龍谷 大学 コロナ。 コロナ対応の大学一覧|独自の給付金で学生を支援。学費減額運動もひろがる

(更新)【まとめ】新型コロナウイルス感染症の対応方針について

龍谷 大学 コロナ

こんにちは、 AI-am (アイアム)のよっぴーまりんです。 COVID-19(新型コロナウイルス感染症)の影響で、親の収入やバイト代が激減したり、アルバイトそのものができなくなったり、経済的に苦しくなる大学生が増えています。 学費減額を求める学生たちの署名運動が全国160校以上で行われるなか、 就実大学を皮切りに、明治学院大学や京都芸術大学 (旧・京都造形芸術大学)をはじめとする一律給付(または学費・施設料の減額)の大学のほか、 慶應義塾大学や早稲田大学など条件付きの給付を決めた大学が相次いでいます( 学生たちの署名運動がつくりだした成果ですよね!)。 この記事では、給付金・奨学金・支援金などの措置をとっている大学の一覧(金額、方法、給付時期)を掲載しています (2020年5月1日時点)。 学生による「学費減額運動」が全国に広がる! 新型コロナウイルス感染症の影響で、家計が急変した学生、世帯は、諸条件を満たせば 授業料減免 や 返済不要の奨学金支給 が可能になる制度 (「 高等教育修学支援新制度」)をまとめた記事はこちらです。 ほとんどの大学では、学費納入期限を延長してもらえたり、分割で支払えたり(分納)できます。 学校独自の給付型奨学金や授業料免除が申し込める場合もあります。 ただ、高等教育修学支援新制度の家計急変要件に、新型コロナウイルス感染症が加わっても、この条件枠にだれもがあてはまるわけではありません。 それ以外の学生も苦しいです。 現実問題として、多くの学生は、アルバイトができない状態がつづくなか、オンライン授業に対応するために、ノートパソコンやタブレットの購入や、通信環境の整備費などの支出だって必要となります。 大学は、学費減額や施設料返還にはそう簡単に応じられないけれど、オンライン授業の対応費用などを学生に給付する方策を決める大学がどんどん増加しています。 以下記載の、一律給付の60校の大学、ならびに条件付き給付の大学30校は、に載せられていたものを文字化したものです (2020年5月1日付)。 一律給付の大学(2020年5月1日時点) 北海道 星槎道都大学 名称:遠隔授業準備等支援金 金額:30,000円 方法:窓口支給(要申請) 給付時期:5月11日〜20日 北星学園大学 名称:通信環境整備等支援金 金額:50,000円 方法:未定 給付時期:未定 北星学園大学短期大学部 名称:通信環境整備等支援金 金額:50,000円 方法:未定 給付時期:未定 関東甲信越地方 獨協大学 名称:遠隔授業支援特别奨学金 金額:100,000円 方法:未定/要申請 給付時期:5月18日〜22日 城西大学 名称:臨時奨学金 金額:50,000円 方法:未定 給付時期:未定 城西国際大学 名称:臨時奨学金 金額:50,000円 方法:未定 給付時期:未定 城西短期大学 名称:臨時奨学金 金額:50,000円 方法:未定 給付時期:未定 日本工業大学 名称:緊急奨学金 金額:50,000円 方法:未定 給付時期:未定 青山学院大学 名称:なし(オンライン授業環境整備支援) 金額:50,000円 方法:未定 給付時期:未定 学習院大学 名称:学習院大学学生支援給付金 金額:60,000円 方法:未定 給付時期:未定 国士舘大学 名称:緊急給付金 金額:80,000円 方法:未定 給付時期:未定 芝浦工業大学 名称:臨時奨学金 金額:60,000円 方法:後期学費を減額 女子美術大学 名称:費用補助 金額:50,000円 方法:後期授業料から減額 大正大学 名称:奨学費 金額:10,000円 方法:郵便為替 給付時期:5月20日頃 大東文化大学 名称:大東学生特別支援金 金額:50,000円 方法:未定 給付時期:未定 東海大学 名称:遠隔授業支援金 金額:10,000円 方法:未定/要申請 給付時期:5月以降 東京音楽大学 