の りえ もん。 利衛門 (りえもん)

蘇我理右衛門

の りえ もん

利息計算ソフト「利右衛門」 はじめにお読みください 本ソフトは,利息制限法引き直し計算等の利息充当計算の入力をスピーディに行うためのソフトです。 基本的にフリーソフトですが,本ソフトの作成者が事務局をしている「特定非営利活動法人かごしま ホームレス生活者支えあう会」への寄付をお願いしています。 そうでない方々も,なにとぞ,1000円以上の寄付をお願いします。 お願いする寄付は,あくまで任意ですが,野宿生活者(ホームレス)の問題は法に関与するもの として,看過することのできない重大な人権問題であることは,異論がないと思われます。 その 意味からもぜひご協力をお願いします。 Windows2000,XP,Office2000,2002,2003で使用できています。 98以前のもので使用できるか どうかは分かりません。 本ソフトの使用による損害(計算間違え,バグによる障害)について,作成者は一切責任を 負うことはできません。 動作環境・使用者が使用しているソフトとの相関関係・計算結果等 については使用者の責任において,確認してください。 バグや不具合の発見,計算結果についての誤りの発見,機能の追加や削除の希望,ユーザー フェイスの改良についてのアドバイスなど,更新版開発のために必要な情報は、 リーガル レノヴァ司法書士事務所(担当:芝田)までお寄せ下さい。 《利右衛門の技術情報に関するお問い合わせ先》 しばた司法書士事務所 メール:nanohana siren. ocn. jp 電話:099-296-1253 利右衛門のダウンロード方法 利右衛門をダウンロードする方は、下のアイコンを右クリックして、「対象をファイルに保存」してください。 追記:利右衛門Ver. 106cを公開しました。 107を公開しました。

次の

利右エ門そば (りえもんそば)

の りえ もん

歴史 [ ] 初代利右衛門はのを訪れた際、から渡来した fios de ovos(フィオス・デ・オヴォス、卵の糸)の製法を学び、これを「 鶏卵素麺」と名付けて、(元年)にで製造を開始した。 に主のに鶏卵素麺を献上して、黒田藩となった。 十一代利右衛門は博多のが京都の家元を招いた際、鶏卵素麺をで使えるように「 たばね(鶏卵素麺を一口サイズに切って昆布でたばねた菓子)」を考案した。 当代利右衛門は現在、で 松屋利右衛門工房を運営する。 初代から子孫代々受け継いできた「鶏卵素麺」と「たばね」のみに特化し、機械などに頼らず職人の手だけで作るスタイルを貫いており、生産数は極めて少ない。 2014年01月時点で、やターミナルなどで販売されている。 歴代の松屋利右衛門 [ ]• 初代松屋利右衛門• 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]•

次の

りえもんさんのプロフィールページ

の りえ もん

略歴 [ ] 、河内国五條(現在の)の蘇我平兵衛の次男に生まれる。 銅精錬・銅細工の修業をし、、五条(松原)に「泉屋」として独立。 からヒントを教わって粗銅からを分離する「」という精錬技術を完成させ、その後、大坂の同業者仲間にも伝授した。 銅精錬のほか、銅山経営や銅貿易にも携わり、の大仏と「国家安康」の銘で知られる用の銅を納入したとされる。 1636年6月29日に亡くなった。 享年65。 墓塔は高倉五條の。 屋号について [ ] 屋号の「泉屋」については、近所のの夢告により「セン」の音が示され、父の蘇我平兵衛の出身地であるから取って泉を充てている。 家族 [ ] 住友政友の姉を妻とし、4男2女あったとされる。 長男のは政友の娘を最初の妻に、義兄の政以の妻の亀を、それぞれの伴侶が亡くなった後に後妻に迎えて住友家に養子に入った。 次男の忠兵衛は浅井に改姓して二条高倉に移転して泉屋を継いだが、その子の忠右衛門の代に事業が住友家に吸収された。 参考文献 [ ]• 「蘇我壽濟翁小傳」『泉屋叢考』第1巻、住友修史室、1951年、 p. 41-66。 向井芳彦「住友氏と蘇我氏」『泉屋叢考』第1巻、住友修史室、1951年、 p. 67-80。 128-133、。 外部リンク [ ]•

次の