しもやけ 水ぶくれ。 しもやけの治し方教えて下さい。手のしもやけが酷くて水ぶくれ...

凍傷による水ぶくれはつぶすとマズイ?早く治る?

しもやけ 水ぶくれ

こんにちは、現役看護師のミカです。 今回は、『足指や手に多い「しもやけ」の症状は?かゆくないこともある?写真も紹介!』というタイトルでお送りします。 しもやけと言えば、昔は小さな子供たちの手の指にはよくみられたものです。 しかし、今では外の寒いところで遊ぶ子も少なくなってきたり、防寒対策も進んでいるので、以前よりも しもやけを作る子供たちは減ってきたかもしれません。 ただ、最近では高齢者の患者さんに しもやけが増えています。 私の接している或る患者さんの中にも、手や足の指などに しもやけができて、とてもつらい思いをしている方がおられます。 今回は、なかなか治りにくい、この しもやけの症状を写真で紹介しながら説明していきたいと思います。 「しもやけ」とはなに? しもやけの症状を説明するまえに、しもやけとはどんな病気なのかについて説明しておきましょう。 しもやけという病気は、医療用語で「凍瘡 とうそう 」と言います。 ここでは、「しもやけ」と言うほうが簡単でわかりやすいかと思うので、そのように説明していきますね。 しもやけとは、急激な外気の温度の変化によって、血管が縮こまってけいれんを起こし、血液の流れが悪くなってしまうことによって起こる現象です。 毎年、秋から冬にかけて、一日の気温の差が激しいときに起こりやすくなります。 しもやけは子供に多いですが、その理由は毛細血管の働きが未熟なためだと言われています。 逆に、高齢者にも多いのですが、その理由は老化や様々な病気が影響して血液の流れが悪くなってしまうためだと言われています。 では、「血液の流れが悪くなってしまうと、どのような症状になるのか?」、次に説明していきます。 足指や手に多い「しもやけ」の症状は? しもやけは、足や手の指に多いですが、そのほかに耳、頬、鼻などにも多く起こります。 しもやけが起こったら、その部分の 皮膚は赤く腫れてきて、かゆみを伴います。 しもやけには次のような2つのタイプがあります。 手や足の指全体が赤く腫れるタイプ• 部分的に赤紫色にブツブツとした発疹のようなものができるタイプ これら2つです。 ひどくなっていくと、水疱 すいほう・水ぶくれ ができたり、皮膚は腫れた部分が裂けてジクジクとしてくることもあります。 遺伝的な要素もあると言われています。 また、体質的な原因もあると言われていて、毎年同じ人が同じ時期に繰り返すことが多いです。 ではここで、或る患者さんの手足のしもやけの写真を見てみましょう。 まずは、手の写真です。 この両手の写真を見てもわかるように、所々赤くなっていてしもやけの症状が出ています。 また、血液の流れが悪いために爪の色はとても悪い色をしています。 そして、その次ですが両足の写真です。 最初は部分的に赤紫色のブツブツが出てきていました。 そして、両足とも赤く腫れてしまい、やがては一部の皮膚が剥がれてジクジクした傷になりました。 下の写真が悪化したほうの左足で、所々ジクジクした部分があります。 この患者さんの場合は、手や足の血液の流れがとても悪くてとても冷たいので、ご本人もとてもつらいと思われます。 では、このしもやけはかゆくないこともあるのでしょうか? しもやけはかゆくないこともある? まず結論から言うと、しもやけだったとしてもかゆくない場合もあります。 かゆみだけじゃなく痛みもその感じ方は人それぞれなのです。 温まるとかゆくなるという人や、寒いと痛みが出やすいという人もいます。 ただ、一般的にしもやけになるとかゆみを感じる人が多いです。 足指や手に多いしもやけの症状などについてのまとめ 足指や手に多いしもやけの症状について写真も紹介しながら説明してきました。 では、まとめてみましょう。

次の

足指や手に多い「しもやけ」の症状は?かゆくないこともある?写真も紹介!