名称:遠隔授業環境整備奨学金 金額:100,000円 方法:未定 給付時期:未定 東京家政大学 名称:緊急給付奨学金 金額:50,000円 方法:未定 給付時期:未定 東京家政大学短期大学部 名称:緊急給付奨学金 金額:50,000円 方法:未定 給付時期:未定 東京農業大学 名称:緊急修学支援奨学金 金額:50,000円 方法:未定 給付時期:未定 東洋大学 名称:特別修学支援金 金額:50,000円 方法:未定 給付時期:未定 日本大学 名称:学修環境補助費 金額:30,000円 方法:未定 給付時期:未定 日本体育大学 名称:オンライン授業対応への支援金 金額:40,000円 方法:未定 給付時期:未定 明治学院大学 金額:50,000円 方法:未定 給付時期:未定 武蔵野大学 名称:学修支援金 金額:50,000円 方法:後期学費からの減額 桜美林大学 名称:学修環境整備充実奨学金 金額:20,000円 方法:未定 給付時期:未定 武蔵大学 名称:オンライン授業支援特別奨学金 金額:50,000円 方法:未定 給付時期:未定 明治薬科大学 名称:学習環境全般の整備のための奨学金 金額:50,000円 方法:未定 給付時期:未定 立教大学 名称:学修環境整備奨学金 金額:50,000円 方法:未定 給付時期:未定 桐朋学園大学 名称:なし(授業料減免) 金額:100,000円 方法:今後納付の学費から減免 多摩美術大学 名称:通信環境への支援金 金額:60,000円 方法:後期学費からの減額 中央大学 名称:特別支援措置 金額:50,000円 方法:未定 給付時期:未定 明星大学 名称:オンライン授業等学修環境整備に関する奨学金 金額:30,000円 方法:未定 給付時期:未定 和光大学 名称:オンライン授業の受講環境整備のための特別給付金 金額:50,000円 方法:要申請 給付時期:6月上中旬 神奈川大学 名称:修学支援金 金額:50,000円 方法:未定 給付時期:未定 鶴見大学 名称:学修環境整備支援金 金額:100,000円 方法:未定 給付時期:未定 山梨英和大学 名称:自修環境整備補助 金額:50,000円 方法:口座振り込み 給付時期:5月以降順次 東海地方 愛知学院大学 名称:なし(学生緊急支援) 金額:100,000円 方法:未定 給付時期:未定 愛知文教大学 名称:学修支援金 金額:50,000円 方法:未定 給付時期:未定 中京大学 名称:修学支援金 金額:50,000円 方法:未定 給付時期:未定 関西地方 京都外国語大学 名称:なし(通信にかかる経費の助成) 金額:20,000円 方法:秋学期学費を減額 京都芸術大学 名称:なし(施設・設備費の一部返金) 金額:14,000円〜46,000円 方法:口座振り込み 給付時期:5月下旬〜6月中旬 京都産業大学 名称:修学支援金 金額:50,000円 方法:未定 給付時期:未定 京都ノートルダム女子大学 名称:緊急支援金 金額:30,000円 方法:郵便為普 給付時期:5月下旬 佛教大学 名称:緊急支援金 金額:50,000円 方法:未定 給付時期:未定 立命館大学 名称:なし(受講環境整備支援) 金額:30,000円 方法:未定 給付時期:未定 龍谷大学 名称:オンライン授業特別奨学金 金額:30,000円 方法:未定 給付時期:未定 大阪経済法科大学 名称:学業生活特別支援金 金額:50,000円 方法:郵便為替 給付時期:5月25日 関西外国語大学 名称:オンライン授業受講等のための環境整備支援金 金額:50,000円 方法:未定 給付時期:未定 近畿大学 名称:自宅学修支援金 金額:50,000円 方法:未定 給付時期:未定 大手前大学 名称:特別支援奨学金 金額:50,000円 方法:未定 給付時期:5月中旬 大手前短期大学 名称:特別支援奨学金 金額:50,000円 方法:未定 給付時期:5月中旬 甲南大学 名称:なし(オンライン授業にあたって) 金額:50,000円 方法:未定 給付時期:未定 神戸学院大学 名称:特別奨学金 