ク り ト り ス 痒み 痛み 産後。 デリケートゾーンの乾燥の悩み

クリトリスの包皮の内側が痛いのですが…。

ク り ト り ス 痒み 痛み 産後

女性の陰部は、 大陰唇 だいいんしん 、 小陰唇 しょういんしん 、陰核、 腟前庭 ちつぜんてい など腟口の周囲を取り囲む部位からなります。 陰部の多くはデリケートな粘膜で覆われており、便や尿、腟分泌物などが溜まりやすい上に蒸れやすいため、さまざまなトラブルを起こす可能性があります。 中でも、陰部のは発生頻度の高い症状であり、病気や日常生活上の好ましくない習慣など、原因は多様です。 陰部が赤く、を伴う、あるいは痛みも伴い痛がゆい• おりものの量や性状に変化が見られ、を生じるようになった• 陰部にを伴うができた これらの症状が見られた場合、原因として考えられるものには、どのようなものがあるのでしょうか。 女性の陰部にかゆみを引き起こす病気 女性の陰部は非常にデリケートなため、さまざまな原因でを引き起こします。 陰部のは以下のような病気が原因で生じることもあるため、注意が必要です。 かゆみを引き起こす陰部の病気 陰部のは、陰部に特異的に発症する病気によって発症することがあります。 原因となる主な病気は次の通りです。 腟カンジダ症 カビの一種であるカンジダが腟内で異常増殖し、腟内~陰部の、白いカッテージチーズ様のおりものを生じる病気です。 は非常に強く、灼熱感を伴うことも少なくありません。 カンジダは腟内の常在菌ですが、風邪をひいたときや疲れが溜まったときなどに免疫力が低下すると、異常増殖してを発症することがあります。 また、抗生剤を使用した際などに生じることも原因として多いです。 細菌性腟炎 大腸菌や黄色ブドウ球菌など陰部から検出されることが多い病原体が、活発に作用して腟や陰部に炎症を引き起こす病気です。 強い悪臭のある水っぽいおりものが大量に分泌されるのが特徴で、陰部のただれや痛み・が生じることがあります。 原因は、衛生状態が悪い陰部のほか、体調の変化による免疫力の低下や、陰部の過剰な洗浄による自浄作用の低下などが挙げられます。 陰部にかゆみを引き起こす全身の病気 陰部のは、全身のどこかに生じる病気の症状の一つとして発症することがあります。 原因となる主な病気は次の通りです。 接触性皮膚炎 特定の物質に触れることで皮膚や粘膜に炎症を生じる病気です。 いわゆる、と呼ばれるもので全身のさまざまな部位に起こり得ます。 陰部では、生理用品や下着などが原因になることが多く、特に汗で蒸れやすい夏場に発症しやすくなるのが特徴です。 また、陰部ののほか、発赤や熱感、ただれなどの症状を伴うこともあります。 アレルギー 特定のアレルゲンが体内に取り込まれたり、触れたりすることでや皮膚の、くしゃみ、鼻水などの症状を引き起こす病気です。 これらの症状が陰部に生じることもあり、通常は発症後数十分~数時間で自然に症状が収まりますが、重症な場合には呼吸困難や血圧低下などの重篤な症状が見られることもあります。 受診の目安とポイント 陰部のはありふれた症状であるため、軽く考えて自然に治るのを待つ人も多いでしょう。 しかし、の原因は病気であることもあり、放っておくとますます症状が悪化したり、将来的なにつながったりするケースもあるため、注意が必要です。 特に、陰部の皮膚や粘膜にただれなどの症状がある場合、おりものに変化が見られた場合、発熱などの全身症状がある場合などはなるべく早めに病院を受診するようにしましょう。 受診に適した診療科は婦人科ですが、が疑われるような場合には皮膚科や内科などで診てもらうことも可能です。 受診の際は、いつからが生じたのか、以外の症状、性行為歴などを詳しく説明するようにしましょう。 特に、パートナーガ性感染症にかかった場合や不特定多数との性行為を日常的に行っている場合は、性感染症の可能性がある旨を事前に医師に知らせておくと診療がスムーズに進むことがあります。 日常生活上の原因と対処法 陰部はデリケートな上、不衛生な状態になりやすいため、を引き起こしやすい部位です。 以下のような好ましくない生活習慣が、の発症を促すこともあります。 それぞれの対処法も合わせて見てみましょう。 陰部の蒸れ 陰部は下着や衣類で通気性が悪く、汗や分泌物が溜まりやすい部位であるため蒸れやくなります。 蒸れは陰部の皮膚や粘膜の刺激となってを引き起こすことがあります。 陰部を蒸らさないためには 綿やシルクなどの汗を吸収しやすい素材の下着を選び、汗をかきやすい夏場はストッキングやスキニーパンツなど蒸れやすい衣類の長時間の着用は控えるようにしましょう。 また、生理用品も蒸れの原因になることがあるため、こまめに取り替えることを心がけましょう。 陰部の過剰な洗浄 腟内にはさまざまな常在菌がおり、それらが膣内を清潔な環境に維持する自浄作用を持ちます。 陰部や腟の過剰な洗浄は、これら常在菌を洗い流してしまうことがあり、自浄作用の低下によってかえって不衛生な環境に陥ることがあります。 その結果、陰部のや発赤、ただれなどの症状を引き起こすことがあります。 陰部を正しく洗浄するには 陰部を洗浄する際には、固いスポンジやタオルなどは使用せず、よく泡立てた石鹸を手に取って優しく撫でるように汚れをふき取るようにしましょう。 また、デリケートゾーン用の刺激の少ない石鹸を使用するのもおすすめです。 生理用品の長時間使用 月経血にはさまざまな雑菌が含まれ、生理用品は通気性が損なわれるため、長時間の使用は陰部を非常に不衛生な状態にします。 その結果、陰部が荒れてを引き起こすことも少なくありません。 生理用品による陰部の炎症を予防するには 生理用品はこまめに取り替えるよう心がけ、肌に合わない刺激のある素材のものは避けるようにしましょう。 特に、タンポンの長時間使用は非常に危険ですので、2時間以内をめどに取り替えるようにしましょう。 よくならないときには 日常生活上の対処法を講じてもがよくならない場合は、思わぬ病気が潜んでいる可能性があります。 見過ごさずに、それぞれの症状に合わせた診療科を受診しましょう。

