チュパカブラ アルマジロ。 UMA“チュパカブラ”の正体とは?

獲物の血液を吸い尽くす! 吸血怪獣チュパカブラの基礎知識/ムーペディア|ムーPLUS

チュパカブラ アルマジロ

「チュパカブラ」はUMA(未確認生物)の一種で主に南アメリカで目撃される吸血生物です。 「チュパカブラス」と呼ばれることもあります。 チュパという言葉には「吸う」という意味があり、カブラには「ヤギ」という意味があります。 チュパカブラは主に家畜を殺し血を吸うことで知られていますが、人間が襲われたという報告もあり、1995年に初めてその姿を目撃されてからはプエルトリコ、メキシコ、アルゼンチン、チリ、アメリカなどで目撃されてきました。 チュパカブラが原因といわれる事件がこれまで1000件以上報告されています。 今回は未確認生物UMAの中でも人気の高い「チュパカブラ」についてご紹介します。 合わせて読みたい関連記事 ・ ・ ・ 目次• チュパカブラとは チュパカブラの特徴 チュパカブラは目撃される時期、場所によって多少の違いはあるものの共通する特徴がいくつかあります。 チュパカブラは大きな赤い目をしており、背中にはトゲがあります。 体長は小柄で1mから大きくても1. 8m程だといわれています。 異常なジャンプ力を持っており、5m近くジャンプしたという報告もありました。 また、場所によっては翼が生えており空を飛んだという話もあります。 チュパカブラはヤギを初め家畜や人間を襲い鋭い牙で血を吸うそうです。 1990年代の目撃情報では二足歩行をしていたという情報がほとんどでしたが、2000年以降はほとんど四足歩行の目撃報告に変化しています。 チュパカブラの目撃報告は日本ではほとんどありません。 日本のUMA妖怪については関連記事にまとめています。 合わせて読みたい関連記事 チュパカブラの正体 チュパカブラは多くの写真や動画で撮影されていますが、その多くは偽物とされています。 ここでは目撃情報などから考えられるチュパカブラの正体について有名なものをご紹介していきます。 特にコヨーテやオオカミは皮膚病を発症した際、全身の毛が抜け落ちシワのある皮膚が露わになるため、突然暗闇に現れるとまるで怪物のように見えることがわかっています。 enigme. black また二足歩行するチュパカブラに関しても現地に生息するアカゲザルを見間違えたものではないかといわれています。 チュパカブラはこれまでに数度捕獲されたといわれていますが、アメリカ軍の調査隊が回収にきたという話もあり、遺伝子組み換えによって生まれた軍の生物兵器なのではないかという話もあります。 gakkenmu. jp 1988年にアメリカ軍施設の近くでミイラ化したチュパカブラのような生物が発見されました。 また、目撃情報の多いプエルトリコではアメリカ軍が薬物実験をしていた事実があり、その影響を受けて突然変異した野生動物の可能性もあるといわれています。 生物兵器というといかにもオカルトな話になってしまいますが、そのような説が出るほどチュパカブラは奇妙な特徴を持っているのです。 今は動物園でも観られる昔はUMAだった生物たちについては関連記事にまとめています。 チュパカブラの特徴は宇宙人のグレイに似通ったところがあるといわれておりそこからこの説が浮上しました。 チュパカブラが目撃される地域ではUFOの目撃例も多いことも一因です。 しかし、チュパカブラは家畜を襲い動物の血をすするといういかにも原始的な生物の印象を受けます。 このことからUFOを作ることができる超文明を持った宇宙人とは考えにくいのではないかといわれています。 事実チュパカブラはUMAの代表格として語られます。 sima-niger. net これほどインパクトがある生物がこれまで未確認でいたことは疑問ですが、特殊な見かけから新種の生物という見方も強いです。 過激なものだとパラレルワールド(異世界)から来たとする研究者もいます。 このことからカルト集団やいたずら目的、家畜の保険金狙いの人間によって動物が殺されたのではないかとする説です。 tw4. jp このような説が出るほどチュパカブラの特徴は自然界の動物からは逸脱しているのです。 人間が引き起こした謎の事件について関連記事にまとめています。 蛆などの死体を食べる虫が大量発生した場合、その死体は血が抜けたような状態になります。 13shoejiu-the. blog. jp 野生動物に襲われ死んだ家畜が蛆などにより血がなくなった状態を見てチュパカブラを創造したとする説です。 いかがでしたか?現在ではチュパカブラは皮膚病の動物とされることが多いようです。 しかし、初期では二足歩行のチュパカブラが目撃されており、あのインパクトのある姿を猿と見間違えたとするのは不自然かと思います。 また、翼が生えていたという目撃情報には説明が付きません。 彼らが見たチュパカブラとは一体なんだったのでしょうか? 出典:,画像:.