金額:50,000円 方法:未定 給付時期:5月末 中国地方 就実大学 名称:支援金 金額:30,000円 方法:郵便為替 給付時期:5月上旬 広島工業大学 名称:臨時奨学金 金額:50,000円 方法:未定 給付時期:未定 広島修道大学 名称:学修継続支援金 金額:80,000円 方法:要申請 給付時期:6月下旬 九州地方 福岡大学 名称:修学支援金 金額:10,000円 方法:相当額ギフトカードを郵送 給付時期:未定 立命館アジア太平洋大学 名称:なし(受講環境整備支援) 金額:30,000円 方法:未定 給付時期:未定 条件付き給付の大学(2020年5月1日時点) 北海道地方 北海道科学大学 名称:生活支援金 対象:生活環境が著しく低下した学生 金額:50,000円 方法:要相談 給付時期:未定 東北地方 東北大学 名称:緊急給付奨学金 対象:生活困窮の学生 金額:未定 方法:5月8日までに申請 給付時期:審査終了後 弘前大学 名称:弘前大学生活支援奨学金(貸与) 対象:生活に困窮する学生 金額:100,000円(上限) 方法:メール申し込み 給付時期:早期に振込 関東甲信越地方 宇都宮大学 名称:飯村チャレンジ緊急奨学金 対象:生活支援を要する学生 金額:100,000円 方法:未定 給付時期:未定 青山学院大学 名称:新規の給付型奨学金 対象:学業継続のため 金額:未定 方法:未定 給付時期:未定 慶應義塾大学 名称:オンライン授業受講開始支援補助制度 対象:経済的に困難な学生 金額:15,000円 方法:4月30日までに申請 給付時期:5月中旬 芝浦工業大学 名称:コロナ対策学生支援プロジェクト 対象:当座の生活費等に困窮している学生 金額:最大500,000円 方法:未定 給付時期:未定 大正大学 名称:困窮学生に対する経済的支援 対象:家計急変による困窮学生 金額:200,000〜300,000円 方法:未定 給付時期:未定 明治学院大学 名称:特別な奨学金 対象:家計が急変 金額:未定 方法:未定 給付時期:未定 早稲田大学 名称:緊急支援金 対象:学生・生徒 金額:100,000円 方法:未定 給付時期:未定 東京農工大学 名称:緊急支援奨学金 対象:生活要支援の学生 金額:50,000円 方法:要申請 給付時期:審査後に振込 明星大学 名称:新型コロナウイルスの影響に伴う修学支援緊急奨学金 対象:未定 金額:未定 方法:未定 給付時期:未定 東海地方 中京大学 名称:修学支援奨学金 対象:修学の継続が困難な学生 金額:未定 方法:未定 給付時期:未定 名古屋大学 名称:生活支援金 対象:全学生(自宅外) 金額:30,000円 方法:未定 給付時期:未定 岐阜大学 名称:生活支援金 対象:全学生(自宅外) 金額:30,000円 方法:未定 給付時期:未定 関西地方 同志社大学 名称:同志社大学奨学金制度・特別枠 対象:家計急変の世帯の学生 金額:300,000円(最低) 方法:未定 給付時期:未定 立命館大学 名称:家計急変等経済支援策 対象:家計急変により学生生活が困難となる学生 金額:最大90,000円 方法:未定 給付時期:未定 龍谷大学 名称:経済支援奨学金 対象:家計の収入が少ない学生 金額:100,000円 方法:未定 給付時期:未定 関西大学 名称:一律金 対象:独り暮らしの学生 金額:50,000円 方法:未定 給付時期:5月中旬 関西大学 名称:新型コロナウイルス感染症家計急変給付奨学金 対象:家計急変で修学困難となった学生 金額:120,000円 方法:未定 給付時期:未定 近畿大学 名称:近畿大学コロナ対策緊急奨学金 対象:新型コロナ感染症拡大における経済的困窮者 金額:200,000円 方法:未定 給付時期:未定 大手前大学 名称:福井有(前理事長)記念奨学金・特例 対象:アルバイトなどの収入減少 金額:100,000円(貸与) 方法:未定 給付時期:未定 大手前短期大学 名称:福井有(前理事長)記念奨学金・特例 対象:アルバイトなどの収入減少 