仕事 が できる 人 の 特徴。 「仕事ができる人」の特徴・習慣・仕事への取り組み方など仕事ができる人のすべてを解説

「仕事ができる人」の特徴・習慣・仕事への取り組み方など仕事ができる人のすべてを解説

仕事 が できる 人 の 特徴

向上心の塊、人付き合いがうまいなど実際にできる人はどこが違うのか?「仕事のできる人」の特徴を知って、明日からの行動を変える! 「〇〇さんは仕事ができるなあ」「仕事のできる人になりたい」。 ビジネスパーソンであるならば、そう思ったことがある人も多いのではないのでしょうか。 さらに、「仕事のできる人はもともとの能力が高い人」「性格的なものだから自分では無理」なんてあきらめていませんか。 そもそも「仕事のできる人」とはどのような人のことを言うのでしょうか。 早くにレスポンスをくれる人、営業成績を上げている人、顧客の希望通りの提案を設計できる人、関係者を配慮したうえで、協力して仕事を進めていける人。 具体的な例を挙げるとたくさんありますが、それらを整理すると仕事ができる人、というのは、「相手の求めることについて期待以上の成果を出せる人」であり、「最低限、人に嫌だと思われる行動をしない人」と言い換えることができます。 ここでは、その定義をもとに、「仕事のできる人」の特徴をご紹介します。 もともとの性格や、生まれ持った能力だけではなく、その特徴を「技術」として知り、実践し、習慣化していけば、「仕事のできる人」になることはできるのです。 外見・見た目・雰囲気の特徴 「仕事ができるひとの見た目」というのは、服装に気を配っているものです。 ここで勘違いしないでほしいのが、「服装に気を使っている」=「おしゃれ」というわけでないということです。 いいブランドのスーツを着こなしている、こだわりのお店で全身フルオーダーで仕立ててもらっている、香水をつけている…どれも確かに「服装に気を使っている」といえますが、仕事ができる人についていうと、そうではありません。 仕事ができる人の見た目のポイントはシンプルに2つです。 「清潔感」と「TPO」です。 清潔感 ビジネス上でやり取りをする際に、髪の毛がぼさぼさだったり、シャツがよれよれだったりすると相手に不快感を与え、「だらしない相手」と受け取られます。 どんなにいい提案をしても、見た目で損をしてしまいがちです。 清潔感があるように見られるためには、次のようなポイントを意識してください。 髪を整えている• シャツを洗濯し、アイロンをかけている(もしくはクリーニングに出している)• 体に合ったスーツを着ている• スーツが汚れたり、たばこなどのにおいが染みついたりしたまま着ていない• ハンカチを持ち歩いて汗をこまめにふいている• 靴を磨いている• 鞄の中身は必要なものだけで、都度入れ替えている• 爪は伸びすぎない程度にそろえている• (女性の場合)ストッキングの伝線に気を付けている TPO 働く業界や、仕事を行う場所によって、必要な服装は変わってくるものです。 例えば、クリエイティブな仕事をしているという人で、職場の服装は自由と言っても、顧客先が固い業界であれば、顧客先訪問時は、その業界に合わせた服装で訪問すべきです。 工場などがある先では、当然ながら汚れても問題ない(といっても、よれよれの服で行くのではなく、簡単に洗えるという意味です)服装で行く、女性であればヒールではなくフラットな靴を履き、パンツスーツで行くなど、要は「機能性」を重視した服装でいく、といったことが求められます。 こういったことから、TPOにあった服装とは、各ビジネスの場に適した服装となるので、結果的に仕事がしやすい服装、ということになります。 以上から、「清潔感」「TPO」は、いずれも、「一緒に仕事をする相手」に配慮していることにもつながり、相手にとっていい印象を与えます。 行動・習慣の特徴 仕事のできる人の行動や習慣で代表的な特徴です。 目的と不明点を確認したうえで、スピーディーに行動する 仕事のできる人の特徴としてあがるのは早く、正確な仕事をする人です。 仕事が早くても、アウトプットされた結果のクオリティが低いと、仕事ができる人とは言えません。 求められる以上のクオリティを出すために、仕事ができる人は、その仕事の目的を明確にしてから仕事に取り掛かります。 そのために、思い込みで仕事を進めるのではなく、不明点についてはクリアにし、その目的に向かって仕事を進めていきます。 相手の話をよく聞く 仕事ができる人は、仕事を依頼してきた相手の話をまずはよく聞きます。 時に、話を聞いていくと、依頼者自体が仕事の目的を把握できていないということもあり得ます。 そうなると、取り組んだ仕事のアウトプットを結果的に何度もやり直すということにもなります。 そういったずれを起こさないためにも、仕事ができる人はまずは相手の話をよく聞くのです。 全体像をとらえ、時間配分を決める その仕事がどのくらいのボリュームで、どのくらいの時間がかかるのか。 仕事ができる人は、仕事を依頼された時点で仕事の全体像を思い描き、プロセスを考え、時間配分を想定します。 依頼者の希望に沿い、かつ、クオリティを下げない適正なスケジュールを組むように考えることができるのです。 考え方・口癖の特徴 仕事のできる人の考え方や口癖には、次のような特徴があります。 「どうしたらできるか」 よく仕事を依頼されると、色々な理由で断ろうとする人、周りにいませんか。 できない理由を考えるのはとても簡単です。 仕事のできる人は、何か仕事を進めるうえで困難な状況があったとしても、「どうしたらその仕事ができるか」という解決策を考えます。 仕事のできる人は、常に「問題解決型」の思考を持っています。 そのため、口癖も自然と「どうしたらできるか」という前向きな言葉になります。 「目的は」「そもそも」 「2」の行動・習慣でもお伝えしましたが、仕事のできる人は、まずその仕事の目的を明確にします。 さらに、仕事が進んでいくと様々なことが原因となり、本来の仕事の目的とぶれてきたり、仕事に余計な尾ひれがついてしまったりすることがあります。 そのような時、仕事のできる人は、必ず原点に立ち返るため、目的は何だったのかを考えます。 そのため、仕事のできる人はよく「そもそも…」「この目的は…」といったことを口にします。 