うっ頭が。 頭を強く打ってから1週間は様子を見るべき理由とは。頭を打った場合の対処法!

うっ頭が←これの元ネタを教えてください。

うっ頭が

頭を打ったときはどんなことに注意したらいいのですか。 頭を打ったときはどんなことに注意したらいいのですか。 まず、どんなふうに打ったかが重要です。 脳というのは柔らかいもので、堅い頭蓋骨の中に収まっていますが、脳に傷が付かないように水の中に浮かんでいるような状態で入っています。 鍋の中に水を張り、鍋よりやや小さめの木綿豆腐を浮かべたところを想像してみてください。 水の中に入っていれば確かに豆腐は壊れにくいかもしれませんが、それでも鍋を落としたりすれば豆腐は傷付いてしまいます。 一方、鍋の外から多少物で叩いても、鍋が揺れたり凹んだりしない限り中の豆腐は壊れません。 頭のケガもちょうど同じように考えられます。 交通事故や転落事故のように動いていた頭が急に止まったような状況の時には、外見上大したことがなくても脳に傷が付いてしまう場合があります。 それに対して、ゴルフボールのような比較的重量の軽い物が当たった場合には、脳には障害がないことが多いのです。 頭蓋骨の中に脳はちょうど良い大きさで入っています。 頭蓋骨の中によけいな物(出血や腫瘍など)が増えると、脳は非常に窮屈な思いをすることになります。 頭を打ったときにもし血管が切れてしまうと、血腫が脳を圧迫し、脳に傷が付いていなくても具合が悪くなることがあります。 つまり頭を打ったときには「脳に傷が付いたか」と「出血しているか」が重要なわけです。 それではどんな時には病院へ行った方が良いのでしょう。 まず、短時間でも意識を失うほど打ってしまった場合。 時間とともに頭痛や吐き気が強くなってくる場合。 手足がしびれたり舌がもつれたりする場合。 こどもは1~2度吐くことはよくあることですが、繰り返して吐いたり、顔色が青白くなってきた場合などは急いで検査を受けた方がよいでしょう。 また高齢者は、1~3ヶ月して血腫が出来てくることもありますので、そのころ頭痛や手足のしびれが出現してくるようなら、やはり検査をした方が良いでしょう。 以下の相談先では健康や病気に関するご相談や医療機関のご案内などについて対応しています。 相談先:千葉県医療安全相談センター 電話:043-223-3636.

次の

うっ、頭がとは (ウッアタマガとは) [単語記事]

うっ頭が

頭痛は、3人に1人が悩まされていると言われるほど、頻繁に起こるものです。 だからこそ、「よくある症状なのに、頭痛ぐらいで病院なんて」という考えに繋がってしまいます。 しかし、頭痛はいろんな病気のサインで、場合によっては日常生活に影響が出たり、命に関わったりすることもあるため、軽く見ることはできません。 頭痛が続く病気と言われたら、あなたは何を思い浮かべますか?実は、片頭痛や脳腫瘍など、8種類もの病気が考えられるのです。 そのため、自分の頭痛がどの病気から来るものかきちんと知って、必要な場合には治療を受けることが大切です。 では、頭痛が続く時に考えられる病気について、詳しく見ていきましょう! 光や音に敏感で吐き気もある時は片頭痛の可能性が高い! 頭痛が続く時に考えられる病気の1つ目は、片頭痛です。 偏頭痛と表記されることもあります。 片頭痛についてはご存知の方がほとんどだと思いますが、よくある頭痛だから大丈夫というわけではありません。 片頭痛を放っておくと、日常生活に影響が出たりめまいを引き起こしたりすることもあるので、注意が必要です。 では、片頭痛とはどのような頭痛なのか、詳しく見ていきましょう。 片頭痛の特徴 片頭痛の特徴は、下記の通りです。 20歳代から50歳代の女性がなりやすい• 頭痛の前兆を感じる人がいる• 頭の片側がこめかみを中心として痛む、酷くなると頭全体が痛む• 頭や体を動かすと痛みが強まる• 吐き気や嘔吐を伴うことがある• 肩こりや首のこりを感じることもある• 音や光に過敏になる• 遺伝しやすい• めまいを引き起こすこともある 片頭痛は、その名の通り頭の片側が痛むことから始まることが多く、20歳代から50歳代の女性がなりやすいのが特徴です。 