ストレス 解消 食べ物。 ストレス解消に役立つ食べ物や飲み物おすすめ20選!

【ストレス解消したい!】ストレス対策におススメの食べ物3選

ストレス 解消 食べ物

4月は、「始まり」や「変化」の季節。 進学や就職、異動などで「新生活」をスタートされた方も多いのではないでしょうか?環境の変化が大きいこの季節は、モチベーションが高くなる一方で、変化に適応するためにストレスを感じることが多くなりますよね。 つまり、体内でそれらの栄養素が不足していると、ストレスに抵抗しづらい体になってしまう可能性があるのです。 今回は栄養士監修のもと、ストレスの軽減に役立つ栄養素と、その栄養素を効率よくとるための食材を解説します。 感情とホルモンは深い関わりがあり、ホルモンの中には、ストレスによる「イライラ」した気分を生み出すものがある一方で、「楽しい」「嬉しい」といった感情を生み出したり、ストレスを軽減する働きを持つものがあるのです。 「コルチゾール」の働きはさまざまありますが、一時的に体内の血糖値を増やして、体がストレスに対処する準備をしてくれるのもその一つ。 「ビタミンC」のほかに、うなぎやアボカドに含まれる「ビタミンE」も、抗ストレスホルモン「コルチゾール」の生成に関係があり、ともに作用しあいながらさまざまなストレスに対する防御反応を高めてくれます。 「コルチゾール」はストレスを軽減してくれる一方で、過剰に分泌され続けると、糖尿病の原因や免疫力が低下する副作用があるといわれています。 これらの副作用を防ぐために、ビタミンCをとるだけでなく、リフレッシュする時間や睡眠をたっぷりとるなど、ストレスを軽減する工夫をしてみましょう。 この「セロトニン」は、体のリズムを整えて快眠しやすい状態にする「メラトニン」を生成します。 ストレスを減らすだけでなく、しっかりと睡眠をとって心と体の調子をととのえるためにも、「トリプトファン」を含んだ豆乳や納豆などの大豆製品を、意識して日々の食卓に取り入れてみましょう。 脳はストレスに対処するときにエネルギーを使いますが、脳の栄養源となるブドウ糖を効率よくエネルギーに変えるためには、「ビタミンB1・B2・B6」など、さまざまな「ビタミンB群」によるサポートが必要です。 豚肉に含まれる「ビタミンB1」や、鶏卵に含まれる「ビタミンB2」、バナナやナッツに含まれる「ビタミンB6」などの「ビタミンB群」はチームで働き、神経系や脳の働きを高めてくれます。 どれかひとつだけとるのではなく、数種類の「ビタミンB群」を同時にとることが大切です。 「ビタミンB群」が足りないと、脳がエネルギー切れを起こしてしまい、「集中力が続かない」「落ち着きがなくなる」といった状態になってしまいます。 