仕事上の議論で論点がぶれそうになったとき、こういった言葉で流れを変えることができるのも仕事のできる人の特徴です。 「結論は」「〇個あって…」 人と話をする際に、長々と話が続き、この人はいつ話を終えるのだろう…と思う人っていますよね。 仕事のできる人は、話をする際に必ず結論や、話すべき項目の数を明確にします。 そうすることで、聞き手が何についてどのくらい聞くのかを事前に把握することができ、話の内容について理解しやすくなるのです。 性格の特徴 冒頭で、仕事のできる人になるにはもって生まれた性格だけではないとお伝えしましたが、強いて性格的な特徴をお伝えすると、「前向きさ」というところにあります。 ここでいう前向きさは、特に明るい性格になる、ということではなく、「3」の口癖にもあったように、「どうしたらできるか」という思考ができるかどうか、ということです。 前向きに物事をとらえることができる人は、自然と「どうしたらできるか」「やってみよう」という姿勢で仕事に取り組めるため、必然的に仕事ができる人に多い性格といえます。 ただし、「どうしたらできるか」というのは、あくまで「考え方」なので、もしあなたが仮にネガティブな性格だとしても、考え方の癖をつければ、仮に前向きな性格でなかったとしても、仕事ができる人と同じように思考ができるようになるため、心配しないでくださいね。 人との関わり方の特徴 仕事をしていく中で、人との関わりは切っても切れないものです。 仕事のできる人は、次の3つの特徴があります。 感情的にならない 仕事上でやり取りをする際に、すぐ感情的になる人、いますよね。 そういった人とは直接やり取りをするのも当然嫌ですし、周囲でそのやり取りを聞いていても不快な思いになるだけです。 仕事のできる人は基本的に職場で感情的になりません。 感情的になることが、仕事を進めていく上で何ら意味がないことを理解しているからです。 仮に相手が横柄だろうと、言っている内容が理不尽だろうと、感情をコントロールし、状況を論理的に整理します。 割り切る 「感情的にならない」にも少しつながりますが、仕事のできる人は、ある意味仕事上の人間関係を割り切っています。 ドライな関係でいるというわけではなく、あくまで仕事上の関係性であることを念頭に、程よい距離感で付きあうのです。 仕事上の関係の人は、私的な関係性があるとやりやすいというメリットもある反面、感情的にもなりやすいというデメリットもあります。 仮にある程度仲良くなったとしても、あくまで仕事は仕事、と割り切ったスタンスで付き合うのが仕事のできる人です。 最低限相手の立場を尊重する 例えば仕事上で細かい指摘をしたり、理不尽なことを言ったりする人がいたとします。 人によっては、「あの人はほんと細かい性格だ」「いつも無理ばかり言ってくる」というとらえ方で「人」に焦点を置きますが、仕事のできる人は、相手の「立場」に焦点を置きます。 「あの人は経理担当だから、経理の目線だとここを気にしないといけないのかな」「社長命令を受けていってきているのかな」と、相手の立場を考えて付き合うため、自然と人とのやり取りがスムーズになる人が多いというのも特徴の一つです。 仕事上で人と関わるときに、根本的なスタンスとして、相手の立場を理解し、尊重した上で相手と付き合うのです。 そして性格が男!という印象がある方だと思います。 役職がつくと、下からの意見が上がってくる、また上からの指示もでる大変な立場かと思いますが自分の意思を曲げず、ブレずに対応が出来なければ出世は難しいのではないかと思っています。 仕事をしていると世の中には優柔不断な男性がとても多くいるんだなと思うことがあるのですが、仕事のできる方は決断も早く、相手をヤキモキさせずに指示出しができるんだなと思います。 なかなか多くないですが。 既婚、未婚がどのくらい関わってくるかはわからないですが、既婚者の方はそれなりの覚悟を決めて結婚をしているってこともあるので、意思や意欲に関しては未婚の方よりも強いのかなと思います。 男らしさの面も重要で、最近は強い女性も増えてきているので、そういう女性にも屈することなく部下を引っ張っていくという強い面を見せてくれるというのも一つのポイントかと思います。 感でそう思っているわけではなくて、みんな共通の特徴があることに気づきました。 まず、まっすぐな人間が多いということ。 具体的には、1つの物事に対して実直に取り組めるかどうか。 物事に対して様々な角度から捉えることができるかどうか。 人の話や意見を素直に聞き入れることができるかどうかということです。 これら簡単そうに見えて意外とできていない人が多いのでかなり差がでる部分ですね。 会社勤務にしても、与えられた仕事をただこなしているだけではなくて自分で工夫しながらやる人間は出世します。 自分の限界を超える努力をしているからこそ、上へ上へ登っていけるのです。 自分が今どういう状況なのかということを冷静に分析し、良いところは伸ばしてダメな部分は修正して変えていく力が自然と備わっています。 そういった人は、見ていてすぐわかりますし、オーラが出ています。 飲食業で接客も行う私の仕事は仕事の内容が多岐にわたり、入社数年で店長を任されるようなそんな会社なので、かなりの離職率です。 その過酷な状況の中、私が辞めずにいるのは上司のお蔭でもあるのです。 従業員の9割をアルバイトが占める中、上司のすごい所はアルバイトとして働く人たちの特性を良く理解しているということです。 シフトの組み方も、後に教えていただいたのですがどういう組み合わせのメンバーで行うとお店の流れがスムーズに流れるという事を考えてシフト組みを行っていました。 また、アルバイトは女の子が多いので元気がない時には「大丈夫?」と声掛けしたり、おやつを買ってきたりと本当によく人を見ていると感じました。 私の上司は、周りをよく見て適材適所に人事を配置する能力がある人であり、自分が前へ前へというタイプではないですが、天性の人たらしと言うべきか、自然と人が集まりスムーズに仕事が終わるような仕組みを作っている人だと思います。 その特徴を一言で表すと「右脳も左脳も使える人」。 例えば、アイデアを一緒に考えていると手元にある紙にさらっとみんなが出した案を図式化して示してくれます。 