千と千尋の神隠し 歌 歌詞。 Blog. 「千と千尋の神隠し 徹底攻略ガイド 千尋と不思議の町」 久石譲インタビュー内容

『千と千尋の神隠し』の主題歌「いつも何度でも」は一通のファンレターから始まった|Extra便|TAP the POP

千と千尋の神隠し 歌 歌詞

中盤以降では日本語で合唱しているので、本当に多くのフランス人が日本語のままでこの歌を愛していてくれている。 何というか、国境を越え、言葉を越え、同じものを感じてくれていることがうれしい。 そして終わった後の聴衆の拍手もまたうれしいね。 千と千尋の神隠し【いつも何度でも】ロシアのチェルノブイリで生まれたナターシャの歌で初めてこの歌詞の深い意味を知った この千と千尋の神隠し主題歌【いつも何度でも】は結構世界中で愛されているようで、ロシアのチェルノブイリで被災したナターシャがそれは見事に歌っている。 日本語も本当に上手だ。 チェルノブイリ原発事故当時、彼女は6歳で原発から3. 5kmのところに住んでいた。 「事故が起こったのは夜中だったので、ほとんどの人たちが、そんなに大きい事故が起きたとは知りませんでした。 そのため、次の日は普通に生活していました。 子供たちが学校に行き、お母さんたちが小さな子供たちを連れて、一日中外で遊んでいました。 そして、一日中目に見えない放射能を浴びていました。 事故のことを知らされたのは、その次の日でした。 「大したことが起きていません。 」 「でも念のために避難してください。 」 「三日間だけ避難してください。 」 「三日後に必ず帰ってきますので、荷物を持たずに避難してください。 」 そう言われて、私たちはみんな荷物を持たずに街を出てしまいました。 でも、三日経っても、1か月経っても、そして20年経ってもその街には戻ることがありませんでした。 子供のころ、毎日遊んでいた美しい森も、たくさんの思い出がつまった家も、放射能のせいで、壊されて、土の中に埋められました。 今そこには何にも残っていません。 かつて、命が輝いていた街は死の街になってしまいました。 あの恐ろしい事故で、私たちが失ったのは故郷だけではありません。 とってもたくさんの人が亡くなっています。 私の友達も、何人も亡くなっています。 そして当時、私と同じように子供だった人たちが、もう大人になり、結婚したり、子供を産んだりしています。 そして新しく生まれてくる赤ちゃんたちの健康にも、異常があります。 人間は忘れることによって、同じ過ちを繰り返してしまいます。 悲劇を忘れないでください。 同じ過ちを繰り返さないでください。 そう願って私は歌を歌っています。 この歌もそんな気持ちでお届けしたいと思います。 とってもかわいらしい曲なんですが、とても意味の深い歌詞をもっている曲です。 「いつも何度でも」 演奏は5分30秒付近から.

次の

千と千尋の神隠しの主題歌「いつも何度でも」という曲の歌詞の意味を教...

千と千尋の神隠し 歌 歌詞

人物 [ ] 在学中にアメリカに留学し、でピアノを専攻。 (平成13年)映画『』の主題歌「」で一躍脚光を浴び、同年の『』に特別ゲスト(正式出場歌手としての出演もマスコミ報道で取り沙汰された)として出演し同曲を歌唱。 金賞(いつも何度でも)受賞。 第56回毎日映画コンクール音楽賞、主題歌賞受賞。 ディスコグラフィー [ ] シングル [ ]• ()映画『』主題歌• 水の三拍子()PS2用ゲームソフト『』主題歌 アルバム [ ]• 花の星(2002年7月17日)• 空も海も風も(2002年11月21日)• 流星(2003年11月21日)• 浜辺の歌(2004年5月26日)• 愛されていると(2004年12月8日)• 翼(2006年10月25日) その他 [ ]• 「」映画『』主題歌(2004年10月27日)作曲 出演 [ ]• (2001年12月28日、テレビ朝日)• (2005年5月22日・2007年5月26日・2009年11月3日、)• (2011年1月1日・2020年4月5日、) 外部リンク [ ]•

次の

千と千尋の神隠し「いつも何度でも」歌詞の意味と秘密。木村弓と覚和歌子の現在

千と千尋の神隠し 歌 歌詞

スタジオジブリ最大のヒット作となった『千と千尋の神隠し』のエンディングテーマ、木村弓の「いつも何度でも」はハイトーン・ヴォイスが特徴的な楽曲だ。 宮崎駿作品のファンだったという木村弓が『もののけ姫』に大きな感銘を受け、いてもたってもいられなくなって、宮崎監督に自らが歌ったCDを添えた手紙を出した。 それに対して宮崎から、「今企画中の作品があるが、まだどうなるかわからない。 実現するときには、声をかけるかもしれません」という旨の返事が届いたという。 その企画は『煙突描きのリン』というタイトルで、度重なる大地震で瓦礫の街と化した東京を舞台に、銭湯に居候することになった画家志望の少女、リンを主人公とするものだった。 ある日、「いつも心踊る夢を見ていたい」というフレーズが浮かんだ木村弓は、そのフレーズこそ、悲惨な状況でも負けずに夢に向かって進む少女にふさわしいと感じて、詩人の覚和歌子に歌詞を書いてもらうことにした。 そして生まれたのが「いつも何度でも」だった。 さっそく音源を宮崎に送ったが、残念ながら『煙突描きのリン』の企画が実現せずに流れてしまう。 しかし楽曲を気に入っていた宮崎は、次の作品の作業を進める際に「いつも何度でも」をよく聞いていたという。 その作品こそは『千と千尋の神隠し』だった。 『千と千尋の神隠し』にも風呂が重要な舞台として登場し、主人公の千尋にはリンと共通する芯の強さがあった。 『煙突描きのリン』の息吹が、残されていたのである。 宮崎監督はエンディングテーマとして、「いつも何度でも」を映画に採用することを決める。 その知らせが木村弓に届いたのは、すでに予告編が公開された後だったので、とても驚くと同時に不安にかられたという。 だが、実際に映画が公開されると大好評で社会的な大反響を巻き起こし、やがて日本映画史上最大の興行記録を打ち立てた。 「いつも何度でも」から始まった宮崎との縁は、次回作となる映画『ハウルの動く城』にまで続くことになった。 木村弓は詩人の谷川俊太郎とのコンビで、倍賞千恵子が歌った主題歌「世界の約束」を作曲したのである。 参考サイト:.

次の