金額:100,000円(貸与) 方法:未定 給付時期:未定 甲南大学 名称:臨時の給付生奨学金制度 対象:未定 金額:未定 方法:未定 給付時期:未定 中国・四国地方 島根大学 名称:緊急学生一時金支給制度 対象:生活に困窮する学生 金額:30,000円 方法:要申請(5月29日まで) 給付時期:未定 広島大学 名称:応急学生支援金 対象:経済的に困難な学生 金額:月30,000円(当面) 方法:相談窓口に連絡 給付時期:審査終了後に支給 広島修道大学 名称:緊急生活支援奨学金 対象:家計急変が生じた学生 金額:100,000円 方法:未定 給付時期:未定 山口大学 名称:未定 対象:生活に困窮する学生 金額:100,000円 方法:連休明けに申請 給付時期:5月中 徳島大学 名称:支援金 対象:生活困窮の学生 金額:30,000円 方法:生活困窮度を確認 給付時期:早期に支給 九州地方 大分大学 名称:緊急支援金 対象:学部新入生 金額:100,000円 方法:未定 給付時期:未定 立命館アジア太平洋大学 名称:家計急変等経済支援策 対象:家計急変により学生生活が困難となる学生 金額:最大90,000円 方法:未定 給付時期:未定 「高等教育無償化プロジェクトFREE」が大学生などを対象に行なっているアンケート 私立大学に通っている人は暮らしに余裕がある、なんてのは昔の話ですよ。 困っている学生が多くいます。 日本の学費は、国際的にもトップクラスの高さといいます。 一方、教育機関への公的支出割合は、先進国34ヵ国中最下位です。 政府は教育支出をケチらないで、大学生たちの方々が退学しなくてすむように、できる限りの支援をお願いいたします。 学費や奨学金制度の改善を目指す学生団体、「高等教育無償化プロジェクトFREE」が大学生などを対象に行ったアンケートには、今月9日からおとといにかけて全国の1200人から回答があり、「アルバイトの収入が減った」または「ゼロになった」と回答した人が68%、「親の収入が減った」または「ゼロになった」と回答した人が54%に上りました。 そして、「収入減によって退学を検討している」と回答した学生は全体の20%に上り、「大学をやめることにした」と回答した学生も2人いたということです。 出典: 文部科学省によりますと私立大学は少子化の影響などで全国の4割の大学で収支が赤字になるなど経営状況が厳しくなっています。 私立大学では授業料などの学生からの納付金が収入全体に占める割合が77%に上り、年間の授業料も年々増えています。 2018年度の授業料は私立大学で平均およそ90万円、国立大学でおよそ53万円となり、いずれも30年前の1. 6倍になりました。 一方、大学生の生活環境は家庭収入の減少や学費の値上げなどを背景に年々厳しくなっていて、学生団体が行ったアンケートでは回答した8700人のうち5割の学生がアルバイト収入を生活費に充てていると回答しています。

次の

【新型コロナ】京都産業大学の学生ら6人が感染 濃厚接触者48人 大学クラスター発生の可能性

龍谷 大学 コロナ

・・・ということが発覚し、 大騒ぎになりました。 毎時間、何らかの方法で、必ず、学生の出席状況を確認し、 15回のうち、10回以上出席した学生にのみ単位を与えること。 出席回数が9回以下の学生には、出席不足として単位を与えないこと。 出席回数が9回以下だが、試験やレポートの内容が良いので単位を与える、ということは、一切禁止する」 「大学や短大の授業は、 講義4単位につき、最低でも必ず30回以上授業を行うこと。 毎時間、何らかの方法で、必ず、学生の出席状況を確認し、 30回のうち、20回以上出席した学生にのみ単位を与えること。 出席回数が19回以下の学生には、出席不足として単位を与えないこと。 出席回数が19回以下だが、試験やレポートの内容が良いので単位を与える、ということは、一切禁止する」 「大学や短大の授業は、 講義1単位につき、最低でも必ず8回以上授業を行うこと。 