福岡堅樹 引退。 ラグビー 福岡堅樹の経歴は医学部だった?怪我の状態と引退の時期とは?

福岡堅樹が医者になりたい理由は祖父?引退・医学部進学は東京オリンピック後!|Media Sunshine

福岡堅樹 引退

1、ラグビーは諦めてもう1年浪人し勉強に励む 2、レベルを下げてラグビー部のない医学大学を受験する 3、筑波大学の別の学部に進みラグビーを続けながら、未来のために勉強を続ける という選択肢の中から 3を選び、 筑波大学の情報学群に進学します。 その決断は正しかったかのように、大学デビュー戦で6トライ 得点 を決めた福岡堅樹選手は大学2年時に 日本代表候補に選出されるにまでなりました。 2015年のラグビーW杯で 歴史的勝利を収めた日本代表vs南アフリカ代表戦にも、出場。 しかも2015年当時、 福岡堅樹選手は まだ大学4年生でした。 大学卒業後はラグビートップリーグの強豪 パナソニックワイルドナイツに加入。 そして、世界プロリーグ(スーパーリーグ)の サンウルブズにも加入して活躍しています。 ラグビーを引退し医者を目指す福岡堅樹選手 引用:事業構想大学院大学 と、ここまでラグビーで突出した才能を発揮し、プロ選手として世界を舞台に大活躍している福岡堅樹でしたが、 医者になる夢は 諦めていませんでした。 今でも 1日1時間以上は将来のために勉強をしている福岡堅樹選手。 2016年3月のインタビューの時点で、福岡堅樹選手はこう答えています。 「僕は、筑波大学の情報学群に入学し、ラグビー部で活躍する道を選びました。 しかし、『医師になる夢』をあきらめたわけではありません。 まだ先のことになりますが、 ラグビーの選手として世界の舞台で活躍した後、もう一度医学部へ入学し直して医学の道を目指したいと考えています」 事業構想大学院大学 そこまでして福岡堅樹選手が医者になりたい理由は、一体何なのでしょうか? ラグビーを引退し医者を目指す福岡堅樹選手 引用:事業構想大学院大学 体を投げ打ってタックルをするラグビーは 「骨折は怪我じゃない」と言われたりもするスポーツですよね・・ww そんなラグビーをやっている福岡堅樹選手も例外ではなく、何度も怪我の経験があります。 福岡堅樹選手は高校2年生時に前十字靭帯を断裂や靭帯損傷をしてしまいました。 ですがそこで治療に当たってくれたスポーツ外科のお医者さんが 「心から安心できる説明と治療をしてくれた」ことに感銘を受けたそうです。 さらにその担当のお医者さんは福岡堅樹選手の「医者になりたい」という想いを汲んで、 自分の膝の手術の一部始終をモニターで説明付きで見せてくれたんだそうです!! すごいですよね・・・!!^^; そこまで 実体験で自分の怪我や医療に向き合う機会はなかなかありません。 これも 福岡堅樹選手の 本気の気持ちがあったからこそ実現したことなのでしょう。 そういった、 自分のバックグラウンドや担当してくれた医者との出会いがきっかけで、福岡堅樹選手は医者になる夢を追い続けているのでした。 さらに ラグビーを引退し医者を目指す福岡堅樹選手 引用:Twitter 福岡堅樹選手は 日本開催のラグビーワールドカップ2019、2020年東京五輪までラグビーを全力でやったのちに 引退し、 医者を目指して医学部進学のために集中するそうです。 引退してすぐに医学部に進学することは難しいかもしれませんが、福岡堅樹選手なら数年集中して勉強をすれば必ず医者になれる人材ですよね! 仮に30歳で医学部に進学すれば、スムーズにいって医学部卒業は36歳。 30代後半で念願のお医者さんになれるのではないでしょうか? さらに福岡堅樹選手は 自分自身が怪我に悩まされた当事者であるという、 他のお医者さんとは違う特別なお医者さんになれますよね。 絶対いいお医者さんに違いありません!.

