この 音 とまれ 25 話 感想。 『この音とまれ!』#25「天泣」の先行カット公開!

この音とまれ! 最新 92話 ネタバレ 感想 気になる妃呂副部長

この 音 とまれ 25 話 感想

この音とまれ! 86話 ネタバレ 通孝の家に晶先生の兄、慧士がやってくる。 晶に頼まれて通孝のマンツーマンレッスンすることに 晶とは異なる慧士の指導にめからうろこの通孝。 翌日学校で話を聞いた光太たちは興奮 部室では皆で合わせた録音を初めて聴く。 全然ダメなことが判明し、お互いに改善点を話し合う。 滝浪先生にソロパートのアドバイスを求めるが、先生は自分で考えた演奏が聴きたいという 学校では箏曲部への取材の話が舞い込んでいた。 この音とまれ! 最新 87話 ネタバレ 感想 時瀬高校箏曲部テレビ出演へ 邦楽デイズの記者塚地の元に妹でテレビのディレクターをしている美弥子から電話が入る 時瀬高校のドキュメンタリー取材の話を聞き塚地は興奮 アメトリコさん あけましておめでとうございます。 今年も宜しくお願い致します。 いよいよ佳境に入ってきたと言う感じですかね? でもテレビに出ることでかつての不良や悪い奴らに絡まれませんように! 百谷くんのお父さんは、単身赴任とかですかね? 一緒には住んでないみたいですが。 彼のクールな性格もここらへんから来てるんですかね? ところでアニメってあれで終わっちゃったんですか? 「ちはやふる」もなんだか中途半端な所で終わってしまったようですが、続きはいつかご存知ですか? 「この音とまれ」は実写化しないんですかね? 舞台化はされたみたいですが。 「ちはやふる」の主要メンバーの役者さんが「この音とまれ」やらないかな〜なんてちょっと希望です。 広瀬すずさんがさとわ役で、新真剣祐さんが武蔵、野村周平さんが愛役で松岡優さんがヒロ役だとイメージ湧くんですけどね。 映画化されないかなあ。。。。。