そして、それを企画書にまとめるうえで必要な理論立てを的確に行います。 転職を何度か繰り返して独立した人ですが、それまでの職場でも評価されてきたと周囲から聞き、納得させられました。 ただ単に本人の仕事の技量が高いだけではなく、人をまとめる能力にも長けているように思います。 人に何かを依頼する時にも要点をまとめて整理してから説明をはじめるので、相手に余計な負担をかけません。 しかも、人当たりが良いので周囲にいつも彼を慕う人が集まります。 私自身、何度も一緒に仕事をしてきましたが不快な気持ちにさせられたことは一度もありません。 例え、ちょっと厳しい仕事内容でも、依頼や説明の仕方で取り組み方も成果も大きく違ってくるように思います。 彼の仕事ぶりは周囲の力を最大限に引き出せるもので、いつも尊敬してしまいます。 しっかり立ち止まり、笑顔で元気良く挨拶ができます。 そして、外見にもとても気を使っています。 子どもも居て忙しいのに、程よくマツエクをしていて、服装も品がいいです。 話し方も丁寧で、年齢関係なく誰にでも、笑顔でコミュニケーションを図っています。 会社の飲み会等でも、色んな人と話をして、気遣いがすごくできます。 社員一人一人の良い所を知っていて、ダメ出しをするのではなく、まずは褒めることをします。 褒めて伸ばそうとします。 そして、改善した方がいい場合は、少しずつその改善した方が良い所を言うように感じます。 自分の話ばかりするのではなく、まずは相手の話を聞く。 聞き役に徹しています。 立ち振舞いがいつも堂々としていて、仕事に対する姿勢も真面目。 困った事があり、相談したりもするがいつも熱心に聞いてくれて、都合が合わない時等は電話でも親身に聞いてくれます。 仕事のできる人と周りに思わせるコツ それでは、どうしたらあなたが「仕事のできる人」だと周りに思ってもらえるでしょうか。 今までお伝えした仕事のできる人の特徴を真似すればいいのですが、いきなり全部は無理なので、まずは次の4つの具体的な行動を心がけてみてください。 時間を守る 社会人としてとても簡単で、でも一番重要なことが「約束の時間を守る」です。 業務開始時間、提案書や製品などの納期、会議の開始時間、訪問時間、書類の提出期限。 ビジネスには多くの期日があります。 その期日を守ることは、周囲からの信頼を得ることにもなります。 どんなにいい提案をしても、期日に間に合わなければそれだけで完全に仕事としてはアウトです。 また、せっかくアポイントをとれても、訪問時間に遅刻したらそれだけで相手のあなたへの心証は悪くなります。 まずは、すべてのことにおいて、「時間を守る」ということを意識づけてやってみましょう。 机周りの整理整頓を心がける 机周りの汚い人は、それだけで頭の中が整理されてないように周りからは見られます。 また、整理整頓がなされていないと、探すだけで時間が過ぎてしまい、結果的に仕事時間のロスへとつながります。 まずは、机周りの不要な書類を捨てたり、ものを置く場所を決めたりして、整理整頓を行いましょう。 メールのレスポンスを早くする 受け取ったメールへの回答に時間がかかりそうで、返信をしないでいたら相手から督促が来てしまった…ということはないですか。 回答に時間がかかりそうでも、まずは一言受理連絡をしましょう。 さらに、「回答まで〇日いただきます」まで伝えられれば、メールを送った相手も安心します。 メールのレスポンスが早い=仕事が早いという印象になります。 話す前に整理をし、結論やテーマの数を伝えた上で話をする 上司への報告や、仕事上の関係者とのやり取りで、ばらばらと思いついたことを整理せずに話したりしていませんか。 話す前に、いったん何を話したいのかをメモでいいので書き出しましょう。 「できる人の口癖」でもお伝えしましたが、ここでのポイントは話したいテーマと数を明確にすることです。 ビジネス上で相手と話をする時、「結論は〇〇です。 」「3つ相談があるんですが」といった話し方をするだけで、ぐっと印象が上がります。 内容によっては「なんだそんな簡単なこと」と拍子抜けしたかもしれませんが、毎日の行動の積み重ねが重要です。 「そんな簡単なこと」を積み重ねることで、仕事のできる人への近道になります。 視点 仕事のできる人は全体像を見ながら自分の仕事を進める「全体最適」の視点がある。 仕事のできない人は、今自分の行っている作業だけを見ている「部分最適」の視点となる。 仕事のできる人には努力でなれる!仕事ができれば出世もついてくる 以上、仕事のできる人の特徴についてご紹介しました。 いかがでしたでしょうか。 たくさんあったので、「無理だ…」なんて思った人もいるかもしれませんね。 冒頭でもお伝えしましたが、「仕事のできる人」には、ある一定のレベルまでならその技術を身に着ける努力をすれば、なれるものです。 いきなりヒーローのような仕事のできる人を目指すのはハードルが高いかもしれませんが、まずはここでご紹介した「仕事のできる人」と思われるコツを実践してみて下さい。 4つ全部が大変ということであれば、一つずつでも大丈夫です。 一つ一つ積み上げて習慣化していけば、時間がたつにつれて自然と「仕事のできる人」と同じ行動・思考が身についていきます。 一朝一夕ではできないかもしれませんが、仕事のできる人は言い換えてみれば「続ける努力ができる人」ともいえるのかもしれません。 あきらめずに、まずは今から行動を変えることから始めてみてくださいね。

次の

仕事ができる人の特徴は共通している【具体的に17個を解説】

仕事 が できる 人 の 特徴