多い人では、1週間に2~3回も頭痛が起こることがあり、さらに片頭痛が起きると4時間から3日程度続きます。 疲労感やあくび、何かギザギザした光るものが見えるなどの前兆を感じる人もいます。 ちなみに、このギザギザした光るものには、閃輝暗点(せんきあんてん)という名前がついています。 頭や体を動かすと痛みが酷くなるため、日常生活に影響が出ますし、吐き気が伴ったり実際に吐いたりもするため、酷い人になると寝込むことがあるほどです。 あまり知られていませんが、片頭痛がひどくなるとめまいが起こることもありますので、片頭痛だから大丈夫だと思わずに病院にかかることが大切です。 片頭痛の原因 片頭痛の原因は、何らかの刺激を受けて縮んだ頭の血管が元に戻ろうとして急激に拡がることです。 血管が拡がる時に、周りにある神経が刺激されたり炎症が起こったりすることが、強い頭痛の原因となっています。 片頭痛を起こすきっかけになる何らかの刺激とは何?というのが気になるところですが、実ははっきり解明されているわけではありません。 今のところ、何らかの刺激になるだろうと考えられているのは、下記のようなものです。 ホルモンバランスの乱れ• ストレス• アルコール• 頭痛薬の飲み過ぎ ストレスと片頭痛には大きな関係があることが指摘されており、通常は脳神経外科で行われる頭痛の治療が、精神科や心療内科などで行われることもあるほどです。 特に、緊張や焦り、不安などの精神的ストレスが片頭痛と大きく関わっていると言われています。 食品が影響するというのは意外ですね。 片頭痛に関係する代表的な食品としてチーズやチョコレート(チラミンという物質が片頭痛を引き起こす)・赤ワイン(血管拡張作用を持つポリフェノールが片頭痛を引き起こす)が挙げられます。 また、ココア、スナック菓子、コーヒー、紅茶、緑茶なども関係すると言われています。 それから、さらに意外なことに、頭痛薬の飲み過ぎは片頭痛を引き起こす原因になります。 頭痛を専門に扱う頭痛外来を持つ脳神経外科で、頭痛薬が片頭痛を引き起こす原因になると言われているのです。 本来なら痛みを抑えるために使う薬が逆に悪影響を及ぼす可能性もあるというのですから、薬の飲み方にも注意が必要だと言えますね。 飲むと頭痛が酷くなる薬は、アスピリン系やエヌセイド系の消炎鎮痛剤だと説明されています。 どちらも、市販の鎮痛剤に多く使用されている成分です。 しかし、飲み方によっては薬は頭痛に有効ですので、病院で指示されたように飲むことが大切です。 片頭痛の治療法 片頭痛は病院で治療できます。 治療が受けられる診療科は脳神経外科が中心ですが、先ほどもご紹介したように精神科などでも治療を受けることが可能です。 日本頭痛学会が紹介している片頭痛の治療法には、以下ものがあります。 急性期治療(頓挫療法)…頭痛が起こった時にできる限り早く頭痛を鎮める治療法• 予防療法…頭痛発作が起こりにくいようにしたり発作を軽くしたりするための治療法 それぞれの治療の目的に合わせて、片頭痛の薬にも2種類があります。 痛みが起こった時に痛みを抑える頓服薬…急性期治療向けの薬• 頭痛を予防する薬…予防療法向けの薬 痛みを抑える薬を頓服薬(決まった時間に飲む薬ではなく症状が出ている時に飲む薬)と言いますが、これは飲むタイミングが重要です。 それから、頭痛を予防するための薬もあります。 これを毎日飲むことで、片頭痛が起こる頻度を減らすことができます。 それでも痛みが起こった時には、痛みを抑える頓服薬を飲めばいいということですね。 片頭痛という名前が表しているように、最初は頭の片側から痛くなるのが片頭痛の特徴です。 よくある頭痛と思われがちなのですが、酷くなると吐いたりめまいがしたりといった症状まで出てしまいます。 それに、頭が痛いこと自体が日常生活に悪影響を与えることもありますので、ただの片頭痛と思わずに、病院で薬をもらって予防するのが効果的です。 肩こりや首のこりを感じる頭痛は緊張型頭痛です! 頭痛が続く時に考えられる病気2つ目は、緊張型頭痛です。 