ポケモン go スーパー リーグ パーティ。 【ポケモンGO】ハイパーリーグのおすすめ最強パーティと編成のコツ【GOバトルリーグ】

【ポケモンGO】スーパーリーグでの伝説無しオススメパーティ3選!

ポケモン go スーパー リーグ パーティ

スーパーリーグバトルに挑戦するときの参考にしてください。 メンテナンスに伴いいくつか変更点がありました。 以下リンク先からご覧ください。 現在はハイパーリーグが開催中 GOバトルリーグでは 6月2日 火 5:00〜7月7日 火 5:00までハイパーリーグが解放されています。 こちらではハイパーリーグでのおすすめパーティと編成のコツをご紹介します。 耐久性の高いポケモンが強い! CP1500以下のスーパーリーグでは高い攻撃力よりもどれだけ 攻撃を耐えられて通常技、ゲージ技を多く出せるかが重要になってきます。 耐久性とはHPや防御力の高さや、弱点が少なく耐性が多いポケモンを指しています。 ポケモンのレベルはCP1500以下に抑える スーパーリーグではCPの上限が1500になるので、 ポケモンのレベルはCP1500を上回らないように注意しましょう。 一度レベルを上げてしまうと下げることはできないのでハイパーリーグに参加できなくなってしまいます。 技範囲の広いポケモンが強い! トレーナーバトルでは、各ポケモンが技解放によりゲージ技を2つまで使うことができ、既に実装されているジム戦やレイドバトル以上にゲージ技が重要になります。 さらに、1回のバトルでポケモンを3匹までしか編成できないので、 幅広く弱点を突けるゲージ技の種類が豊富なポケモンが活躍します。 ゲージ数で技の発動速度が変わる! ジム・レイドでも同じですが、 ゲージ数が多い方 3ゲージ>2ゲージ>1ゲージ が技の発動機会が多くなり、その分威力が低くなります。 PvPでは ゲージ技発動時にお互いのポケモンが止まり、威力を上げるスワイプ動作とシールド使用の有無に分かれます。 なのでジム・レイドと違い、 ゲージ技の硬直時間は考慮せず、発動機会が多い方がダメージを与える機会も多くなります。 弱点は統一させない 弱点をつかれてしまうと、いくら耐久性の高いポケモンでもすぐに倒されてしまいます。 弱点をつかれた場合に相手のポケモンに有利なポケモンと交代できるように弱点や有利なポケモンを統一させないようにしましょう。 ポケモン 弱点 耐性 【 二重弱点】 【 二重耐性】 その他7つの耐性 このようにお互いの弱点を補完し合ったポケモンを選出すると良いでしょう。 使いたいポケモンや強力なポケモンを1体選択します。 今回は例として 野生での出現が多いから進化が可能で、で活躍の多いを選択します。 上記のが苦手な「くさ」タイプに有利なを選択しました。 お互いの弱点を補っているとさらにいいでしょう。 エアームドは「ほのお」「でんき」タイプが弱点ですがナマズンはその両方に耐性をもっているため相性が良いです。 上記の2体では相手のやなどの「くさ」タイプが弱点のポケモンを相手にするのは難しいのでが非常に強力なを選択しました。 編成段階では見えなかったことや実践でしかわからない弱点が見えてくるので、調整しながら自分なりのパーティを作っていきましょう。 もちろん3体で全ての相手に勝つ事は難しいです。 今後新ポケモンや技の追加で流行りのポケモンも変わってくることでしょう。 そのポケモンに対して強いポケモンを選ぶことで勝率はグっと上がるはずです。 さらに 個々のステータスや技構成も強く、悩んだらこのパーティにしておくと勝率は上がるかもしれません。 ただし ポケモンの対戦はメタ 対策 ゲームです。 流行っているということはそれだけ対策も練られているので「 流行りの強いポケモン使えば勝てる!」と安易に勝てるわけでは無いということはご理解ください。 入手しやすく育てやすいポケモンを集めてみました。 この 3体で上記の環境トップポケモンをそれぞれで相手ができます。 WIN! WIN! WIN! もちろん余裕があれば技解放した方が強くなります。 他のポケモンで代用は可能 ナマズンは主力なので代用しずらいのですが、ウツボットはやのような草タイプ、でも マリルリを倒す役割は可能です。 プクリンは同じフェアリータイプのや、マリルリを所持していれば自分で使うことで チルタリスを倒す役割を持てます。 通常技の「」がとにかく優秀です。 すぐにゲージを貯めて3ゲージ技の「」を連発できます。 相性補完にエアームドとフシギバナ ナマズンの弱点や倒しづらい相手を補完する形でとを採用しました。 ナマズンの苦手な「くさ」タイプにはエアームドを、2体の倒しづらい「くさ」タイプが弱点の相手をフシギバナで倒していく形になります。 グロウパンチはたとえに防がれてしまったとしても、 自身の攻撃力アップは確定で発動するので技を打てば打つほど火力が上がっていきます。 苦手な「ひこう」タイプのなどには「 」を覚えさせることで対策が可能です。 「かくとう」タイプが半減されてしまう「どく」タイプを想定する場合は「 」も選択肢にあがります。 相性補完にトリデプスとトロピウス チャーレムの弱点である「ひこう」「フェアリー」の対策としてを採用しました。 強力な「いわ」技に加えて「 」で「くさ」タイプの相手もできるのが優秀です。 さらに2体が倒しづらい「みず」「じめん」タイプを見られるようにトロピウスを採用しました。 海外の地域限定ポケモンなので入手は難しいですが、やに強く出られるトロピウスは是非編成したいところです。 圧倒的耐久力と優秀な技構成からどの相手に対してもそこそこ殴り合える点が先鋒向きです。 技はDPSの優秀な「 」を採用します。 ゲージ技の「 」は弱体化されましたが威力は抜群です。 技解放をする場合やを抑えられる「 」かなどの「ひこう」タイプや抜群の範囲の広い「 」の選択になります。 相性補完にマリルリとフシギバナ デオキシスの 苦手な「むし」「あく」タイプに耐性のあるを採用しました。 マリルリも スーパーリーグで対策無しでは全員を倒してしまうような強力なポケモンです。 2体では倒しづらい「くさ」弱点の対策にを採用しました。 相手のマリルリやといった強力なポケモンの対策に「くさ」タイプは必須と言ってもいいでしょう。 あらかじめご了承ください。 ・公序良俗に反する投稿 ・スパムなど、記事内容と関係のない投稿 ・誰かになりすます行為 ・個人情報の投稿や、他者のプライバシーを侵害する投稿 ・一度削除された投稿を再び投稿すること ・外部サイトへの誘導や宣伝 ・アカウントの売買など金銭が絡む内容の投稿 ・各ゲームのネタバレを含む内容の投稿 ・その他、管理者が不適切と判断した投稿 コメントの削除につきましては下記フォームより申請をいただけますでしょうか。 ご了承ください。 また、過度な利用規約の違反や、弊社に損害の及ぶ内容の書き込みがあった場合は、法的措置をとらせていただく場合もございますので、あらかじめご理解くださいませ。 メールアドレスが公開されることはありません。 コメント 名前.

