812% 詳細については、参考記事をご覧ください。 参考記事… 参考記事… 参考記事… 楽天VTIの1回目はやや高めでしたが、運用初期においては費用が多くかかる傾向があるため、数年度単位の傾向を見守っていく必要があります。 また、上記の数値はあくまで概算であり、運用報告書に記載されないコストやトラッキングエラー等も考慮する必要があるため、真のコストを求めるのは容易ではありません。 今回の2種に関しては指数も異なっているため、直接リターンを比較することもできません。 どちらも極端な高コストにはなっていない…くらいの認識で十分かと思います。 スポンサーリンク 総資産額の差 投資信託やETFを選ぶ際には、総資産額についても考えていく必要があります。 単純に総資産額が多いほど、運用会社にとっては指数と連動させやすく、経費率を引き下げやすくなります。 また、総資産額が多いほど企業にもたらす利益も大きくなるため、繰上償還になる可能性も低くなります。 どちらも看板商品なだけあって順調に純資産総額を積み上げており、競合も少ないことからしばらくは安泰化と思われます。 運用会社の違い それぞれの運用会社は次の通りです。 楽天投信投資顧問が存続する限り、楽天VTIの繰上償還リスクは低いでしょう。 しかし、楽天自体が比較的新しいIT企業であり、良くも悪くも多角展開をしているイメージがあります。 十分巨大な成長企業ではありますが、三菱と比較するのは酷といえるでしょう。 楽天VTIという商品は今後も有望な看板商品ですが、その大元の楽天投信投資顧問という会社に対しては不安が残る印象です。 財閥企業ということもあり、 運用会社そのものが消滅する可能性は極めて低いでしょう。 しかし eMAXIS Slimというシリーズを考えていくと、懸念材料もあります。 もともとSlimは、今となっては低コストといえない eMAXISシリーズ 通称: fat のマザーファンドを流用し、 赤字覚悟の信託報酬で販売するというえげつない商品群です。 現時点では 客寄せ目玉商品に過ぎず、単体ではビジネスとして成り立っているかどうかも怪しいです。 三菱としては、低コストファンドのマーケットリーダーという地位を確立したいと考えがあるようなので、当面は問題ないかと思いますが、何かのきっかけで改悪…最悪の場合は繰上償還という可能性も十分考えられます。 また、米国株というジャンルは、 と競合する内容であり、Slimシリーズの中でも 存続させる場合の優先度は低くなるでしょう。 まとめると、 運用会社の歴史が浅い楽天VS商品の立場が悪い三菱という構図になり、それぞれ別の問題を抱えることになります。 162% 0. それ以外では 小型株を含むかどうかで好みが分かれそうなところですね。

次の

楽天VTIをSBI証券で買いました!アメリカEFTに興味があるならおすすめ!

楽天 vti

VTIのトータルリターンはお墨付き VTIは米国全体に投資できるETFの中でも人気があります。 米国株ブログ界隈では、もう説明不要というレベルで浸透しています。 バブル崩壊後、低迷し続けている日本株と違い、ダウ最高値を更新し続ける米国株式市場全体に投資することで安定したリターンが期待できます。 配当金はVYMやHDVには劣りますが、値上がりによるキャピタルゲインも期待できるのがVTIの強みの1つです。 NISA口座で年間120万円まで非課税に 楽天VTIの購入はNISA口座を利用したいと思います。 2018年からつみたてNISAという制度もできましたが、年間の非課税枠が40万円までとちょっと少ないので、通常のNISA口座を使いたいと思います。 通常のNISA口座であれば年間120万円分の取引に対して非課税になります。 毎月10万円積み立ててみようと思っているので、こちらの方が都合がいいです。 さっそく、でを行いました。 申込書が自宅に送られてくるみたいなので、届くまで首を長くして待ちます。 買付手数料が無料 手数料を気にせず購入できる 本家VTIの場合は、10万円分購入すると約600円の買付手数料がかかります。 長期的にみるとバカにならない金額ですね。 浮いた手数料分も積み立て資金に回すことができます。 これによりさらに複利の効果を最大化することができます。 ただし信託報酬が掛かる 注意しなければならないのは、投資信託ですから信託報酬が掛かるということです。 さすがに本家VTIの0. しかし、楽天VTIの場合は 年率0. 買付手数料が無料という方がメリットがありそうなので、信託報酬には目をつむりましょう。 (上限5万円まで) ようは毎月500ポイント必ずもらえるということですね。 これも年間で6,000ポイントになりますから、バカにできない金額です。 買付手数料無料で浮いた分と合わせれば13,200円分もお得です。 これも浪費しないように再投資に回します。 日本株、米国個別株、楽天VTI(投信)の3本柱 おおむね投資方針が固まってきましたが、今のところは以下の3つをメインで考えています。 日本株によるキャピタルゲイン• 米国個別株によるインカムゲイン• 楽天VTI(投信)による積み立て再投資 これらを試してみてどこに資金を集中させるかを検討したいと思います。 1本に絞った方がトータルリターン的にはもしかするといいかもしれません。 しかし、それぞれのメリットもありますし、何より色々投資したほうが面白いです。 お金を増やすことも大切ですが、投資を楽しむということも一つの目的ですね。

次の