この頭痛は、肩や首のこりが原因で起こる頭痛です。 肩こりに悩まされる人がなりやすいため、肩こりの人が多い日本では1番多い頭痛となっています。 では、緊張型頭痛とはどのような頭痛なのか、詳しく見ていきましょう。 緊張型頭痛の特徴 緊張型頭痛の特徴は、下記の通りです。 肩や首のこりを頭痛と一緒に感じる• 頭が締め付けられるように痛む、石が乗ったように重い• 体を動かしても痛みが変わらない、または楽になることがある• 首を回すとめまいがすることがある(一瞬だけ)• パソコン操作の時間が長い人に多い 緊張型頭痛は筋肉が緊張することで起こるので、肩や首のこりを感じます。 片頭痛との大きな違いは、動くと痛みが酷くなるか、それともならないかということです。 片頭痛が動くと痛むのに対して、緊張型頭痛は動いても痛みの程度が変わらないか、もしくは楽になります。 緊張型頭痛は筋肉の緊張から来るので、体を動かして筋肉のこりがほぐれると楽になることもあるということですね。 一度痛みが始まると、ダラダラと続くのも特徴です。 痛みを感じると筋肉はますますこって、血流がさらに悪くなることで頭痛が酷くなり、治りにくくなるという悪循環を招きます。 先ほどご紹介した明神館脳神経外科では、緊張型頭痛の簡単な見分け方として、下記の方法を挙げています。 親指を使って、頭や肩、首の筋肉を押さえる。 痛いから止めてほしいと思うくらいの痛さを感じる場所が複数あれば、緊張型頭痛と考えてよい。 緊張型頭痛の原因 緊張型頭痛の原因は、肩や首の筋肉がこって筋肉内の血流が減ることで酸素不足になり、疲労物質や痛みを起こす物質がたまって神経を刺激数することで起こります。 肩や首の筋肉がこる原因には、下記のようなものがあります。 不自然な姿勢(長時間の車の運転やパソコン操作など)• ストレス 片頭痛に関係しているストレスは、緊張型頭痛にも関係しているんですね。 ストレスを感じると、脳の自律神経を司る部分(視床下部)がストレスに対する対処法として血管を収縮させ、筋肉を固くすることで身を守る姿勢を取ろうとします。 だから血流が悪くなって、肩こりなどが起こるわけですね。 緊張型頭痛の治療法 緊張型頭痛も、病院で治療できます。 緊張型頭痛の治療には、下記のような薬が使われます。 筋肉のこりをやわらげる薬• ストレスをやわらげる薬 緊張型頭痛は筋肉のこりが原因で起こりますので、鎮痛剤を使っての治療はしません。 原因となる筋肉のこりをやわらげるための筋弛緩剤や、筋肉のこりの原因となるストレスをやわらげるための抗ストレス剤を使うことで、直接原因となる症状を治療します。 このタイプの頭痛の場合、痛みを抑えるための鎮痛剤を使うことよりも、こりやストレスをやわらげる薬を使って、直接原因に対しての治療を行う方が効果的だということです。 緊張型頭痛の予防法 緊張型頭痛も、下記のような方法で予防することができます。 ストレスを避ける• 運動やストレッチを取り入れて筋肉がこらないようにする• 目の疲れ、噛み合わせ、眼鏡、枕も頭痛の原因になるのでチェックする ストレスを避けるためには、趣味の時間を作る、運動をするといったことが効果的です。 緊張型頭痛は肩こりや首のこりによって起こるため、痛みを抑える薬を使うことよりも、こりやストレスをやわらげる薬を使うことで直接原因に対して治療を行う方が効果的です。 筋肉のこりが起こりにくいように、日常生活の中にストレッチなどの運動を取り入れることで、頭痛をある程度予防することも可能なんですよ。 目の奥に我慢できないほど強い痛みがある場合は群発頭痛! 頭痛が続く時に考えられる病気の3つ目は、群発頭痛です。 片方の目の奥の方に我慢できないほど強い痛みが起こるため、立っていられないこともあれば、痛さのあまり壁に頭をぶつけるといったことまであります。 そのため、日常生活に大きな影響を与えます。 では、群発頭痛とはどのような頭痛なのか、詳しく見ていきましょう。 群発頭痛の特徴 群発頭痛の特徴は、下記の通りです。 