画面 コピー 方法。 パソコン画面をきコマンドで簡単に切り抜きコピー!windows10

Windows10でスクリーンショット(画面キャプチャ)を保存する方法

画面 コピー 方法

1.PC画面のハードコピーを取る 先ず、PC画面のハードコピーを取りましょう。 以下に手順を示します。 ハードコピーを取りたい画面を出します• Shiftキー押下しながら、PrtScrキー(最上段)を押下します• 画面ハードコピーが取れ、データはシステムが保持します• windows標準ツールのペイントアプリを起動します• ペイントアプリ画面の左上の貼り付けボタンをクリックします• システムが保持していた画面ハードコピーデータが張り付きます• マウスを使って画面ハードコピーデータの左上位置を合わせます• 右下の余分なところをカットします• プルダウンメニューの名前を付けて保存を選びます• jpeg画像を選ぶとファイル選択画面が表示されます• 格納したい場所を選択し、jpeg画像の名前を入力します• 保存ボタンでハードコピー画面が格納されます 2.画面ハードコピーを確認する 画面ハードコピーが正しく取れているか、確認しましょう。 格納した場所をエクスプローラーで表示します。 名前を付けたjpeg画像があると思います。 ダブルクリックして表示してみましょう。 正しく表示出来ていればOKです。 次に、印刷してみましょう。 プルダウンメニューで印刷を選び、印刷ボタンをクリックします。 NGなら、操作が誤っていたからです。 もう一度、画面ハードコピーからやってみましょう。 3.ワード、エクセルに張り付ける (1)ワード 先ず、ワードを開きます。 挿入したいところに、カーソルを置きます。 プルダウンメニューの挿入、図をクリックします。 ファイル選択画面が表示されるので、格納したハードコピー画面ファイルを選択します。 ワード上に表示されるので、サイズをマウスを使って調整します。 (2)エクセル ワードの操作と全く一緒です。 エクセルを開きます。 挿入したいところのセルに、セルカーソルを置きます。 プルダウンメニューの挿入、図をクリックします。 ファイル選択画面が表示されるので、格納したハードコピー画面ファイルを選択します。 エクセル上に表示されるので、サイズをマウスを使って調整します。 4.まとめ 画面コピーを取るPrintScreen機能について、使い方を説明しました。 機能そのものは難しくないので、その使い方に慣れましょう。 5.おまけ(スマホの画面ハードコピー) Androidスマホは、電源ボタンと音量下げるボタンの同時押しで取れます。 一部例外機種は特殊操作になるようです。 運の悪い方は機種名をキーにして操作方法をgoogle検索して下さい。 iPhoneスマホは、ホームボタン有無で操作が異なります。 ホームボタン有りは、ホームボタンとスリープボタンの同時押し、ホームボタン無しは、サイドボタンと音量上げるボタンの同時押しです。 更に、興味を持たれると思います。

次の

Windows 10で画面の範囲を指定してキャプチャーする:Tech TIPS

画面 コピー 方法

キーボードの [PrintScreen](または[PrtSc])キーを押します。 スクリーンショット機能を利用して保存した表示画面は、Windows の標準ソフトウェアである「ペイント」など、画像を編集できるソフトウェアに貼り付けて、画像データとして保存する必要があります。 今回は一例として、「ペイント」を利用して保存する方法をご紹介します。 スタート画面左下の [スタート 旗のマーク ]ボタンをクリックし、 [すべてのプログラム]を選択します。 プログラムの一覧が表示されますので、 [アクセサリ]をクリックします。 [アクセサリ]の一覧が表示されますので、 [ペイント]を選択します。 [ペイント]が起動しますので、 [貼り付け]をクリックします。 保存された画面がペイントの新規画面に貼付されます。 画面左上の[ペイント]アイコンをクリックし、[名前を付けて保存]にカーソルをあわせて 任意の保存形式を選択します。 [ファイル名]の入力欄に任意の名前を入力し、保存先を選択して [保存]をクリックします。 保存先にスクリーンショットで撮影した画像が表示されていれば完了です。

次の

Windows 8/10でのスクリーンショットの取り方 [Windowsの使い方] All About

画面 コピー 方法

Webページを画像として貼り付けてみましょう。 このサイトのTOPページを表示させたまま、キーボードから[ PrintScreen]キーを押します。 あるいは、[ PrtSc]と書かれたキーがあると思います。 参考[ Fn]キーと同時に[ PrtSc]キーを押すタイプのパソコンもあります。 テンキーの上か、[Enter]キーの上のほうにありますね。 この[PrintScreen]あるいは[PrtSc]のボタンを押しても何も変化がないように感じますが、気にしないでくださいね。 お試しくださいね。 では、 [貼り付け]の機能を持ったアプリケーションを起動させます。 [貼り付け]の機能を持ったアプリなら何でもOKです。 ペイントやWord、PowerPointがいいですね。 ここでは、ペイントを使います。 ペイントの起動 では、ペイントを起動させましょう。 貼り付け ペイントを起動したら、メニューバーの[編集]から[貼り付け]をクリックします。 または、貼り付けのショートカットキー[Ctrl]と[V]を押します。 びっくりしましたか?これで貼り付けが出来たんです。 たとえば、デスクトップ画面をペイントに貼り付けして、 [言語バー]だけを切り取ります。 デスクトップ画面を表示した状態で[ PrintScreen]キーを押しますね。 ペイントを起動させて、メニューバーの[編集]から[貼り付け]をクリックします。 選択して切り取り そして、と同じ方法です。 ツールボックスから[選択]ボタンをクリックして、ドラッグで切り抜きたい部分をドラッグで選択します。 そして、メニューバーの[編集]から[切り取り]をクリックします。 保存確認のメッセージが表示されます。 保存はしませんので[いいえ]をクリックします。 参考大きい画面をそのまま保存する場合は、ここで[はい]をクリックすると[名前を付けて保存]ダイアログボックスが表示されますので、名前を付けて保存してください。 切り取った部分だけを貼り付けることができました。 キャンバスが少し大きかったようですね。 ツールボックスの[選択]ボタンをクリックします。 そして、キャンバスの右下にマウスを合わせると、下のように矢印になりますので、その時に画像の大きさに合わせてドラッグしてください。 参考貼り付ける前にキャンバスの大きさを画像より小さくしておくと、キャンバスの大きさは貼り付けたときに画像に合わせて自動的に大きくなります。 画像の大きさに合わせることができました。 名前を付けて保存 保存します。 メニューバーの[ファイル]から[名前を付けて保存]をクリックします。 [名前を付けて保存]ダイアログボックスが表示されました。 [保存する場所]を確認します。 あるいは変更してください。 [ファイル名]に名前を付けます。 [ファイルの種類]から[JPEG]などを選択します。 そして[保存]ボタンをクリックです。 マイピクチャを開いて確認してみます。 ちゃんと保存されていました。 拡張子は[. png]です。 貼り付けの操作などは不要です。 以下の画像は、Windows10です。 キーボードから3つのキーを押す場合は、[固定キー機能]を利用すると便利です。

次の