私 は おとなしく 消え去る こと にし ます。 私はおとなしく消え去ることにします 1 (FLOS COMIC)

私はおとなしく消え去ることにします

私 は おとなしく 消え去る こと にし ます

【1巻】2020年3月5日はt倍 【収録話】1話〜5話 私はおとなしく消え去ることにします1巻が発売されたのは、2020年3月5日 収録話は1話〜5話。 主人公のルーシェ・リナ・リスティルには2つの秘密がありました。 1つは前世の記憶。 もう1つは先を視通す力。 ルーシェの前世は普通の女子高生。 女子高生として生きていた時、彼女は交通事故で命を落としてしまいました。 しかしその後、ルーシェとして転生。 さらに先を視通す力によると、この先ルーシェに弟が生まれるよう。 しかも跡継ぎ争いにおいて、重要な役目を果たす存在になります。 とはいえ跡継ぎ争いが勃発すると、命の奪い合いが起こる恐れもあるため、ルーシェは肩を落としてしまいます。 その人物とは、国王陛下の息子であり第一王子のラミアス。 しかしルーシェは、ラミアスに対してとても無礼な態度を取ったのです。 というのもルーシェは将来、リスティル家を継ぐ気がなかったから。 ルーシェの将来の夢は家出をすることだったのです。 果たしてここから、どのような展開で物語が進んでいくのか? 続きが楽しみですね! ちなみに… 私はおとなしく消え去ることにします1巻の続き6話以降は、コミックウォーカーにて配信中! 次の項目にて、私はおとなしく消え去ることにします6話を無料で読む方法をご紹介いたします。 【漫画】私はおとなしく消え去ることにします1巻の続き6話以降を無料で読む方法 私はおとなしく消え去ることにします1巻の続き6話以降を無料で読む時は、コミックウォーカーというサービスを活用します。 コミックウォーカーはKADOKAWAの無料漫画が2500作品以上配信されている、WEB漫画サービス。 会員登録不要で、私はおとなしく消え去ることにします6話以降を無料で読むことができます。 ただし、時期によっては私はおとなしく消え去ることにします6話の配信が終了する可能性があります。 なので、私はおとなしく消え去ることにします6話を無料で読むなら、1日でも早くチェックすることをおすすめします。 コミックウォーカーのページが開いたら、検索窓に「私はおとなしく消え去ることにします」と入力し、検索を行います。 私はおとなしく消え去ることにしますの作品ページが開いたら、読みたい話数(今回は6話)を選択 4. ビューワーが起動するので、そのまま読み進めればOK 5. 読了 手順としてはたったこれだけ。 ネット環境さえ整っていれば今すぐに私はおとなしく消え去ることにしますの続き6話以降を無料で読めるので、ぜひご活用ください! 【漫画】私はおとなしく消え去ることにします2巻の発売日と収録話について 続いて、私はおとなしく消え去ることにします2巻の発売日について詳しく見ていきます。 正式には公表されていないものの、私はおとなしく消え去ることにしますの過去の単行本の発売日を振り返れば、おおよその発売日を予想できます。 ただ、まだ1巻しか発売されていません。 そこでコミックウォーカーでの配信日から、2巻の発売日を予想しました。 では、私はおとなしく消え去ることにします2巻はいつ発売されるのか?というと… 2020年9月5日ころと予想します。 「私はおとなしく消え去ることにします」2巻の収録話とコミックウォーカーでの配信日が次の通り。 収録予定話 配信予定日 6話• 4月中 7話• 5月中 8話• 6月中 9話• 7月中 10話• 8月中 ただし、休載などで配信予定日がズレる可能性もあるので、参考程度に見ていただけると幸いです。 【漫画】私はおとなしく消え去ることにしますの最新刊を発売当日に600円お得に読む方法 「私はおとなしく消え去ることにします」の最新刊は、書店などで購入すると通常700円ほどします。 ですが、お住いの地域によっては書店に「私はおとなしく消え去ることにします」が置かれていないことも。 そうなると、Amazonなどの通販サイトで購入するしかありません。 ただ、下記で紹介しているサイトを活用すれば「私はおとなしく消え去ることにします」の最新刊を600円もお得に読むことができます。 U-NEXTで私はおとなしく消え去ることにしますの漫画を600円お得に読む U-NEXTは無料会員登録するだけで600円分のポイントがもらえます。 さらに31日間のお試し期間中は、18万本以上の動画コンテンツを楽しむことができます。 過去の名作から最新の話題作、現在放送中の作品なども無料で楽しめるのがU-NEXTの強み、 特にアニメの配信数が3000作品とかなり充実しているので、ぜひ一度お試しください!.