女性よりも男性に多い(30歳以上の男性に特に多い)• 毎回決まった側が痛む• 痛みが強くじっとしていられない• 痛みが続くのは15分から3時間程度• 決まった時間に起こりやすい• 半年から3年くらいの期間で定期的に起こる• 一度痛くなったら1カ月から2カ月間毎日痛む• 痛む側の目が充血する・涙が出る、鼻水が出る、額に汗をかくなどの症状も出る 片頭痛は女性に多い頭痛ですが、群発頭痛は男性に多い頭痛です。 ただし、女性はならないということではありません。 とにかく強い痛みが、片目の奥あたりにあるのが特徴です。 一度痛くなったら毎日続くなど、かなり体に負担がかかってしまいます。 頭痛が起こっている時期のことを群発期というのですが、多くの人は群発期には毎日頭が痛みます。 ただし、2~3日に一度の人もいれば、逆に1日に何度も痛みが出る人もいると言います。 また、痛みの起こり方も特徴的で、毎日大体同じ時刻に始まります。 眠ってから2時間程度で痛みが起こることが多いこともわかっています。 時期で言えば春や秋に起こりやすく、夏には起こりにくいと言われています。 群発期を過ぎてしまえば治療は必要なくなり、自然に頭痛がおさまりますが、また周期的に頭痛が起こるのも特徴です。 群発頭痛の原因 群発頭痛の原因は、まだはっきり分かっていないのが現状ですが、発作が起きている時には何らかの原因で目の後ろ側にある血管が腫れ、周りの神経が刺激されることで激痛が起こると考えられています。 自律神経が刺激されることで、鼻水が出る・額に汗をかくといった症状も起きます。 治療法 群発頭痛も、病院で治療できます。 治療には下記のような方法があります。 頭痛を予防する薬• 酸素吸入• 皮下注射• 点鼻薬 群発頭痛の場合、予防するための薬がありますので、それを服用します。 また、痛みが出た場合には、酸素吸入・皮下注射・点鼻薬で痛みを抑えます。 酸素を吸うことで痛みが軽減されますし、皮下注射や点鼻薬には優れた鎮痛効果があります。 群発頭痛の予防法 群発頭痛の場合も、日々の生活の中で発作を起こりにくくする方法があります。 発作が起こっている時期には飲酒をしない• お風呂はシャワーで済ませる 発作が起こっていない時期なら飲酒をしても構いませんが、発作が起きている時期に飲酒をすると発作が起こりやすくなりますので、その時期は禁酒しましょう。 また、入浴中や入浴後に発作が起こりやすいので、発作期間中はお風呂に入る場合はシャワーで済ませると効果的です。 それから、狭心症の治療に使われるニトログリセリンは、血管を拡げる作用があり発作を起こしやすくすることがわかっています。 そのため、ニトログリセリンを服用している人は、医師に相談することが必要です。 群発頭痛の痛みはとにかく我慢できないほど強く、壁に頭をぶつけたくなるほどの痛みを感じることが特徴です。 周期的に頭痛が繰り返され、毎日同じような時間に頭痛が起こるなど他の頭痛との違いがはっきりしていますので、見分けはつきやすいかもしれませんね。 群発頭痛は痛みが強く生活に悪影響が大きいので、我慢できないほどの頭痛がある人は早めに病院に行って治療を受けましょう。 片頭痛と緊張型頭痛、両方の特徴を持つのが混合型頭痛! 頭痛が続く時に考えられる病気の4つ目は、混合型頭痛です。 何の混合かと言うと、片頭痛と緊張型頭痛です。 両方が混ざっているなんて珍しいと思われるかも知れませんが、混合型の頭痛の人は意外に多いと言われています。 では、混合型頭痛とはどのような頭痛なのか、詳しく見ていきましょう。 混合型頭痛の特徴 混合型頭痛の特徴は、片頭痛の特徴と緊張型頭痛の特徴が両方あることです。 両方の特徴が混ざっているため、自分がどの頭痛なのかがわかりにくくなっています。 だから、どのような対処をしたらいいのかも判断しにくいという問題があります。 そのような時には、混合型もあるということを知って、両方の可能性を疑ってみるのが一番です。 混合型頭痛の治療法 混合型頭痛も、病院に行くことで治療ができます。 混合型頭痛の場合、どちらの頭痛が日常生活を送る上で問題となっているかを見極めた上で、問題となっている方の頭痛の治療を中心にするのが一般的です。 治療法については、片頭痛・緊張型頭痛の部分で確認しましたので、ここでは省略します。 