次の

【ポケモンGO】ハイパーリーグおすすめ最強パーティの技構成や使い方

ポケモン go スーパー リーグ パーティ

2020. 24 バトルリーグ pikapika 【ハイパーリーグ】一番隙のないパーティとは?メジャーポケモン一覧 GOバトルリーグが6月24日朝から再開され、ハイパーリーグが延長となっています。 トレーナーがハイパーリーグで見かけるポケモンをランク分けした一覧を紹介します。 再開後の変更点• リーダーズボードを一時停止• ハイパーリーグ延長 7月7日朝5時まで 、及び他のリーグ期間変更• シーズン2終了まで参戦権が5セット 25戦 から 6セット 30戦 に変更• 6月24日朝5時〜7月1日朝5時までリワード増加• ポケモンリワードでツタージャ、ポカブ、ミジュマルが出なくなる• プレミアムリワードの5勝目報酬のふしぎなアメが 4勝目に移動 ハイパーリーグで見かけるポケモン 色々なご意見ありがとうございます。 これを踏まえてマイナーで使えるのを議論できたら幸いです。 その他だと自分の中では パルシェン、ゲンガー、カイリュー、デンリュウ、ニョロトノ、ルギア、ジュカイン、バシャーモ、サーナイト、ハリテヤマ、フライゴン、レジアイス、レジロック、ドンカラス、ドクロック、ジバコイル、モジャンボ、エレキブル、エルレイド、ナットレイ、ビリジオン シミュレーション上、この辺りはかなり戦えると思っています。 カイリューがランク9超えられるのは実践済みです。 マイナーを使って実戦してメジャーと渡り合えたとか。 ここに挙がってないけどコイツは強いとか。 そんなお話が聞けたら嬉しいです。