いきなりですが、あの人は仕事ができるなぁ、と思う人を、3人頭に思い浮かべてみてください。 そういった方々には、何かしたら共通点があるのではないでしょうか。 今回はそんな仕事ができる人の共通点を思いつくままに、ひたすら挙げていこうと思います。 題して、「仕事ができる人あるある」です。 この記事でなければ 「仕事ができる人あるある」22個! 1. レスポンスが早い 仕事ができる人の特徴の1つに、レスポンスの早さがあります。 とにかく返事が早い、ということです。 私の知り合いの経営者は、何か問い合わせや連絡をもらった2時間以内で返すことをルールにしているとおっしゃっていました。 意思決定が早い 次は、意思決定です。 決断力があるのも、できるビジネスマンの特徴の1つではないでしょうか。 決めるのが早いということは、その分行動する時間を確保できる、ということです。 ダラダラ悩んでしまい、気づいたら時間がなくなっていた、という経験はありませんか? できるビジネスマンはこういったことが少ないように思います。 マルチタスク できるビジネスマンはいろんなタスクを抱えています。 1つだけのタスクに注力しているというよりも、色々なタスクをうまくマネジメントしながら進めています。 これは、できる人なので、色々な仕事を任されているとも言えます。 まずは色々とやってみることが、何よりも大切です。 行動量が多い できるビジネスマンに、頭でっかちで動かない人はいません。 なぜなら、ビジネスは結果で語られるからです。 つまり、考えているだけでは結果は出ず、偉そうに言うだけでは誰もついてこないからです。 もちろん、何の考えもなくただ動いている人もNGです。 失敗経験がある 失敗経験がある、ということは、それだけの行動を起こしたということです。 そして、こういった失敗経験が、今の自分の糧になっている。 そんな人ができる人の特徴の1つだと思います。 体験の中からの学びが、今の自分を作っているのです。 論理的である 論理的に物事を進められるのは、やはりできる人の特徴でしょう。 感情だけで決めるのではなく、様々な情報を集め、その上でしっかりと、かつ着実に進めていくのです。 情報感度が高い・情報収集をしている できるビジネスマンは、様々な分野から広く、そして深く情報を集めています。 また、できる人だからこそ、情報が集まってもきています。 経営資源でも、「ヒト」「モノ」「カネ」と合わせて「情報」も重要な資源です。 こういった情報感度の高さも武器と言えるのです。 質問ができる 仕事ができる人ほど、質問力が高いものです。 質問力の高さには、3つのポイントがあります。 1つは、質問ができること。 相手に遠慮したり、「こんな質問しても大丈夫かな」と怖気づいたりせず、質問自体がちゃんと相手にできる、尋ねることができる、ということです。 2つ目は、聞きたいことがちゃんとわかっているということです。 質問はしたけど結局聞きたい答えが聞けなかったとき、その大半は、自分が聞きたいことをわかっていないからなのです。 自分は何がわからないのか、何が疑問なのかを理解することが質問をする上では大切です。 最後の3つ目は、聞きたいことを相手にわかりやすく伝えることです。 「結局何が聞きたいの?」と言われないようにすることが大切なのです。 自分から手を挙げられる 仕事ができる人は、自ら仕事を取りに行ける人です。 仕事は待っていれば得られるものではありません。 仕事がなければ、成長も成果もあげることはできません。 まずは「自分がやります」と手を挙げることが大切なのです。 社交的である・人脈が豊富である できる人は、社交的であり、様々な人との交流の機会を持っているからこそ人脈も豊富です。 フットワークが軽い 人脈の部分とも重なりますが、フットワークの軽さも挙げられます。 ちょっと雑な例ですが、「飲み会に誘ったら大抵来てくれる」という人は、得てして仕事ができるものです。 これは、この後紹介する「段取り力」や「計画性の高さ」がなせる技とも言えます。 計画性がある できる人は、仕事を抜け漏れなく、期日通りに仕事を仕上げます。 これは思いつきで仕事を進めているのではなく、計画的に仕事の優先順位をつけて行っているからこそ、できることです。 また、しっかりと計画的に仕事を進めているからこそ、様々な仕事を同時並行で完遂出来るのです。 話が端的 仕事ができる人は、ダラダラと話すようなことはありません。 主語・述語がしっかりとわかる、内容が整理されている、など、仕事ができる人の話は、少ない情報量で非常にわかりやすいのが特徴です。 逆に仕事ができない人ほど、情報が多すぎたり、結局何が伝えたいのかがわからなかったりすることが多いです。 話が面白い これは聞き手の感覚的な部分ですが、話が面白いのも特徴です。 この面白さにも、お笑い芸人のような面白さだけでなく、興味を持たせたり、新規性があったりと様々な面白さがあります。 ちゃんとお願いができる 仕事ができる人ほど、自分で仕事を溜め込んでいません。 自分がやるべき仕事、他人に任せるべき仕事の分別がちゃんとついており、他の人に依頼できる力があります。 力というよりも、意識ですね。 全部を抱え込んでしまえばしまうほど、仕事はうまく進められなくなるものです。 ちゃんと御礼が伝えられる 「ちゃんとお願いができる」と重なる部分です。 お願いができる人は多くても、お願いをし続けられる人、お願いしたことをちゃんとやってもらえる人は、実は少数です。 これは、お願いしたことに対して、ちゃんと御礼を伝えることができない人が多いからです。 仕事はお願いごとの連続です。 だからこそ、ちゃんと御礼を伝えられるか否かは、仕事の質にも関わってくるのです。 自分のことだけでなく、周りに気を配れることは重要です。 こういった気遣いができる人は、周りからも助けてもらえるものです。 整理整頓ができている 整理整頓ができる人は、思考の整理もできる、とよく言われています。 楽天の三木谷社長は、社員の机が整理整頓されているか否か、常に目を光らせているそうです。 身だしなみが整っている 仕事ができる人は、総じて仕事をお願いしたいと思える人であると言えます。 なぜなら、そもそも仕事とは、他人からのお願いごとだからです。 お願いされる人、お願いしたいと思える人は、身だしなみもきっちりしています。 ただ、勘違いしてはいけないのは、高級な服を着ているから良い、ということではないということです。 TPOに合わせて、今この時にあった身だしなみができているということが大事なのです。 時間を守る・納期を守る できるビジネスマンほど、時間への意識は厳しく持っています。 「Time is Money」の意識を強く持っているのです。 だからこそ、約束の時間をしっかりと守るのです。 また、仕事には必ず納期があります。 