次の

性機能障害、男性側の誤解。産後の性交痛の様々な原因、解決法を泌尿器科専門医師に訊く

ク り ト り ス 痒み 痛み 産後

現在の日本では、経腟分娩 けいちつぶんべん で元気なお母さんは、当日からでも自宅での生活が可能なぐらいになりました。 医学的治療が必要な場合以外は、産後のケアは時間が解決する自然の経過です。 しかしながら、授乳の度に後陣痛 こうじんつう といって子宮収縮の痛みがあったり、会陰切開(えいんせっかい)や裂傷 れっしょう の傷が痛むこともあります。 骨盤の痛みや、尿が出にくかったりするなどの不調もあります。 ましてや初産の場合は、産後すぐの体調で、赤ちゃんとの生活が始められるのかと不安に思うこともあると思います。 日本は先進国の中では、産後、比較的長く入院する習慣のある国ですから、入院中に体の不安について十分に相談しておくといいでしょう。 また、体力の回復という意味では、個人差がとても大きく、その日からすぐ赤ちゃんの世話以外の家事もこなせる人もいれば、がとれず赤ちゃんの世話だけで精一杯という人もいます。 疲れが取れないまま、授乳などが始まると、心の準備ができないこともあります。 最初から張り切り過ぎず、ゆっくり疲れを取ることも大切です。 出産後1〜2日は、幸せな気持ちが心を満たしているはずです。 しかしなかには、出産2〜3日後になると、なぜか心が落ち込み、ブルーになる場合もあります。 なんということはないことで、突然涙が出てきたり、母乳が出ないだけで悲しくみじめな気持ちになったりする人もいます。 これは「マタニティーブルー」という産後約3日〜10日間に起こる心の変化で、女性ホルモンの急激な低下が要因のひとつと言われています。 ほとんどの女性は、10日ほどで自然に心の状態も回復します。 とくに治療もしないことがほとんどです。 疲れたり、涙が出たり、焦ったり、食欲が落ちたりしたら、マタニティーブルーのせいにしてしまいましょう。 楽しくなることを見つけたり、赤ちゃんはお父さんや周囲に任せ、ブルーが通り過ぎるのを待つことも大事です。 産後の心の問題には、産後うつ病もあります。 女性の生涯を見渡すと、人生で二度、病を発症しやすい時期があります。 更年期と産後です。 女性ホルモンの変化の影響もありますが、母親としての仕事が増え、大切な赤ちゃんのことを心配するあまり、心がオーバーワークになって充電不足になってしまいます。 マタニティーブルーとは違って、産後約2週〜1か月以内に急に起こりします。 何をやっても楽しくない、自分は母親失格なのではないかと思ってしまう、理由なく不安になったり、悲しくてみじめな気持ちになったり、眠いのに眠れないなどなど…。 1週間ほど続いて、心の症状が起こったら、出産した病院、赤ちゃん訪問の保健師さんなどに相談しましょう。 産後うつ病は、相談をためらってしまうこともあるのですが、早く発見して治療すれば、数か月から1年でよくなります。 産後うつ病は、母親として十分に頑張ってきた結果です。 充電期間を設けて、子育てを休むことも効果があります。 子育てを休むのは、母親失格ではありません。 