その結果、仕事や生活に支障が出るだけでなく、さらなるストレスが生まれる可能性があります。 中でも納豆や味噌は発酵食品のため、含まれている菌類によって腸内環境をととのえる効果が期待できるでしょう。 腸は感情を穏やかにしてくれる「セロトニン」をはじめ、私たちの活動に欠かせない「さまざまなホルモン」を分泌する臓器です。 心身ともに健康で、ストレスに負けない体を作るために、腸を健やかな状態に整えてあげましょう。 〜ポイント〜 お味噌汁や冷奴で食べることも多い豆腐ですが、「ビタミンB群」をとるなら、絹ごし豆腐がおすすめ!絹ごし豆腐は、作る過程でに水分をあまり絞らないため、水に溶けやすい「ビタミンB群」が木綿豆腐に比べ、多く含まれています。 効率よく栄養素をとるために、ビタミンCを多く含む野菜は生のまま食べましょう。 一方で、ビタミンEを多く含んだ野菜は、オリーブオイルを使ったドレッシングをかけたり、揚げたりするなど、油と組み合わせることで消化吸収が良くなると言われています。 〜ポイント〜 ビタミンCは水に溶けやすいだけでなく、熱が加わると壊れてしまう性質を持っています。 ビタミンCを含んだ野菜を調理するポイントは、水にできるだけ触れないよう、加熱しすぎないように調理をすることを心がけてみてください。 洗うときも水に浸さずにさっと洗い、さっと蒸したり焼いたりすることで、より効率的にビタミンCをとることができますよ。 電子レンジも短時間で調理ができるため、ビタミンCが壊れづらい調理方法です。 こちらも覚えておいてくださいね。 芋に含まれる「ビタミンC」は芋のでんぷん成分で守られていて、加熱しても壊れにくいのが特徴です。 ふかした芋なら、おやつにもぴったり!小腹が空いた時に食べてみましょう。 〜ポイント〜 さつまいもの皮には食物繊維などの栄養素が豊富に含まれているので、皮のまま調理するのがおすすめです。 ただし、ジャガイモは皮の部分の芽に毒素が含まれているので、必ず取り除きましょう。 お仕事中に「何か食べたいな」と感じた時は、お菓子やパンを食べるのではなくナッツ類をつまむとストレス緩和効果が見込めるでしょう。 〜ポイント〜 ナッツを食べるなら、油で揚げたり食塩で味付けしたりしていないものを食べるのがおすすめ。 特に、食塩のとりすぎは高血圧をはじめとして、さまざまな体の不調を招いてしまうので注意しましょう。 私たちが食事をしなければ活動できないように、ストレスに抵抗するためにも栄養素が必要ですお悩みの方がいましたら、この記事でご紹介した食べ物を日々の食事に取り入れて、ストレスの軽減に役立ててみてはいかがですか?.

