鬼束 ちひろ 流星 群 歌詞。 鬼束ちひろ「流星群」の楽曲ページ|22012160|レコチョク

鬼束ちひろ 流星群 歌詞&動画視聴

鬼束 ちひろ 流星 群 歌詞

鬼束ちひろの現在! 引用元: 2000年から放送された 人気ドラマ「トリック」の主題歌 「月光」を歌った鬼束ちひろさん。 当時19歳だった彼女は デビュー間もなく人気絶頂期を迎えます。 歌の世界観、切ないけれど力強い 何とも言えない感動的な声で歌う とても大人っぽくて美しい人! という印象だったことを覚えています。 そんな鬼束ちひろさんは その後も曲をリリースし続けますが なかなか「月光」ほどの大ヒットには 恵まれなかったイメージですね・・・。 それよりも、歌以外のところで 経験や言動が話題になることの方が多く 世間を騒がせたこともありましたね。 その内容は後述するとして・・・ ところで、 その鬼束ちひろさんですが 現在はどうしているのでしょうか? 気になったので調べてみました。 鬼束ちひろさんは 現在もシンガーとして 音楽活動を続けています! 2018年8月にニューシングル「ヒナギク」を リリースした鬼塚ちひろさん。 この「ヒナギク」を聴いて そうそう、鬼塚ちひろさんてこんな感じが似合う! と思った方も多いのではないでしょうか。 ずっしり、しっとり、キラっと、深淵の赤 紺碧の空に浮かぶ真っ白な月のイメージが 健在ですね。 12月には東京と大阪でホールツアーが 行なわれることが決定しました! 元々固定ファンはいたのでしょうが 「ヒナギク」を聴いて 「月光」を思い出したファンも いるのではないでしょうか。 久しぶりに鬼塚ちひろさんの あの世界観を見てみたい! というファンもいるでしょうね。 楽しみなツアーですね! 「月光」でブレイクしてから 様々な報道で 悪いイメージが先行してしまった感はありますが、 ご結婚してから安定したのでは? という噂もあります。 とにもかくにも、才能のある方なので 現在も素敵な曲を提供してくれるのは 嬉しいことですよね~。 では、次はその 鬼塚ちひろさんの結婚相手を 調べてみましょう! 鬼束ちひろの結婚相手は? さて、 鬼塚ちひろさんの 結婚相手はどんな方なのか? とても気になりますね! そもそも、鬼束ちひろさんが 結婚していたなんて知らなかった! と思った方もいるのではないでしょうか。 鬼塚ちひろさんが結婚している事が分かったのは 鬼塚ちひろさんのインスタグラムからでした。 7月27日にアップした写真に 「大切な人からのプレゼントです」 という一文が添えられており 「だれだれ?」というファンの方の質問に 「夫です」続いて「あ、いっぱんじん!」 「けっこんして3年くらいです」 という形で結婚相手の詳細を明かしたそうです。 3年前にご結婚されていたのですね! 北海道出身の一般の方だそうで 画像がなかなか無いのですが、 出会いは突然だったようです。 ご結婚も成り行きと言っているそうで 鬼塚ちひろさんにとって旦那様は それ程、自然に事が運ぶ相手 という事なのでしょうね。 「過剰すぎる私のブレーキをかけてくれる」 とも発言しているので 鬼束ちひろさんにとって 安心できる旦那様なんでしょうね! 鬼塚ちひろさんの旦那様は 鬼塚姓を選択されたそうで 鬼塚ちひろさんの姓はそのまま変わらないそうです。 なんだか、本当に優しいというか 鬼塚ちひろさんを理解してくれる 心の広い方なんだろうなと思えますね。 「火の鳥」「流星群」は結婚相手の方を 思って作った曲だそうです。 どちらも好きですが 個人的には、「流星群」の方がより好きですね。 素の鬼束ちひろさんが思う事なのでは?と 思わせてくれます。 過去にはDV事件の報道などで かなり大変な時期を過ごした鬼塚ちひろさんですが ここで自然体でいられる相手に巡り合えて 良かったですね! 末永くお幸せに! 鬼束ちひろの病気の噂は本当? 鬼束ちひろさんと言えば 一時 ファッションやメイクが変わり ファンに心配されていました。 実は パニック障害を患っていたのでは? と話題になっていますね。 調べてみましょう! 2010年に同棲相手から暴力をふるわれ その交際相手は逮捕されました。 暴力を奮った交際相手にも 言い分があったようですが、 やはり、暴力はいけませんよね。 2011年にテレビでDV事件を語りますが その時の風貌が、目元のメイクがきつい パンクロック風だったので ファンの度肝を抜きます。 この辺りから だんだんと様子がおかしくなり 2012年のTwitter事件で 各所に迷惑をかけ いよいよ心身共に危ないのでは? と囁かれはじめます。 (こちらの件は後ほど・・・) 2013年には マツコ・デラックスさんと 矢部浩之さんがMCを務める 「アウトデラックス」に出演した際 その奇抜な衣装と言動が話題になりました。 引用元: が、2014年再び「アウトデラックス」に 出演した際には ナチュラルメイクに戻っていました。 引用元: マツコ・デラックスさんからも 「良い人出来たの?」と聞かれており 鬼束ちひろさんは濁していましたが ひょっとしたらこれが結婚相手の方との 出会いに近い時期なのかもしれませんね。 鬼束ちひろさんはデビュー当時から 注目されており 1年の間に3枚のアルバムを出し 全身全霊でライブをしたりと 心身共に疲弊してしまい 休業に至った過去があります。 DV事件や、奇抜なファッションや言動で 心配されていましたが 原因はパニック障害ということでした。 ステージに立つと客席に悪魔の幻覚を 見るようになったと発言しています。 暫くするとその幻覚は無くなったようですが それ以降 ステージに立つ不安があったと言います。 本当に幻覚だったのかは分かりませんが、 (悪魔がいるという事ではありません。 そのような恰好をした観客がいたのかもしれませんし) 不安や緊張というのは 精神状態を悪い方へと向かわせます。 まずは睡眠が大事なのは 皆さんもお分かりだと思いますが 鬼束ちひろさんは不眠症でもあったらしく 睡眠導入剤を服用していたそうです。 なかなか精神が安定せずに お酒と睡眠導入剤を一緒に飲んでしまうという 自殺未遂を犯してしまいます。 自力で歩ける事から 大事にはいたりませんでしたが 当時、鬼束ちひろさんは追い詰められていた 状態だったのではないでしょうか。 2014年から落ち着いて活動できるようになり 昨年はツアーも成功させています。 この時に結婚相手と巡り合っているようですね。 パニック障害は寛かいし 大事な伴侶とも出会い 落ち着いた毎日を送り 芸能活動も順調に活躍できるようになってきて 本当に良かったですね! 鬼束ちひろと和田アキ子の関係とは? 引用元: 遡りまして、先ほどのTwitter騒動の件について 少し振り返りたいと思います。 2012年6月に鬼束ちひろさんは 精神不安定であろう時にTwitterを開始し 正午ごろから意味不明なツイートをしますが その中に 「あ~和田アキ子殺してえ」 「なんとか紳助もころしてえ」 と仰天ツイートをしてしまいます。 翌日、 事務所から 鬼束ちひろさんの謝罪文が掲載され 本人が呟いていた事が確実となりました。 和田アキ子さんは自身のラジオ番組 「ゴッドアフタヌーン いいかげんに1000回」にて このようにコメントしていました。 「『殺してえ』なんて呟かれちゃってね。 芸能界にいない紳助まで」 「変わった人だよね。 とにかく変わった人だから放っておこうね。 ラジオで言ったからもうおしまい。 」 和田アキ子さんの反撃というよりは 事情を察しての最善の方法かもと 思えますね。 これで本気で反撃したら 和田アキ子さんまで叩かれていたかもしれませんね。 ニコニコ生放送でも 自主規制がかかるほどの 奔放な動きを見せたという話もあり この時期の鬼束ちひろさんは 色々と表に出す時期に差し掛かっていたのかな? と思えますね。 きっと誰にでもある事なのでしょうが どこまでネット上やテレビ ラジオなどで発信するか 未だはっきりとした線引きは無く 視聴者の反応を見ながら 試行錯誤しているところだとは思います。 鬼束ちひろさんの奇行が取り沙汰された この時期は、ネットで実験的に行った事が 叩かれたというよりは 何故か盛り上がったようです。。。 報道されると前後の繋がりがなく 「奇行」と言われていまうのかしら。 確かに行き過ぎていたかもしれませんが! 全然関係ない事ですが お年頃の家の子どもが 「草生える」などネット用語を 普通に使うようになりました… この「草生える」笑いを表す 「www」の始祖といわれているのが 鬼束ちひろさんだとか。 びっくりしました。 子どもの口癖と 鬼束ちひろさんが結びつくとは 思ってもいませんでしたwww。 Sponsored Link スポンサードリンク 鬼束ちひろ・まとめ 2018年8月に「ヒナギク」を発売し 12月には東京と大阪でツアーを控えている 鬼束ちひろさん。 「月光」を久しぶりに聴いて ライブにも行ってみたくなりました! これからの音楽活動 詩と音の世界観が楽しみですね! 結婚相手との生活も大事にして 幸せになって欲しいものです! 最後までお付き合い頂きましてありがとうございました! Sponsored Link スポンサードリンク.