これも時間を守ることと同じです。 納期を守れない人には、次の仕事のチャンスは限りなく減ります。 それだけ、仕事をする上では、時間への意識を強く持つことが大切なのです。 笑顔でいる できるビジネスマンほど、怖い顔ではなく、笑顔で仕事をしています。 なぜなら、不機嫌そうだったり大変そうだったり、声をかけづらい雰囲気を自ら作ってしまって仕事をもらえるチャンスを奪ってしまうからです。 ちょっとした表情で、仕事が得られるか否かも決まるのです。 挨拶ができる 仕事をしていると様々な人に毎日会うはずです。 仕事をするとき、難題ももちろんあると思います。 しかし、この記事で紹介している22の項目、特に後半の項目は人として本当に基本的なことです。 できるビジネスマンほど、こういった当たり前をしっかりとやっているのです。 まとめ ~あなたはいくつ当てはまった?~ できるビジネスマンは、何か特別なことができるというよりも「当たり前のことを高い質で、確実に実行している」、もっと言えば、「当たり前のことをちゃんとやり切っている人」といえるのではないでしょうか。 あなたはどうでしょうか。 当たり前のことをちゃんとやりきっていますか? そういった積み重ねができる人・できない人の差を生んでいくのだと思います。 自戒の念を込めて・・・。

次の

仕事ができる人の特徴は共通している【具体的に17個を解説】

仕事 が できる 人 の 特徴

仕事ができる人の19個の特徴とは? レスポンスが早い 仕事ができる人ほどどれだけ忙しくてもレスポンスが早いです。 仕事ができない人ほど忙しいから、今返している時間がないからとメールを溜めていきます。 今であれば仕事に関する連絡もLINEでやり取りすることが多いですね。 気づけばLINEが溜まってしまっていたりすると仕事が遅いと思われます。 いつもたくさんの仕事を抱えているのに、いつ連絡してもすぐに返してくれると思ってもらえれば、それだけで信用が高まります。 メールやLINEでの連絡だけではなく、対面でも同じです。 即答する 仕事ができる人は答えに無駄に悩むことがありません。 仕事ができない人はあらゆることを想定して、不安な状況を考えながらいつまで経っても返答ができません。 イエスでもノーでもすぐに返事ができる人は、成功しやすいというデータも出ています。 仕事ができる人はお互いの時間、特に相手の時間を大切に考えているためいかなる時も即答します。 人は悩めば違う答えが出てくると考えがちですが、実はすぐに答えは出ているものです。 すぐに出てきた気持ちが自分の純粋な気持ちであり、それはどれだけ悩んだところで変わりません。 むしろ悩めば悩むほどに答えがわからなくなってしまいます。 きっちり断れる 仕事ができる人は、できないことははっきりとできないと答えます。 嫌なこともはっきりと嫌と言い、曖昧にはしません。 仕事ができない人は断るのが申し訳ないと思い嫌なことでも曖昧にしたり、できないのに引き受けてしまいます。 その結果後から周りに迷惑をかけてしまいます。 断ることには勇気がいりますが、断らないと相手に期待をさせてしまいます。 期待をさせて迷惑をかけるなら最初からしっかりと断ることが相手のためにもなります。 仕事ができる人は自分の仕事と、自分の仕事ではないことをしっかりと分けて考えています。 そのためできないこと、自分がやるべきでないことは安請け合いしません。 すぐ実行に移す 仕事ができる人は言われたことをすぐに実行します。 すぐに実行に移すからこそできるところと、できないところがはっきりとわかります。 そのため上司にできないところを相談し、すぐに結果を出します。 だからこそ仕事ができる、仕事が早いと思われどんどん仕事を任されるようになります。 それに反して仕事ができない人は、新しい仕事を後回しにします。 普段の自分のできる仕事をやり終えてからやろうと後回しにし、上司から進捗状況を聞かれてもまだ手をつけられていないような状態になってしまいます。 そうなれば仕事が遅い、やる気があるのかと思われてしまいます。 どんなことでも上司から勧められたこと、上司に任せられた仕事はすぐに取り掛かるようにしましょう。 フットワークが軽い 仕事ができる人はフットワークが軽いです。 色んなところに赴くため、経験が増えできる幅が広がります。 フットワークが軽いと先輩や上司に色んなところに連れて行ってもらえるようになります。 誘った時にどこでも付いてきてくれる人と、誘ってもいつも断られる人だったら心象も違います。 仕事ができる人は上司や先輩にも気に入られる行動をとっています。 気に入られるからこそ、何かあったらすぐに助けてもらえるようになります。 素直 仕事ができる人は何事も素直に聞き入れ、素直に取り組みます。 上司から言われた助言を素直に聞き、アドバイスをすぐに活かします。 素直に聞き入れるからこそ色んなアドバイスや、上手くいくためのコツを教えてもらえるようになります。 他の人には話さないようなことも話してくれるようになるので、どんどん仕事が進んでいきます。 また上司や先輩が言うことは、今の自分では「意味があるのだろうか?」と考えることが多いです。 それでも言われたことに疑問を持たずに素直に取り組むことで、良い結果が出ます。 素直に取り組んで結果が出れば、上司はまた仕事を任せたり助言してくれるようになるので、どんどん仕事ができるようになります。 感情に左右されない 仕事ができる人は気分に左右されません。 できない人はモチベーションが上がらないからといって中々仕事を進めようとせず、またモチベーションが下がり悪循環を繰り返します。 感情のコントロールの仕方を知っているので、常にモチベーションを保って仕事ができます。 何よりモチベーションが低いから仕事ができないのではなく、仕事が進んでいないからモチベーションが下がってしまうのです。 仕事ができる人はそこを知っており、仕組み化して仕事に取り組める環境を作っています。 だからこそやる気がないからやらないという選択肢にならないのです。 感謝できる 仕事ができる人は感謝を忘れません。 感謝で何が変わるのかと考えがちですが、感謝は大切です。 人は気づけばやってもらうことを当たり前に感じてしまいます。 