次の

この音とまれ! 最新 92話 ネタバレ 感想 気になる妃呂副部長

この 音 とまれ 25 話 感想

上記のサービスには全て無料期間があり、無料期間中にポイントが貰えます。 そのポイントでこの音とまれ! を無料で読むことが可能です。 たとえばU-NEXTであれば、無料登録時に600ポイントをもらうことができます。 U-NEXTではこの音とまれ! 1冊読むのに、457ポイントが必要です。 U-NEXTの600ポイントで読めるのは11冊 10冊無料 までですね! FODプレミアムはやや特殊で無料登録時に100ポイント、8のつく日(8・18・28)にログインして各400ポイント(合計1200ポイント)を受け取ります。 FODプレミアムの無料期間中に受け取れる1300ポイントで読めるのはこの音とまれ! 13 10冊無料 冊です。 無料で読める冊数が一番多いのはFODプレミアムですね! 各サービスの無料で読める「この音とまれ! 」の冊数は以下の通りです。 放送スケジュール• TOKYO MX:2019年10月5日(土)より毎週土曜日25:00~• BS11:2019年10月5日(土)より毎週土曜日25:00~• とちぎテレビ:2019年10月9日(水)より毎週水曜日23:00~• WOWOW:2019年10月9日(水)より毎週水曜日24:00~• 北海道テレビ:2019年10月14日(月)より毎週月曜日25:20~• FOD:2019年10月5日(土)より毎週土曜日25:00〜 あらすじ 廃部寸前の時瀬高校箏曲部。 一人になってしまった部長のもとを訪れたのは不良少年とその友達、そして箏の天才少女だった。 』公式サイト 【各話】TVアニメ「この音とまれ! 」のネタバレ解説・感想 第1話 第14話 【一歩前へ】 2019年10月5日土曜放送分 序盤こそ崩れながらも、邦楽祭で心揺さぶる演奏をした時瀬高校箏曲部。 愛は救護室からの帰り、姫坂女学院のかずさに呼びとめられる。 さとわに憧れ、追い続けてきたかずさは、今のさとわの音について思いの丈をぶつけてくる。 さらに全ての学校の演奏が終わり各校の部員たちが揃う中、澪という不思議な生徒が愛に声をかけてきて。 緊張が高まる中、ついに結果発表!! 晶は幼少期の頃、晶の兄の慧士は箏の天才で、様々なコンクールで1位を取っていた。 そんな兄に憧れ、晶も箏に励むも、なかなか結果が出ない。 しかし兄の励ましもあり、着実に結果を伸ばしていく晶。 そんな時、晶の両親が事故で亡くなる。 慧士は晶のために箏をやめ、働くことにする。 晶の祖母は椿会の後継として晶に厳しく当たるのだった。 2年間の厳しい練習を重ねた晶は、さとわが出るコンクールで1位を取るように祖母に言われる。 晶は見事な演奏を見せ注目される中、さとわが出場。 さとわは違う曲を演奏し、失格になるも、その演奏は素晴らしく、1位になった晶はさとわに負けたと悔しがる。 そして現在。 さとわは晶に指導をお願いするも、晶はさとわのせいで惨めな思いをしたと思っていた。 あの時のさとわの真実を知った晶は一瞬改心しそうになったけど、やっぱり闇は深かったか。 全部あのババアのせいだ。 この後、箏曲部に触れていく中で晶が幸せをつかむ事を期待したい。 第7話 第20話 【もう一度】 2019年11月16日土曜放送分 心の闇から抜けだせず、箏曲部の指導を辞めると滝浪に告げた晶。 そんな晶だが、部員たちの変化とその理由に衝撃を受ける。 さらに愛たちの足を引っ張っていると焦るサネを見て、天才ではない自分の姿を重ねてしまいどうするべきか迷う晶。 しかし、サネと愛たちは……。 滝浪は合奏が上手くいかない皆のため、晶とさとわに手本を見せて欲しいと提案する。 晶が改心した様子だね。 笑ったらかなり可愛くなりそうな子だし、もっと笑顔を見せて欲しい。 しかし晶がラスボスかと思ったら、ババアが厄介そうだな。 まぁ晶の方が偉そうだし、晶を仲間にしちゃえば勝てちゃうんじゃないかな。 第8話 第21話 【意味と役割】 2019年11月23日土曜放送分 晶の指導のもと、少しずつ手応えを感じ始めている部員たち。 だが愛は滝浪に言われた『自分の音の意味と役割』が見つからず、焦りをつのらせ無茶をして練習にのめり込む。 それに気付いて止めようとする武蔵と、お互いを思うが故にぶつかる愛。 一方、『鳳月会』では堂島が、不穏な動きを見せていた。 さとわ不在の鳳月会で一体何が……!? 晶が完全に箏曲部の味方になったな。 ババアは最後までうざいやつだったけど、さとわママも偉い。 さとわを破門したけど、さすがに母親だな。 第9話 第22話 【決戦の朝】 2019年11月30日土曜放送分 大会当日の朝。 愛、武蔵、姫坂のかずさや珀音の澪も、それぞれ家族や仲間と過ごし、譲れない想いを抱いて会場へと向かう。 待ち合わせ場所に集った時瀬箏曲部の皆に、さとわはある物を渡す。 受け取った愛は思わず胸が一杯に。 会場に到着し、顔を合わせるライバルたち。 誰しも本気だが、この中で全国へ行けるのはたった一校のみ……。 積み重ねた音の数だけ負けられない理由がある。 いざ、神奈川県予選大会、開幕!! 