毎時間、何らかの方法で、必ず、学生の出席状況を確認し、 8回のうち、6回以上出席した学生にのみ単位を与えること。 出席回数が5回以下の学生には、出席不足として単位を与えないこと。 出席回数が5回以下だが、試験やレポートの内容が良いので単位を与える、ということは、一切禁止する」 「何らかの理由で、14回以下(7回以下・29回以下)しか授業ができない場合は、 ・補習を行い、15回以上(8回以上・30回以上)になるよう調整する ・休みとなった授業の分、学生にレポートを提出させ、授業の代替えとする (例)担当教員が入院してしまい、7回授業ができなかったといった場合は、 学生に7つレポート課題を出し、レポート提出をもって、補習の代わりとすること。 その場合、レポートを1~6つしか提出しなかった学生や、レポートを一切提出しなかった学生には、単位を与える必要はない。 などの対応をとること」 「教職科目などの、資格取得に関する科目については、 15回(8回・30回)全て出席した学生のみ単位を与えること。 1回でも欠席した学生については、 やる気がなく資格をとる気がないとみなし、単位を与えなくて良い」 ・・・といった、かなり細かい基準を定め、 日本全国全ての大学・短大に、 この基準を守るよう、指示しました。

次の

プレスリリース:新型コロナの影響を犯罪学の視点から考える情報サイト開設(共同通信PRワイヤー)

龍谷 大学 コロナ

パチンコは娯楽じゃない! ファンにとっても、お店にとっても、生活です。 スーパーは、買い物ファンにとっては娯楽です。 なぜ、パチンコだけを鞭打つのでしょう。 もっと、アディクション(嗜癖・嗜虐行動)を知ってほしい。 「新型コロナウイルス感染症の蔓延を止めるために、『家にいよう』を訴えるキャンペーンが続いています。 彼らは、危険を顧みず、なぜ、パチンコに興じるのでしょう。 わたしたちは、どのように対応したらよいのでしょう」。 わたしは、 (註1) (註2)の研究代表でもあります。 そこで、まず、ギャンブル依存に関連するご質問ですので、ギャンブリング・ユニット長の 西村直之さん(精神科医、認定NPO法人リカバリーサポート・ネットワーク代表、一般社団法人日本SRG協議会(JSRG))にご意見を伺ってみました。 【ギャンブル依存の専門家・精神科医からの回答】 (西村)前提として、緊急事態宣言または準緊急事態宣言が行政首長より出された自治体では、営業自粛要請が出されたパチンコホールのほぼ全てがそれに応じて営業を自粛しています。 しかしながら、数店舗のみが自粛要請を受け入れず営業を行っている残念な状況が生じています。 実際には、現在約1000万人程度と言われているパチンコ・パチスロユーザーのほとんどは、パチンコホールの営業自粛に伴ってパチンコ・パチスロを自粛していると考えられます。 なお、現在のところ、パチンコホールで新型コロナウイルスの感染クラスターは生じていません。 (質問)今もパチンコで遊び続ける人は、なぜ止められないのでしょうか。 (西村)止められないから続けているのか、単に止める気が無く参加しているのかはわかりません。 社会不安が高まると、社会的なサポートが少ない人たちや不安に対して対処が上手でない人たちは、非常時以前からの行動や習慣を継続することで、安心を得ようとする対処行動をとることがあります。 この状況でパチンコ・パチスロを続けている人たちの多くは、現在や先行きへの不安に対する否認、それを背景とした正常性バイアスなどの心理防衛機制を背景とした行動化として解釈できるように思えます。 このような行動は一般的にみられるもので、逸脱や異常の水準とまでは言えません。 また、DVや虐待などの暴力が存在している場合やストレスの多い家族間の関係性の存在などがある場合に、家族との同居時間が長くなり、そのストレスからの逃避先としてパチンコホールを利用してきた人たちは、すぐには対処方法を切り替えることが難しいと思われます。 (質問)インタビューで「僕は、うつらない(感染しない)」と言った人がいました。 本当にそう信じているのでしょうか。 (西村)個々の人がどの程度確信をもってそのように判断しているのかは、直接、インタビューしてみなければわかりません。 一般的に言えば、インタビュアーが批判的な態度で質問を行い、回答者も自身の行為が社会的には好ましいと思われていないという感覚を持っている場合、回答者の心理的防衛機制 (註3)が働き、自己防衛的な回答がなされやすいです。 この回答も、否認や正常化バイアス、攻撃的防衛などの影響下にある発言と考えるべきでしょう。 回答者の行動の背景にある感情や事情を踏まえたインタビューでないかぎり、「本当」の思いは聴き出せないでしょう。 (質問)家族にできることはありますか。 (西村)本人の行動に反応して、ヒステリックにならないことが重要です。 不安と怒りが家庭内で溜まることは、更なる逃避行動の悪化を招く恐れがあります。 家族は、家族自身の心のケア、つまり現在の自分の抱える不安に対するケアをできる範囲で行うことが必要でしょう。 (質問)地域社会としてできることはありますか。 たとえば、住民運動でパチンコ店に圧力をかけるのは有効ですか。 (西村)民主主義国家として、明確なリスク評価もないなかで、怖れや推測だけで民間人が民間活動を感情的に排除し正当化することは、社会不安が高まっているなかでは、住民運動の暴力性の正当化につながるため、慎重になるべきです。 「自警」の名の下に、地域の中で好ましからぬと判断した人物の排除や殺害が起きている国は数多くあります。 (質問)なぜパチンコ店は営業を自粛しないのですか。 (西村)基本的には自粛しています。 緊急融資の対象事業となっておらず、休業した場合、おそらく半数近くのパチンコホールの再開業が困難となるのではないかという推測もあります。 廃業覚悟の自粛に踏み切る決断をなかなかし難いこと、多くの従業員を抱えており、休業が多数の失業者を出してしまうことー経費負担に耐えられない。 ー、パチンコホールのスタッフには女性が多くー学歴の高くない人やシングルマザーも少なくありません。 ー、解雇した場合の生活困窮が心配なことなどの切実な事情が、自粛抵抗の背景にはあります。 しかし、それでも要請があれば、99%以上のホールが自粛要請に応じています。 最後まで抵抗している店もありますが、最終的には、社会の批判の中で閉店に応じています。 同様の問題はどの営業領域にも存在しており、自粛しない経営者の個人または会社の社会性の問題と言ってよいでしょう。 (質問)さまざまな依存症と戦う人々に今の事態は影響していますか。 (西村)これは、本質的に全く異なる次元の問題で、ギャンブル問題として捉えるのであれば、外出自粛の中で、にオンラインギャンブル(公営のみが実施)の参加者と売り上げが激増しています。 問題あるギャンブラーはパチンコではなく、公営競技への参加シフトが急速に進んでいると思われます。 オンラインギャンブリング対策は、この事態に全く対応できていません。 依存症対策の観点からは、今回のコロナ拡大を機に、パチンコのような見えやすい心理防衛機制の行動化に過敏に反応するよりも、オンラインギャンブルのような見えにくい新たな依存行動様式への移行が急速に進んでいることに注視すべきでしょう。 (質問)最近、飲酒量が増えた人がいます。 アルコール依存を防ぐために本人と家族は何を心がけたらよいですか。 (西村)メディアでの飲酒リスクの啓発強化が必要でしょう。 【犯罪学者からの回答】 西村さんには精神科医の立場から、お答えいただきました。 わたしは、犯罪学者の立場からお答えしたいと思います。 (質問)今もパチンコで遊び続ける人は、なぜ止められないのでしょうか。 (石塚)パチンコ・ユーザーは、大まかに、従来からその店舗に通っていた「常連」、パチンコを生業(なりわい)としている「パチプロ」、そして、空いていると聞いてやってきた「新規」に分類することができます。 パチプロは生活がかかっているので止められません。 常連は他に行くところがないので来ているのでしょう。 この2つのグループは、生活だから止められません。 営業している店があれば、どこへでも行くでしょう。 