しもやけ 水ぶくれ

もくじ• しもやけの原因 しもやけは、体の先端がなりやすく、鼻の頭や耳たぶ、手足の指に発症します。 原因は、これらの部位の末端の血管が「冷えてしまう」ことや、「冷えて収縮、温まって広がるといった状態を何度も繰り返される」ことで、 調節機能がうまくいかなくなり炎症を起こしてしまうのです。 どんなときに発症しやすいの? 部屋の中と外気の差が10度以上ある季節は、しもやけを発症しやすくなります。 また、特に大人の場合 水仕事が多く、よく手が濡れている人は水分が蒸発する際に急激に冷えるため、しもやけが発症しやすくなります。 足の指にしもやけができやすい理由 足の指は、靴や靴下で覆われていることが多く、 蒸れやすいので、蒸れた後に冷えてしもやけを起こしやすい場所です。 特に冬は、ブーツや厚手の靴下を履く人が多いので、暖かいところにいると蒸れて、外に出ると冷えるのが、足の指のしもやけの原因となります。 しもやけの体質は遺伝する?子どもがなりやすいわけ しもやけ体質は遺伝する しもやけは遺伝することがわかっています。 両親のどちらかがしもやけになりやすい体質だと、子供にも遺伝する可能性があります。 子どものしもやけ。 大人とは違う原因があるの? 子供は、寒い日でも、長時間外で遊びます。 手足や顔が冷えていても気にしないので、しもやけになりやすいと言えます。 さらに子供は、よく動いて汗をかきます。 汗をかくとその後に冷えてしまい、しもやけを発症しやすくなります。 特に靴の中が蒸れていると足の指のしもやけになります。 また、前項でもお伝えしたように、 遺伝でしもやけを起こしやすい子供もいます。 しもやけの改善・予防方法 しもやけができてしまったら… 冷やさないようにして、温めてください。 また、よくならない場合は、 なるべく早く皮膚科を受診して、薬を処方してもらいましょう。 治療には、 ビタミンEを含んだ塗り薬が使われます。 ビタミンEを含む保湿クリームは、薬局やドラッグストアでも気軽に手に入るので、すぐに病院に行けないときは活用しましょう。 しもやけは、ひどくなると赤く腫れ上がり水ぶくれが起きる場合もあります。 そういった症状がある場合は、飲み薬も使います。 しもやけの予防法 寒い時期に外に出る際には、耳当てやマスク、手袋などで防御してください。 また、靴は蒸れにくいものを使用し、汗を吸い取る5本指靴下などもおすすめです。 水仕事が多い人は、手が濡れたらすぐに水気を拭き取り、保湿クリームを塗って皮膚を保護してください。 あまりにもひどいと、病気が原因の場合も しもやけと似た症状の病気 しもやけと似た症状が出る エリテマトーデスという病気があり、20〜40代の女性に発症します。 皮膚症状の他にも様々な全身症状を伴います。 見た目だけでは、しもやけとの区別が難しい場合もあり、検査を行い診断されます。 しもやけを繰り返す、しもやけの症状が激しいといった人は、皮膚科に相談してみましょう。 まとめ ただのしもやけだと思って放置していると赤く腫れ、体が温まるとズキズキと痛みを感じるようになります。 痛痒くて辛いときは、早めに治療しましょう。 特に女性の方は、しもやけに似た別の病気の可能性もあるので、症状が頻繁に出る場合は、 皮膚科を受診してください。

