無能 弁護士。 「無能な」弁護士から身を守る

素人でもデキる「トンデモ弁護士」見極め“マル秘テク”

無能 弁護士

確かにやった。 でも妻も叩いて来た。 手加減してやったつもり。 暴力を振るったのには理由がある。 妻が俺の言う事を聞かないし、妻は俺が胸ぐらを掴んで怒鳴ったら平手打ちして来た。 俺が話しかけても無視する。 俺は正論しか言ってない。 論理的に反論してこないから妻の意見は聞く価値がない。 妻は無能でストレス耐性が低い。 鍛えて躾してやってるつもりだった。 シングルマザーでは子が経済的にも、人生の中でも不利になる事が多い。 仮面夫婦になってでも一緒に居るべき。 あいつは実家に依存して子を育てている状態で子供がまともに育つと思えない。 俺の管理下から勝手に連れ去って俺と子供を会えなくした事が許せない。 相互扶助義務にも違反しているんだから早く戻って来いと伝えたいのに、弁護士に直接連絡するなと言われた。 これ復縁望んでないからスレチじゃないか まぁ、まず向こうが弁護士入れた時点で当人同士のみの話し合いは不可能 強行すれば2度と会えないと思った方がいい 向こうは既に正当な理由での離婚申し立てなので、どうしても本心が聞きたいなら弁護士入れて離婚申し立ての撤回を頑張るしかない 子供の親権もDV理由なら弁護士立てたとしても難しいましてや面会も無理な可能性大 内容聞いてる限りお前に育てられるより嫁の方がよっぽどマシ 弁護士ついたってことはDVの証拠あげられてるから、お前も奥さんやり返してきたっていうなら証拠見せればいい ま、ないだろうから証明できずに嫁の主張が真実になるからお前の主張が通る事はない はい、解決お疲れさん.

次の

クズ男「無能な妻を鍛えてやったのに離婚調停申し込みやがった!」←相談者に批判が集中して...【1/3】

無能 弁護士

過払い金の流用は 数年前から リーガルビジョンもDSCと同様に経営が苦しい弁護士事務所に近づき、過払い顧客を集めるための広告プランを作成。 「武富士の社員が破綻時に持ち出した大量の顧客リストをもとに営業しているのはないか」とささやかれるほど、兒嶋氏は集客がうまかった。 さらに「士業専門の総合アウトソーサー」を標榜し、関連会社のキャリアエージェンシー(株)〔渋谷区〕が事務員や相談員を派遣し、経理業務も含め事務所の運営は、事実上、リーガルビジョン任せになってしまう。 東京ミネルヴァの場合、「オフィスをはじめ通信回線、サーバー、事務所ロゴの商標権など、なにからなにまでリーガルビジョングループから兒嶋氏の言い値で借りていた」(事務所関係者)ため赤字が累積。 昨年3月末時点の債務超過額は実に31億8100万円に達していた。 実は東京ミネルヴァが返還前の過払い金(預かり金)に手を付け始めたのは、かなり前からのことである。 初代代表の室賀晃弁護士が15年に死去し、後継者の河原正和弁護士も体調不良で辞任した末、川島弁護士が3代目代表に就任した17年8月には「預かり金に4億円の穴があいていた」(同)という。 だが、過払い金返還請求の依頼者は消費者金融との交渉をすべて東京ミネルヴァ任せにしているため、資金の返還が遅れてもそれほどせっついてこなかったようだ。 川島弁護士は状況を打開するため、集客アップで収益改善を図り、依頼者へ返す資金を捻出しようとした。 だが、そのためには結局兒嶋氏の力を借りざるを得ず、同氏への依存がますます深まる悪循環に陥っていった。

次の

5分でわかる!良い弁護士の探し方選び方、悪い弁護士の見分け方

無能 弁護士

過払い金の流用は 数年前から リーガルビジョンもDSCと同様に経営が苦しい弁護士事務所に近づき、過払い顧客を集めるための広告プランを作成。 「武富士の社員が破綻時に持ち出した大量の顧客リストをもとに営業しているのはないか」とささやかれるほど、兒嶋氏は集客がうまかった。 さらに「士業専門の総合アウトソーサー」を標榜し、関連会社のキャリアエージェンシー(株)〔渋谷区〕が事務員や相談員を派遣し、経理業務も含め事務所の運営は、事実上、リーガルビジョン任せになってしまう。 東京ミネルヴァの場合、「オフィスをはじめ通信回線、サーバー、事務所ロゴの商標権など、なにからなにまでリーガルビジョングループから兒嶋氏の言い値で借りていた」(事務所関係者)ため赤字が累積。 昨年3月末時点の債務超過額は実に31億8100万円に達していた。 実は東京ミネルヴァが返還前の過払い金(預かり金)に手を付け始めたのは、かなり前からのことである。 初代代表の室賀晃弁護士が15年に死去し、後継者の河原正和弁護士も体調不良で辞任した末、川島弁護士が3代目代表に就任した17年8月には「預かり金に4億円の穴があいていた」(同)という。 だが、過払い金返還請求の依頼者は消費者金融との交渉をすべて東京ミネルヴァ任せにしているため、資金の返還が遅れてもそれほどせっついてこなかったようだ。 川島弁護士は状況を打開するため、集客アップで収益改善を図り、依頼者へ返す資金を捻出しようとした。 だが、そのためには結局兒嶋氏の力を借りざるを得ず、同氏への依存がますます深まる悪循環に陥っていった。

次の