当たり前に感じていると、してもらえていたこともしてもらえないようになります。 しかしできる人は感謝を忘れないので、人がついてくるようになります。 そのため人から支援を得やすくなります。 周りからの協力が得られるので仕事がしやすくなり、自分の仕事に集中できるようになります。 優先順位がつけられている 仕事ができる人は様々なタスクを一度にそつなくこなします。 仕事ができない人は様々なことに中途半端に手を出し、頭がごちゃごちゃになります。 仕事ができる人は抱えているタスクに対し、優先順位が明確につけられています。 優先順位をつけることによってたくさんあるタスクを整理できます。 優先順位が高い順番から片付けていけばいいため、タスクが整理されてたくさんあるタスクにも混乱することなく挑むことができます。 だからこそ仕事ができる人はマルチタスクをこなせるのです。 挨拶ができる 当たり前と思われますが、実はしっかりと挨拶できない人がほとんどです。 会社に入った途端気持ちよく大きな声で挨拶ができていますか? それだけで周りからの評価が大きく変わります。 挨拶は簡単なコミュニケーションです。 朝から挨拶をしないと仕事仲間の人とも仲良く仕事をすることができません。 朝から気持ちよく挨拶されると、誰でも挨拶を返して話しかけてくれるようになりますからね。 挨拶はビジネスの基本です。 社交的 仕事ができる人は社交的な人が多いです。 職場の人全員と仲いい人と、職場の一部の人としか話したことがない人だと仕事の進み具合が変わってきます。 気心が知れている方が、仕事を進める時に雑談のようにアイデアを出していくことができます。 しかし仲良くないと緊張してしまい、本来出てくるはずのアイデアが出てこないようになってしまいます。 仕事ができる人は社交的なので、人とすぐに仲良くなることができます。 そのため結果人に頼ることができるようになります。 仲良くなればなるほどにその人の良いところが見えてくるので、一緒に仕事をする時の適材適所がわかりやすいです。 報連相がしっかりできる 仕事ができる人はどんな小さなことでも報連相がしっかりとしています。 報連相がしっかりできていると進捗状況の遅れや、少しのずれを上司と確認できるようになります。 上司が常にわかっている状態であればお互いに安心ですし、仕事が円滑に進みやすくなります。 また報連相をきっちりとできていることで、この人なら任せても大丈夫と信頼されやすくなります。 失敗した時ほど人はなんとか問題を片付けて怒られないようにしようとします。 しかし、そうしていくうちに問題がこじれた自体が悪化することにも繋がります。 問題が起きた時ほどすぐに相談をするようにしましょう。 理由が明確 仕事ができる人は理由を説明します。 例えば納期を遅らせてほしい時や、何かお願い事をする時、進捗が遅れている時などに「遅れているので待ってください」というと理由になっていません。 と言われば、相手を納得させることができます。 相手にお願いごとをする時の理由を明確に説明することができます。 それだけで相手はお願いごとを聞き入れてくれるようになります。 余裕をもって取り組む 仕事ができない人は期限ギリギリに完成させるように仕事のスピードを調整します。 そのため残り数時間で急いで仕上げたり、それまでの時間をダラダラと過ごしてしまいます。 そのため、期限前に何かトラブルがあると期限に間に合わない状態に陥ってしまいます。 その反対に仕事ができる人は、本来の期限よりも早くに完成の期限を設けます。 本来の期限に余裕を持って完成目処を立てることによって、何か問題が起きて遅れても期限までには完成できます。 また期限を早くに設けておくことで、完成させた後の見直しの時間をたくさん取ることができます。 ギリギリに完成させてしまうと見えないことも、見直していくごとにどんどん良くしていくことができます。 自分の意見をはっきり伝える 仕事ができる人は自分の意見を言うことに躊躇いません。 仕事ができない人は「間違っていたらどうしよう?」と不安になり、中々発言することができません。 しかし求められているのは正しい答えではありません。 自分の意見を持っているのかどうか、この人はどんな意見を持っているのかということが見られています。 つまりそこで答えられなかったり、自信なさそうに答えてしまうと、意見がない人なのだと判断されてしまいます。 ハキハキと自分の意見を答える人のところには、信頼されて次々と仕事が舞い込んできます。 オンオフの切り替えが上手い 仕事ができる人は仕事に集中する時と、休む時をしっかりと分けています。 仕事ができない人は仕事に集中できない時間をずるずると持ちながら、進んでいないからこそ休もうとせずにパフォーマンスが低いままに仕事を行おうとします。 しかし人の集中力はそんなに長く持ちません。 パフォーマンスが低いままにダラダラ行うよりかは、休んだ後に短い時間に集中して仕事を行った方が仕事が上手くいきます。 休む時は休み、集中する時は短い時間で一点集中する。 この使い分けをすることで仕事を効率よくスピーディーに進めることができます。 後回ししない 夏休みの宿題を夏休み最初に終わらせてしまう人と、休みが終わるギリギリになってから慌てて終わらせる人がいます。 後者は期限に追われてしまいます。 前者は余裕が持てるので、自分のプライベートを充実して楽しむことができます。 仕事ができる人は時間が空いたり、余裕があれば今日しなくてもいい先の仕事を終わらせようとします。 先に終わらせておくことで、後で慌てることがないからです。 後回しにすればするほど、いつかしなければならない脅迫概念にかられてしまいます。 実際夏休みの宿題でもまだ宿題が残っていると考えながら、いつか宿題をしなければと考え過ごすよりも、やることを終わらせて遊びに集中する方が気持ちが違います。 やる気スイッチを知っている 仕事ができる人は自分のやる気を出すための方法を知っています。 まさしくやる気スイッチを押すことができるのです。 仕事ができない人は何をしたらいいかわからず、なんとなく憂さ晴らしをしてはもやもやした日々を過ごしてしまいます。 やる気の出る方法を知ることで、どんな時でも高いモチベーションで仕事をすることができます。 