次の

愛西市の皮膚科|とみよし皮膚科クリニック

しもやけ 水ぶくれ

しもやけには種類がある! 足の指にできるしもやけには、2つの種類があります。 熟れた柿のように晴れ上がることから樽柿型と呼ばれるようになりました。 外気が当たって冷えやすい耳たぶや鼻の頭にも、樽柿型のしもやけができやすいです。 足の指にも、もちろんできやすく、症状が進むと、水ぶくれが破れて、 出血することもあります。 樽柿型とは違い、皮膚の腫れは酷くないものの、 赤い発疹が指にあらわれ、 かゆみを伴います。 悪化すると、冷たい空気に触れるたびに 痛みを感じるようになってしまいます。 足の指のしもやけができる原因 足の指にしもやけができる一番大きな理由は、体温の低下や気温と皮膚の温度差による 血行不良です。 しもやけになる具体的な行動としては ・お風呂あがりに、足の指の水分をしっかりとタオルで拭き取っていない ・靴下が湿った状態でも替えない ・寒いのに靴下を履かない ことが原因と考えられます。 お風呂上りに、皮膚の温度が上がっている状態で、足の指を濡れたまま放置すると、皮膚についている水分が蒸発して、皮膚の温度が下がってしまいます。 湿った靴下も同様で、皮膚の温度が下がるというのは血行が悪くなり、しもやけができやすくなる最大の要素です。 また、食生活にも関係性があり ビタミンEが不足していると、しもやけになりやすいと言われています。 スポンサードリンク 足の指のしもやけを予防する方法 足の指のしもやけを予防する方法は、しっかりと 保温を行い、靴下や靴が蒸れないようにすることです。 冬場でも暖房で汗を掻いてしまい、外との温度差で汗が蒸発して、皮膚の温度が急激に下がることがあります。 お風呂上りも、足の先まで水分をしっかりふき取り体温の低下を防ぎましょう。 靴や靴下はなるべく、通気性がよいものを選びましょう。 特に 5本指タイプの靴下は、しもやけ対策におすすめです。 保温を行い、血の巡りをよくしておくことも大切です。 しもやけは血行が悪くなることで、できやすくなります。 冷え性で足の指が冷たくなりやすい人は、特に気をつけたほうがいいでしょう。 寒い地域や雪国でなくても、しもやけになる可能性はじゅうぶんにあります。 家庭でできる一番簡単な方法は、水とお湯に足を交互に浸けるという方法です。 足の指がしっかりと温まるまで、お湯につけると血管が広がります。 じゅうぶんに広がったら、今度は冷たい水に足をつけて、血管を細く収縮させます。 これを繰り返すことによって、血管の働きを鍛えて、血行をよくすることができます。 お湯は40度くらいで水は常温に調整しましょう。 何度か繰り返した後は、患部をしっかりと乾かして、温めながらマッサージをしましょう。 優しく揉むくらいの力加減がポイントです。 力を込めすぎると、しもやけが悪化してしまいます。 2、ビタミンEを摂る 意識的にビタミンEを含む食事をするようにしましょう。 ビタミンEには血行を良くする働きがあります。 ビタミンEが多く含まれる食材は、 ナッツ類、うなぎ、いわし、モロヘイヤ、ほうれん草、たらこ、植物油等があります。 3、塗り薬 基本的にはビタミンEやヘパリン類似物質が配合された軟膏薬を塗りましょう。 また、かゆみを感じる時は炎症を抑えるため ステロイド外用剤を使用するのが効果的です。 オロナインやメンソレータムでマッサージするのも血行不良の改善にいいと思います。 スポンサードリンク 夏のしもやけとは しもやけは寒い冬だけの病気ではありません。 夏にも、しもやけができる可能性があります。 しもやけの原因には『 温度差』もあります。 現代社会は夏場でも冷房が効いているため、部屋の中と外では大きな気温差が生まれてしまいます。 汗を掻いて、足の指が蒸れやすくなるのも、夏のしもやけが起こる原因でしょう。 夏のしもやけは、大人よりも子どもにあらわれやすいといいます。 子どもの足の指が赤紫色になって腫れていたら、しもやけを疑ったほうがいいかもしれません。 まとめ 足の指のしもやけは、北海道や東北地方といった雪国に住んでいる人だけが罹る病気ではありません。 しもやけができる原因には温度差もあります。 外出の際には皮膚の温度が急激に低下してしまわないよう、しっかりと靴下を履いて出かけるようにしましょう。 湿気対策として、通気性が高い靴下や靴を履くのも、足の指のしもやけを防ぐのに有効な予防法です。 しもやけになった時は、 皮膚科を受診しましょう。 関連記事としましてはこちらもご参考下さい。

次の