次の

【栄養士監修】新生活のストレス軽減に効果的!?な4つの食べ物

ストレス 解消 食べ物

ストレスに効果のある食べ物や飲み物の特徴と栄養素! 仕事や人間関係などで ストレスを感じた時、好きなものや甘いものをいっぱい食べてストレス発散!なんて方は多いのではないでしょうか。 確かに、美味しいものを食べていると幸せな気持ちになって ストレスが 解消されますよね。 でも、食べている時の幸せな気持ちって思っているほど長続きせず、むしろ食べ過ぎによる体調不良や、食べる前よりもストレスが大きくなっているように感じて後悔することもしばしば・・。 それなら、ただ食べたいものをやみくもに食べるのでなく、ストレスに効果のある食べ物や飲み物を摂れば、このような悩みを解決することができるのではないでしょうか。 そこで今回は、 ストレス解消に役立つ 栄養素を含む 食べ物や 飲み物を調べてみました。 ストレスに効果のある食べ物や飲み物を選ぶ時のポイント! ストレスが溜まると、手軽に食べられるコンビニやファストフードでドカ食いをしたり、食べ放題のスイーツ店を巡る人は少なくありません。 しかし、インスタント食品には大量の油や添加物が使用されているため、一度にたくさん食べると胃腸のトラブルが起こりやすくなってしまいます。 また、糖分はアルコールやドラッグと同等の依存性を持っており、常用的に摂取したり大量に摂ることで脳がいつも糖分を欲しがるようになり、糖分を摂れないとそれが強いストレスになってしまうこともあります。 このようなことから、これらの食べ物をストレスを解消するために食べるのは逆効果と言えるでしょう。 私達の体は、ストレスを感じると大量のビタミンやミネラルを消費します。 そしてビタミンやミネラルが不足すると、疲れやすくなったりイライラが募ったりと、ますますストレスを増幅させてしまうのです。 そのため、 ストレスを解消するためにはビタミンやミネラルを摂ることがとても大切になります。 ストレスに効果のある栄養素や食べ物や飲み物の特徴 ストレスを解消するにはビタミンやミネラルを摂るのがよいと言うことがわかりましたが、ビタミンやミネラルは種類が多いため、どのようなものを選んだらよいのかちょっと迷ってしまいますよね。 そこでここでは、より具体的にストレスに効果のある栄養素をご紹介したいと思います。 ・ ビタミンC ・ ビタミンB1 ・ ビタミンB6 ・ ビタミンE ・ カルシウム ・ マグネシウム ・ たんぱく質 ・ トリプトファン トリプトファンはアミノ酸の一種ですが、幸福感や多幸感をもたらす脳内ホルモンのセロトニンの材料となる成分のため、摂取するとストレスが緩和されると言われています。 ストレスに効果のある食べ物や食品・食材おすすめ15選! ストレスが溜まっていると感じたら、次のような食べ物を摂取してみましょう。 もちろん、ストレスの解消だけではなく予防にも効果があるので、ストレスを感じやすいと思う場合は毎日意識して摂るのもお勧めです。 レモン レモンに多く含まれているビタミンCには、ストレスを感じた時にそれをやわらげる作用のある副腎皮質ホルモンの合成を助ける働きがあると言われています。 グレープフルーツ グレープフルーツもレモン同様にビタミンCが多く含まれる食品です。 ストレスを感じるとそのストレスから体を守ろうと、多くのビタミンCが失われるためビタミンCの補給は欠かせません。 また、グレープフルーツの香り成分であるリモネンには、リラックスを促す作用があると言われています。 いちご いちごにはビタミンCの他にビタミンB1も含まれており、ストレスを解消する効果があると言われています。 ブロッコリー ブロッコリーにはビタミンCやビタミンEといった栄養素の他に、スルフォラファンという独自の栄養素が含まれています。 このスルフォラファンは近年、ガンの抑制作用があるとして注目を集めていますが、ストレスの緩和に役立ちうつ病なども抑える効果があると言われています。 納豆 納豆には、ビタミンB1やビタミンB6、ビタミンE、カルシウム、マグネシウムと、ストレスに効果のある栄養素が数多く含まれています。 ごま ごまはとても栄養価の高い食品の一つで、様々な栄養素が豊富に含まれています。 ストレス緩和に効果がある栄養素としては、ビタミンE、ビタミンB6、カルシウム、マグネシウム、そしてセロトニンの材料となるトリプトファンも含まれています。 