ウォレス フォ。 「美男美女」はもう確実!ウォレス・フォと結婚したルビー・リン、すでに妊娠中と明らかに―台湾 (2016年8月5日)

霍建華(ウォレス・フォ)

ウォレス フォ

Contents• まさに学校の花というべき存在で、学校の男子からモテまくってたといいます。 そのモテようはなんと 毎日10通のラブレターをもらっていたというんですね・・・すごい。 しかし、反抗期は学校の規則を守らない生徒だったようで、 ミニスカートに制服を変え、黒のタイツを履いて学校に通っていたようです。 見てみたいですよね笑 1993年に友人がモデル会社にルビーさんの履歴書を送ったことから、 モデルとしてデビューしたのが芸能の道に入ったきっかけになります。 まるでジャニーズのタレントのような滑り出し。 親は反対だったようですが、その反対を押し切って1994年に台湾のドラマから俳優デビューしました。 epochtimes. ウォレスさんも最近ほとんどの時間を中国で過ごしているということで、 「子供に会える時間が全くない」と言っているところから来ているようです。 スターも大変ですね。 子供についても! そして、お子さんについては、2017年の1月に第一子の 女の子を出産しました。 まとめ ということで、ルビーリンさんについてでした! まさに仕事にプライベートに大活躍のルビーさん。 日本では、 「年下のオトコ」がかなり評判を集めています。 これから、ルビースタジオがガンガン来るかもしれませんね。 それでは! こちらの記事もどうぞ!.

次の

ウォレス・フォのプロフィール

ウォレス フォ

好きなタイプ 性格 控えめで静かな内向的な性格である。 こうした性格のためか、商業活動やバラエティー番組に参加せず、Weiboを開かず、WeChatを使うこともほとんどない。 趣味 静かに物思いにふけり、山を登り、本を読むことが好きである。 一方で選手を目指したことがあるほど、バスケットボールは好きである。 特技 歌手活動をしていたため、歌は得意である。 歌手としてのキャリアを断念したのちも、ドラマや映画のサウンドトラックや挿入歌などに参加している。 デビュー前の経歴 若い頃はバスケットボール選手を夢見ていたが、同時に歌うことも好きだったため歌手も志していた。 17歳の時に台湾の司会者のアシスタントとしてデビューし、裏方の仕事をこなしていた。 徴兵を終えた2002年、『摘星』という番組でテレビシリーズのサウンドトラックを歌う機会を得、あわせてドラマデビューもはたした。 翌年、『海豚灣戀人』というドラマでの活躍をきっかけに躍進し、年7本のドラマ出演という台湾史上最多記録を打ち立てることとなった。 一方で、2004年に彼の最初のソロ音楽アルバム「Start」をリリースした後、俳優業があまりに多忙を極めたため、彼は歌手としての本格的なキャリアを断念せざるを得なくなった。 出身・家族・学歴.

次の

ウォレスフォ(霍建華)の画像や整形情報は?結婚や子供についても!

ウォレス フォ

好きなタイプ 性格 控えめで静かな内向的な性格である。 こうした性格のためか、商業活動やバラエティー番組に参加せず、Weiboを開かず、WeChatを使うこともほとんどない。 趣味 静かに物思いにふけり、山を登り、本を読むことが好きである。 一方で選手を目指したことがあるほど、バスケットボールは好きである。 特技 歌手活動をしていたため、歌は得意である。 歌手としてのキャリアを断念したのちも、ドラマや映画のサウンドトラックや挿入歌などに参加している。 デビュー前の経歴 若い頃はバスケットボール選手を夢見ていたが、同時に歌うことも好きだったため歌手も志していた。 17歳の時に台湾の司会者のアシスタントとしてデビューし、裏方の仕事をこなしていた。 徴兵を終えた2002年、『摘星』という番組でテレビシリーズのサウンドトラックを歌う機会を得、あわせてドラマデビューもはたした。 翌年、『海豚灣戀人』というドラマでの活躍をきっかけに躍進し、年7本のドラマ出演という台湾史上最多記録を打ち立てることとなった。 一方で、2004年に彼の最初のソロ音楽アルバム「Start」をリリースした後、俳優業があまりに多忙を極めたため、彼は歌手としての本格的なキャリアを断念せざるを得なくなった。 出身・家族・学歴.

次の