次の

鬼束ちひろの『流星群』の歌詞ってどんな意味?

鬼束 ちひろ 流星 群 歌詞

鬼束ちひろの現在! 引用元: 2000年から放送された 人気ドラマ「トリック」の主題歌 「月光」を歌った鬼束ちひろさん。 当時19歳だった彼女は デビュー間もなく人気絶頂期を迎えます。 歌の世界観、切ないけれど力強い 何とも言えない感動的な声で歌う とても大人っぽくて美しい人! という印象だったことを覚えています。 そんな鬼束ちひろさんは その後も曲をリリースし続けますが なかなか「月光」ほどの大ヒットには 恵まれなかったイメージですね・・・。 それよりも、歌以外のところで 経験や言動が話題になることの方が多く 世間を騒がせたこともありましたね。 その内容は後述するとして・・・ ところで、 その鬼束ちひろさんですが 現在はどうしているのでしょうか? 気になったので調べてみました。 鬼束ちひろさんは 現在もシンガーとして 音楽活動を続けています! 2018年8月にニューシングル「ヒナギク」を リリースした鬼塚ちひろさん。 この「ヒナギク」を聴いて そうそう、鬼塚ちひろさんてこんな感じが似合う! と思った方も多いのではないでしょうか。 ずっしり、しっとり、キラっと、深淵の赤 紺碧の空に浮かぶ真っ白な月のイメージが 健在ですね。 12月には東京と大阪でホールツアーが 行なわれることが決定しました! 元々固定ファンはいたのでしょうが 「ヒナギク」を聴いて 「月光」を思い出したファンも いるのではないでしょうか。 久しぶりに鬼塚ちひろさんの あの世界観を見てみたい! というファンもいるでしょうね。 楽しみなツアーですね! 「月光」でブレイクしてから 様々な報道で 悪いイメージが先行してしまった感はありますが、 ご結婚してから安定したのでは? という噂もあります。 とにもかくにも、才能のある方なので 現在も素敵な曲を提供してくれるのは 嬉しいことですよね~。 では、次はその 鬼塚ちひろさんの結婚相手を 調べてみましょう! 鬼束ちひろの結婚相手は? さて、 鬼塚ちひろさんの 結婚相手はどんな方なのか? とても気になりますね! そもそも、鬼束ちひろさんが 結婚していたなんて知らなかった! と思った方もいるのではないでしょうか。 鬼塚ちひろさんが結婚している事が分かったのは 鬼塚ちひろさんのインスタグラムからでした。 7月27日にアップした写真に 「大切な人からのプレゼントです」 という一文が添えられており 「だれだれ?」というファンの方の質問に 「夫です」続いて「あ、いっぱんじん!」 「けっこんして3年くらいです」 という形で結婚相手の詳細を明かしたそうです。 3年前にご結婚されていたのですね! 北海道出身の一般の方だそうで 画像がなかなか無いのですが、 出会いは突然だったようです。 ご結婚も成り行きと言っているそうで 鬼塚ちひろさんにとって旦那様は それ程、自然に事が運ぶ相手 という事なのでしょうね。 「過剰すぎる私のブレーキをかけてくれる」 とも発言しているので 鬼束ちひろさんにとって 安心できる旦那様なんでしょうね! 鬼塚ちひろさんの旦那様は 鬼塚姓を選択されたそうで 鬼塚ちひろさんの姓はそのまま変わらないそうです。 なんだか、本当に優しいというか 鬼塚ちひろさんを理解してくれる 心の広い方なんだろうなと思えますね。 「火の鳥」「流星群」は結婚相手の方を 思って作った曲だそうです。 どちらも好きですが 個人的には、「流星群」の方がより好きですね。 素の鬼束ちひろさんが思う事なのでは?と 思わせてくれます。 過去にはDV事件の報道などで かなり大変な時期を過ごした鬼塚ちひろさんですが ここで自然体でいられる相手に巡り合えて 良かったですね! 末永くお幸せに! 鬼束ちひろの病気の噂は本当? 鬼束ちひろさんと言えば 一時 ファッションやメイクが変わり ファンに心配されていました。 実は パニック障害を患っていたのでは? と話題になっていますね。 調べてみましょう! 2010年に同棲相手から暴力をふるわれ その交際相手は逮捕されました。 暴力を奮った交際相手にも 言い分があったようですが、 やはり、暴力はいけませんよね。 2011年にテレビでDV事件を語りますが その時の風貌が、目元のメイクがきつい パンクロック風だったので ファンの度肝を抜きます。 この辺りから だんだんと様子がおかしくなり 2012年のTwitter事件で 各所に迷惑をかけ いよいよ心身共に危ないのでは? と囁かれはじめます。 (こちらの件は後ほど・・・) 2013年には マツコ・デラックスさんと 矢部浩之さんがMCを務める 「アウトデラックス」に出演した際 その奇抜な衣装と言動が話題になりました。 引用元: が、2014年再び「アウトデラックス」に 出演した際には ナチュラルメイクに戻っていました。 引用元: マツコ・デラックスさんからも 「良い人出来たの?」と聞かれており 鬼束ちひろさんは濁していましたが ひょっとしたらこれが結婚相手の方との 出会いに近い時期なのかもしれませんね。 鬼束ちひろさんはデビュー当時から 注目されており 1年の間に3枚のアルバムを出し 全身全霊でライブをしたりと 心身共に疲弊してしまい 休業に至った過去があります。 DV事件や、奇抜なファッションや言動で 心配されていましたが 原因はパニック障害ということでした。 ステージに立つと客席に悪魔の幻覚を 見るようになったと発言しています。 暫くするとその幻覚は無くなったようですが それ以降 ステージに立つ不安があったと言います。 本当に幻覚だったのかは分かりませんが、 (悪魔がいるという事ではありません。 そのような恰好をした観客がいたのかもしれませんし) 不安や緊張というのは 精神状態を悪い方へと向かわせます。 まずは睡眠が大事なのは 皆さんもお分かりだと思いますが 鬼束ちひろさんは不眠症でもあったらしく 睡眠導入剤を服用していたそうです。 なかなか精神が安定せずに お酒と睡眠導入剤を一緒に飲んでしまうという 自殺未遂を犯してしまいます。 自力で歩ける事から 大事にはいたりませんでしたが 当時、鬼束ちひろさんは追い詰められていた 状態だったのではないでしょうか。 2014年から落ち着いて活動できるようになり 昨年はツアーも成功させています。 この時に結婚相手と巡り合っているようですね。 パニック障害は寛かいし 大事な伴侶とも出会い 落ち着いた毎日を送り 芸能活動も順調に活躍できるようになってきて 本当に良かったですね! 鬼束ちひろと和田アキ子の関係とは? 引用元: 遡りまして、先ほどのTwitter騒動の件について 少し振り返りたいと思います。 2012年6月に鬼束ちひろさんは 精神不安定であろう時にTwitterを開始し 正午ごろから意味不明なツイートをしますが その中に 「あ~和田アキ子殺してえ」 「なんとか紳助もころしてえ」 と仰天ツイートをしてしまいます。 翌日、 事務所から 鬼束ちひろさんの謝罪文が掲載され 本人が呟いていた事が確実となりました。 和田アキ子さんは自身のラジオ番組 「ゴッドアフタヌーン いいかげんに1000回」にて このようにコメントしていました。 「『殺してえ』なんて呟かれちゃってね。 芸能界にいない紳助まで」 「変わった人だよね。 とにかく変わった人だから放っておこうね。 ラジオで言ったからもうおしまい。 」 和田アキ子さんの反撃というよりは 事情を察しての最善の方法かもと 思えますね。 これで本気で反撃したら 和田アキ子さんまで叩かれていたかもしれませんね。 ニコニコ生放送でも 自主規制がかかるほどの 奔放な動きを見せたという話もあり この時期の鬼束ちひろさんは 色々と表に出す時期に差し掛かっていたのかな? と思えますね。 きっと誰にでもある事なのでしょうが どこまでネット上やテレビ ラジオなどで発信するか 未だはっきりとした線引きは無く 視聴者の反応を見ながら 試行錯誤しているところだとは思います。 鬼束ちひろさんの奇行が取り沙汰された この時期は、ネットで実験的に行った事が 叩かれたというよりは 何故か盛り上がったようです。。。 報道されると前後の繋がりがなく 「奇行」と言われていまうのかしら。 確かに行き過ぎていたかもしれませんが! 全然関係ない事ですが お年頃の家の子どもが 「草生える」などネット用語を 普通に使うようになりました… この「草生える」笑いを表す 「www」の始祖といわれているのが 鬼束ちひろさんだとか。 びっくりしました。 子どもの口癖と 鬼束ちひろさんが結びつくとは 思ってもいませんでしたwww。 Sponsored Link スポンサードリンク 鬼束ちひろ・まとめ 2018年8月に「ヒナギク」を発売し 12月には東京と大阪でツアーを控えている 鬼束ちひろさん。 「月光」を久しぶりに聴いて ライブにも行ってみたくなりました! これからの音楽活動 詩と音の世界観が楽しみですね! 結婚相手との生活も大事にして 幸せになって欲しいものです! 最後までお付き合い頂きましてありがとうございました! Sponsored Link スポンサードリンク.