第10話 第23話 【王者の覚悟】 2019年12月7日土曜放送分 10年連続全国大会出場の記録をもつ超名門、姫坂女学院箏曲部。 負けるはずがない、勝って当たり前、なのになぜ邦楽祭では負けたのか…… かずさたち部員は話し合いの末、全国予選のメンバーをオーディションで決めることに。 以前の大会で珀音(はくと)高校に負けた姫坂女学院のかずさたちは、珀音に負けた理由について話し合う。 全国の大会の曲はかなり難しい曲と決まり、実力のある者だけを選抜して出場する方式に変更することに。 選抜されるためにかずさはほずみ先輩と一緒に居残り練習をするも、ほずみ先輩は予選メンバーには選ばれなかった。 そして現在、姫坂女学院の演奏がスタート。 迫力のある演奏に、愛たちだけでなく、審査員の一部も呆然とする。 そして大歓声に包まれながら演奏は終了。 滝浪がロビーでコーヒーを買っていると、珀音高校の顧問である山本が話しかける。 滝浪は、あれほどの演奏を教え込むのは凄いと、山本先生を褒める。 愛たちは出番が近づいてきたため、調弦室へと移動。 そして次は珀音高校の演奏。 山本は、今日が最後の日と告げる。 どの高校もまるで主人公のようにそれぞれに負けられない理由が描かれていて、どこを応援したらいいのか分からなくなってしまう。 まあもちろん時瀬に勝ってほしいけどね。 晶も馴染めてるみたいだしよかった。 第11話 第24話 【正解のその先】 2019年12月14日土曜放送分 邦楽祭では明陵と並ぶ最優秀賞に選ばれた澪たち珀音高校。 その曲を生み出したのは珀音の顧問、山本であった。 ひょんなことから箏曲の世界にのめり込んだ山本と、類まれな才能を持ちながら自分の音はつまらないと嫌い絶望すら感じている澪。 二人の出会いと交わした約束。 声と心を一つにして順番を待つ時瀬箏曲部の前で、ついに珀音高校の演奏が始まる。 珀音高校の数学教師の山本は、箏のことは全く知らずに箏曲部の顧問に任命された。 箏曲の楽譜に数学を感じ取り、山本は自分で作曲をすることに。 しかし山本の作る曲は古典で、現代曲を好む部員には却下されてばかり。 そこに澪が山本の作った曲をなんとなく弾いてみると、その音に感激する山本に対し、、澪は自分の音はつまらないと言う。 澪には「音が視える」という才能があり、正解がわかってしまい音がつまらなくなるとのこと。 山本はそんな澪が弾ける曲を自分が作ると言う。 しかし山本は実家の旅館を継ぐために教師をやめるため、今回が最後の演奏。 そしてついに珀音の演奏が開始。 最初はやはり古典ぽくて地味な印象を与えてしまうが、演奏の途中で澪が覚醒。 宇宙が拡がり、澪も笑いが止まらなくなる。 山本の曲はまさに澪のために作られた曲で、澪が正解を越えた音を弾くことができるため曲だった。 ステージに上がる時瀬高校の筝曲部。 会場の出入り口からさとわの母・千春が入ってくるのを見たさとわ。 箏との向き合い方が分からなくなっていたさとわだが、今では部員のみんなが居ると演奏を始める。 その音は千春にも届く。 曲の始まりのさとわの独奏に驚いた塚地と朝比奈は、他の部員が合わせられるはずが無いと感じる。 しかしさとわの独奏に添うように愛とサネが入り、その音にみんなの心が動かされる。 朝比奈は、時瀬の演奏の一音の丁寧さに気付く。 ラストまで会場を巻き込んだ演奏を行った時瀬に圧倒された観客は拍手が送れずにいたが、部員たちはそのことを不安に感じる。 しかし、時瀬の退場後、会場に拍手が響く。 その後、さとわは母を探し始める。 なかなか見つからない千春だったが、さとわの背後から、千春がさとわを呼ぶ。 しかしすぐに振り返ることができないでいたさとわだった。 今期で愛の話までやってくれるとすごく嬉しいんだけど、それは無理かもしれないなあ。 やっぱりアニメで曲の表現をする時は、わかりやすくていいね。 第13話 第26話 (最終回)【スタートライン】 2019年12月28日土曜放送分 『天泣』の演奏後、ついに向き合った、さとわと母親の千春。 まれにみるハイレベルな戦いになった神奈川県予選大会。 方向性は違えど、互いに全てを注いで演奏した、姫坂、珀音、時瀬。 素晴らしい演奏により、審査員の間でも意見が割れ、審査は大いに難攻する。 ついに結果発表の時……全国への切符を手にしたのは!? 喜びと痛みとともに、それぞれの新たなスタート。 母に名前を呼ばれたさとわ。 中学の時の全国筝曲コンクールがきっかけで、母に破門されたさとわ。 しかし、今回演奏でさとわが表現したのは母に笑顔になってもらいたいと言う気持ちであり、千春にもそのことは伝わっており、母はさとわに謝罪するのだった。 母に気持ちが伝えることができたさとわは、その場で泣き始める。 その後、結果発表。 時瀬・珀音・姫坂の高レベルかつ方向性の違う演奏に、審査員の票は割れる。 朝比奈は純粋に感動した時瀬高校を、緑川は古典を意識した演奏をした珀音を、和田は技術力と揃える力を評価して姫坂女学院を推す。 最後に松永は、素人にまで通じる演奏をした時瀬を評価し、時瀬が第32回全国日本音楽予選大会第一位に選ばれる。 その結果に時瀬のメンバーは大喜び。 会場からも拍手が送られる。 負けた珀音・姫坂のメンバーは悔しがりつつも、時瀬にエールを送るのだった。