こういうときこそ、お父さんの出番。 全てお父さんが主体的に赤ちゃんの世話をするぐらいでいいのです。 子育ては夫婦ふたりでやるものです。 産後の体は、骨盤のゆがみやゆるみが生じやすくなります。 骨盤のゆがみやゆるみを予防するためには、妊娠中から日々の生活に骨盤が開きやすくなるような姿勢や運動を取り入れるといいでしょう。 また、骨盤底筋群を鍛えることで、産後に起こりやすいや尿漏れを防ぐことができます。 妊娠時から鍛えることが可能です。 腟と肛門を意識しながら締めたり、緩めたりを2~3回行いましょう。 体の中に引き込むような感覚です。 骨盤底筋群のトレーニングになります。 また、お母さんの体は、出産するために、ホルモンで骨盤周りの靭帯を緩め、骨盤を開きやすいようにしています。 産後は、出産でゆるんだ骨盤を元に戻そうとしますが、うまく戻らないこともあり、恥骨痛、尾骶骨痛、腰痛が起こります。 骨盤を締めるためのコルセットや骨盤ベルトで締めて固定したり、股関節のストレッチで軽減することができます。 セルフケアとして、足を組まないようにしたり、斜めに座ったりしないように、正しい姿勢に心がけるだけでも傷みがやわらぐこともあります。 また、産後の骨盤周りのトラブルに、子宮脱があります。 子宮脱は、子宮を支える骨盤底筋が弱くなり、子宮が下垂して腟から出てしまう状態です。 下腹部や外陰部の不快感、尿が出にくくなる排尿障害が起こることもあります。 一度、子宮脱になってしまうと、戻すのは難しいため、産後は腟や肛門を締める骨盤底筋体操を日常的に行いましょう。 月経は、産後1〜2か月で始まる人が多いです。 しかし、授乳を続けているとプロラクチンの影響で、卵巣機能が抑制され、1〜2年になる人も少なくはありません。 昔、が一般的でなかった時代には、5人の子を出産する間、ずっと無月経という人もいました。 授乳期が終わるころに、次の子を身ごもるというのは、ある意味自然ですが、現代女性は、そのまま当てはめるわけにもいきません。 産後の性生活開始に特に医学的な決まりはありません。 女性器の回復、性交開始は、産褥 さんじょく 期が済んだころというのが一般的です。 原則、セックスはふたりが楽しむもの。 妊娠期に引き続き、産後にとなるカップルも少なくありません。 これを避けるなら、妊娠中を通じてのスキンシップも大切です。 計画的妊娠のためには、産後、最初の性交から避妊を行うことが必要です。 最初の月経の前に排卵が起こることもあります。 授乳をしていることによる、卵巣機能の抑制だけでは、避妊は不確かになります。 しかしながら、低用量ピルは乳汁分泌を抑える性質があるので、授乳を続けるならコンドーム、あるいはIUD(子宮内避妊器具)も選択肢として考えましょう。 産後、長期の無月経になる女性もいます。 ストレス、体重減少など、さまざまな原因があります。 うつ病などを起こすこともあり、治療のための向精神薬が影響し、薬物性無月経になる場合もあります。 無月経期間の長い女性は、骨量が低下するなど、女性の健康にさまざまな影響を与えます。 2年以上、無月経の場合には、産婦人科医に相談してください。