ヨーグルト 脳と腸は密接な繋がりがあると言われており、脳がストレスを感じるとお腹の調子が悪くなりやすいと言われています。 その逆で、腸内環境が整っているとストレスに強くなると言われています。 ヨーグルトには腸内の善玉菌のエサとなる乳酸菌が多く含まれているため、腸の調子を整える効果が期待できます。 また、ヨーグルトにはカルシウムも含まれており、イライラを抑える働きがあると言われています。 アーモンド ビタミンEやマグネシウムが豊富に含まれるアーモンドは、おやつ代わりに摂取したい食品です。 また、歯応えがあるのでしっかり噛むことで、副交感神経が刺激されてリラックス作用があると言われています。 卵 卵は、ビタミンCを除く栄養素がほとんど含まれている完全栄養食と言われていますが、ストレスに効果のある栄養素としては、たんぱく質やビタミンB1、カルシウムなどが含まれています。 中でも、ストレスに対抗するためのホルモンが分泌される際にたんぱく質が分解されるため、ストレスを感じやすい方はたんぱく質の摂取を意識するとよいそうです。 アボカド アボカドは、ビタミンEやビタミンC、マグネシウムを多く含んでおり、ストレスによい食品と言われています。 バナナ バナナには、たんぱく質を始め、マグネシウムやトリプトファン、ビタミンB1、ビタミンB6などストレスに有効な栄養素が数多く含まれています。 豚肉 疲労回復のために食べる方が多い豚肉は、実はストレス解消にも一役買うと言われています。 豚肉にはビタミンB1やたんぱく質、トリプトファンが含まれており、ストレスの緩和に効果があると言われています。 いわし いわしにはカルシウムとマグネシウムが含まれています。 この2つはどちらか1つが秀でているよりも、バランスを取るようにして存在していた方がストレス解消効果がアップすると言われているので、2つを一度に摂ることができるいわしはストレスによい食品と言えるでしょう。 メイプルシロップ 甘いものはストレスを増幅させる恐れがあると言われても、どうしても甘いものが食べたいという時もありますよね。 そのような場合はメイプルシロップを使ったデザートがお勧めです。 メイプルシロップにはカルシウムとマグネシウムが含まれていることから、ストレスに効果がある食品として今、注目を集めています。 チョコレート メイプルシロップとともに、スイーツでストレス解消をする時にお勧めなのがチョコレートです。 チョコレートに含まれるテオブロミンという成分には、セロトニンの働きを助ける作用があります。 また、カカオポリフェノールにもリラックスを促す働きがあることから、ストレスの解消に役立ちます。 ただし、摂取する時はカカオの含有量が高いものを選ぶようにしましょう。 ストレスに効果のある飲み物おすすめ5選! 食べ物だけではなく、飲み物の中にもストレス解消効果が期待できるものがありますので、そちらをご紹介したいと思います。 牛乳 牛乳にはカルシウムやたんぱく質、トリプトファンが含まれていることから、ストレスに効果があると言われています。 ココア ココアは、チョコレートと同じカカオが原料のため、テオブロミンやカカオポリフェノールが含まれており、ストレス解消に効果があると言われています。 炭酸水 炭酸水に含まれている炭酸ガスには、副交感神経を刺激して心身をリラックスさせる作用があると言われています。 レモンを絞ってレモン炭酸にして飲むと、なおよいでしょう。 オレンジジュース ビタミンCが豊富に含まれているオレンジジュースは、毎日気軽に摂取できるストレス対抗の飲み物と言えます。 オレンジが苦手な方はグレープフルーツジュースでも構いません。 ただし、糖分の摂り過ぎには注意し、100%のフレッシュジュースを選ぶようにしましょう。 甘酒 飲む点滴と称されるほど栄養価の高い甘酒ですが、実は酒粕から作られるものと米麹から作られる2種類があります。 米麹から作られる甘酒にはビタミンB1を始めとして、食物繊維やオリゴ糖といった腸内環境を整える作用のある成分が含まれており、ストレスの緩和に役立つだけではなく、アルコールが入っていないので子どもも飲むことができます。 ストレスに効果のある食べ物や飲み物おすすめ20選!のまとめ 最近仕事が忙しくて疲れがとれない・・。 イライラや不安がひどく、寝つけない夜がある・・。 このような症状がある時は、ストレスが溜まっている可能性があります。 趣味や運動などでこまめにストレスを発散させる他に、ストレスに効果がある食べ物や飲み物を意識して摂取してみましょう。