次の

福岡堅樹【ラグビー】は医学部進学、引退を決めている?実家の影響も

福岡堅樹 引退

どこかの大学に進学することが既に決まっているのか、それとも来年入試を受けるのかも気になります。 現時点の報道を見る限り、そのあたりの情報を明確に書いてある記事は見つけられませんでした。 推測ですが、筑波大学の医学部に進学される可能性が大きいのかなとも思います。 なぜなら、福岡堅樹選手はもともと筑波大学出身で、その後パナソニックに進まれたからです。 福岡堅樹はなぜそこまで医学部にこだわる? もともと、福岡堅樹選手は東京五輪後の2020年に引退し、医師を目指すと公言されていました。 27歳の医学部。 また、2014年にはこんなツイッターもありました。 もしかしたら、幼い頃からお医者さんになるということは決めておられたのかもしれません。 ラグビーがあったから、ラグビーを優先してここまで来られた気がします。 福岡堅樹選手は歯医者じゃなくて、医学部に行かれてお医者さんなるのかな?? まとめ ラグビー福岡堅樹選手が、東京オリンピック出場を断念されました。 そして、今後医学部に進学されます。 もともと筑波大学に通われていたので筑波大学の医学部に進学されるのかもしれませんが、詳細は非公表です。 実家は歯医者さんで、福岡堅樹選手は医者になることを以前から意識されていました。 これからは、新たな道を進まれるんですね。

次の

福岡堅樹は医学部志望で実家も医者一家!20年に医師を目指し引退も宣言!

福岡堅樹 引退

人物 [ ]• 主なポジションは• 身長 175cm・体重 83kg• は38(2019年10月現在)• 愛称は けんき 経歴 [ ] 5歳時に玄海ジュニアラグビークラブに入りラグビーを始める。 中学時代は陸上部と兼用する。 時代の度・に出場。 その後、入学をめざし、現役及び一浪時に同学部のある大学を受験するも失敗。 一浪時の国公立大学二次試験の後期試験で受験したに合格し 、、同校に入学。 同校に入部した。 対戦が、(以下、対抗戦)の初の出場試合となったが、実に6トライを挙げる活躍を見せ 、その後も主力メンバーの一人として筑波大学の対抗戦初優勝に貢献。 さらに、続くでも、筑波大学初となる同大会準優勝に貢献した。 2月、ジュニア・ジャパンに選出 された後、同年4月、に選出された。 初のキャップ獲得試合はの戦。 そして、及びにそれぞれ行われた戦では、いずれもスタメン出場を果たし、15日の試合では対戦初勝利のメンバーとして名を連ねた。 、で2回目となる大会準優勝に貢献した。 また同年8月にはの日本代表に選ばれる。 、に加入し 、同年7月にはの7人制日本代表に選ばれた。 また、同年に行われたジャパンラグビートップリーグ第4節の戦にて先発出場で公式戦初出場を果たす。 さらに、同年11月にはの2017年スコッドに入った。 8月、の日本代表に選出された。 大会直前の負傷によりW杯本大会開幕戦のロシア戦は欠場したが、2戦目のアイルランド戦以降の4試合に出場して通算4トライを決め、大会後に大会公式ウェブサイトが選ぶ、大会を盛り上げた「別格だったマグニフィセント・セブン(豪華な7人)」に選出された なお、15人制ラグビーはを最後に引退し、東京オリンピックでのを最後にラグビーを退き、医師を目指すことを公言している。 テレビ [ ]• (BS朝日)「ワイルドな奴 31」• (2015年11月3日、テレビ朝日)• (2015年12月14日、テレビ朝日)• (2017年8月13日、TBS)• (2019年4月22日、日本テレビ)• (2019年6月18日、日本テレビ)• (2019年11月4日、日本テレビ) 受賞歴 [ ]• ベストフィフティーン• ベストフィフティーン CM出演 [ ]• プラスワン。 出典 [ ] []• - ラグビー日本代表公式サイト 2013年2月28日付• - ラグビー日本代表公式サイト 2013年4月8日付• - ラグビー日本代表公式サイト 2015年8月31日付• - パナソニック ワイルドナイツ公式サイト 2016年3月31日付• - 日本ラグビーフットボール協会公式サイト 2016年7月17日付• - ジャパンラグビートップリーグ公式サイト 2016年9月17日付• - サンウルブズ公式サイト2017年3月19日付• 日本ラグビーフットボール協会(2019年8月29日). 2019年9月8日閲覧。 - 日刊スポーツ 2018年9月27日付• twitter. 2018年7月9日閲覧。 関連項目 [ ]• - 福岡と同じく、東京オリンピックで引退し、医師を目指すことを公言している柔道家。 外部リンク [ ]• kenki11 -• kenki11 -•

次の