次の

こんなお悩み:診療について:女医の産婦人科、婦人科:咲江レディスクリニック(名古屋市千種区)完全予約診察

ク り ト り ス 痒み 痛み 産後

経験者です 原因がタイトルの場合なら脱毛する必要はありません 以前、洗髪するかのように地肌を指の腹でごしごしと石鹸つけて泡立ててました またさらに濡れタオルでゴシゴシと泡を流す時にこすってました 自業自得ですが、毎日かゆくて仕方なかったです 石鹸を変えてもダメだったので、石鹸をやめ、お湯で優しく洗うのみで徐々に改善され、今はかゆくないです 現在肌が乾燥中なら、しばらくは入浴後、ボディローションで保湿をされた方がいいと思います ナイロンやアクリルは摩擦が起きやすく通気性が良くないので、改善されるまでは綿100%の下着に。 もちろん締め付けないものを。 ユーザーID: 0218711915• トピ主です 私はレーザー脱毛でVIOをしましたが、脱毛の結果おりものが増えました。 いや脱毛をして増えたというよりもショーツにダイレクトについてしまうようになってしました。 という意味が近いかな。 ある程度、毛の存在は大切なんだと思いました。 あと脱毛を始めるとあそこを剃らないといけません。 剃った時のカミソリ負けや生えた時のチクチクがまた別の痒みとして発生してしまうと思います。 確かに医療系のレーザーのほうが強いので痛いかもしれませんが、数日後に抜け落ちるのではなく、その瞬間に毛が落ちてしまうものもあります。 そうなるとすぐにツルツルになり剃った後の毛ではなく毛周期の関係で生えてきた毛はそれほど痒みの原因になりませんので安心です。 あと医療系のほうが痒みに対応した薬も処方してくれると思います。 エステだと回数を10回程度は通う必要があると10回はカミソリを当てないといけないということになります。 なるべく短期間で早く終る医療系のほうがおすすめです。 トピ主さんのような方は複数回の契約ではなくとりあえず1回ためしでやってくれるところを探し、それで堪えられそうなら本契約したほうがいいですよ。 ユーザーID: 3065592430• 石鹸で洗うのはよくないらしい 絶賛悩み中です。 ・・・多分、それは吹き出物です。 奥のほうなら洗いすぎによる病気で、適切な治療が必要でしょうが・・・。 (ちなみに、私はあの場所は毎日使っても大丈夫!なソープを発見して使っています) 実は先日婦人科系の手術のため、つるっつる(正直、なんでそんな場所まで・・・ってところまで看護師さんにやられました・・・うぅ)にさせられたんですが、結果、常に私を苦しめていた毛根部分の吹き出物が激減。 看護師さんに言ったところ、「ああ、吹き出物は全身できるから。 汚れがたまりやすいところに出来るのは仕方ないよ。 剃った事によって汚れがたまりにくくなって、解消されたんだと思う」と言われました。 そして、耐え難いチクチク感を乗り越え、生えそろった途端にまたしても出現!!どうも寝てる時にかいているらしく、酷くなる一方。 いい加減イライラして、ついに私も決意しました。 ただ、もう少し寒くなってからにしようかなーと思ってます。 汗でムレた部分を他人様に見せたくないし・・・。 剃るときは熱帯林で購入した鼻毛カッター(眉などにも使える)で処理するつもりです。 ユーザーID: 1789049825• 布ナプキン 私も、毎日ではないですが、痒くなる周期があります。 私の場合は、毛を短くカットしてます。 毛が短い分、摩擦も減って痒さは軽減もしくはなくなります。 試しに、短くカットしてみてください。 あと、洗いすぎもよくないですよ。 臭いが気になるなら、スキナべーブという赤ちゃん用の沐浴剤で洗ってみては? 赤ちゃん用の沐浴剤なのて、軽く布、もしくは手で洗って終わりで大丈夫です。 大事なところを、スキナべーブを入れたお湯でジャバジャバ洗うだけでも臭いは大丈夫では? 私は冬の乾燥のせいで、肌が痒くなると、スキナべーブを入浴剤にしてお風呂に入ります。 入るとツルツルで痒くなくなります。 体質で合わないかもしれませんが、試してみてください。 あとは、泡を立てて軽く押し当てて、ゆすぐのはどうですか? イロイロ試してみて最終手段として脱毛を取っておいては? ユーザーID: 8477865640• 診察してもらったら?.

次の