イラストレーター 画像 トレース。 【Illustrator】画像トレースとは?写真を一瞬でイラストにしてしまう魔法の機能

Illustrator 手描きの絵を簡単デジタル化!【画像トレース(ライブトレース)】を使ってみた

イラストレーター 画像 トレース

イラストレーターにはライブトレースという機能があります。 ライブトレース機能を使うと、画像からパスでトレースを行い、ベクター画像を作成することができます。 使い方を覚えると、色んなことに応用できて非常に便利です。 今回は、そのライブトレースの使い方をご紹介します。 イラストレーターのライブトレースの使い方 イラストレーターを開いたら、新規ドキュメントを作成します。 メニューバーのファイルをクリックして配置を選択します。 トレースしたい画像を配置してください。 最初からトレースしたい画像を開いて、そちらで作業しても大丈夫です。 選択ツールを選択します。 配置した画像を選択した状態にしてください。 すると、このようなパスでトレースした画像が作成されます。 画像トレースのパネルから、トレースの設定を行うことができます。 プリセットで幾つかトーレス方法が用意されているので、そこから選択しても良いです。 プリセットで写真高彩度を選択してみました。 設定が自動でプリセットのものに変更されます。 トレース結果はこのようになりました。 画像トレースのパネルで、詳細タブをクリックすると、より詳細にトレース方法を指定することができます。 また、拡張を選択すると、トレース結果でパスを作成することができます。

次の

Adobe Illustratorで写真をトレースするコツ

イラストレーター 画像 トレース

こんにちは!ディレクターのうえです。 特技はIllustratorやPhotoshopでイラストを描くことです! そんなわけで、Adobe CCを中心とした グラフィックソフトのTipsを中心にブログを書いていきます。 まずは自己紹介など わたしが所属している部署は「クリエイティブサービスユニット」といって、 ディレクターやデザイナー、エンジニアが集まっている部署です。 WEBや印刷のお悩みをクリエイティブに解決する毎日です! PHPとHTMLがちょっと書けるよ~ということでエンジニア名義で入ったのですが、 気が付いたらディレクターになっていました。 わたしの場合、ディレクターという名の何でも屋です。 たまにコーディングをし、デザインを修正し、イラストを描き、書類を作り、お客様との窓口をし… できることは何でもやっています。 ゆるキャラ爆誕 そんな中、なぜかユニットで「ゆるキャラ」を作ることになりました。 クリエイティブ集団=才能のキメラ(合成獣)ということで、キメラをモチーフに。 名前はメンバーの知り合いの飼っていた猫の名前から、クリン。 そこまで決まっていたら、あとはやるだけでした。 ゆるく、キメラを描く! できました! なかなか可愛くできたのではないでしょうか。 キメラ(キマイラとも)というのは、によると ライオンの頭と山羊の胴体、毒蛇の尻尾を持つ。 という生き物だそうです。 忠実さもいい感じです。 (自画自賛) しかし、このままではいまいち綺麗ではありませんね。 取り込みにはCamScannerというアプリを使います。 こんなにすっきりしました! イラストだけではなく、文章などの写真にも使えます!おすすめです。 かといってパスを綺麗に引く時間もないぞ、というとき、 役に立つのがIllustratorの機能 「画像トレース」です! (かつては「ライブトレース」という名前でした) この機能、 写真もベクトルオブジェクトに出来るすごいやつなのです。 Photoshopで下準備しよう しかし、このままではごみもトレースされてしまう… それでは困るので、一度Photoshopできれいにしましょう。 1 トーンカーブやレベル補正で、紙の地を真っ白に飛ばします。 また、黒い部分も真っ黒にします。 つまみを少し内側に入れるのがポイント。 2 ブラシツールでごみを消します。 3 これを 「WEB用に書き出し」して、適当な大きさのJPEGやPNGにしたら素材は完成です。 (あんまり大きいと、次のステップで処理に時間がかかるので、ほどほどの大きさがよいです) Illustratorで画像トレースしよう 次にIllustratorで画像を開きます。 1 画像を選択して画像トレースのボタンを押します。 2 そして線だけになるように、設定をいじってできあがり。 これだけ。 すごく便利です。 被写体のシルエットだけパスを取りたいときとか、 これで拡張して必要な部分だけ合体すると、簡単にクリッピングパス用のパスができます。 ラフ用ならこれで十分なのです。 さて、このままだと色が無くて寂しいので、色を付けます。 3 拡張を押すと、パーツごとに分かれたパスになりますので、 色を付けたい箇所を選んで、色を付けてあげるだけ。 外側のいらないパスは削除してしまいましょう。 完成です! 出来上がったクリンちゃんの今後 そんな感じで出来上がったクリンちゃん、 見事ユニット内のコンペを勝ち進み クリエイティブサービスユニットのゆるキャラに決定しました! これからのTipsでもクリンちゃんが大活躍しますので、どうぞよろしくお願いいたします! この記事を共有する•

次の

イラストレーターのライブトレースの使い方

イラストレーター 画像 トレース

Q ノベリティグッズ製作会社で働いてます。 私は、先方から送られてくるイラスト等を Illustratorでデザインを起こして、 海外の工場にデータを送るという作業をしてます。 先方から、Illustratorのデータが送られてくる時は、 ラクでいいのですが、 手書きの原稿が送られてくると、 スキャンしてひたすらトレースしてます。 いつも、もっと手早くできればいいのになぁと思っています・・・。 先方から送られてくるデータで、 手書き風のイラストで、ものすごく細かくパスがあって、 トレースしたなんて考えられないようなものがあったりします。 でも、これだとパスがガチガチです。 スキャンした時の解像度の問題かと思い、 高解像度でスキャンしたのですが、ダメでした。 何か良い方法があれば、アドバイスお願いします・・・・。 また、不明な点があれば言って下さい。 宜しくお願いします。 WinXP Adobe Illustrator 9. 0 Adobe Photoshop 6. 0 使ってます。 ノベリティグッズ製作会社で働いてます。 私は、先方から送られてくるイラスト等を Illustratorでデザインを起こして、 海外の工場にデータを送るという作業をしてます。 先方から、Illustratorのデータが送られてくる時は、 ラクでいいのですが、 手書きの原稿が送られてくると、 スキャンしてひたすらトレースしてます。 いつも、もっと手早くできればいいのになぁと思っています・・・。 先方から送られてくるデータで、 手書き風のイラストで、ものすごく細かくパスがあって、 トレースしたなんて...

次の