身だしなみに気を遣っている 仕事ができる人は身だしなみに気を遣っています。 仕事ができない人は身だしなみを気にせず、いつもよれよれの格好で仕事をしています。 恰好を綺麗にするだけで、自分の仕事のパフォーマンスも上がりますし、周りからの見られ方が変わってきます。 仕事ができる人は常に周りにどう思ってもらえるか、自分が思われたい自分を演出しています。 身だしなみが綺麗だと、少し仕事の結果を出しただけでも、あの人はできていると思われやすいです。 仕事ができているから身だしなみが綺麗なのではなく、身だしなみがきっちりしているから仕事ができるんだなと評価されるようになります。 仕事ができる人に近づくための心構え 仕事ができる人になるためには、仕事ができる人の心構えから始めましょう。 心構えなくしては仕事ができる人のしていることをただ真似しても意味がありません。 なぜその行動をしているのかを知るためにも、心構えから真似できるようにしましょう。 どんな仕事でも自分のためになると考える 仕事ができる人はどんな小さな仕事でも、自分のためになると考えています。 仕事ができない人は、「こんな仕事しても仕方がない」「自分にはもっと面白い仕事ができる」と考えてより好みします。 しかし今の意味がないと思える目の前の仕事をこなしていくことこそ、自分の将来へと結びつくのです。 自分のためと考えるからこそ、どんな仕事がきても嫌な顔をしません。 忙しぶらない 仕事ができる人はどれだけ忙しくても忙しさを出しません。 仕事ができない人は忙しい自分をアピールしようとします。 最近忙しくて、忙しいからできない、忙しいからと言う人の元からは人が離れていってしまいます。 仕事ができる人は忙しい中でも空いている時間を示します。 そのため忙しい中でも時間を人に合わせるので、忙しさを感じさせません。 忙しくても「これくらい大丈夫だよ」と忙しいことをアピールしません。 そのため忙しくても仕事が舞い込んできたり、人からのお誘いが来たりとチャンスが舞い込みやすくなります。 人を大切にする 仕事ができる人は人を大切にします。 自分が今あるのは周りの人のおかげと考えているからです。 だからこそ自分の周りにいる人を誰よりも大切に考えます。 だからこそお互いの時間を大切にしたり、人が困っていたらどんなことでも全力で答えようとします。 自分が周りを大切にすることで、返報性の法則で周りからも大切にされます。 だからこそ仕事ができる人は、人望が厚く、人に恵まれているのです。 周りに応援される人はそれだけ成功の要因が高くなります。 仕事ができない人は一人で抱え込んでしまっていたり、わからないことをそのままにしているからこそスピードが遅くなっている可能性があります。 付き合う人を考える 仕事ができる人に近づくためには、仕事ができる人と一緒にいることが大切です。 類は友を呼ぶということわざがあるように、人は周りの人と同じようになっていきます。 平均の法則というものがあり、年収や人としてのレベルは周りの人の平均で作られます。 そのため仕事ができる人、自分よりも優れた人と付き合うようにすると、自分も仕事ができる人に引き上げられていきます。 仕事ができない人は、愚痴を言い合うような人たちと一緒に過ごす時間が長いです。 そのため仕事が上手くいけばいいなー、と思いながらもいつまで経っても仕事ができるようにならないのです。 付き合う人を見直し、自分よりレベルの高い人たちと過ごすようにしましょう。 時間を大切にする 仕事ができない人はスキマ時間ができるとダラダラとしたり、何もない時間があると自由時間としてゲームなどで潰してしまいます。 仕事ができる人は分単位で予定を入れます。 スキマ時間ができたら勉強の時間に当てたり、連絡を返す時間にします。 時間の使い方を上手く行えば、忙しくても人と会う時間が作れたり勉強の時間が取れたりと、一日の間にたくさんのことができるようになります。 忙しぶらなくなるにも繋がりますが、時間を大切にすることで人からお誘いを受けてもスキマ時間の1時間だけなど時間を空けられます。 また、人の時間を奪っているという自覚があるため、質問や教えを請う時はあらかじめ要点をまとめておくなど工夫を凝らします。 考えてから発言する 仕事ができない人は感情に任せてその場限りの言葉を吐いてしまいます。 仲間うちであれば本心でないとわかっても、つい怒った時に放った言葉がとんでもない事態を招くことがあります。 できる人は言葉は使い間違えるだけで自分の信用を失ったり、人を傷つけることに繋がることを知っています。 そのためどんなことを話す時も、必ず自分の中で一度考えてから発言します。 言い方を考えて発言するので、相手を無下に傷つける言葉を言うことはありません。 多角的に物事を見る 仕事ができない人は自分の視点でしか物事を考えられません。 しかし大きなプロジェクトを行う際や、何か一つ新たな意見を出す時は他の人の視点に立つ必要があります。 それはプロジェクトを行う他のメンバーや、自分の仕事をいつも支えてくれている事務員さんなど様々な視点で立つことが大切です。 他の視点で物事を見れるようになると、様々な角度からくる質問にも答えられるようになります。 仕事ができる人は得てして様々な人から頼りにされるものです。 そこで周りの人のフォローができるようにするためにも、自分以外の視点で物事を見れるようにすることが大切です。 考えるくせをつける 仕事ができない人は自分の頭で創意工夫をしようとしません。 言われた仕事を言われたままにこなし、プラスがありません。 しかし仕事ができると思われる人は、言われたこと以上のことをこなせる人です。 人と言うのは本来の理想よりも下げた内容を仕事として渡します。 言われた通りだと少しクオリティーを下げた最低ラインのものを送ることになります。 しかし、そこでなぜこの仕事を依頼してきたのか、この仕事にクライアントは何を求めているのか、といったことを深く読み解いて考えることによって求める以上のものをわたすことができます。 常になぜだろう?何を求めているのだろう?と自分の頭で考え、工夫することが大切になります。 能動的に仕事をする 仕事ができない人は言われたことや期限を守るために仕事をします。 