ただし、混合型頭痛の場合、治療をしてももう一つの頭痛が起こる可能性があるため、すっきりしない印象を受けることもあります。 しかし、治療を組み合わせることによって症状を和らげることは可能ですので、病院に相談してみましょう。 二つの病気による症状が出るため、片方の治療は上手く行ってももう片方の症状が残ることで、治ったという実感がしにくいのが問題です。 ですが、混合型頭痛であっても、適切な診断と治療を受け、それに運動を組み合わせれば症状を和らげることができるとも案内されています。 やはり、素人判断よりも病院に行って専門医の判断を仰いだ方が安心できると言えそうです。 混合型頭痛の予防法 予防法についても、片頭痛と緊張型頭痛と同じように考えることができます。 両方の頭痛に共通した予防法は、ストレスをためないことなので、特に注意しましょう。 また、運動を行うことは混合型頭痛でも効果的と言われていますので、適度な運動を日常生活の中に取り入れてみましょう。 片頭痛と緊張型頭痛の特徴が混ざっているのが、混合型頭痛です。 原因が二種類あるので対処が難しく、生活に主に影響を与えている頭痛の方を治療しても、もう片方の頭痛がすっきり治らないことで治療効果を実感しにくいという問題が起こることもあります。 ですが、症状をやわらげることは可能ですし、また自分が混合型頭痛だと知ることで治療効果の出方に対して納得することもできますから、頭痛のタイプがよくわからなくても専門医に相談するといいということですね。 すぐ治療が必要な脳腫瘍の頭痛!特徴はだんだん酷くなる強い痛み 頭痛が続く時に考えられる病気の5つ目は、脳腫瘍が原因の頭痛です。 痛みや頭が重い感じが続き、それがだんだん強くなる場合は要注意です。 では、脳腫瘍が原因の頭痛とはどのような頭痛なのか、詳しく見ていきましょう。 特徴 脳腫瘍が原因の頭痛の特徴は、下記の通りです• 腫瘍が大きくなるので痛みがだんだん酷くなる• 起床時に痛みが強い• 治療するまで頭痛が引くことが無い• 吐き気を伴うことがある• 物が二重に見えたりするなど見え方がおかしいことがある• 手足に力が入りにくい、動かせないといった症状を伴うことがある 脳腫瘍は脳に腫瘍ができるものなので、腫瘍が大きくなるにつれて、周りが圧迫され痛みが強くなっていくのが特徴です。 また、朝起きる時に強い痛みを感じます。 治療するまで頭痛が引くことはないので、1週間以上途切れることなく頭痛が続く時は、病院にかかりましょう。 脳腫瘍による頭痛の場合、吐き気がしたり吐いたりすることがあります。 また、物の見え方がおかしくなったり、手足が動きにくくなったりという症状が一緒に出ることもあります。 片頭痛でも吐き気がしたり吐いたりすることがありますが、見え方や手足の動きがおかしいかどうかや頭痛がだんだん酷くなるかどうかなど、片頭痛には無い特徴もありますので、その点に注意しましょう。 頭痛が治ることがあるか、それともずっと続くかも見分けのポイントになります。 場合によっては命に関わりますので、すぐに治療が必要です。 治療法 脳腫瘍の治療法には、下記のようなものがあります。 これらのうち、いずれかの方法を使って治療を行います。 手術療法• 放射線療法• 化学療法• 温熱療法• 免疫療法 手術療法はわかりやすいですね。 腫瘍を手術で取り除く方法で、レーザーや超音波を使用して手術を行うこともあります。 放射線治療は、放射線を当てることで、周りの正常な部分を傷つけずに脳腫瘍の細胞だけを破壊する方法です。 化学療法とは、薬を使って治療を行う方法のことを言います。 温熱療法とは、脳腫瘍の細胞を熱で焼く方法です。 脳腫瘍の細胞は、43度の熱を1時間当てると死滅します。 免疫療法とは、脳腫瘍の細胞を正常に戻したり、特殊な遺伝子組み込んだウイルスを使って脳腫瘍を攻撃したりする方法です。 脳腫瘍による頭痛は、起きる時に特に痛んだり、治療するまで頭痛が続いたりなどの特徴があります。 腫瘍による頭痛なので、腫瘍を取り除く方法で治療が行われます。 