次の

a.bbi.com.tw、リクエスト...

チュパカブラ アルマジロ

目次👻• 「チュパカブラ」ってどんな生き物? チュパカブラは、 アメリカ大陸に生息すると言われる未確認生物(=UMA)です。 1995年にプエルトリコで目撃され、日本でもそのニュースが一部報道されました。 その後、チリやメキシコ、アルゼンチンなどの南米に加え、アメリカでも目撃例があります。 日本で有名なツチノコ、ネッシーとは違い、危険度が高いUMAとして有名です。 吸血習性を持っており、身長は最大で180cmにも及ぶんだとか。。 このチュパカブラによる家畜の被害が後を絶たず、中には人間が襲われたケースも報告されているそうです。 基本的には二足歩行であり、高いジャンプ力を持っているんだとか。 「見た目は〇〇っぽい」と比喩するものが難しいのですが、まるで 怪獣のような姿をしているのだそう。 このチュパカブラは、次に紹介する吸血事件によって南米を中心に恐れられる存在となっていきました。 その後も似たような事件が相次ぎ、ヤギだけでなく他の生物も同様の死に方で殺害されたのです。 全身の血が抜かれて殺されるって、妙な話ですよね。 死体の首には小さな穴が二つ空けられており、そこから吸血されたのでは?という見解が広まりました。 事件も相次いだ一方で、「怪獣のような生物を見た」という報告も後を絶たなかったと言います。 そこで 「ヤギの血を吸うもの」という意味を込めて、マスコミは 「チュパカブラ」と名付けました。 その後もチュパカブラの被害は繰り返され、家畜だけでなく人間までもが襲われた事案まで発生。 人間も動物も全て共通しているのは、 皆首に穴が空けられている ということ。 道端だけでなく、時に家へ侵入したという逸話もあるのだとか。 どうやって忍び込んだのかは不明ですが、家の中でチュパカブラを見つけたら失神してしまいそうですよね…。 現在も目撃情報が後を絶たないチュパカブラ 1995年の吸血事件から数年間は同様の事件が相次ぎましたが、現在も目撃情報は後を絶ちません。 ただ今までと違うのは、 2000年以降に発見されたチュパカブラは四足歩行 だというのです。 あくまでも生物ですから、徐々に進化を重ねていってるのかもしれません。 それに伴って、怪獣のような見た目ではなく コヨーテ(オオカミ)のような描写の報告が増えていきました。 ただしコヨーテほど可愛げはなく 「毛の抜けたコヨーテのようなもの」という表現が正しいでしょう。 家畜や人を襲うのは全く変わらず、現在も多くの人々を震撼させています。 日本で発見される日は恐らくないと思いますが、何かの間違いで来てしまう可能性もあるでしょうか…。 (そう、ヒアリやセアカゴケグモのように) もし南米へ行った際は、くれぐれもお気を付け下さいませ! まとめ:吸血UMA「チュパカブラ」の動向は今後も目が離せない アメリカ大陸の各地で猛威を振るい、今なお恐れられている吸血UMA「チュパカブラ」。 最初に目撃された姿(二足歩行の怪物)と現在の姿(四足歩行のコヨーテ)が異なることから、今後どのような目撃情報が出てくるのか非常に楽しみな存在です。 個人的にはもう少し可愛い見た目になってくれると嬉しいですが…そんなことはないでしょうね。

次の

吸血UMA“チュパカブラ”の正体判明か

チュパカブラ アルマジロ

回答リクエスト有り難うございます。 アルマジロがチュパカブラの正体ですか。 アルマジロがチュパカブラの正体はないと思いますね。 ジャンプするのはどうなんだになりますよね。 アルマジロはジャンプは出来ませんからね。 チュパカブラの正体はコヨーテか宇宙人かエイリアンアニマルではないかと言われてました。 そこに来て、アルマジロが仔牛を襲う動画が出て、「これがチュパカブラか!」になった訳ですね。 内臓を食べられた仔牛の死体を見て、「チュパカブラの仕業か」と思われたものにはアルマジロが犯人もあったでしょうけどね。 これだけでアルマジロがチュパカブラだと言うのは早計だと思います。 やはりチュパカブラはエイリアンアニマルか、未発見の動物であると言う事は変わりはないと思いますね。 因みにそのアルマジロはオオアルマジロでしょうね。 体長は1メートルで動きは俊敏に動きます。 直立で立てるし、1メートルの高さの壁を越える事が出来ます。 ジャンプはしないでしょうけど、その様な出来るなら、仔牛を襲う事は可能ですね。 ジャンプだけ除けば、チュパカブラの正体にはなりそうですが、まだまだ謎はあるでしょうね。

次の