次の

2019年秋アニメ「この音とまれ」【26話】感想 Tweetをまとめました(順不同です)

この 音 とまれ 25 話 感想

気持ちだけが前にいってしまってるね… しかし、大事なことをいくつも掴んだことで、早く練習したかったと告げるチカ。 楽器屋のおばあさんに言われた 音はもう一つの言葉、チカのおじいさんから言われた 音は心を響かせるもの。 チカは最近、技術的なことや、曲想のことばかりを考えており、琴に対する根の部分を忘れていたと話します。 チカのその言葉には、全員が共感をしめしました。 チカはこういう大事なことは、忘れたり、思い出したりするのではなく、当たり前のように、自分の中に持っておきたいと考えています。 バカな行動とは裏腹に、チカのこういった部分に、心底感心するたけぞう。 部員達が思い猛っている中、副部長のヒロは一人悩みこんでいました。 部は非常にいい雰囲気で、部員達も前向きと、非常に良い状態になっています。 そんな状況のなか、 ヒロはチカとさとわの関係が気になって仕方ない様子です。 さとわのチカに対する感情を、以前の自分がたけぞうに対する感情とダブらせているヒロ。 しかしさとわもチカも、人の感情に無頓着で鈍感なことを、かなり心配していました。 さとわは、自分のチカに対する感情や思いを露わにすることを、部にとって迷惑だと感じています。 それを察するヒロは、そういった感情を、部にとって迷惑なものだと思っていてほしくないと考えていました。 朝練終了後、チカのことで話があると、二人になるさとわとヒロ。 チカに対する感情を罪悪感と感じているさとわは、心臓がドクンドクン唸らせています。 そしてヒロがチカのことで話そうとすると、さとわはいきなりヒロに謝り、今後一切迷惑はかけないと言い出しました。 いきなり謝罪をしてくるさとわにヒロは告げました。 「大事にしていいと思うんだ!」 ヒロは過去に自分も同じように、自己嫌悪に陥ったときのことを話します。 しかし顧問の滝浪先生にその感情がばれ、それとき言われた言葉を、そのままさとわにも送りました。 「どうせなら それ、パワーにでもしてみせろ」 滝浪先生は、人にとって当たり前である感情、思いを、罪悪感や周りに迷惑かけるものととらえず、自分自身の向上心につなげるよう考えています。 自分のチカに対する感情を、失くそうとか、あってはいけないものだと感じていたさとわ。 ヒロの言葉に心から感謝し、涙してしまいます。 全国大会まであと一カ月半、互いと支え合い、助け合う筝曲部ですが…。 まとめ ヒロの言葉によって、チカに対する感情を大事にしていいものだと感じたさとわ。 琴では一つ年下のさとわより下回るヒロですが、先輩としての人間経験は年上だなと感じられる回でした。 全国大会に向け、技術面以外の部分にも磨きがかかっていきますが…。

次の