新規に面白半分でやってくる野次馬もいるでしょう。 しかし、これらの人たちの中にパチンコ依存症の人がいることも否定できません。 依存は孤立の病です。 「危ないから止めなさい」と言ってくれる家族や仲間がいない、パチンコしか生き甲斐がない人が確実にいます。 ギャンブリングは、人間が生きることと大いに関連しています。 ギャンブラーは、勝ちか、負けかの選択に追い詰められた中で選択することの快感に酔うのです。 勝てば自らの選択の正当性を誇りとし、負ければ「やっぱり」。 つぎの選択のチャンスを心待ちにします。 自分が懸命であることよりも、「幸運である」ことの保証が欲しいのです。 危険と不安の中で、自らが生き残れる存在なのかどうかを、まさに「賭けて」いるのです。 (質問)インタビューで「僕にはうつらない(感染しない)」と言った人がいました。 本当にそう信じているのでしょうか。 (石塚)インタビュアーの「トラップ(罠)」だと思います。 信じているわけではないと思います。 むしろ、不安だから、そのような「自暴自棄」な発言をしているのかもしれません。 彼らも、本当は感染したくないのです。 不安で、不安でたまらないのです。 自分が、感染の危機の中でも生き残れる存在であることを確かめているのです。 (質問)家族にできることはありますか。 (石塚)止める家族もいるでしょう。 しかし、家に居られることが気詰まりだったり、顔をあわせるのが嫌だったり、パチンコに追いやっている家族もあると思います。 問題の本質が家族関係にある場合には、この間だけでも「居場所」を作ってあげてほしいものです。 「行くな」と叱るのではなく、愛着が湧くように「一緒に居よう」と伝えてください。 (質問)地域社会としてできることはありますか。 たとえば、住民運動でパチンコ屋に圧力をかけるのは有効ですか。 (石塚)圧力をかけるのは逆効果だと思います。 常連さんは、地域の仲間ですから、ご近所として普通にお付き合いしていただくのがいいと思います。 みんな不安は一緒です。 共に傾倒できるような目標を作りたいものです。 (質問)なぜ、パチンコ屋は営業を自粛しないのか、ご存知のことがあれば教えてください。 (石塚)自粛要請が報じられ、多くのパチンコ店は休業しているにもかかわらず、一部の店だけが営業し続け、そこに多くの人が列を作る理由について、わたしの考えを述べたいと思います。 かつてパチンコは30兆円産業と言われていましたが、売り上げは減少傾向にあり、現在は20兆円産業になっています。 その歴史を考えてみても、パチンコは「昭和のギャンブル」でした。 プレーヤーの高齢化は著しく、事業としての「先細り」は否めません。 そんな長期減収の環境の中での自粛要請なので、資金力のある大手は、行政との関係を配慮して自粛を決断したのだと思います。 今後も行政との交渉の中で、銀行からの借入など資金繰りのつく事業主は一定期間休業することになると思います。 しかし、店舗の規模にもよりますが、パチンコ機のリース代250万円、従業員の給与350万円、その他の経費を合計すると月額1,000万円程度の運転資金等が必要とされるこの事業において、休業は大きなダメージです。 資金に余裕のない事業主にとって、休業は倒産か閉店かを意味します。 倒産と営業を天秤にかければ、批判は覚悟の上で営業を選択する業者もいるでしょう。 そのような一部の業者が営業を続けているというのが実情だと思います。 営業の自由などの憲法上の権利を主張するインタビューも聞きましたが、居直りというよりは、負け惜しみと理解した方がいいのではないでしょうか。 (質問)さまざまな依存症と戦う人びとに、今の事態は影響していますか。 (石塚)依存症からの回復をめざす当事者や支援者に対する活動は継続していますが、対面支援をすることが難しくなっています。 共同生活をしているレジテント(resident)の当事者については、感染に注意しながらミーティングをしているようです。 遠隔ミーティングなどもはじまっているそうで、新たな訪問者も登場しているようです。 