場合によっては命に関わることもある頭痛ですので、早めに病院に行くことが大切なんですよ。 頭を打った後に始まった頭痛は慢性硬膜下血腫の可能性がある! 頭痛が続く時に考えられる病気の6つ目は、頭を打ったことが原因で起こる、慢性硬膜下血腫による頭痛です。 頭を打ったことが原因ですが、頭痛が起こるのが頭を打って2週間以上経ってからのこともあるため、すぐに症状が出なかったからと言って安心することはできません。 では、慢性硬膜下血腫が原因の頭痛とはどのような頭痛なのか、詳しく見ていきましょう。 特徴 慢性硬膜下血腫が原因の頭痛の特徴は、下記の通りです• 頭を打ったことが原因で起こる(それ以外の理由で起こることもある)• 頭を打ってから2週間以上経って頭痛が現れる• 吐き気が伴うことがある• 体がマヒしたり言葉が上手く出なかったりすることがある• 物忘れが酷くなることがある• 頭を振ると痛みが強くなる 慢性硬膜下血腫は頭を打ったことが原因で起こりますが、酷い外傷が無くても起こったり、酔っていて頭を打ったことを覚えていなかったりなどの理由で気づかないままになることがあるので、注意が必要です。 また、アルコールの飲み過ぎや動脈硬化、貧血などが原因で起こることもあります。 頭痛と共に体のマヒや物忘れ、言葉が出にくいといった症状などが起こることもありますので、それも目安となります。 気づかずに放っておくと死に至ることもあります。 同じ頭を打った後に起こる頭痛でも、その場で急激に頭が痛くなった場合は、急性硬膜下血腫や急性硬膜外血腫と言われ、すぐにわかるので救急車を呼んで対処できます。 しかし、慢性硬膜下血腫の場合、すぐに症状が出ないので頭の中に傷がついていることに気づかないこともあります。 そのため、頭を打った場合は、何も無くても2・3週間後にCT検査を受けた方が安心です。 治療法 慢性硬膜下血腫の治療は、手術療法で行います。 症状が軽い場合には経過観察をして、血液が自然吸収されるのを待つこともありますが、基本的には手術が行われます。 頭痛が続く時に考えられる病気の7つ目は、高血圧に関連した頭痛です。 これまでの頭痛とはパターンが違い、高血圧だから頭痛が起こるのではなく、高血圧の人が頭痛を感じる時には別の病気が隠されているという点で、注意が必要な頭痛です。 では、高血圧の人が頭痛を感じる時にはどのようなことに注意が必要なのか、見ていきましょう。 特徴 高血圧になっていても、人間には脳の中の血流量を正常に保とうとする働きがあるため、本来なら頭痛は起こりません。 それなのに頭痛が起こるということは、何か脳の中に問題があると考えられます。 高血圧の人に起こりやすい脳の問題としては、下記のようなものがあります。 高血圧性脳症• クモ膜下出血• 脳出血 高血圧脳症とは、血圧の高さに耐えきれず代謝異常が起こったりした時に、脳の中に水がたまって脳がむくむことです。 そうなると、頭の中が圧迫され、神経が刺激されることが頭痛に繋がります。 この状態が続くと意識障害が起こったり視力に問題が出てきたりします。 高血圧脳症の場合、頭痛が早朝に起きやすいことが特徴です。 クモ膜下出血は、脳の中にあるクモ膜の下を通る血管に動脈瘤などがある場合に、血圧の上昇で破れ、出血することを言います。 突然の強い痛みを感じるので、ずっと続く頭痛とは違いますが、場合によっては死に至ることがあるので注意が必要です。 脳出血とは、脳の血管が破裂して出血することを言います。 高血圧によって、脳の血管の壁が傷つくことで起こります。 最初の段階では少しずつ血液がたまるため、頭の中が圧迫されて神経が刺激を受けることで頭痛を感じるようになります。 脳出血の原因の6割から7割を高血圧が占めますので、関連性が高いと言えます。 血圧が高いことで脳梗塞も起こりやすくなりますが、脳梗塞の場合は頭痛はあまり感じられません。 以上のように、高血圧の人が頭痛を感じる時には、別の病気が関係していることが考えられます。 治療法 まずは、高血圧の人に頭痛が起こる時には注意が必要だということを知って、高血圧だとわかっている人は脳に何らかの問題が発生しないように、高血圧の治療をすることが大切です。 