魚拓 動画。 動画サイトのウェブ魚拓

「ウェブ魚拓」でWebサイトを保存する方法!消えたページの閲覧も可能?

魚拓 動画

「ウェブ魚拓」とは 「ウェブ魚拓」とは、いったいどのようなものなのでしょう。 Wikipediaでは、次のように説明されています。 ウェブ魚拓(ウェブぎょたく)とは、WWW上のウェブサイト(ウェブページ)をキャッシュとして保存する無料のサービスである。 日本の株式会社アフィリティーが2006年より運営している。 一種のスナップショットによるウェブアーカイブである。 () すごく簡単に言えば、 「特定のウェブページをネット上に保存するサービス」と申しましょうか。 たとえページが管理者によって削除されたとしても、その前に魚拓を取ってあれば、削除後もほぼ完全な状態でページを閲覧することができます。 アウトドアとしての「釣り」を嗜む人であれば、もともとの「魚拓」の意味を参照すればイメージしやすいのではないかと思います。 縁のない人には耳馴染みのない言葉ではありますが、これはまだ写真技術のない時代、釣り上げた魚の大きさや形を記録するために使われていました。 魚拓(ぎょたく)とは、釣りで釣った魚の像を、墨や絵の具を使って紙などに転写したもの。 釣り上げた魚の原寸大の記録を残すために行われる。 () なぜ「魚拓」を取るのか では、このウェブ魚拓、実際にはどのように使われているのでしょうか。 まず思いつくものとしては、純粋な アーカイブ用途ですね。 「自分が好きなサイト(ページ)が急に消えてしまっても、あとで読み返せるように」と保存するケース。 実際、そのように使っている人も少なくないはずです。 他方、ウェブ魚拓の創業者さんへのインタビュー記事では、次のようなお話もされていました。 けっこうデザイン会社さんとかが使っています。 「うちのデザイン、あのサイトで勝手に使われてる。 魚拓に取っておこう」とか。 あとはアカデミックな使われ方をする人も多いですね。 () 言うなれば、ある種の 「証拠」を保存するための使い方。 冒頭で触れた「炎上初期段階での魚拓」も、利用意図としてはこれに当てはまると言えるでしょう。 アカデミックな使い方としては、資料としてのアーカイブであり、その時々で話題になった出来事を資料として記録する形ですね。 このように、一口に「魚拓」と言っても、使い方はさまざま。 自分用にウェブページを保存する場合もあれば、炎上し削除されたページを他の人と共有するために魚拓を取るケースも少なくありません。 炎上すると「削除」「修正」では対応できない場合がある アーカイブのための魚拓利用は、「個人的な使い方」であるとも言い換えられます。 しかし一方で、僕らがネット上で目にする魚拓の多くは、どちらかと言えば、主に炎上記事の「証拠」を多人数で共有するために引用されている場合が大多数であるようにも感じます。 何らかの理由により、ブログ記事や個人のツイートが炎上してしまった場合の対処法として、「削除」や「修正」を推奨する言説はたびたび見られるもの。 しかし、当たり前のように魚拓が利用されている今となっては、 少なくとも「削除」はほとんど意味をなしません。 炎上した記事・ツイートがそのままの形で保存されてしまっているからですね。 ということはもちろん、「修正」しようという場合にも注意が必要となってきます。 なぜなら、炎上した記事が「修正前の状態」で魚拓を取られていれば、その原因となったであろう過激な言説や問題のある画像もまるまる保存されているためです。 急いで取り繕ってなかったことにしようとしても、「修正前はこんなこと書いてたじゃん」と指摘されてしまっては意味がありません。 そういった意識を念頭に置きつつ、インターネットとその先のユーザーに対して、真摯に向き合っていく必要があるのではないでしょうか。 ともあれ、ウェブ上の証拠保存にしても、個人的なアーカイブに使うにしても「ウェブ魚拓」はとても便利なサービスです。 まだ使ったことのない人は試しに一度、利用してみてはいかがでしょうか。

次の

「魚拓を取る」ってご存知ですか?釣りの話ではありません

魚拓 動画

ネットにおける「魚拓」といえば、ウェブページのキャッシュをクラウド上に保存すること、およびそのサービスを指す。 将来的に消えてしまう可能性があるページを保存しておき、あとから参照できるようにするこれらのサービスは、サーバに何らかの障害が発生してオリジナルのページにアクセスできなくなった時の代替としても使えるほか、世代ごとのコピーを保存するクリッピングの用途にも有益だ。 今回は、任意のウェブページをクラウド上に保存できる、いわゆる「魚拓」サービスと、ウェブページのキャッシュを定期的に保存しているウェブサービスを紹介する。 これらを使いこなせば、万が一の場合にオリジナルのページが見られなくなっていて困り果てることもなくなるはずだ。 併せてウェブページの内容を画像化もしくはPDF化して保存できるサービスも紹介するので、用途に合わせて役立てていただきたい。 ウェブページのキャッシュを保存するサービス まずはスタンダードな魚拓サービスを4つ紹介する。 任意のURLを入力することで、そのページのキャッシュをオンラインに保存し、共有できる。 まさに「魚拓」という表現が相応しいサービスだ。 The Japanese edition of 'CNET' is published under license from CBS Interactive, Inc. , San Francisco, CA, USA. Editorial items appearing in 'CNET Japan' that were originally published in the US Edition of 'CNET', 'ZDNet', 'TechRepublic', 'GameSpot' and 'CNET News. com' are the copyright properties of CBS Interactive, Inc. or its suppliers. Copyright c CBS Interactive, Inc. All Rights Reserved. 'CNET', 'ZDNet' 'GameSpot' and 'CNET News. com' are trademarks of CBS Interactive, Inc.

次の

ウェブページを保存して閲覧できる、魚拓関連ウェブサービス10選

魚拓 動画

ウェブ魚拓 ウェブぎょたく は、Webサイトをキャッシュして保存することができます。 日本の株式会社アフィリティーが2006年より運営しているサービスですので、古くからウェブ魚拓は多くのひとに使われ続けています。 昔は数が月経過すると、Webサイトの一部が自動的に削除 リンク切れ されて閲覧することができなくなることが多くありました。 そのためウェブ魚拓を使いWebサイトをキャッシュして保存して、いつ削除されてもいいように対策していました。 削除されてもいいように、ウェブ魚拓を使って保存したサイトをいつでも見れるような状態にしているひとが多かったです。 そのように多くのひとに愛されている、ウェブ魚拓は今現在でも使われています。 元のページがリンク切れなど消えたとしても、ウェブ魚拓で保存をしておけば閲覧可能なのです。 ウェブ魚拓はキャッシュ機能での保存ですので、インターネットに繋ぐことなく保存したWebサイトを見ることができます。 これはインターネット環境がない場所でも見ることができますので、ウェブ魚拓の使い方次第ではひじょうに便利になるでしょう。 違法なWebサイトをウェブ魚拓のキャッシュ機能を使って保存する場合は注意が必要です。 そのような危険なサイトは、削除されやすいのでウェブ魚拓を使うと便利でしょう。 しかしその違法なサイトによっては、ウェブ魚拓の保存機能を使うと処罰の対象となってしまいます。 気を付けて、ウェブ魚拓を使っていきましょう。

次の