公開性の高い遠隔ミーティングは、アクセスを増やすのにはいいかもしれません。 問題は、安全な環境を確保できるかだと思います。 当事者グループができているところでは、自分たちで工夫するでしょう。 問題は、自助グループなどに繋がっていない人たちです。 「ピンチはチャンス」。 これまでグループに参加していなかったアディクト(addict)も参加できるように工夫していきたいものです。 (質問)最近、飲酒量が増えた人がいます。 アルコール依存を防ぐために本人と家族は何を心がけたらよいですか。 (石塚)困ったことですが、飲酒は大きな問題です。 暇に任せた「昼飲み」、「オンライン飲み会」なども流行っているようですが、孤立した環境での飲酒なので「止まらなくなる」危険性は大きいと言えます。 天災・人災の被災地でもよくあることですが、お酒の差し入れは禁物です。 不安と孤立の相乗効果の中では、アルコール依存になってくださいというようなものです。 マスメディアも、緊急事態宣言の間くらいは、アルコール飲料やギャンブルの宣伝は自粛すべきではないでしょうか。 依存症の防止・回復という視点からは、禁止薬物とアルコール・パチンコ・競馬は同じです。 無規制の依存物質やギャンブルの方が、歯止めがなくてたちが悪いとも言えます。 この世に善いギャンブルと悪いギャンブルの区別があるかのような不合理な信念は、回復の妨げです。 【2つの犯罪学理論】 「統制(control)理論」という犯罪学理論があります。 人は、社会的または心理的な統制力が弱まることで、犯罪や非行をおかすと考える理論です。 主唱者の一人であるアメリカの社会学者トラヴィス・ハーシ(Travis Hirschi)は、人はすべからく、犯罪や非行をおかす性向を持っているが、さまざまな絆によって、犯罪への欲求が統制されている限りで犯罪を思いとどまっているという「ボンド(bonds)理論」を提唱しました。 ボンドには、他者への愛着(attachment)、目標達成のへの傾倒(commitment)、世の中が認めてくれる活動への参加(involvement)、規範や道徳への信念(belief)の4つがあると述べています。 パチンコがやめられない人をつなぎとめる絆があるとすれば、大切な人や家族への愛着、日々の努力の積み重ね、みんなに褒められるような活動への参加、そして、これぞと信じたものへの信頼など、自分は独りではないと信じられる環境と仲間が必要です。 いま一つの代表的理論に「日常活動(routine activity)理論」があります。 犯罪が今まさに生じようとする状況に注目します。 マーカス・フェルソン(Marcus Felson)とローレンス・E・コーエン(Lawrence E. Cohen)によって提唱された理論で、社会の繁栄によって盗める物品が増えて窃盗の機会が増えたから、世の犯罪は増えたというのです。 そして、犯罪が発生するためには、「動機付けられた犯罪者(a motivated offender)」「魅力的なターゲット(an attractive target)」および「有能な監視人の欠如(the absence of capable guardian)」が、同じ空間に同時に存在することが必要であると言います。 パチンコがしたくてしたくてたまらない人がいて、目の前に好きなパチンコ台があれば、止まらないのは当然。 それを押しとどめるには、パチンコ店を営業停止にしてしまうか、彼を閉じ込めて外へ出さないか。 業者を処罰して強制的に閉店に追い込む遮蔽、パチンコファンをどこかに閉じ込め近づけないようにする隔離、刑事司法を使えばいずれの方法も可能です。 どちらの理論もパチンコを選択させないようにするのが最終目標ですが、ボンド理論は、パチンコを選択しないことによるメリット(飴)を推奨しているのに対して、日常活動理論は、パチンコを選択することによるデメリット(鞭)を示唆しているとも言えます。 社会適応の困難な状態下における無意識の再適応であるところに特徴があります。 本人は、気付いていません。

次の