次の

ストレス解消に役立つ食べ物や飲み物おすすめ20選!

ストレス 解消 食べ物

4月は、「始まり」や「変化」の季節。 進学や就職、異動などで「新生活」をスタートされた方も多いのではないでしょうか?環境の変化が大きいこの季節は、モチベーションが高くなる一方で、変化に適応するためにストレスを感じることが多くなりますよね。 つまり、体内でそれらの栄養素が不足していると、ストレスに抵抗しづらい体になってしまう可能性があるのです。 今回は栄養士監修のもと、ストレスの軽減に役立つ栄養素と、その栄養素を効率よくとるための食材を解説します。 感情とホルモンは深い関わりがあり、ホルモンの中には、ストレスによる「イライラ」した気分を生み出すものがある一方で、「楽しい」「嬉しい」といった感情を生み出したり、ストレスを軽減する働きを持つものがあるのです。 「コルチゾール」の働きはさまざまありますが、一時的に体内の血糖値を増やして、体がストレスに対処する準備をしてくれるのもその一つ。 「ビタミンC」のほかに、うなぎやアボカドに含まれる「ビタミンE」も、抗ストレスホルモン「コルチゾール」の生成に関係があり、ともに作用しあいながらさまざまなストレスに対する防御反応を高めてくれます。 「コルチゾール」はストレスを軽減してくれる一方で、過剰に分泌され続けると、糖尿病の原因や免疫力が低下する副作用があるといわれています。 これらの副作用を防ぐために、ビタミンCをとるだけでなく、リフレッシュする時間や睡眠をたっぷりとるなど、ストレスを軽減する工夫をしてみましょう。 この「セロトニン」は、体のリズムを整えて快眠しやすい状態にする「メラトニン」を生成します。 ストレスを減らすだけでなく、しっかりと睡眠をとって心と体の調子をととのえるためにも、「トリプトファン」を含んだ豆乳や納豆などの大豆製品を、意識して日々の食卓に取り入れてみましょう。 脳はストレスに対処するときにエネルギーを使いますが、脳の栄養源となるブドウ糖を効率よくエネルギーに変えるためには、「ビタミンB1・B2・B6」など、さまざまな「ビタミンB群」によるサポートが必要です。 豚肉に含まれる「ビタミンB1」や、鶏卵に含まれる「ビタミンB2」、バナナやナッツに含まれる「ビタミンB6」などの「ビタミンB群」はチームで働き、神経系や脳の働きを高めてくれます。 どれかひとつだけとるのではなく、数種類の「ビタミンB群」を同時にとることが大切です。 「ビタミンB群」が足りないと、脳がエネルギー切れを起こしてしまい、「集中力が続かない」「落ち着きがなくなる」といった状態になってしまいます。 その結果、仕事や生活に支障が出るだけでなく、さらなるストレスが生まれる可能性があります。 中でも納豆や味噌は発酵食品のため、含まれている菌類によって腸内環境をととのえる効果が期待できるでしょう。 腸は感情を穏やかにしてくれる「セロトニン」をはじめ、私たちの活動に欠かせない「さまざまなホルモン」を分泌する臓器です。 心身ともに健康で、ストレスに負けない体を作るために、腸を健やかな状態に整えてあげましょう。 〜ポイント〜 お味噌汁や冷奴で食べることも多い豆腐ですが、「ビタミンB群」をとるなら、絹ごし豆腐がおすすめ!絹ごし豆腐は、作る過程でに水分をあまり絞らないため、水に溶けやすい「ビタミンB群」が木綿豆腐に比べ、多く含まれています。 効率よく栄養素をとるために、ビタミンCを多く含む野菜は生のまま食べましょう。 一方で、ビタミンEを多く含んだ野菜は、オリーブオイルを使ったドレッシングをかけたり、揚げたりするなど、油と組み合わせることで消化吸収が良くなると言われています。 〜ポイント〜 ビタミンCは水に溶けやすいだけでなく、熱が加わると壊れてしまう性質を持っています。 ビタミンCを含んだ野菜を調理するポイントは、水にできるだけ触れないよう、加熱しすぎないように調理をすることを心がけてみてください。 洗うときも水に浸さずにさっと洗い、さっと蒸したり焼いたりすることで、より効率的にビタミンCをとることができますよ。 電子レンジも短時間で調理ができるため、ビタミンCが壊れづらい調理方法です。 こちらも覚えておいてくださいね。 芋に含まれる「ビタミンC」は芋のでんぷん成分で守られていて、加熱しても壊れにくいのが特徴です。 ふかした芋なら、おやつにもぴったり!小腹が空いた時に食べてみましょう。 〜ポイント〜 さつまいもの皮には食物繊維などの栄養素が豊富に含まれているので、皮のまま調理するのがおすすめです。 ただし、ジャガイモは皮の部分の芽に毒素が含まれているので、必ず取り除きましょう。 お仕事中に「何か食べたいな」と感じた時は、お菓子やパンを食べるのではなくナッツ類をつまむとストレス緩和効果が見込めるでしょう。 〜ポイント〜 ナッツを食べるなら、油で揚げたり食塩で味付けしたりしていないものを食べるのがおすすめ。 特に、食塩のとりすぎは高血圧をはじめとして、さまざまな体の不調を招いてしまうので注意しましょう。 私たちが食事をしなければ活動できないように、ストレスに抵抗するためにも栄養素が必要ですお悩みの方がいましたら、この記事でご紹介した食べ物を日々の食事に取り入れて、ストレスの軽減に役立ててみてはいかがですか?.

次の