次の

【ポケモンGO】スーパーリーグおすすめ最強パーティの技構成や使い方

ポケモン go スーパー リーグ パーティ

アローラライチュウは必ず初手に編成します。 初動でボルトチェンジを2〜3発使用してゲージを溜めたあと、デオキシスorトロピウスにすぐさま交代することで、強力な ワイルドボルトをいつでも使用可能な状態でキープしておくことが可能。 ワイルドボルトは、 当てさえすれば大幅に相手HPを削ることが可能なので、 相手のシールドが無くなったタイミングで再びアローラライチュウを繰り出し、 ワイルドボルトを連発することで一気に勝負を決めることが可能です。 状況にもよりますが、初動で溜めたワイルドボルトをそのまま使用して、 即交代することで防御ダウンのデメリットを打ち消すという立ち回りも。 しかし、 ワイルドボルトをキープ可能というメリットは捨てることになるので、慣れないととっさの判断は難しいかも。 ただ、 ワイルドボルトを警戒してほぼ確実にシールドを使わせることが可能なので、トロピウスやデオキシスが刺さりそうなポケモンを使ってきそうな気配があれば、迷わずぶちかましてシールドを削っちゃいましょう! トロピウスはナマズンやラグラージなどの対策に。 トロピウスは、耐久力の高さを活かして場に長く留まり、 相手のシールドを削ったり、等倍で殴り合って処理の難しいポケモンのHPを削るのが役割。 ナマズン、ラグラージ、チャーレムあたりにはめっぽう強い(ナマズンのふぶきやチャーレムのれいとうパンチには注意!)ので 、状況によってはトロピウスが無双してしまうこともしばしば。 遊撃的な役割を上手くこなせるポケモンなので、ゲージの溜まるタイミングなどを計算できるくらいまで使いこなせれば、勝率の底上げに貢献してくれるはずです。 ディフェンスデオキシスは基本的に壁役なので、 敵のゲージ技の直撃を止めながら、いわなだれを連発して確実にHPを削るという役回りが基本となります。 アローラライチュウとトロピウスだけでは、 トリデプスやレジスチルなどのはがねタイプが出てきた際に詰んでしまうため、その場合はデオキシスのカウンターでHPを削ります。 基本的にデオキシスではシールドを使わない方向性でいきたいのですが、 はがねタイプを倒すためならシールドは温存せずにガンガン使ってしまうのがオススメ。 はがねタイプさえ突破すれば、アローラライチュウのワイルドボルトが最後に相手を殲滅してくれることでしょう……(笑)。 戦いの様子。 マリルリやエアームドへの対応力がすごい! 実際に上記のパーティを使用している様子を画像で紹介します。 初動では必ずワイルドボルトのゲージを貯めます。 サーナイトやブラッキーがきつい…… ここまでいいことばかりを紹介してきましたが、もちろんこのパーティにも弱点はあります。 実は初手でサーナイトやブラッキーなどと当たってしまうと、 ワイルドボルトを溜めるまでにアローラライチュウのHPを大幅に削られてしまい、そのダメージが後半戦でアローラライチュウを使用するときにかなり影響してくるのです。 このパーティは、 ワイルドボルトを2発以上使用して相手のシールドやHPを削ることを前提としているため、そこが崩されてしまうと一気に作戦が崩壊してしまうのです……。

次の