次の

私はおとなしく消え去ることにします

私 は おとなしく 消え去る こと にし ます

主人公のルーシェは、転生者で未来予知の能力を持っています。 その為、後継者争いや国の未来を考え、自分は身を引いて「家出」することで、平和な暮らしを手に入れようと考えてますが…。 まず、ちょっとネタバレすると、ルーシェは自分で魔力無いって思ってるけど、「神の力」を目覚めさせてます 本人気付いて無いけど 苦笑。 それに対してルーシェの両親 代々王族に仕えて来た最強の騎士 剣 の一族で公爵家の称号を持ってます や祖父母は、気付いて護衛を着けます。 産まれてきた「運命の子」である弟、グレンは、強大な魔力を持っている為か、姉である「神の力」を持つ主人公ルーシェが側に居るとかなり落ち着いて居て、逆に他の人だと大泣きしちゃうぐらい懐いてる 可愛い のと。 ルーシェの家族、両親 特に父親 は親バカってぐらいルーシェを可愛がってるし、祖父母も孫可愛がりしてるぐらい家族仲良しなのと。 国王陛下も何か予知出来るのか、王子やルーシェ達のことを心配してくれてます。 なので「家出」は、不可能だと自分は思いますけどね 笑。 ここで一つキャラの 自分的解釈の プロフィールをw。 ・その他、最強剣術師の威厳ある師匠。 優しい母親。 優しく強い祖父母。 優しく見守る従者や使用人達。 本巻ではまだ消えてません。 というかこれ消えることできるの?って感じですが。 今はどうやって家出しようか画策している途中という感じ。 読みやすくて好きですが、なんだかタイトル通りにはならないような気がする。 今後の展開に期待。 以下ネタバレ含みます。 主人公は自分が転生者であると気づき、さらに夢によって未来を見ることができる能力を持つ。 これは秘密のこと。 主人公の家は代々長子が家を継ぐが、弟が継ぐという予言を見てしまった主人公。 しかも自分と弟どちらが家督を継ぐかという争いが、世界の戦争へと発展してしまうことまで見え、それを回避するために自分は家出をしようと決意します。 生意気な王太子などとのやり取りもありつつ、弟が誕生。 さらに主人公自身も大変な力を秘めていることが大人たちだけでささやかれます。 本人は気づいていない。 大変な力を持った娘を守ろうと父親が娘に従者を用意。 そのおかげで暗殺を未遂に終わらせる。 しかし、敵はまだまだ何かを仕掛けてくる様子で、さらに主人公も家出をあきらめたわけではない様子。 なので、次巻が楽しみです。

次の

私はおとなしく消え去ることにします

私 は おとなしく 消え去る こと にし ます

主人公のルーシェは、転生者で未来予知の能力を持っています。 その為、後継者争いや国の未来を考え、自分は身を引いて「家出」することで、平和な暮らしを手に入れようと考えてますが…。 まず、ちょっとネタバレすると、ルーシェは自分で魔力無いって思ってるけど、「神の力」を目覚めさせてます 本人気付いて無いけど 苦笑。 それに対してルーシェの両親 代々王族に仕えて来た最強の騎士 剣 の一族で公爵家の称号を持ってます や祖父母は、気付いて護衛を着けます。 産まれてきた「運命の子」である弟、グレンは、強大な魔力を持っている為か、姉である「神の力」を持つ主人公ルーシェが側に居るとかなり落ち着いて居て、逆に他の人だと大泣きしちゃうぐらい懐いてる 可愛い のと。 ルーシェの家族、両親 特に父親 は親バカってぐらいルーシェを可愛がってるし、祖父母も孫可愛がりしてるぐらい家族仲良しなのと。 国王陛下も何か予知出来るのか、王子やルーシェ達のことを心配してくれてます。 なので「家出」は、不可能だと自分は思いますけどね 笑。 ここで一つキャラの 自分的解釈の プロフィールをw。 ・その他、最強剣術師の威厳ある師匠。 優しい母親。 優しく強い祖父母。 優しく見守る従者や使用人達。 本巻ではまだ消えてません。 というかこれ消えることできるの?って感じですが。 今はどうやって家出しようか画策している途中という感じ。 読みやすくて好きですが、なんだかタイトル通りにはならないような気がする。 今後の展開に期待。 以下ネタバレ含みます。 主人公は自分が転生者であると気づき、さらに夢によって未来を見ることができる能力を持つ。 これは秘密のこと。 主人公の家は代々長子が家を継ぐが、弟が継ぐという予言を見てしまった主人公。 しかも自分と弟どちらが家督を継ぐかという争いが、世界の戦争へと発展してしまうことまで見え、それを回避するために自分は家出をしようと決意します。 生意気な王太子などとのやり取りもありつつ、弟が誕生。 さらに主人公自身も大変な力を秘めていることが大人たちだけでささやかれます。 本人は気づいていない。 大変な力を持った娘を守ろうと父親が娘に従者を用意。 そのおかげで暗殺を未遂に終わらせる。 しかし、敵はまだまだ何かを仕掛けてくる様子で、さらに主人公も家出をあきらめたわけではない様子。 なので、次巻が楽しみです。

次の