高血圧の治療は、血圧がそれほど高くない場合には減塩や運動などの生活習慣の改善で対応し、かなり高い場合は血圧を下げる薬を服用します。 高血圧性脳症が起きた時には、下記のような薬で治療が行われます。 血圧を下げる薬• 脳のむくみを取る薬• けいれんを抑える薬 クモ膜下出血の場合は、手術や血管にカテーテルを入れる方法での治療が行われます。 脳出血の場合は、脳のむくみを取る薬を使ったり、血圧をコントロールしたり、手術を行ったりという方法で治療をします。 血圧が高いから頭痛が起こるのではなく、血圧が高い人が頭痛を起こした時には別の病気が隠れている可能性があるという点で、高血圧の人は特に頭痛に気をつけなければいけないんですね。 まずは高血圧が原因となる病気を起こさないように、血圧のコントロールを意識することが大切です。 全身の倦怠感とともに起こる頭痛は慢性疲労症候群の可能性あり! 頭痛が続く時に考えられる病気の8つ目は、慢性疲労症候群による頭痛です。 このタイプの頭痛は、全身の激しい倦怠感と共に頭痛を感じるという特徴があります。 では、慢性疲労症候群による頭痛について詳しく見ていきましょう。 慢性疲労症候群の特徴 慢性疲労症候群とは、頭痛と共に以下のような症状を感じる病気です。 全身の激しい倦怠感• 喉の痛み• リンパ節の腫れ• 筋力の低下や筋肉痛• 関節痛• 睡眠障害• 思考力や集中力の低下• 抑うつ 慢性疲労症候群は、健康に生活してきた人が突然倦怠感に襲われることが特徴で、これらの症状が6カ月以上続くことを言います。 休憩しても疲労が回復することが無く、座っているだけでも疲労を感じるため、社会生活を送ることも困難になるほどです。 実は、原因ははっきりしておらず、神経学的・免疫学的に見て何らかの支障が起こっている病気だと考えられていて、20~40歳の人に多く見られます。 風邪やインフルエンザなどに感染したことがきっかけで発症することもある病気でもあります。 慢性疲労症候群の治療法 慢性疲労症候群は、原因もまだはっきりわかっていませんが、治療法もはっきりと確立されていないのが現状です。 免疫上の問題が考えられるため、免疫力を高めるために漢方薬を用いた治療方法が行われていたり、エネルギー代謝を活発にすることを目的としてビタミンを補充する治療が行われていたりしますが、現段階ではこれという決定的な治療法は見つかっていません。 慢性疲労症候群とは、座っているだけでも疲労を感じるほどの激しい倦怠感に襲われるのが特徴です。 慢性疲労症候群にともなって、頭痛をはじめとして微熱や筋力の低下などの身体的な症状も出ますし、思考力や集中力の低下など精神的な症状も出ます。 まだ決定的な治療法が見つかっていないため、治療が難しいのが現状です。 頭痛が気になる時は専門医がいる脳神経外科を受診しよう! ここまでたくさんの種類の頭痛についてご紹介してきましたが、いざ病院にかかろうと思った時、どの病院がいいのかは悩むところですよね。 頭痛の内容を確認する際に少し触れましたが、頭痛が気になって受診するのなら、脳神経外科がお勧めです。 とはいえ、脳神経外科ならどこにかかってもいいというわけではない点で注意が必要です。 実は、同じ脳神経外科であっても、頭痛に詳しい先生もいれば、そうでない先生もいるのが現状です。 病院には、得意不得意があるということですね。 そのため、病院選びはとても大切な頭痛治療の第一歩と言えます。 そのため、頭痛が気になる時には下記のことに注意しましょう。 頭痛が続く時は病院で診察を受け、治療や予防法を行う• 頭痛外来があるなど、頭痛に詳しい先生がいる病院にかかる 私の知人には、ある脳神経外科で頭痛は我慢するしかないと指導されて我慢していたところ、めまいの発作を起こして倒れ、頭痛外来がある脳神経外科にかかって、やっと片頭痛が酷くなりすぎた結果だとわかったという人が実際にいます。 そのため、頭痛に関して相談をするのなら、頭痛外来を持った病院にかかることをお勧めします。

次の

頭を打った時に「たんこぶ」ができる場合は大丈夫って・・・本当なの!?