次の

鬼束ちひろ 流星群 歌詞&動画視聴

鬼束 ちひろ 流星 群 歌詞

鬼束ちひろさんと言えば、 その独特で 退廃的ながらも、どこか暖かさに溢れる歌詞が 非常に印象的なシンガーソングライターの1人ですよね。 そんな彼女の楽曲の中でも、ファンから根強い人気を誇るのが、 テレビ朝日系ドラマ 『トリック2』の主題歌としても注目を集めた 『流星群』という楽曲。 鬼束さんがこの 『流星群』の歌詞に込めた意味とは何なのでしょうか? 『(微熱っぽい)体温』というテーマ 鬼束さんはこの曲のテーマをずばり、 『(微熱っぽい)体温』というふうに語っています。 自分の醜さを認めながらも人との繋がりを無視しては生きていけないという歌詞で、楽曲のテーマは「(微熱っぽい)体温」。 (Wikipediaより) wikiでそう語られているとおり、 この流星群という曲も、 独特の鬼束節に溢れています。 精神的な病気を周囲から心配されることもしばしばで、 また、雑誌やテレビのインタビューなどでも、 情緒不安定さを感じてしまうような言動が目立つ鬼束さん。 そんな彼女の 『病んでる』とさえファンから言われてしまう、 繊細で、 あまりにも人間的な魅力が楽曲からは滲み出てくるのです。 Sponsored Link 『流星群』という楽曲の歌詞 愛する人への想いと、 同時に沸き上がってくる無力感。 それらに板挟みにされ、 苛まれながらも、渇望せずにはいられない『私』 を見事に描写した歌詞に仕上がっています。 自分の醜さを認めながらも 人との繋がりを無視しては生きていけない。 この、あまりに脆く繊細な人間性が 鬼束ちひろというアーティストの持ち味なのですね。 『流星群』に込められた意味とは? この『流星群』という曲は、 彼女がその一作前にリリースした 『infection』とリンクしているそうです。 鬼束さんいわく、 「出るべくして出た曲」ということで、 前作『infection』の歌詞で歌われていた、 『爆破して飛び散った心の破片』。 それが、 『星になって降って来る』というのが 名曲、 『流星群』という歌詞の核心部分になっているようです。 繊細で不安定、あまりにも人間的な鬼束さんのその純粋すぎる心は さいごには、爆破して飛び散ることしか出来なかった。 そしてそれが 幻想的な流星群となって、美しく降り注いでいる。 ・・・なんというか、 綺麗だとしかいいようのない表現ですね。 そこにあるのは、 物悲しくも、はっきりと生きている『体温』そのもの。 代表曲である『月光』といい、鬼束さんのソングライディングには、 ただもう、息を飲まされるしかないようです。。。

次の