それでは受動的に仕事を行い、いつまで経っても言われたことを言われた通りに行うだけのロボットと成り果てます。 受動的に仕事をしているといつまでも使われる側になり、上から良いように使われるだけの人となります。 仕事ができる人は能動的に仕事を行っています。 言われたからやるのではなく、言われる前に「何かできることはありませんか?」と聞くほどに主体的に動くことが大切です。 言われたからではなく、一緒に考える側に回ることでリーダーの視点に立つことができます。 そうすればプロジェクトのリーダーを任されたり、管理側の仕事を任されるようになります。 実はデキる人は自分が得意な仕事をしているだけかも! 仕事ができる人はなんでもそつなくこなせるわけではありません。 実は仕事ができる、仕事が早い人は自分の得意な仕事だけに注力していたのです。 仕事は自分に任されたからといって、何も一人で全てを行う必要はありません。 仕事の中にも得意、不得意なことはあります。 できる人は自分が苦手なことを得意な人に振り分けています。 だからこそ自分は得意なことに注力できるのです。 そのため仕事のクオリティーが上がり、評価が上がります。 できない人は任せられたことを自分の仕事だと、仕事を抱え込むようになってしまいます。 しかし実は人に任せられる仕事というのはたくさんあるものです。 周りの人の個性を活かして、上手く頼ることで仕事の評価と周りとの信頼を獲得することができます。 実録!仕事ができる人はここが違う 仕事ができる人は仕事ができない人とひと味違います。 仕事ができる人だからこそできている、していることを行うことによって仕事ができる人になることができます。 効率を考え余裕をもって仕事ができる 仕事ができない人はマルチタスクになるとやることが多すぎて混乱してしまいます。 仕事が忙しい時期になれば忙しいことにイライラして、思いついたことをしては余計に時間がかかって余計にイライラすることになってしまいます。 仕事ができる人はまず取り掛かる前にどうするのが効率がいいのかを考えます。 最初に時間をとることで、途中で迷ったり無駄な時間がなくなり結果的に効率よく行うことができます。 最初に道のりがわかっているからこそ、今どれだけ進んでいるのかもわかりやすいです。 そのため完成までの明確なビジョンが立っているので、変に焦ることがありません。 なのでやることがたくさんあっても終わりがわかっているので、余裕を持って仕事に取り組めるようになります。 仕組み化できている 仕事ができる人は仕事を仕組み化しています。 その日にやることを朝に明確にし、まず優先順位を立てていきます。 そうすることで、仕事を一つずつこなしていけるようになります。 タスクがたくさんあって何から手をつければいいかわからないことを、タスクを整理することを習慣にします。 タスクを明確にしたら必ずその時間に行えるように仕組み化されています。 例えばすぐにその仕事について開けるようにしていたり、仕事の進捗状況を決まった時間に上司に報告するようにしたりです。 一人の力だと気持ちになってしまいますが、人を巻き込むことでやらざるを得ない環境を作り出すことができます。 人に頼るのが上手い 仕事ができる人は人に頼るのが上手いです。 わからないことをすぐに先輩や上司に質問したり、自分一人でできることは限られていることを知っています。 そのためわからないことや、問題が起きた時はすぐに人に頼ります。 自分一人で考えていてはいつまで経っても答えはでてきません。 人に答えを求めたらすぐに答えがわかるというのはよくある話です。 仕事ができない人はわからないことを一人で解決しようとして、そのうちにどんどん問題がややこしくなって抱え込んで大変なことになってしまいます。 また人に頼るという点で、仕事ができる人は人に仕事を振るのも上手いです。 一つの仕事に対して適材適所を把握して人を適した場所に配置することができます。 自分の苦手を得意な人に頼り、仕事を手伝ってもらったり、または助言をいただいたりします。 人に頼るのが上手い、人を動かすことが得意な人が一番結果を出しやすいのです。 できる人ほど自分で全てを行おうとしません。 判断が早い 仕事ができる人は何事においても判断が早いです。 問題が起きた時の対応の判断や、本来行うべきものとずれてきたときの修正の判断などです。 判断が遅いとそれだけ問題がこじれ、どんどんと違う方向に進んでしまいます。 今進めていることをそのまま行うのか、それとも中断すべきか判断が遅れるほどに時間のロスが生じます。 仕事ができる人は先を見据えて、主観なしに判断を下すことができます。 たとえその判断が今までの頑張りを無駄にするものだとしても、できる人は躊躇せずに判断を下すことができます。 いつ何時もメモを準備している 仕事ができる人は常にメモ帳を携帯しています。 自分にとって有益な情報はいつ訪れるかわからないからです。 仕事ができない人は記憶して後でメモしようと考えたまま忘れてしまいます。 人間の脳は忘れやすいので、聞いたことは他の仕事をしている間に忘れてしまいます。 すぐにメモをできるようにしておくことで、自分に必要な情報を逃すことがありません。 記憶に頼ることが怖いことだと知っているので、記録に頼るようにしましょう。 まとめ 仕事ができる人の特徴がわかりましたね。 仕事ができる人はできない人が普段やらないことをしています。 だからこそ他のその他大勢の人とは違い、仕事ができるようになります。 仕事ができる人の特徴をまずは一つでも意識して行うことで、仕事ができるようになります。 仕事ができる人に近づくための心が構えを胸に刻みながら日々仕事をしていきましょう。 心構えから真似することによって、いつの間にか仕事ができる人に近づいています。 普段は自分と同じように、できる人を羨ましがる人たちと一緒に過ごす時間が長くなってしまいます。 しかし、本当に仕事ができる人になりたいのであればまずは仕事ができる人の側に物理的に行くことです。 仕事ができる人の側にいれば、自然と心構えや特徴を体感することができます。 一緒にいて素敵だと思うことをまずはそのままに真似してみましょう。 そうしていくうちに、仕事ができる人に変わっていきます。

次の