うっ頭が

【目次】• 頭を打った時に「たんこぶ」ができる場合は大丈夫って・・・本当なの!? 頭を強くぶつけた時にぷく〜っと膨れてできる「たんこぶ」ですが、その中身は「頭皮の内出血」になります。 ぶつけた衝撃で頭皮の中の毛細血管が切れて出血し、行き場のなくなった血液が頭皮の中に溜まることで「たんこぶ」はできるのですが、これはあくまで 頭皮の中だけの話です。 この「たんこぶ」ができた患者さんたちは、必ずと言っていいほど次のようなことを言われます。 「 たんこぶができたから、大丈夫だとは思うのですが・・・」 またこれとは逆に「たんこぶができていないから、絶対にヤバイと思うのですが・・・」と言われるような患者さんもいらっしゃいます。 この「たんこぶができる時は大丈夫」というのは、結論から言うと 大きな間違いで、 単なる迷信です。 最初に説明した通りですが「たんこぶ」とはあくまでも頭皮の中だけの話なので、一番大切な脳とか脳を守っている頭蓋骨が大丈夫かという話は全くの別問題になのです。 「たんこぶ」ができていても、頭蓋骨を骨折していたり、脳が傷ついて出血(脳挫傷や硬膜下血腫など)していることもあり、中には手術が必要になるような場合もあります。 もちろん「たんこぶ」ができていない場合でも、ひどい脳のケガをしていることがあります。 このような「迷信」に振り回されていると、 命の危険も出てくる場合があるので、絶対に気をつけましょう! スポンサーリンク *************** それでは、頭を打った時にはどのようなことに気をつければよいのでしょうか? 僕がいつも診察の時に使っている「 頭を打った患者さんへの注意事項」の説明用紙があるので、その内容を紹介しようと思います。 頭を打った患者さんへ <頭部外傷後の注意事項> 頭を打った時には、脳にいろいろな変化が起こることがあります。 特に頭の中に出血が起こると 生命に危険を及ぼすことがあります。 頭を打った後、元気だった人が急に意識がなくなってしまうことがあるのも、このような頭の中の出血(頭蓋内出血)が原因の場合もあります。 この頭蓋内出血は、 頭の表面の傷や頭蓋骨の骨折がなくても起こり得るので、決して安心はできません。 起こそうとしても、なかなか起きなかったりする。 (受傷当日は夜間でも時々起こしてみて、はっきり返事ができるか確かめて下さい。 特に右と左で動きが違う。 もし上記のような症状が見られた時は、すぐに医師の診察を受けて下さい。 このような症状はすぐに起こることもありますが、 2〜3日または数週間〜数ヶ月経ってから起こることもあります。 頭を強く打った後は、少なくとも1〜2日間は安静にし、調子が悪ければ入浴を控えて頂く方がよいでしょう。 また一人で遠方に外出しないよう注意して下さい。 【高齢者の場合】 頭をぶつけた後、数週間〜数ヶ月くらいして頭の中に血液がたまることがあります( 慢性硬膜下血腫)。 【子供さんの場合】 小さい子供さんは相当強く頭を打った時でも、症状が出にくいことが多く、また自分で症状を正確に伝えることができません。 たとえ元気にしていても、 2〜3日は目を話さないよう注意が必要です。 *************** 以上になります。 頭を強くぶつけた時の参考にしていただければ幸いです。

次の